FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ

■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

玉家・本牧
本牧 玉家、古くからあるお店だと思います。中華屋さんではなく和食なども在りますので御食事処です。縦長のお店で2階もあるようですが、1階は入ると左側が4人掛けテーブル3卓、真ん中に2人掛けテーブル5卓、右側に6人掛け位の大きさの丸テーブルが2卓、奥が厨房となっていますが、厨房は見えません。
(2013-09-02)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧三之谷1-14
定休日: 水曜

サンマーメン
シューマイ
バンメン
五目そば
タンツーメン
サンマー丼と小ラーメン
もやし焼きそば
ねぎそば
中華丼
肉ソバ
天津丼

本牧 玉家店構え

サンマーメン(800円)、もやし、白菜、玉葱、人参、木耳、豚肉で構成されています。スープは中華の端に麺つゆを感じさせる物で、微妙なバランスの上に成り立っており大変美味しく珍しいスープです。ちょっと高いですが個人的に白菜が入っているのもうれしく、満足感のある一杯でした。
(2013-09-02)

本牧 玉家サンマーメン

シューマイ(600円)、大きなシューマイで、高さは5㎝強、直径約4cm位あります。1個120円しますので当然かなとも思いますが、肉が詰まっておりお腹一杯です。
(2013-09-02)

本牧 玉家シューマイ

バンメン(900円)、メニューには、バンメン(五目ウマニソバ)とあります。五目ソバ(850円)が別メニューにありますがメニュー写真からすると具材に微妙な違いがあるようです。普通のラーメン丼で登場しました。具材は海老、イカ、木耳、人参、白菜、青梗菜、蒲鉾、豚肉、チャーシュー、うずらで薄く餡が掛かっています。スープは醤油味の強いものでお冷2杯コースでした。バンメンは五目ウマニソバなのか?また分からなくなりました。
(2014-04-07)

玉家バンメン

五目そば(850円)、具材は海老、蒲鉾、木耳、焼豚、豚肉、白菜、人参、ゆで卵半分、卵焼き、長葱で焼豚はトッピングされており長葱は厚めの斜め切りとなっています。餡はかかっておらずスープは微妙なのですが塩か醤油かと聞かれたら塩ですね。
(2014-10-14)

玉屋五目そば

タンツーメン(800円)、メニューにはタンツーメン(激辛)とありますのでおばちゃんに辛いと聞いてみましたが、そんなに辛くないよとの事でしたのでオーダーしてみました。あっさり系のスープにラー油の海が広がっていて青梗菜、味の付いた挽肉、長葱と半分のゆで卵がトッピングされています。激辛と言うほどではないですがそこそこ辛くて美味しいです。タンツーメンてこんな丼でしたでしょうか。
(2015-03-12)

玉家タンツーメン

サービスランチセット(850円)、ホワイトボードにサンマー丼と冷したぬきそば又は小ラーメンと書かれている。えっ!このお店にはサンマー丼はないはずです。ランチでのみ提供しているのかなあと思ったら吸い込まれてしまいました。小ラーメンを選択しましたが、小ラーメンはナルトとメンマと小口切りの長葱のみのシンプルなもので丼も小さい所謂小ラーメンです。スープはちょっと濃いのですが中華の端に麺つゆを感じさせる物で少し甘みもあり結構好みのタイプです。サンマー丼は皿盛りですのでサンマー飯と言った方がしっくりくるもので、これも小を付けた方がよいくらいの皿の大きさです。具材等はサンマーメンと同様でご飯の上にサンマーメンの餡かけ部分を掛けたものです。浅漬けが付いてきました。
(2015-05-26)

玉家サンマー丼サービスランチ

もやし焼きそば(800円)、何にしようかとメニューを見ていたら「もやし焼きそば」を見つけましたので注文してみました。
麺は硬いと柔らかいのを選択できますが、柔らかいのにしてみました。
麺は細麺で、具材はもやし、人参、白菜、青梗菜、玉葱、豚肉で醤油ベースの餡掛けになっています。細麺と餡かけの相性も良くなかなか美味しいのですが、量が多い訳でもなくちょっと高いです。これなら、あと100円出しても五目焼きそばの方がよさそうです。
(2016-05-19)

