FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ

■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

大来・サンマーメンその後
大来・野毛

場所: 神奈川県横浜市中区野毛町3-160-4 ちぇるる 1F
定休日: 火曜

サンマーメン(750円)、大き目の丼に麺も多く、野菜、特にもやしが大量、スープも優しい感じのスープで、タン麺では店名を聞いたことがあるが、サンマーメンもなかなかのものだ。熱々で特に木耳は要注意。サービスで小ライスが付くらしいが辞退した。下手をしたらサンマーメン完食も危ない。お勧めのお店が一軒増えました。
(2012-06-07)

大来 (タイライ)サンマーメン

サンマーメン(800円)、ブログ上では約7年半ぶりのサンマーメンで小ライスサービスはやめたようです。野菜餡かけ系統のサンマーメンで具材の多いサンマーメンをパワー系と称しており、印象に残ったパワー系の内の1軒です。2012年で750円でしたので800円オーバーかなと思っていたのですが800円でした。しかし内容的には明らかにボリュームダウンしています。具材は、もやし、ニラ、木耳、人参、玉葱、薄切り豚肉で醤油ベースの餡が掛かっています。スープはほのかな魚貝系と甘味を感じるスープです。麺・具材とも量が多く豚肉にも存在感があり、価格に見合った魅力を提供していますが、賄い料理から生まれたといわれるサンマーメンとしては価格的にお勧めからは外れます。
(2020-02-03)

大来サンマーメン



サンマーメンその後800円台 | 17:09:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
満州園・サンマーメンその後
満州園・鶴見駅

場所: 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町2-2 フーガ2号館
定休日: 第2木曜および月曜(第2木曜の週は月曜営業)

サンマーメン(670円)、具材は、もやし、筍、ニラ、人参、木耳、豚肉で大部分を占めるもやしの量が多く、厚い塩ベースの餡が掛かっていますので、熱々で特に木耳には注意が必要です。麺が平打ち麺なのは残念ですが、中細麺ではこの餡に負けてしまいますので仕方ないですね。王道のサンマーメンではありませんが、餡と具材のボリュームが特に印象に残ったお勧めの一杯です。
(2011-11-22)

満州園サンマーメン

久しぶりの満州園なので、サンマーメンを食べてみました。内容的には変わらないのですが、ボリュームが少し無くなって、値段が720円になっていました。とはいえ他店と比べればまだまだボリューム感はあります。
(2015-06-05)

満州園サンマーメン1

サンマーメン(800円)、具材は、もやし、ニラ、人参、木耳、豚肉で大部分を占めるもやしの量が多く、厚い塩ベースの餡が掛かっています。2015年から比べればボリューム感は戻ったようですが、2011年から比べれば明らかにボリュームダウンしており、具材から筍は省かれています。餡が厚いので餡の下は熱々で、麺が平打ち麺なのは従来通りです。2011年には、餡と具材のボリュームが特に印象に残ったのですが、付け加えれば、このサンマーメンが670円で提供されている事で、王道のサンマーメンでは無いけれどパワー系サンマーメンのお勧めの一杯です。となります。つまりCPが高かったのですが、立ち返って今回のサンマーメンを見れば、800円出せばこの位のボリューム感のあるサンマーメンは珍しくありませんので、お勧めする理由が無くなってしまいました。豚肉に存在感もあり、800円なりの価値観を出そうとしているのは分かりますが、せめて700円台であったら印象も違ったように思えます。
(2020-01-31)

満州園サンマーメン



サンマーメンその後800円台 | 17:12:08 | トラックバック(0) | コメント(0)