FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ

■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

崎陽軒中華食堂・横浜駅
横浜駅東口地下街ポルタ 崎陽軒中華食堂、サンマーメンというよりは、お上品な野菜あんかけラーメン。サンマーメン860円は高い。崎陽軒はシウマイ弁当が一番
(2011-07-29)
場所: 神奈川県横浜市西区高島2-16-1 横浜ポルタ B1F

崎陽軒中華食堂店構え

右を見れば本店の地下からの入り口です。いつも椅子に着飾ったおば様たちが順番待ちで座っているので写真撮れませんでしたが、誰もいなかったので写真撮ってみました。
(2011-07-29)

崎陽軒本店

シウマイ弁当(旧750円、800円)
崎陽軒と言えば、シウマイ弁当です。シューマイではなくシウマイです。新横浜から新幹線に乗る時には購入して乗車します。東京工場で作られた弁当は、紐が掛かっていないんですね。これは知りませんでした。
NTTコムウェアのCOMZINEに詳細がありました。
(2012-09-16)

シウマイ弁当包み1

シウマイ弁当包み2

エネルギー 732kcal
サイズ 縦20cm×横14.5cm×高3.5cm

ご飯からでる水分を、お弁当の経木の折が上手に吸収します。
ご飯は蒸気炊飯方式で、蒸気で炊き上げることにより、ご飯の粒が立ち、冷めても美味しく食べる事が出来ます。内容は、白俵型ご飯(小梅、黒胡麻) ・昔ながらのシウマイ5個・鮪の照り焼・かまぼこ・鶏唐揚げ・玉子焼き・筍煮・あんず・切り昆布&千切り生姜となっています。
(2012-09-16)

シウマイ弁当

リニューアルだそうです。やはり崎陽軒の売りはシウマイ(シューマイ)なんですね。
(2014-01-28)

崎陽軒中華食堂リニューアルのお知らせ

リニューアルオープンしていましたが、サンマーメン860円が900円になっており完全戦意喪失で店構えだけ写真撮ってきました。
(2014-03-03)

崎陽軒中華食堂リニューアル

ガウナン飯(1050円)、横浜駅で、そう云えば崎陽軒中華食堂にカウヨ丼が有った事をふと思い出した。牛バラ丼をカウヨ丼と表示しているお店も少なくなったよなあと思ってるうちにちょっと高いけれど食べて行こうという気になった。相変わらず高めの年齢層のお客さんで結構混んでいますが、そんなに待たずに入れました。一応メニューを見ながら価格確認と思ったのですが、カウヨ丼が有りません。カウヨ丼が有った場所は麻婆丼になっています。店員に聞いたらガウナン飯が牛バラ飯らしいので注文しました。カウヨもガウナンも牛バラなのですが、牛バラでも細かい部位が違うのか料理方法が違うのか良く分かりません。形態の違いからカウヨは枚数、ガウナンは個数で数える事が出来る違いはあると思うのですが。さて、ガウナン飯ですが青梗菜に元気が有りませんが、甘みを感じる味付けで中型の大きさの牛バラがゴロゴロ入っています。小さな器でスープが付いていましたが、コーン・玉子入りのとろみの強いスープです。場所を考えれば価格はこんなものになってしまうのかなとも思います。
そうそう、シウマイ弁当は税込み860円になっています。
(2019-12-27)

崎陽軒中華食堂ガウナン飯


大きな地図で見る

西区・横浜駅 | 17:56:34 | トラックバック(0) | コメント(2)
香園 横浜店・横浜駅
横浜駅東口近辺 香園 横浜店、100席位ある中華料理屋さんで、どうせサンマーメンはないだろうと思っていたのですが、外の写真付きメニューにサンマーメン+チャーハンが950円となっていましたので、単品なら700円位と当りを付けて入ってみました。鴨居にもお店があるようです。
(2014-04-10)
場所: 神奈川県横浜市西区高島2-7-1 ファーストプレイス横浜2F
定休日: 無休

香園 横浜店店構え

サンマーメン(890円)、もやし、青梗菜、木耳、筍、人参、玉葱、豚肉で構成されており醤油ベースの餡が掛かっています。豚肉が細切りではなく薄切りで量も入っていますので750円位かなと予想。スープを一口、胡椒の味が強く舌がピリピリします。珍しく完食出来ず、会計したら890円、エ~ン、大失敗です。
(2014-04-10)

香園 横浜店サンマーメン

麻婆豆腐定食(800円)、ライス、スープ、サラダ、漬物、デザート付で注文時にご飯大盛は無料となっていますが、おかわりは有料です。デザートは自家製の様ですがクコの実が小型の容器に一粒乗っているシンプルなもので、残念なことに漬物のザーサイが細切りです。スープはとろみ付の玉子スープで豆腐の小片入りです。麻婆豆腐は、大振りカットの豆腐に少量の挽肉とネギを比較的固い餡でまとめてあります。そんなに辛さはなく、辛さの源泉はラー油、唐辛子で塩を感じます。塩辛いとは言いませんが明らかに塩を感じる調理に少々ガッカリです。
(2017-11-09)

香園 横浜店麻婆豆腐定食

香園 横浜店麻婆豆腐

ニラレバ定食(850円)、ライス、細切りザーサイ、千切りキャベツのサラダ、ワカメ・人参・玉子入りのとろみスープ、クコの実入り寒天感系の強い杏仁豆腐付で、ライスは注文時に申告のみライス大盛無料、おかわりはプラス100円です。さて、ニラレバですが、もやし炒めかと思う程もやしが多いです。レバは枚数で数えられるものはちらほらで他は個数で数えられる形状です。濃いめの味付けで、もやしの炒め具合は悪くないのですが、レバも少なく定食全体としてみてもCPは低いです。
(2019-12-24)