玉家もやし焼きそば

ねぎそば(800円)、このお店は、ネギラーメンじゃなくてねぎそばなのかと注文したら、おばちゃん厨房へ元気良くネギラーメンと注文を通していました。なんだ、拘りはないのねと丼を待ちます。出てきた丼はネギチャーシューで辛味付けはされていません。ネギチャーシューと表示してないだけあってチャーシューは少量です。安定の一杯という感じでなかなか美味しいのですが、CPは低いです。
(2017-07-28)

玉家ねぎそば

中華丼(850円)、自家製感強い漬物と殻付きのあさりが入った味噌汁が付いていました。中華丼の具材は海老、蒲鉾、木耳、焼豚、豚肉、白菜、人参、うずらで、ほぼ五目ソバと同一の具材です。イカが入っていない位で一通り具材はそろっており、白菜もうれしいのですが、満足感は薄くCPは低いです。
(2018-08-27)

玉家中華丼セット

玉家中華丼

肉ソバ(800円)、メニューにはあるのに写真が無いので、どんな丼姿なのだろうかと興味があり注文してみました。出てきた丼は魚貝類無しの広東麺ですかね。白菜は嬉しいのですが肉ソバと言うには肉が少なすぎ、CPは低いです。
(2018-10-23)

玉家肉ソバ

天津丼(900円)、天津麺と天津丼なら、店毎に違うタレを楽しめる天津丼の方が好きかな。天津丼のイメージは、ご飯の上にかに玉を乗せて甘酢あんを掛けた料理なのですが、街角中華ではさすがにカニは価格的に難しく、具沢山の卵焼きに甘酢あんを掛けた料理と認識しています。さてこちらの天津丼は、餡かけチャーハンよろしく比較的緩い餡がライスの周りを満たしているタイプで、酸味はありません。玉子焼きの中には、筍・長葱・カニカマと至ってシンプルです。価格を考えれば、もう少し何かあっても良い様に思えます。漬物と一緒に出された大振りのアサリ3個が入った味噌汁が目を引いた程度で満足感は低かったです。
(2020-09-24)

玉家天津丼


大きな地図で見る

中区・本牧周辺 | 17:19:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
華香亭本店・本牧
本牧 華香亭本店、1912年(大正元年)創業の老舗です。レトロ感漂う店構え、上の看板を見なければお店なのかギャラリーなのか判断が付きません。テーブル席のみのお店で4人掛けテーブル5卓、8人掛け丸テーブル1卓がゆったりとした間隔で置かれています。高い天井にはシーリングファンが回り、正面には現役の中型の柱時計が時を刻んでいます。お店の右側は陶器や絵が飾られており洗練されたレトロ感を味わえますが、左側は雑然としておりテレビ等も置かれています。このお店にテレビ要らないんじゃない。右側の雰囲気で統一すればよいのに。サンマーワンタンメン、バンメン、華香メン、広東メン等のメニューがあります。
(2012-09-06)
場所: 神奈川県横浜市中区本郷町3-64
定休日: 水曜 時々連休になるそうです。年一回秋に長期休業あり。
サンマーメン
バンメン
天津ワンタンメン
広東麺
華香メン
サンマーワンタン麺
トマトソバ
もやし焼きそば
上海焼きそば
五目そば
タンメン
中華丼
ネギソバ
五目焼きそば
レバイタメライス

華香亭本店店構え

サンマーメン(旧700円、750円)、もやし餡かけ系統で、餡は薄い方。スープを一口、薄いなあ、失敗かなと思ったが、食べ終わる頃には、十分有りだよに変わっていた。餡の中に細切りの生姜が入っていたのは珍しい。他の料理も食べてみたいと思わせる出来でした。
(2012-09-06)

華香亭本店サンマーメン

バンメン(850円)、メニュー表記はカタカナのみです。普通のラーメン丼で登場です。具材は海老、イカ、蒲鉾、木耳、筍、焼豚、豚肉、白菜、人参、青梗菜、玉葱で構成されており餡が掛かっていて白ごまがトッピングされています。麺は中細面でも細麺の傾向で、スープは一口目は薄いなと感じるのですが食べ終わる頃には調度良い不思議なスープです。具材の種類も多く満足感のある一杯でした。
(2014-04-08)

