FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ

■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

酔園(移転)・蒔田駅
横浜市営地下鉄蒔田駅と弘明寺駅の間ですが蒔田寄り 酔園(スイエン)、縦長のお店で奥が厨房になっており2階もありますが1階は6人掛けテーブル2卓、4人掛けテーブル3卓の古い感じのお店で壁にメニューがベタベタと貼ってありメニュー構成が一目では良く分かりません。このお店の特徴は餃子・焼売・一品料理はそうでもないのですが麺飯類の圧倒的なコストパフォーマンスにあり、オクザキの有名人気店であるのは間違いの無い所だと思います。
(2015-05-27)
場所: 神奈川県横浜市南区若宮町1-4
定休日: 月曜

酔園店構え

麺飯類のメニューです。レジの横に持ち帰る事が出来るメニューがありましたのでもらってきました。
(2015-05-27)

酔園麺飯メニュー

五目そば(500円)、具材は小さな海老、イカ、白菜、青梗菜、人参、木耳、鶏肉、豚肉で醤油ベースの餡が掛かっています。小さな海老やイカは入っています程度ですが、賽の目切りにされた鶏肉はゴロゴロと入っています。500円だから具材の量が少ないだとか麺の量が少ないなんて事は無く、かえって多い位でザーサイと杏仁豆腐も付いて、驚きのコストパフォーマンスです。味的にも絶賛するほどではないにしても美味しいですので、近くに行った折には寄りたいお店ではあります。
(2015-05-27)

酔園五目そば

えびと豆腐煮込み定食(600円)、日替わり定食として3種類表示されていますので、ランチの時間帯以外でもオーダーできると思います。3種類の料理名とライスのお代りは無料とだけ書かれていますので他に何が付いているのか分かりません。もしかしたら価格を考えれば、ライスと料理のみもあり得ると思いながら、「えびと豆腐煮込み」を選択しました。
ランチはトレイではなくバラバラに提供されます。まず卵とコーンのスープとザーサイが出てきました。杏仁豆腐は出来合いの様ですが最後に提供されましたので集合写真には出ていません。えびと豆腐煮込みの具材は、ぷりぷり海老と豆腐、グリンピース、大振りカットの筍で塩ベースの薄い餡が掛かっています。煮込み汁の深い味わいに調理人の経験を感じる定食で、味も価格も大満足です。
ライスと料理だけかもしれないと思ったのですが、結局スープ、漬物、杏仁豆腐が付いていました。
(2015-08-27)

酔園えびと豆腐煮込みランチ

酔園えびと豆腐煮込み

値上げするようですが、メニューの一部とはいえ一気に100円アップは強気です。
(2017-04-05)

酔園値上げのお知らせ

豚肉と高菜炒め定食(600円)、3種類の日替わり定食から「豚肉と高菜炒め」を選択しました。ランチはトレイではなくバラバラに提供されます。まず卵とコーンのスープとザーサイが出てきました。杏仁豆腐は出来合いの様ですが最後に提供されましたので別写真にしました。豚肉と高菜炒めは、細切り豚肉、高菜、もやしをラー油のピリ辛炒めにしたものです。ボリュームはあるのですが、中華料理屋さんで出てくる料理ではなく、大衆食堂で出てくる料理の様です。価格を考えれば安いとは思いますが、もしこのままの内容で700円なら微妙です。
(2017-04-05)

酔園豚肉と高菜炒めランチ

酔園豚肉と高菜炒め

酔園杏仁豆腐

ニラレバ炒め定食(700円)、本日の定食3種類とも700円に値上げになっていました。他の定食は酢豚と五目野菜炒めなので、700円のと頭につけた時に一番しっくりくるニラレバ炒めを注文しました。ライス、大根の漬物、スープ、集合写真にはありませんが、寒天感系のフルーツ入り杏仁豆腐付です。スープはとろみが大部分のスープなのですが、豆腐、人参、木耳、玉子と具材も多く単にコストカットのとろみスープではありません。ニラレバ炒めは、丸皿に盛りつけられており通常の小判型より深さがある皿ですので、量的には多いと思います。ツユダクのニラレバで鍋からザット皿に移した感のある熱々で登場です。レバの量も多くプリッと感も残っていますが、食べ終わり頃には熱が通ってしまいプリッと感を楽しむことはできません。しかし、700円の定食としては十分満足の出来るものだと思います。
(2018-11-07)

酔園ニラレバ炒め定食

酔園ニラレバ炒め

チャーシューと玉子炒めランチ(700円)、このお店、値上げしたからなのか最近昼時の活気がないなと思っていました。以前は一席確保してもぐり込む感じでしたが今は悠々と席を確保できます。ライス、薄切りザーサイ、フルーツ無しの寒天感系杏仁豆腐、とろみ付豆腐・人参入りの玉子スープ付きです。チャーシューと玉子炒めは、ボリューム感はあるのですが、チャーシューがみじん切りでグリンピースと長葱が所々散見されます。玉子ばっかりのばっか料理で材料の比率が極めて悪い料理となっています。ばっか料理を出すようなお店ではなかったのですがすごく残念です。
(2019-06-04)