香園 横浜店ニラレバ定食

香園 横浜店ニラレバ


大きな地図で見る

西区・横浜駅 | 18:19:17 | トラックバック(0) | コメント(2)
中華園・南太田駅
京急南太田駅近辺 中華園、縦長のお店で2階もあるようですが1階は2人掛けテーブル5卓、4人掛けテーブル2卓のお店でカウンター席はありません。面白い造りだなと思ったのは右側の白い建物が厨房になっていて奥で繋がっている点です。
(2014-12-03)
場所: 神奈川県横浜市南区庚台22
定休日: 火曜

中華園店構え

サンマーメン(700円)、もやし、豚肉、青梗菜、玉葱、人参で構成されており醤油ベースの餡が掛かっています。ルックス的には濁ったスープとサンマーメンらしくない姿にダメかなと思ったのですが、サンマーメンではなく麺料理として食べてみれば、料理をまとめる料理人のセンスを感じる一杯でちょっと意外でした。多分このお店は何を食べても一定の評価のあるお店と思います。
(2014-12-03)

中華園サンマーメン

餃子(420円)、一皿7個入りで中型でも大きめの餃子です。餡は目いっぱい入っているわけではありませんが、刻み系の餡が詰まっています。価格・内容とも満足の美味しい餃子でした。
(2014-12-03)

中華園餃子

ラーメン(550円)、ラーメンの標準的価格ではあるけれどシンプルな丼が第一印象です。トッピングは、メンマ、ナルト、チャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。緑が少しほしいかなと思いますが歯ごたえのあるチャーシューの脂身が美味しいです。ちょっとびっくりしたのがスープで、少しオイリーな点でしみじみ系とは言えないのですが、昨今珍しい動物系のスープで蓮華が止まりません。スープ・麺・ネギだけでもぺろりと行けそうな感じで良いラーメンに当たりました。
(2018-06-08)

中華園ラーメン

マーボー豆腐定食(750円)、ライス、薄切りザーサイ、寒天感系杏仁豆腐、普通の中華スープかと思ったらワンタンが1個泳いでいましたのでワンタンスープ付きです。マーボー豆腐は、味わい麻婆豆腐で甘味の中に辛味が隠れているような感じです。もう少しコクが欲しい所です。
(2019-12-23)

中華園マーボー豆腐定食

中華園マーボー豆腐



南区 | 17:56:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
今金・小田原駅
小田原駅近辺 今金、サンマーメンありそうな店構えなので勝負してみました。入るとすぐに客席で4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル2卓で、奥に4人用座卓1卓がおいてある小さな小あがりがあります。左側縦にオープン厨房、厨房前にカウンター5席の古いお店です。メニューを見ると・・・サンマーメンがありました。
このお店なんと読むのかな?イマキン、イマカネ、コンキン?
メニューに「いまきん」と書かれてありました。
(2013-02-15)
場所: 神奈川県小田原市浜町1-1-5
定休日: 月曜

今金店構え

サンマーメン(600円)、もやし、白菜、豚肉と役者が揃っています。グリンピースとなるとが珍しいですが、両方ともいらないのでもやしを増やして欲しいです。塩ベースの餡には特徴的な味付けはされていません。スープはこれぞ中華屋さんのラーメンスープといった昔懐かしい味です。サンマーメンとしては亜流ですが、ラーメンを食べてみたいと思わせるものがあります。また行って見ましょう。
(2013-02-15)

今金サンマーメン

特製今金めん(600円)、オリジナルラーメンを食べて見ました。スープは塩ベースで溶き卵、豚肉、玉葱、緑は多分ピーマン、長ねぎが乗っており、おろししょうががトッピングされています。良く混ぜて食べてくださいと説明がありました。初めての味で嫌な味ではないのですが、もう一度食べたいかと言えばそうでも無いしと微妙です。生姜の効果もあるのでしょうかポッカポカでお店を出ました。
(2014-02-27)

今金今金めん

餃子(400円)、中型の餃子で餡はペースト状に粗きざみの野菜が所々で、好きなタイプの餃子ではありませんでした。
(2014-02-27)

今金餃子

ラーメン(500円)、サンマーメンを食べた時にラーメンも食べてみたいと思ったのを思い出しました。
トッピングは、ナルト、メンマ、海苔、ホロホロチャーシューに小口切りの長葱を散らしてあります。
麺の量は多い方と思いますが、残念な事にスープに深みがありません。
でもこの価格のラーメンにホロホロのチャーシューが入っているだけでも立派です。
普通に美味しいラーメンでした。
(2016-11-17)

今金ラーメン

タンメン(650円)、久しぶりに行ったら「今金めん」に醤油スープバージョンが出来ていました。ちょっと迷ったのですが全く食べたことないものにしようという事でタンメンにしてみました。見た所野菜たっぷりなのですが、何故か塩ベースの餡が掛かっています。タンメンで餡かけは初めてです。麺も中細麺でタンメン食べた気がしません。かといって塩ラーメンかと言えば違うし、不思議なタンメンを食べました。
(2018-04-25)

今金タンメン

ワンタンメン(680円)、今金めんがパワーアップしていてチャーシュー入りや、つけ麺まで出ている。今金めんの醤油は人気が有る様で食事中に3食も注文が出ていた。今金めんの醤油かなと思ったのですが気分がワンタンだったのでワンタンメンにしちゃいました。トッピングは、メンマ・ノリ・ナルト・ホロホロチャーシューとワンタンで小口切りの長葱を散らして有ります。具材に存在感のあるワンタンが4個も泳いでいます。CPは高いのですが、スープにもう一コク欲しいのはラーメンと同じです。
(2019-12-20)