華香亭本店バンメン

天津ワンタンメン(950円)、提供された丼を見てみますと、卵焼きに餡が掛かっており小葱がトッピングされていますがワンタンが見えません。ちょっと卵焼きをめくるとワンタンが隠れていました。丼に麺を中心に集めるように入れて、ぐるりとワンタンを配置して卵焼きをかぶせる手順の様です。卵焼きの中身は小口切りの長葱、細切り筍、細かくカットされたチャーシューにプリッとした海老が2尾入っていました。餡の味付けは弱くスープと混ぜてもスープを変えてしまうようなものではありません。特にワンタンが美味しく、薄味のスープは細いストレート麺と良く合っており美味しい一杯でしたが、価格的にはちょっと高いかなとも思いますが満足感はありました。
(2014-08-04)

華香亭本店天津ワンタンメン

広東麺(850円)、本牧で広東麺を提供している珍しいお店なので寄ってみました。注文したらおかみさんが塩ですか?醤油ですか?と聞いてきます。塩味の広東麺は聞いた事ないですよねと返したら、このお店は基本が塩なのだそうですが醤油の希望が多いので選択にしているとの事でした。塩味の広東麺には興味がありますので迷わず塩にしました。
登場した丼を眺めますと塩ベースの餡はスープと一体になっており苦手なタイプです。スープは塩ですが胡椒が利いています。具材は海老、イカ、蒲鉾、木耳、筍、焼豚、豚肉、白菜、キャベツ、青梗菜、人参、長葱(斜め切り)と種類は豊富なのですが、やはりイメージにある広東麺とはかけ離れていました。
(2014-11-04)

華香亭本店広東麺塩

華香メン(850円)、さてさてどんな麺料理だろうかと期待して丼の登場を待ったのですが意外にシンプルです。トッピングは小口切りの長葱、青梗菜、チャーシュー2枚、海老2尾、ポーチドエッグ2個で普通の醤油味スープです。このスープは今の時代では薄いと言われると思うのですが、ただ薄いだけではなく味わいがあります。さて、ポーチドエッグはどうしたものかと1個は割ってみましたがスープに雑味が加わるようで失敗です。そもそも何故ポーチドエッグなのか?何故これが華香メンなのか?2に何か意味があるのか?謎は深まるばかりですが、美味しかったので考えるのやめました。
(2015-03-24)

華香亭本店華香メン

サンマーワンタン麺(850円)、サンマーメンは変わらず老舗の独自タイプです。相変わらずスープの一口目に思う事は薄いな!ですが、食べ終えるころにはスープが薄いという印象が薄れてしまう不思議なスープです。ワンタンは具材の量が多いつるっとしたタイプで、蓮華に取ってつるっと行きましたが、具材の熱い事、熱い事、口の中でどう処理したらいいか分からないほどで、慌ててお冷をもらいました。サンマーメンとの価格差は100円ですが、ワンタンに存在感がありましたのでサンマーワンタン麺でもいいかなと言った感じです。
(2015-04-27)

華香亭サンマーワンタン麺

トマトソバ(850円)、変わった麺料理です。トッピングはクラッシュトマト、レタス、溶き卵、玉葱、豚肉でとろみがついています。丼を見た時には完食できるか心配でしたが、ちょっと感じるごま油とトマトの酸味がなかなか心地よく完食出来ました。すごく美味しいというほどではありませんが、酸味が好きな人には良さそうです。スープとしての提供の方がよさそうだなと思っていたら、ちゃんとスープも壁に貼ってあるメニューにありました。
(2015-07-23)

華香亭本店トマトソバ

もやし焼きそば(750円)、サンマー焼きそばなのかなと思って注文してみました。注文時に硬いのか柔らかいのか聞かれましたので柔らかいのにしました。具材は、もやし、人参、青梗菜、玉葱、豚肉で塩ベースの餡が掛かっておりサンマーメンとは構成が違います。いつもの薄味ですが、極細麺がなかなかいいです。ボリュームはあまりないのでCPは高くないのですが、リピートしてしまいそうです。
(2016-02-22)

華香亭本店もやし焼きそば

半年強休業していましたが、11月7日(月)より営業を再開しています。
もともとこのお店のオペレーションはスローなのですが、知人やら常連さんやらで混み合っており、全く間に合っていません。
時間のない人や待つ事が出来ない性分の人は、もう少し落ち着いてから行った方が良いようです。
(2016-11-15)

華香亭本店営業再開貼り紙

上海焼きそば(900円)、再開したら一番に食べようと思っていました。少し高めの価格ですが、中型の海老やイカが入っています。細い麺がなかなか美味しいです。やっぱり、このお店の焼きそばは好きだな。中華スープと辛子が付いていました。
(2016-11-15)

華香亭本店上海焼きそば

華香亭本店上海焼きそばスープ

五目そば(850円)、営業再開からだいぶ落ち着いてきて、ゆったりと時間が流れている様な華香亭が戻ってきています。それでもまだ旧知のお客さんが訪れているようで、バイクで転んで足を怪我して入院していたので長期休業になったとの会話が聞こえてきました。長く続けて欲しいので自重してくださいねと心で思いながら、さて何にしようかと五目そばと広東麺の違いをおかみさんに聞いてみたところ、具材の一部違いと餡のないのが五目そばとの事でした。ならば五目そばを食べてみようと注文です。具材は海老、イカ、蒲鉾、木耳、筍、焼豚、豚肉、白菜、キャベツ、青梗菜、人参、長葱(斜め切り)とここまでは広東麺と同じですが半ゆで卵1個がプラスになっています。餡が無いのでスープが良く分かるのですが、タンメン系統のスープで胡椒と少量のラー油が掛けられています。麺は中細でも細い方のストレイト麺で、広東麺より五目そばの方が好きです。
(2016-12-22)

華香亭本店五目そば

タンメン(750円)、前回五目そばを食べた時にタンメン系統のスープで、ならばタンメンはどうなのかと気になって前回の味を忘れないうちの再訪です。具材はもやし、ニラ、人参、長葱、豚肉でスープの基本は五目そばと同様です。違いは、胡椒はどちらにも入っていますが五目そばには少量のラー油が入っており、タンメンには少量のニンニクが入っています。麺は中細でも細い方のストレイト麺で同様です。タンメンお約束の平打ち太麺でない点や薄味なので、タンメンよりも湯麺と表現した方がぴったりくる感じです。なかなか美味しいのですが、どちらかと言えば五目そばの方がお勧めかな。
(2017-01-10)

華香亭タンメン

中華丼(850円)、随分小振りな丼での提供です。普通の中華スープと漬物が付いていました。具材は、エビ、イカ、木耳、白菜、人参、筍、青梗菜、長葱、豚肉で薄く塩ベースの餡が掛かっています。いつもの薄味で普通に美味しいのですが、CPは低いです。最もこのお店には味とかCPを求めて行っていませんので十分OKなのです。
(2017-06-09)

華香亭本店中華丼

ネギソバ(850円)、丼は普通サイズですが麺の量は少なめです。ネギチャーシューが乗っていますが、良く有るピリ辛ではありません。このお店の醤油スープはいつも思うのですが、一口目は薄いです。ただ食べ進んでいくうちに味わい深いスープだなと変わっていきます。価格的にはCP低いけれどねと思っていると柱時計がボーーン・ボーーンと昼を告げ、なんかいい空間に身を置いてるなと幸せ気分です。
(2018-02-09)

華香亭本店ネギソバ

五目焼きそば(900円)、価格が高いのも提供までに時間が掛かるのも承知の上なので良いのですが、お客の年齢層が高すぎるかもしれません。中年層の人には価格がネックなのでしょうが先が心配になってしまいます。柔らかい焼きそばの細麺が好きなので今日は五目やきそばにしてみました、具材は白菜、筍、人参、木耳、青菜、蒲鉾、中型の海老、イカ、チャーシュー、豚肉で塩ベースの餡が掛かっています。ちょっと油が多いかなとも思いますが、なかなか満足の五目やきそばでした。
(2019-02-18)

華香亭本店五目やきそば

レバイタメライス(880円)、ライス。大根・人参・胡瓜の浅漬、一般的な中華スープ付きですがデザートは付いていません。レバ炒めは、もやし・人参・ニラ・木耳を炒めた料理で白ゴマのトッピングが珍しいです。レバは薄切り傾向で、良く火を通してあるタイプです。味は薄味傾向なのですが、ただ単に薄いだけの料理ではない事はいつも通りです。価格的には高いなと思いますが、自分的には惹かれるお店です。おかみさんに毎年恒例の約ひと月の秋休み、今年どうすのと聞いてみましたが、こんなご時世で旅行も難しそうなので、決めてないけれど半分休み、半分営業かなと言っておりました。
(2020-09-07)