今金ワンタンメン


大きな地図で見る

小田原市 | 17:26:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
江南酒家・横浜駅
横浜駅東口と京急神奈川駅の中間位 江南酒家、東京京橋の住所(京橋2-11-6)の入った箸袋を使っているので、東京にもお店があるのがわかります。縦長の結構広いお店でざっと50席位までは見えたのですが、多分80席位はありそうです。お店の奥からもお客さんが入ってくるので食後に確認に行ったら反対側にも出入り口がありました。
(2014-04-28)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1-105 ポートサイドレイナ1階
定休日: 無休

江南酒家店構え1

反対側の出入り口です。
(2014-04-28)

江南酒家店構え2

サンマーメン(700円)、もやし、青梗菜、豚肉、少量の人参・キャベツで構成されており醤油ベースの餡が掛かっています。豚肉が細切りではなく薄切りで街角の中華屋さんが使っているものより質がいいのですが、何か違う感が拭えません。
(2014-04-28)

江南酒家サンマーメン

杏仁豆腐が付いてきました。
(2014-04-28)

江南酒家杏仁豆腐

麺セット(上海風焼きそば+半チャーハン+杏仁豆腐)(820円)、セット定食も種類が多く日替わりもあるのですが、どうも魅力的なランチを提供していないので足が遠のいていましたが、上海風焼きそばに惹かれて入ってみました。さすがに箸袋の住所も横浜になっていたのですが、中華料理居酒屋の文言が入っています。前からそうなのか分かりませんが、経験上居酒屋と表記している中華料理屋さんで美味しい中華を食べたことが無いのでテンション下げ下げです。奇をてらった器と量だけは多い焼きそばに途中で飽きながらなんとか完食しました。
(2017-02-01)

江南酒家上海風焼きそばセット

江南酒家上海風焼きそば

よだれ鶏ランチ(790円)、街角中華ランチとしては珍しいよだれ鶏を出していたので入ってみました。しかしよだれ鶏に対する知識は四川料理位しかなく、色々と想像してランチが出て来るのを待ちました。四川にはよだれを垂らす鳥がいるのか?いやいやそれは無いだろう。では、よだれ鶏とはどんな鶏なんだろうか?もしかしたらヨーダレと鳴く鶏か?などと考えているうちに速攻でランチが出てきました。単品料理ランチとの初対面の印象は大切です。今回はコンパクトなランチとの印象で細部を見てみます。まずザーサイの細切りが好みではありません。スープは人参・豆腐・玉子入りのとろみスープで玉子のみよりは良いかな程度、杏仁豆腐はクコの実が入っているとはいえ量が少ないです。この時点であまり期待出来そうにないとの判断が頭をよぎります。よだれ鶏は蒸し鶏の辛味ソース掛けと称しても良いような料理で、千切りキャベツの上に蒸し鶏を載せて、小葱を散らして辛味ソースをかけてあります。蒸し鶏は肉薄の細切り傾向で、街角中華ではよく見かける形態です。普通に美味しいランチで特に印象に残ったものはありませんでした。ちなみに「よだれ鶏」気になったので調べてみました。この料理の味を思い出すとよだれが出てくるということから付いた名前だそうです。
(2019-12-19)

江南酒家よだれ鶏ランチ

江南酒家よだれ鶏



神奈川区・JR京急方面 | 17:50:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華飯店・横須賀中央駅
横須賀中央駅と汐入駅の間 中華飯店、横長のお店で2階もあるようですが、1階は入ると左側に2階への階段があり続いて会計場があります。厨房は奥に横長にあるようですが小窓位しかなくクローズされています。右側の客席スペースに4人掛けテーブル9卓が比較的ゆったりと配置されている中華屋さんです。
(2017-01-13)
場所: 神奈川県横須賀市本町1-10
定休日: 水曜

中華飯店店構え

サンマーメン(750円)、幟を見つけて入ってみたのですが、経験上幟のあるお店は価格的にも少し高く、独自タイプのサンマーメンを提供しているお店が多いので、私の好きなサンマーメンに出会う確率は低いのですが、気にはなるので入ってみてはいます。さて、どんなサンマーメンに出会う事が出来るでしょうか。丼が登場しました。具材はもやし、細かく刻んだキャベツ、木耳で肉を探したのですが間違って入ってしまった様な細切りのチャーシューを発見した以外には入っていなかったので、肉無しと言ってもいい位です。兎に角主役は細かく刻んだキャベツでもやしの量が少なく木耳ちらほら状態です。味の濃い醤油ベースの餡が掛かっており、スープは少し甘みを感じるのですが、濃いのでどこか優し気なサンマーメンのスープではないです。やはり独自タイプです。
(2017-01-13)

中華飯店サンマーメン

八宝菜・唐揚げランチ(850円)、ラーメン餃子でも食べようかなとふらりと入ってみました。ラーメン600円はまあ少し高いけれどと思いながら餃子を見ると一皿7個入り750円、えっと思って焼売を見ると一皿5個入り700円です。単価の高さと一般的でない入り数に戸惑って、急遽ホール担当の女性が言っていた八宝菜・唐揚げランチにしてしまいました。出て来たランチはワンプレーと盛りのランチで何故か唐揚げは別皿になっています。スープは小口切りの長葱のみのシンプルな塩味ベースのスープです。唐揚げは冷めてはいませんでしたが、二度揚げではなく保温庫に入っていたような感じです。八宝菜は海老・イカ・ウズラ・ヤングコーン・青梗菜・人参・ブロッコリー・木耳・筍と豊富な具材です。味付けは中華料理の八宝菜よりも慣れ親しんだ日式中華の八宝菜です。妙に酸味の強いザーサイが端っこに隠れていましたが八宝菜と混じってしまって良く分かりませんでした。
(2019-11-07)