華香亭本店レバイタメライス

華香亭本店レバイタメ



中区・本牧周辺 | 17:18:38 | トラックバック(0) | コメント(8)
中華一番・新山下
最寄り駅は強いて言えば元町中華街駅だと思いますが徒歩圏内ではない 中華一番、縦と横の外看板で店名が違うのですが、少なくともラーメン屋さんではないので中華一番としておきました。小さなお店で左側にオープン厨房、厨房を囲むように逆Ⅼ字型のカウンター8席位、右側に小振りな4人掛けテーブル2卓のお店で年配のご夫婦で切り盛りされているようです。メニューの種類は少なく餃子もないのですが、ラーメン450円、五目そば650円と全般的に低価格です。3種類の定食は700円ですが印刷されているところを見ると不動の3種類の様です。
(2014-12-09)
場所: 神奈川県横浜市中区新山下3-1-10
定休日: 日曜・祝日   *営業日は14時までの昼営業のみ

中華一番店構え

チャーシューメン(650円)、サンマーメンがありませんでしたので普通なら五目そばと行くところですが、今日はちょっと気分を変えてチャーシューメンにしてみました。シンプルなルックスでトッピングはメンマ、チャーシューのみで、小口切りの長葱を散らしてあります。麺は中細のストレイト麺でチャーシューは噛みごたえのあるものですが、全体的にみると普通かな。
(2014-12-09)

中華一番チャーシューメン

タンメン(550円)、野菜たっぷりと言ってもほとんどはもやしです。他は青菜、人参、木耳、キャベツ、豚肉です。麺は中細麺であまりタンメンらしくないのですが、スープが実にタンメンらしいスープです。久しぶりにニンニク一押しのタンメンとは違うタンメンを食べました。価格と言いリピートしてしまいそうです。
(2016-12-26)

中華一番タンメン

メニュー数は少なく餃子もありません。黒塗りは何かなと目を凝らせばシューマイでした。暖簾が出ていないので営業してるのか良く分からないお店なのですが、昼時はほぼ満席でカウンターの端が空いていたのでもぐり込みました。注文は五目ソバ・タンメンが多いようです。野菜炒め・味噌炒め・レバニラ炒めの3種類がライスとスープ付きで定食(700円)となっています。味噌炒めはキャベツと豚肉の味噌炒めだそうです。従来から変わらず、営業は14時までの昼のみです。
(2018-03-07)

中華一番メニュー

五目ソバ(650円)、具材は、海老、イカ、白菜、木耳、筍、人参、青梗菜で醤油ベースの餡が掛かっています。スープは化調を感じますが嫌みではなく、全体的にはどことなく品を感じる一杯です。五目ソバの価格帯から考えれば安い部類に入りますが、中型海老とイカが各2入っておりチープな感じはしません。CPは高いです。
(2018-03-07)

中華一番五目ソバ

中華丼(750円)、価格から見れば中華丼なのか五目かけご飯なのか微妙なラインです。提供された丼は海老やイカが入っており五目かけご飯系統の中華丼でした。具材は海老・イカ・白菜・人参・青菜・木耳・板状の豚肉で硬めの醤油ベースの餡掛けとなっています。硬い餡はだまになっておらず、全体的なボリューム感もあり、なかなか美味しい中華丼です。ただ板状の豚肉が不思議です。中華スープが付いて来ました。
(2019-12-16)

中華一番中華丼

ニラレバ炒め定食(700円)、麺類にしようかとも思ったのですが、不動の3種類の定食の内からニラレバ炒め定食を食べてみました。ライスと中華スープ付きで漬物やデザートは付いていません。中華料理屋さんのニラレバと明らかに違う点は、キャベツが入っていて野菜炒めにレバがプラスされている感じであることとレバに衣を纏わせている点です。特に盛りが良いと言う訳でも無く、量的には普通ですが、もやしの炒め具合、柔らかい肉厚のレバ等プラスポイントも多くなかなか美味しい中華屋さんのレバニラでした。
(2020-03-11)

中華一番ニラレバ炒め定食

中華一番ニラレバ炒め



中区・本牧周辺 | 17:12:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
興源・本牧
本牧 興源、本牧中華の中であまり名前を聞かないお店です。縦長のお店で入ると右側奥が厨房になっており中華料理屋さんらしくオープン厨房ではありません。右側手前に壁に向かってカウンター席が5席位あるのは中華料理屋さんとしては変わっています。左側は4人掛けテーブル4卓のお店ですが、あまり古さを感じさせないつくりです。
(2013-09-12)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧町1-35
定休日: 原則木曜

サンマーメン
五目そば
鶏肉の唐辛子炒め
鶏肉の黒豆ソース炒め
ニラとレバー炒め
揚げ鶏肉の甘酢かけ
白身魚の唐揚げ甘酢かけ
豚肉とキャベツの辛子味噌炒め
エビとトーフ煮
麻婆豆腐
酢豚
イカと野菜の唐辛子炒め
豚肉と野菜唐辛子炒め

興源店構え

サンマーメン(735円)、もやし、キャベツ、人参、木耳、筍ニラで構成されており、肉は入っていません。多分スープも少量入っているのだと思いますが、ほとんどが厚めの餡に覆われた丼はルックスからしてサンマーメンとは違います。餡の味付けは弱い甘味と酸味がなかなかいいバランスですが胡椒多すぎです。この餡に合うのはご飯かな?・・もしかしたらパスタが合うかもしれません。B級グルメでどうでしょうか。
(2013-09-12)

興源サンマーメン

五目そば(735円)、具材は海老、イカ、木耳、筍、豚肉、キャベツ、人参、うずらで醤油ベースの餡が掛かっています。緑色がキャベツの大振りカットだけで人参が隠れてしまっていますのでなんだか寂しげな丼姿です。サンマーメンよりは満足感がありましたが、うずらも埋もれてしまっている等もう少し見せ方を工夫したらよいのにと思う。
(2014-08-18)

興源五目そば

鶏肉の唐辛子炒めランチ(750円)、5種類のランチから.「鶏肉の唐辛子炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。鶏肉の唐辛子炒めは鶏肉のカットが小さく見た目のボリューム感が足りないようですが価格を考えると妥当な線かもしれません。内容は鶏肉、人参、胡瓜、ヤングコーン、筍で唐辛子と共に薄く餡かけになっています。鶏肉の味付けが濃く唐辛子より先に感じる状態で、ご飯に合わせるならこれでも良いのかなと思うのですが、ランチを目当てに行くほどの吸引力は無いように思います。
(2015-07-08)

興源鶏肉の唐辛子炒めランチ

興源鶏肉の唐辛子炒め

鶏肉の黒豆ソース炒めランチ(750円)、5種類のランチから.「鶏肉の黒豆ソース炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。鶏肉の黒豆ソース炒めは鶏肉、人参、玉葱、筍を唐辛子と共に黒豆ソースで炒めたものです。彩り的には地味ですがボリューム感はあります。味付けは濃い目ですが、ご飯に良く合います。
(2015-09-09)

興源鶏肉の黒豆ソース炒めランチ

興源鶏肉の黒豆ソース炒め

ニラとレバー炒めランチ(750円)、5種類のランチから.「ニラとレバー炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様です。ニラとレバー炒めは、一般的なニラレバとは違い、ニラの存在感が薄く餡かけが強いつゆだく状態です。ニラとレバー炒めと言うよりは、もやしとレバーの炒め餡かけですね。レバーの量も多く、普通に美味しく一定の満足感はあるのですが、何か印象に残るものが無いのです。
(2016-01-19)

興源ニラとレバー炒めランチ

興源ニラとレバー炒め

普通に美味しいけれど飛び抜けて美味しい訳でもないと言いながら食べに行くのはどうしてかと言うと、本牧周辺で週替わりでもランチを出しているお店が少ない事とメニュー名から料理を想像していると虚を突かれて「この手で来たかあ」が楽しいからです。今日もそんなランチでした。
揚げ鶏肉の甘酢かけランチ(750円)、5種類のランチから.「揚げ鶏肉の甘酢かけ」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。揚げ鶏肉の甘酢かけは、メニュー名から揚げ鶏肉と言えばユーリンチのような形態を想像したのですが、出てきた料理は簡易酢豚の鶏バージョンです。完全に想像を外しました。
(2016-04-01)