中華飯店八宝菜・唐揚げランチ

中華飯店八宝菜

家常麺(1000円)、家常麺(ガチャメン)をアップしていない事に気が付きましたので、写真撮っておこう位の軽い気持ちで入店しましたが、1000円になっており、くじけそうになりましたが写真を撮るとの使命感が勝って注文しました。お姉さんが貝殻はこちらへどうぞと小皿も持って来てくれました。見た所大き目のアサリ位の貝が二つ見えます。まさかこの二つの為に小皿は無いよな、濁ったスープの中に隠れてるのかな?しかし、食べても食べても貝は二つのみでした。他の具材は小型のエビ二尾と小さな塊のホタテ、木耳・豚肉・白菜です。醤油ベースで少し魚貝類を感じるスープの中には、ほうとうの麺の様に幅広の自家製麺が詰まっています。特筆すべきは熱々度の継続性です。麺が影響しているのかはよく分からないのですが、半分食べても底から引き出した麺が熱々だったのは驚きました。
(2019-12-17)

中華飯店家常麺



横須賀市 | 17:17:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華一番・新山下
最寄り駅は強いて言えば元町中華街駅だと思いますが徒歩圏内ではない 中華一番、縦と横の外看板で店名が違うのですが、少なくともラーメン屋さんではないので中華一番としておきました。小さなお店で左側にオープン厨房、厨房を囲むように逆Ⅼ字型のカウンター8席位、右側に小振りな4人掛けテーブル2卓のお店で年配のご夫婦で切り盛りされているようです。メニューの種類は少なく餃子もないのですが、ラーメン450円、五目そば650円と全般的に低価格です。3種類の定食は700円ですが印刷されているところを見ると不動の3種類の様です。
(2014-12-09)
場所: 神奈川県横浜市中区新山下3-1-10
定休日: 日曜・祝日   *営業日は14時までの昼営業のみ

中華一番店構え

チャーシューメン(650円)、サンマーメンがありませんでしたので普通なら五目そばと行くところですが、今日はちょっと気分を変えてチャーシューメンにしてみました。シンプルなルックスでトッピングはメンマ、チャーシューのみで、小口切りの長葱を散らしてあります。麺は中細のストレイト麺でチャーシューは噛みごたえのあるものですが、全体的にみると普通かな。
(2014-12-09)

中華一番チャーシューメン

タンメン(550円)、野菜たっぷりと言ってもほとんどはもやしです。他は青菜、人参、木耳、キャベツ、豚肉です。麺は中細麺であまりタンメンらしくないのですが、スープが実にタンメンらしいスープです。久しぶりにニンニク一押しのタンメンとは違うタンメンを食べました。価格と言いリピートしてしまいそうです。
(2016-12-26)

中華一番タンメン

メニュー数は少なく餃子もありません。黒塗りは何かなと目を凝らせばシューマイでした。暖簾が出ていないので営業してるのか良く分からないお店なのですが、昼時はほぼ満席でカウンターの端が空いていたのでもぐり込みました。注文は五目ソバ・タンメンが多いようです。野菜炒め・味噌炒め・レバニラ炒めの3種類がライスとスープ付きで定食(700円)となっています。味噌炒めはキャベツと豚肉の味噌炒めだそうです。従来から変わらず、営業は14時までの昼のみです。
(2018-03-07)

中華一番メニュー

五目ソバ(650円)、具材は、海老、イカ、白菜、木耳、筍、人参、青梗菜で醤油ベースの餡が掛かっています。スープは化調を感じますが嫌みではなく、全体的にはどことなく品を感じる一杯です。五目ソバの価格帯から考えれば安い部類に入りますが、中型海老とイカが各2入っておりチープな感じはしません。CPは高いです。
(2018-03-07)

中華一番五目ソバ

中華丼(750円)、価格から見れば中華丼なのか五目かけご飯なのか微妙なラインです。提供された丼は海老やイカが入っており五目かけご飯系統の中華丼でした。具材は海老・イカ・白菜・人参・青菜・木耳・板状の豚肉で硬めの醤油ベースの餡掛けとなっています。硬い餡はだまになっておらず、全体的なボリューム感もあり、なかなか美味しい中華丼です。ただ板状の豚肉が不思議です。中華スープが付いて来ました。
(2019-12-16)

中華一番中華丼



中区・本牧周辺 | 17:56:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
南昌飯店・吉野町駅
市営地下鉄吉野町駅近く 南昌飯店、縦長のお店で左側縦にクローズされた厨房があり手前スペースに4人掛けテーブル1卓、2人掛けテーブル1卓、右側は6人掛けテーブル2卓、4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル2卓の中華料理屋さんです。
(2016-05-12)
場所: 神奈川県横浜市南区吉野町5-22
定休日: 無休

豚肉とトマトの玉子炒め
鶏肉の辛子炒め
鶏唐揚げ甘酢あんかけ
中華丼+ミニワンタン

南昌飯店店構え

豚肉とトマトの玉子炒め定食(600円)、豊富な定食類とは別に日替わり定食として3種類の定食が用意されていて、通常定食は800円、日替わりは600円となっています。日替わりから「豚肉とトマトの玉子炒め」を選択しました。ライス、スープ、お新香、デザート付です。スープは卵スープで小さな賽の目切り豆腐と人参入りです。お新香は胡瓜、デザートは自家製の杏仁豆腐です。豚肉とトマトの玉子炒めは、硬めに炒められた卵と薄切りの豚肉、大きめカットのトマトを炒め合わせたものですが融合はしていません。卵が硬めなのでこうなるのでしょうが、お皿の中では玉子炒め・豚肉炒め・トマト炒めと三つのパートに分かれています。ただ、食べてみればバラバラではなく繋がりを感じさせる調理で、これがなかなか美味しいです。違う定食も食べてみたくなりました。
(2016-05-12)