興源揚げ鶏肉の甘酢かけランチ

興源揚げ鶏肉の甘酢かけ

白身魚の唐揚げ甘酢かけランチ(750円)、5種類のランチから.「白身魚の唐揚げ甘酢かけ」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。白身魚の唐揚げ甘酢かけは、メニュー名から平たい物体を想像したのですが、出てきたのは俵型です。しかもこの風情は揚げ鶏肉の甘酢かけの魚バージョンではないか。こんなの想像できないよ。またやられてしまいました。
(2016-07-08)

興源白身魚の唐揚げ甘酢かけランチ

興源白身魚の唐揚げ甘酢かけ

豚肉とキャベツの辛子味噌炒めランチ(750円)、5種類のランチの1種類に「豚肉とキャベツの辛子味噌炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付ライスはお替り自由)が出ていました。通常なら回鍋肉を思い浮かべるのですが、いや待てよ、このお店は興源だぞと少し期待しながら入ってみました。
スープは中華スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。さて注目の豚肉とキャベツの辛子味噌炒めは、何の事は無い回鍋肉のルックスでなんかガッカリです。おまけにキャベツたっぷり豚肉は何処状態で2度ガッカリです。どうもこのお店の鶏肉を使った料理以外はハズレが多いように思います。
(2016-10-18)

興源豚肉とキャベツの辛子味噌炒めランチ

興源豚肉とキャベツの辛子味噌炒め

エビとトーフ煮ランチ(750円)、このお店のランチはだいたい食べたよなと思いながらも店外のホワイトボードを見てしまいます。5種類のランチの中に「エビとトーフ煮」が出ており、珍しいなと思いながらもどうせ小海老がちらほらじゃないのとも思う。それじゃあどうするかと言えば確認です。と言う訳で入ってしまいました。ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付でライスはお替り自由です。スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。エビとトーフ煮は予想に反して中型のプリプリ海老が4尾も入っており、木耳、筍、人参、豆腐の塩ベーススープ煮となっています。塩加減も良いですし、リピートしたい位単純に美味しいです。こんな事があるので、店外のホワイトボードを見てしまいます。
(2017-01-30)

興源エビとトーフ煮ランチ

興源エビとトーフ煮

麻婆豆腐ランチ(750円)、今週のランチに「麻婆豆腐」が出ていました。どんな麻婆豆腐が出て来るのか興味がありましたので入ってみました。ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付でライスはお替り自由です。スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。麻婆豆腐は、四川と名乗るものと違い辛味やスパイスを追求したものではなく、どちらかといえば日本の麻婆豆腐風です。味わい追求型とでも表現した方がよさそうです。兎に角豆腐が熱々でハフハフしながら、こんな味わい麻婆豆腐もありだなと思う。
(2017-09-20)

興源麻婆豆腐ランチ

興源麻婆豆腐

酢豚ランチ(750円)、以前食べた揚げ鶏肉の甘酢かけ、酢豚の鶏肉バージョンではなく酢豚が出ていたので入ってみました。ライス。薄切りがうれしいピリ辛ザーサイ、とろみ付玉子スープ、フルーツ入りの杏仁豆腐付で、ライスはお替り自由です。「酢豚」と「揚げ鶏肉の甘酢かけ」の違いは肉なのですが、酢豚は大振りカットの玉葱や人参が目立っており、揚げ鶏肉の甘酢かけは鶏肉が目立っています。これは仕方ないところですが、酢豚でも豚肉が少ないという事も無く、ボリューム感を損なう事ない様に提供されています。甘酢餡も安定的な出来で、店主の調理経験を物語っているようです。
(2018-05-18)

興源酢豚ランチ

興源酢豚

イカと野菜の唐辛子炒めランチ(750円)、今まで見たことが無いランチが出ていたので入ってみました。ライス、薄切りザーサイ、とろみ付の玉子スープ、寒天感系のフルーツ入り杏仁豆腐付でライスはお替り自由となっています。イカと野菜の唐辛子炒めは、イカ、白菜、人参、筍、木耳、輪切り唐辛子を醤油ベースの薄い餡かけで炒めたものです。唐辛子の辛みが醤油ベースのソースにうまく溶けだしたように辛味が馴染んでいてなかなか美味しいです。唐辛子炒めで唐辛子自体が辛いのは当たり前ですが、これだけうまく辛味が溶け出しているような唐辛子炒めは珍しいです。ソースが緩いのも一因かな。
(2019-01-07)

イカと野菜の唐辛子炒めランチ

イカと野菜の唐辛子炒め

豚肉と野菜唐辛子炒めランチ(750円)、前回食べた「イカと野菜の唐辛子炒め」のイカが豚肉になったパターンです。ライス、薄切りザーサイ、とろみ付の玉子スープ、寒天感系のフルーツ入り杏仁豆腐付でライスはお替り自由となっています。杏仁豆腐は後から出て来たので集合写真にはありません。豚肉と野菜唐辛子炒めは、豚肉、白菜、人参、筍、木耳、輪切り唐辛子を醤油ベースの薄い餡かけで炒めたものです。前回と同様で、唐辛子の辛みが醤油ベースのソースにうまく溶けだしたように辛味が馴染んでいてなかなか美味しいです。
(2020-01-22)

興源豚肉と野菜唐辛子炒めランチ

興源豚肉と野菜唐辛子炒め


大きな地図で見る

中区・本牧周辺 | 17:59:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
食房ジャスリン・本牧
本牧 食房ジャスリン、強いて言えば縦長のお店なのだが奥が厨房で手前の狭い客席スペースに4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル1卓の中華料理屋さんだが蕎麦やかつ丼等も提供しており、各種パーティー・ロケ弁など弁当のデリバリーもしている。お店に入っても何の反応もない。仕方なく厨房を覗いて「すみませ~ん」と声をかけるとやっと気づいてもらえた。店主一人でやっているようだ。厨房を見るとかなり広く、厨房スペースと客席スペースの広さが逆じゃないかと思える程だ。さて、このお店はかつて中華街にあった老舗の「鴻昌」の三男さんがやっているお店で、チャーシューの焼き台は鴻昌から持って来ているとのことでした。
(2017-09-22)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧元町8-15
定休日: 日曜

食房ジャスリン店構え

豆腐のオイスターソース煮ランチ(680円)、このお店のランチは週替わりで3種類あり、すべて同価格です。ライス、スープ、副菜、お新香付きでライスはお替り自由となっています。スープは普通の中華スープ、副菜はもやしのピリ辛和えと漬物です。豆腐のオイスターソース煮は、胡椒が振りかけられてるのですが、単純に胡椒だけではなく何らかのスパイスが付加されています。オイスターソースもこなれている感が強く惹かれる料理です。この料理美味しいなと思ったのですが、ボリューム感に関しては不満が残ります。でもまた行ってみます。
(2017-09-22)

食房ジャスリン豆腐のオイスターソース煮ランチ

食房ジャスリン豆腐のオイスターソース煮

豚肉とキャベツのピリ辛甜麵醬炒めランチ(680円)、ライス、スープ、副菜、お新香付きでライスはお替り自由となっています。スープは普通の中華スープ、副菜はもやしのピリ辛和えと半分の煮卵、漬物です。豚肉とキャベツのピリ辛甜麵醬炒めは、豚肉、キャベツ、人参、ピーマンを甘辛炒めの餡かけにしたものです。味的には悪くないのですが餡が少し硬すぎるようです。豚肉の量は多いのですが、餡が硬いため一見するとボリュームがあるように見えますがやはり量的には不満が残ります。
(2017-12-07)

食房ジャスリン豚肉とキャベツのピリ辛甜麵醬炒めランチ

食房ジャスリン豚肉とキャベツのピリ辛甜麵醬炒め

チャーシューメン(800円)、チャーシューを食べてみたいと思っていたので寄ってみました。チャーシュー5枚と小口切りの長葱のみのシンプルな丼姿です。スープは薄味で香り付けのごま油を感じます。チャーシューは赤い縁の歯ごたえのあるものですが、肉の旨味が凝縮されている感じでもなく、あまりにも普通で拍子抜けです。期待しただけ残念感も大きいです。
(2019-12-05)

食房ジャスリンチャーシューメン



中区・本牧周辺 | 18:35:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