南昌飯店豚肉とトマトの玉子炒めランチ

南昌飯店豚肉とトマトの玉子炒め

鶏肉の辛子炒め定食(600円)、前回の日替わり定食の印象が良かったので、「鶏肉の辛子炒め」を食べてみました。ライス、スープ、お新香、デザート付です。スープは中華スープで、お新香はザーサイ、デザートは自家製の杏仁豆腐です。鶏肉の辛子炒めは、鶏肉はそこそこ入っているのですが他は玉葱と椎茸でちょっと寂しい構成となっています。辛みは体の芯にしみ込んでくるようなものではなく、汗が出る辛さ位で日本人に合わせた感じの辛さです。今回の定食は感じるものもなくちょっと残念でした。また寄ってみます。
(2017-01-25)

南昌飯店鶏肉の辛子炒め定食

南昌飯店鶏肉の辛子炒め

鶏唐揚げ甘酢あんかけ定食(600円)、ライス、玉子と小さな賽の目切り豆腐と人参の入った玉子スープ、細切り昆布、フルーツ入りの寒天感の強い杏仁豆腐付です。鶏唐揚げ甘酢あんかけはスブタの鶏バージョンですが、ボリューム感とともに安定の調理を感じます。所々にコストカットのしわ寄せが見て取れますが、全体でみてこの定食が600円なら安いです。
(2018-10-19)

南昌飯店鶏唐揚げ甘酢あんかけ定食

南昌飯店鶏唐揚げ甘酢あんかけ

中華丼+ミニワンタンランチ(600円)、中華丼600円でも安いのにミニワンタンも付いていれば、中華丼は五目かけご飯ではなく、ワンタンの具材は何処みたいなワンタンが泳いでる姿を想像していました。出て来たランチは想像を超えていてビックリです。まずワンタンですがスープが熱々で存在感のある具材を包んだワンタンが4個器の中を泳いでいます。中華丼の具材は、エビ・イカ・薄切り豚肉・細切り白菜・人参・木耳・うずらで硬めの醤油ベースの餡掛けになっています。この価格でエビイカが入っている五目かけご飯系統の中華丼である事がビックリです。又硬い餡での提供にかかわらず、だまになっていないのも高評価です。低価格で調理経験の豊富さを感じさせる料理を出すお店と認識していましたが、「南昌飯店ここにあり」と幟を立てたいほどです。
(2019-12-13)

南昌飯店中華丼+ミニワンタンランチ

南昌飯店中華丼



南区 | 17:23:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
今人・阪東橋駅
伊勢佐木モールの奥、駅でいえば地下鉄伊勢佐木長者町駅と阪東橋駅の中間位 今人(イマジン)、以前は蘭芳園でお店が替わったのか別名リニューアルしたのかは不明ですが、多分別名リニューアルだと思います。縦長のお店で奥が厨房、左側は4人掛けテーブル1卓、2人掛けテーブル2卓、6人用丸テーブル1卓、右側は壁側がベンチシートになっており4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル2卓が置かれている中華料理屋さんです。
(2019-12-12)
場所: 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-130 信晃ビル 1F
定休日: 無休

今人店構え

レバとニラの炒めセット(750円)、てんこ盛りライス、ピリ辛薄切りザーサイ、トロミの無いワカメと玉子のスープ、フルーツ入り寒天感系杏仁豆腐付です。レバとニラの炒めは、薄切りのレバにプリプリ感を残す絶妙な火の入れ方なのですが、もやしは完全に火の入れすぎです。一つの皿にプラスとマイナスがこれほどはっきりと存在している料理も珍しいです。何回か食べてみないと分かりませんが、出来不出来の差が激しいお店なのかもしれません。ただボリュームはありますので、作業着で中華ならストライクゾーンかもしれません。
(2019-12-12)

今人レバとニラの炒めセット

今人レバとニラの炒め



中区・関外 | 17:28:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
三陽 本店(元御用亭)・野毛
桜木町野毛 三陽 御用亭、野毛の有名店三陽の支店です。2階も有るようですが、縦長のお店で1階は左側縦にオープン厨房、厨房前に10席位のカウンターがあり、お店の奥に小さな4人掛けテーブル2卓と丸テーブル1卓のお店です。
(2013-07-08)
場所: 神奈川県横浜市中区野毛1-36 1F 2F
定休日: 不定休(月曜日は夕方から営業)

三陽 御用亭店構え

三陽本店へ行ったら三陽 御用亭で営業中の札がありました。野毛の有名店であるこのお店は、味もさることながら奇抜なメニュー名と店主のキャラクターが持ち味です。
(2013-07-08)

三陽 本店店構え

カラフルなお箸です。右端にちょっと写っているのは、回転寿司のお湯が出る蛇口と同様の物でお水が出ます。
(2013-07-08)

三陽 御用亭箸

サンマーメン(750円)、きっと三陽のサンマーメンならニンニク、胡椒ばっちり決めて変化球で攻めてくるだろうと思っていましたが、出てきた丼を見てあまりに普通の直球で肩透かしです。もやし・白菜・豚肉(細切り)と役者が揃っており、魚介系を感じるスープですが、餡にニンニクや胡椒の仕込みはされておらず特徴的なものはありませんので、混ぜてもスープに大きな変化はありません。麺が中太麺なのは珍しいです。大きな蓮華が印象に残りました。
(2013-07-08)

三陽 御用亭サンマーメン

三陽本店、何やら改装中の様です。
酔華さんから改装ではなく移転とコメントを頂きました。
(2015-01-13)

三陽本店改装

そして、本店は立ち食い焼き肉店となりました。
(2015-02-20)

三陽本店あと

本店は何処へ行ったのかというと、御用邸が本店となっていました。手前にも三陽がありますが以前は村役場と看板が上がっていましたが、今は取り外されていますので何と呼ばれているのかはわかりません。昼は営業していないようです。
野毛に3店舗あった三陽は2店舗になったようです。
(2015-02-20)

三陽

横浜野毛ラーメン(500円)、三陽にしてはおとなしいルックスで太麺にトッピングは海苔、メンマ、チャーシュー2枚に小口切りの長葱を散らしてあります。相変わらずビックサイズの蓮華です。やはりこのお店は店主のキャラとニンニクのお店だと再確認しました。
(2015-02-20)

三陽ラーメン

ランチ餃子(350円)、夜は一皿7個で400円ですが、昼は6個で350円です。にんにくバッチリでこれぞ三陽です。今日はニンニクの唐揚げをサービスで頂いてしまいました。これ美味しいんですよね。ビールが欲しくなってしまいます。でも昼ですから牛乳ガバット頂きました。
(2015-02-20)

三陽餃子

みそダレネギ鶏定食(500円)、平日限定7種類の500円定食からみそダレネギ鶏定食を選択しました。ライス、一般的な中華スープ、白菜の漬物付きですが、デザートとしてグレープフルーツが付いていました。みそダレネギ鶏定食は、鶏肉にえらい濃い味のみそダレを絡めたものに細切り長葱を添えたシンプルなものです。価格を考えれば仕方ない部分もありますが、量は多くなく酒のつまみ的な料理です。ただ、このみそダレが妙にご飯に合うんですよね。このお店にしては控えめですが、みそダレにニンニクも入っていて好きな部類の味です。
(2018-10-09)

三陽みそダレネギ鶏定食

三陽みそダレネギ鶏

焼きそば(680円)、野毛チャーメンかもしれないと焼きそばを頼んでみましたが別物でした。麺が中太麺の塩焼きそばです。野菜とともに薄切りの豚肉にも存在感が有り、おふざけのメニュー名が点在するお店から想像するよりもまともな焼きそばです。意外だったのはニンニクガッツリのイメージのあるお店で、ニンニクの存在を感じなかったことです。
(2019-12-11)

三陽 御用亭焼きそば


大きな地図で見る

中区・野毛 | 17:33:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
栄華軒・小田原駅
小田原駅近く 栄華軒、縦長のお店で奥が厨房になっています。4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル4卓で、入り口から見ると左側奥に見えないスペースがあります。どうなっているのか想像してみました。丸テーブルを置くにしてはスペースが小さそうで、長テーブルかなと思ったのですが、会計時に覗くと2人掛けテーブルが3卓でした。
(2013-07-25)
場所: 神奈川県小田原市栄町2-7-37 KTプラザ 1F
定休日: 月曜

栄華軒店構え

サンマーメン(800円)、もやし・白菜・キャベツ・豚肉と役者は揃っています。醤油味の強いスープで、餡は塩ベースですが特徴的な味付けはされていませんので、混ぜても大きな変化はありません。麺も一般的な中華屋さんのものとは違いますし、具材も多いです。でも、800円は高いです。
(2013-07-25)

栄華軒サンマーメン

ラーメン(550円+税)、全体的に高めの価格設定ですが、外税になっていて一層高い印象です。ラーメンのトッピングはメンマ、海苔、もやし、厚切りチャーシューで小口切りの長葱をさらに刻んで散らしてあります。このお店はラーメン屋志向のある中華屋さんで、一般的な中華屋さんと比べて使用している麺が違います。小型ではありますが1㎝強はある厚みのチャーシューを箸で崩しながら食べましたが、なかなか美味しかったです。600円弱ならまた食べてもいいかも。
(2016-12-27)

栄華軒ラーメン

伊府麺(イーフーメン)、(900円+税)、特別のメニューとしてイーフー麺が出ていましたので入ってみました。4人掛けテーブルに通されたのですが、一人だと居心地悪いなと思いながら丼を待ちます。イーフー麺は料理名ではなく麺の種類ですので、出て来るまでどんな料理が出てくるかわからないのが面白いところです。運ばれてきた料理は焼きそばで、薄味の中華スープが付いていました。具材は白菜、ピーマン、木耳、人参と少量の豚肉、ひき肉です。イーフー麺は平打ちの中麺といったところでしょうか。皿が大きいので見た目よりは量的には十分なのですが、単調で飽きます。価格を考えれば海老くらい入っていてもよさそうだよなと思っていたら、入ってきたお客さんに「満席で、どうもすみません」と相席にしません。もしこれがお店のルールなら少し位高いのは仕方ないのかなとも思う。
(2017-08-01)

栄華軒イーフーメン

タンメン(900円)、タンギョウで行ってみようかと入りましたが、タンメンの価格を見て餃子500円まではと戦意喪失でタンメン単品の注文となりました。スープはタンメンスープで麺はお約束の平打ち太麺ではなく中麺の平打ちなのですが多分イーフーメンだと思います。茹で野菜に白菜が入っているのは嬉しいのですがCPは低いです。
(2019-12-10)

栄華軒タンメン


大きな地図で見る

小田原市 | 17:05:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華 末広・県立大学駅
京急県立大学駅近辺 中華 末広、お店の外観は古い雑然とした中華屋さんの様ですが、入ってみると古いことは古いですが、壁の大きな黒板にお勧めなどが書かれておりちょっとバルっぽい感じです。入り口の引き戸から左側が厨房になっており右側の客席部分に2人掛けテーブル6卓、4人掛けテーブル2卓、、6人用丸テーブル1卓が比較的ゆったりと置かれています。外から見た感じとは随分違う店内です。
(2018-02-16)
場所: 神奈川県横須賀市安浦町2-25
定休日: 水曜

中華 末広店構え

サンマーメン(740円)、具材はもやし、キャベツ、木耳、人参、薄切りをさらに細切りにした豚肉で塩ベースの餡が掛かっています。少しオイリーなスープは動物系で餡に甘みは付いていません。価格的には少し高いなと思ったのですが、麺の量、豚肉が多く価格並みです。絶賛とは言いませんが良いサンマーメンだと思います。
(2018-02-16)

中華 末広サンマーメン

横須賀の末広と言えば肉まんです。お店から小道を一本隔てたところに中華まんのSUEHIROとローマ字表記の販売店があります。もちろん豚肉まんと鶏肉まんをテイクアウトしましたが、お店に会員になると中華まん260円が240円になると書かれています。入会金100円で年会費無料・更新料無料・無期限・入会当日より適応されるとのことでしたので、これももちろん入会しました。二つ折りのスタンプカードで購入に応じてスタンプがたまり特典もあるようです。5個以上の購入なら入会がお得で、会員になると言えば購入分のスタンプを押したカードをもらうだけのお手軽会員登録です。定休日はお店と同じ水曜です。
(2018-02-16)

中華 末広売店

中華 末広中華まんじゅう

ラーメン、餃子セット(950円)、単品だとラーメン590円、餃子6個470円なので110円お得になっています。ラーメンのトッピングはメンマ、ナルト、、縦長のチャーシュー2枚で小口切りの長葱を散らしてあります。この価格でチャーシュー2枚は頑張っています。スープは醤油味が強いのですが甘醤油みたいな醤油味で懐かしさのあるスープです。餃子はこのお店の売りの様で3,6,12,18,24,30個とメニューにあり個数が増えると少し安くなるようですが6個入りで470円です。中型と云ってもやや小ぶりな餃子は極刻みの具材が多いとは言えない状態で1個80円弱は高いかな。具材にほんのりですが甘味付けがされており、パクパク行けてしまうような餃子ですので尚更価格は気になります。醤油皿に辛子が付いて来ますが、この餃子にはラー油より辛子が妙に合います。甘みをうまく使ったラーメン・餃子は印象に残りました。
(2019-03-29)

中華 末広ラーメン餃子セットラーメン

中華 末広ラーメン餃子セット餃子

五目ソバ(850円)、タンメン食べようと入ったのですが、800円します。どうしようかとメニューを見ていたら五目ソバが850円です。即座に切り替えて五目ソバに決定です。塩ベースのスープに具材は、エビ・イカ?・細切り豚肉・薄切りだけれど大判のチャーシュー2枚・蒲鉾・白菜・青菜・もやし・半熟ゆでたまご1個で餡は掛かっておらず、野菜は茹で野菜です。薄切り大判チャーシュー2枚と半熟ゆでたまご1個のインパクトが強く野菜の量も多いので満足感が有ります。
(2019-12-06)

中華 末広五目ソバ



横須賀市 | 17:33:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
食房ジャスリン・本牧
本牧 食房ジャスリン、強いて言えば縦長のお店なのだが奥が厨房で手前の狭い客席スペースに4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル1卓の中華料理屋さんだが蕎麦やかつ丼等も提供しており、各種パーティー・ロケ弁など弁当のデリバリーもしている。お店に入っても何の反応もない。仕方なく厨房を覗いて「すみませ~ん」と声をかけるとやっと気づいてもらえた。店主一人でやっているようだ。厨房を見るとかなり広く、厨房スペースと客席スペースの広さが逆じゃないかと思える程だ。さて、このお店はかつて中華街にあった老舗の「鴻昌」の三男さんがやっているお店で、チャーシューの焼き台は鴻昌から持って来ているとのことでした。
(2017-09-22)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧元町8-15
定休日: 日曜

食房ジャスリン店構え

豆腐のオイスターソース煮ランチ(680円)、このお店のランチは週替わりで3種類あり、すべて同価格です。ライス、スープ、副菜、お新香付きでライスはお替り自由となっています。スープは普通の中華スープ、副菜はもやしのピリ辛和えと漬物です。豆腐のオイスターソース煮は、胡椒が振りかけられてるのですが、単純に胡椒だけではなく何らかのスパイスが付加されています。オイスターソースもこなれている感が強く惹かれる料理です。この料理美味しいなと思ったのですが、ボリューム感に関しては不満が残ります。でもまた行ってみます。
(2017-09-22)

食房ジャスリン豆腐のオイスターソース煮ランチ

食房ジャスリン豆腐のオイスターソース煮

豚肉とキャベツのピリ辛甜麵醬炒めランチ(680円)、ライス、スープ、副菜、お新香付きでライスはお替り自由となっています。スープは普通の中華スープ、副菜はもやしのピリ辛和えと半分の煮卵、漬物です。豚肉とキャベツのピリ辛甜麵醬炒めは、豚肉、キャベツ、人参、ピーマンを甘辛炒めの餡かけにしたものです。味的には悪くないのですが餡が少し硬すぎるようです。豚肉の量は多いのですが、餡が硬いため一見するとボリュームがあるように見えますがやはり量的には不満が残ります。
(2017-12-07)

食房ジャスリン豚肉とキャベツのピリ辛甜麵醬炒めランチ

食房ジャスリン豚肉とキャベツのピリ辛甜麵醬炒め

チャーシューメン(800円)、チャーシューを食べてみたいと思っていたので寄ってみました。チャーシュー5枚と小口切りの長葱のみのシンプルな丼姿です。スープは薄味で香り付けのごま油を感じます。チャーシューは赤い縁の歯ごたえのあるものですが、肉の旨味が凝縮されている感じでもなく、あまりにも普通で拍子抜けです。期待しただけ残念感も大きいです。
(2019-12-05)

食房ジャスリンチャーシューメン



中区・本牧周辺 | 18:35:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
隆昌酒家・横浜駅
横浜駅東口と京急神奈川駅の中間位 隆昌酒家、横須賀に支店があり、東神奈川に姉妹店がある中華料理屋さんです。見た感じよりも大きな席数のあるお店で右側縦に丸テーブルが並んでおり左側はテーブル席になっています。
(2015-11-19)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1 コンカード横浜1階
定休日: 無休

合鴨と白菜の炒め
牛肉の黒胡椒炒め
蒸し鶏のネギソースかけ

隆昌酒家店構え

合鴨と白菜の炒めランチ(750円)、印刷された定番のランチと黒板ボードに手書きのサービスランチがあり、黒板ボードにはランチとしては見慣れないメニューが出ていることが多いです。黒板ボードに「合鴨と白菜の炒め」を見つけて入ってみました。ライス、スープ、漬物、小鉢、デザート付です。スープは卵、ワカメ、賽の目切り豆腐、人参のスープで、漬物はザーサイ、小鉢はサラダ、デザートはシンプルな杏仁豆腐です。合鴨と白菜の炒めは合鴨と細切り白菜、人参を炒めたものですが、よく考えると合鴨を語れるほど合鴨を食べていない事に気づきました。まあ、珍しいメニューをランチに見つけて思わず入ってしまいました状態ですが、ランチとしては満足のいくもので混み合っているお店の状態が納得できるランチでした。
(2015-11-19)

隆昌酒家合鴨と白菜の炒めランチ

隆昌酒家合鴨と白菜の炒め

牛肉の黒胡椒炒め定食(750円)、横浜駅周辺で千円以下で中華のランチを食べるなら、名前を挙げない訳にはいかないお店です。席数が有っても混んでいるのでオートメーション的なオペレーションがちょっと不満かな。昼時を外せば少しゆったりとした感じで食事が出来ます。ライス、ワカメ入りのトロミ付き玉子スープ、薄切りザーサイ、千切りキャベツとレタスのサラダ、寒天感系よりもクリーミー系寄りのフルーツ入り杏仁豆腐付です。牛肉の黒胡椒炒めは、牛肉、玉葱、ピーマン、筍、黒胡椒で炒めたものです。想像しやすい味でその通りに美味しいです。特に牛肉の量が多く満足感のあるランチでした。又昼時を外してしまった様な時には行ってみます。
(2019-02-01)

隆昌酒家牛肉の黒胡椒炒め定食

隆昌酒家牛肉の黒胡椒炒め

蒸し鶏のネギソースかけ定食(780円)、蒸し鶏食べたいと思っていた時にタイムリーなメニュが出ていたので呼ばれてしまいました。ライス、玉子とろみスープ、薄切りザーサイ、もやしのナムル、フルーツ入り寒天感系杏仁豆腐付で、15時まではライス大盛無料となっています。蒸し鶏のネギソースかけは、味も見た目も想像通りでしたが斜め切りにした蒸し鶏の一片が肉厚で大きく、それが2列盛り付けてあります。この蒸し鶏の感じは、中華街では出会いますが、街角中華では余りお目にかかった事が無いと思います。それだけにインパクトが有り、印象に残る定食です。その反動でスープやデザート、小鉢にコストのしわ寄せがきているようですが、1点豪華主義的な定食もありだなと思いながらお店を後にしました。
(2019-12-04)

隆昌酒家蒸し鶏のネギソースかけ定食

隆昌酒家蒸し鶏のネギソースかけ



神奈川区・JR京急方面 | 17:37:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
天龍・子安駅
京急子安駅前 天龍、縦長のお店で奥がオープン厨房になっており、厨房前にカウンター4席、4人掛けテーブル1卓、2人掛けテーブル2卓、6人掛けテーブル1卓のお店で、年配のご夫婦で切り盛りされていました。客席部分は赤系統の配色が印象的です。スタミナ麺や龍麺(どちらも750円)が気になります。
(2014-03-31)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区子安通1-104-2
定休日: 木曜

天龍店構え

サンマーメン(650円)、もやし、キャベツ、豚肉と役者は揃っていて塩ベースの餡がかかっています。スープは塩と言って良いと思います。なかなかこなれた調理で、街の中華屋さんです。
(2014-03-31)

天龍サンマーメン

ラーメン(540円)、トッピングはナルト、メンマ、青菜、チャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。スープはサンマーメンと同様の様で醤油というよりは塩と言ってもいいようなスープです。シンプルなルックスのラーメンですが、つるっとした麺と独自スープ、歯ごたえのある肉の味を凝縮したチャーシューと注目点のあるラーメンです。こなれた感じの調理を今回も感じました。
(2018-02-05)

天龍ラーメン

マーボー定食(750円)、麺類でこなれた調理を感じたので単品料理定食を食べてみたいと入ってみました。結果から云えば大外れです。ライス、沢庵、ワカメと玉子のトロミの無いスープ、野菜炒め付です。デザートは無いけれど野菜炒めが付いておりCP的には高いと思います。しかし、スープは妙に塩辛く飲む事が出来ず、野菜炒めの味付けは良いのですが冷めています。麻婆豆腐はあまり辛くないのですが、辛味の源泉は唐辛子一択の様です。所々だまになっており、もう少しやり様が有るだろうにと思ってしまいます。やはり、このお店は麺飯のお店なのかな。
(2019-12-02)

天龍マーボー定食

天龍マーボー


大きな地図で見る

神奈川区・JR京急方面 | 18:13:32 | トラックバック(0) | コメント(0)