酔園チャーシューと玉子炒めランチ

酔園チャーシューと玉子炒め

お店の前を通ったら、お店が無く、更地になっています。
何が何だかさっぱりわからず、ネットで調べた所、令和2年(2020年)12月21日(月)午前8時頃火事で全焼してしまったようです。今後どうなるのか分かりませんので一応閉店フラグを立てておきます。営業再開出来ること祈ってます。
(2021-02-25)

移転の案内が出ていました。
(2021-04-12)

酔園移転案内

もうオープンしているかと思い寄ってみました。お店の体裁は出来ており、令和3年(2021年)5月13日(木)オープンだそうです。場所は元のお店の50m位先にあります。丁度おかみさんが外に出てこられたので少し話しましたが、オープン記念として、13日から20日まで麺飯類がフカヒレを除いて500円だそうです。税込みかは聞き忘れてしまいました。元の場所にお店を再建するかは考え中だそうです。オープン記念は混みそうなので、落ち着いてから再訪する予定です。
(2021-05-11)

酔園新店舗店構え



南区 | 17:35:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
耀盛號売店・中華街
中華街 耀盛號売店(ヨウセイゴウバイテン)、「ハリネズミまん」や「福福豚まん」等点心から本格食材を扱う、昭和21年(1946年)創業の老舗中華食材店で、菜香グループの始点の様なお店です。
(2021-05-06)
場所:神奈川県横浜市中区山下町143
定休日:毎月第3火曜日(祝日の場合は営業)

耀盛號売店店構え

福福豚まん(フーフーブタマン)(220円)、店頭で蒸かしていますので公園等のベンチで食べる事もできます。大型で皮の表面は硬い傾向で中は密度が高くしっかりとした肉まんです。具材は刻み状で団子状になっており量も多く、この肉まんが220円は破格です。ただ福福豚まんはお店ではなく工場で作っているとの事でしたので、お店で作っていて販売しているお店とは線引きをして考える必要があります。半カットして、直径13センチのお皿に載せて写真撮ってみました。
(2021-05-06)

耀盛號売店福福豚まん





中区・元町中華街 | 17:02:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
気軽・大和駅
大和駅近辺 気軽、大和駅と湘南台駅は1回で目的の場所方面に出る事が出来ないのは私だけでしょうか?今日も性懲りもなく違う方向に出てしまい、気軽と言う店名なのにとても気軽に入れそうも無いお店にたどり着きました。暗い階段を昇った2階にお店があるようなのですが、お店が出してる貼り紙や看板の店名が「中華料理気軽」だったり「気軽食堂」だったりで、かなりいい加減な感じを受け、場末感たっぷりな雑然とした店内を想像してちょっと躊躇してしまいました。でも1971年創業とも書いてあるし、ここは当って砕けろだなと意を決めて階段を昇る事としました。

気軽店構え1

入ってみると想像とは大違いで、中華屋さんらしくなく和定食を出すお店の様に落ち着いた雰囲気のきれいなお店です。縦長のお店で左側手前のテーブル席は4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル1卓で続いて比較的広い小あがりがあり、6人用座卓2卓と4人用座卓1卓が置かれています。右側は縦にオープン厨房、厨房前にカウンター5席のお店です。年配のご夫婦で切り盛りされていました。
(2014-02-05)
場所: 神奈川県大和市大和南2-2-5
定休日: 日曜

気軽店構え2

サンマーメン(580円)、もやし、細かく刻んだキャベツ、人参、木耳、ニラ、玉葱、しめじと入っており肉はベーコンです。きっちり作っている印象で店主の性格が出ているのかもしれません。すごく美味しいと言うほどでは無いですが普通に美味しいです。おかみさんの接客も初々しく好印象でした。
(2014-02-05)

気軽サンマーメン

デザートにりんごが出てきました。
(2014-02-05)

気軽デザート

回鍋肉定食(680円)、中華屋さんと中華料理屋さんの定食の違いを見てみたくて中華屋さんで定食を食べてみました。定食の内容は、ライス、胡瓜の漬物と細切り沢庵、味噌汁、回鍋肉にブドウが付いてきました。ブドウは最後に出てきましたので集合写真には入っていません。中華料理屋さんだと漬物はザーサイ、汁は卵スープ、デザートは杏仁豆腐が定番ですのでやはり趣が違います。蕎麦屋で使われるお盆(トレイ)に定食が乗っており、もしかしたらこのお店の前身は蕎麦屋さんかもしれません。料理は普通に美味しかったのですが、やはり中華屋さんはラーメン餃子で輝くのかな。
(2015-08-31)

気軽回鍋肉定食

気軽回鍋肉

ネギラーメン(650円)、ちょっとたどたどしいおかみさんの接客も相変わらずで何かほっこりとしてしまいます。多分慣れていないのではなく人柄なんだろうと思います。さて何にしようかとメニューを眺めましたが、やはりこのお店なら麺飯だなと目に留まったネギラーメンにしてみました。このお店のネギラーメンは、ネギチャーシューなのですが、麺の上にネギ、その上に細切りのチャーシューを載せていて辛味はありません。メンマとほうれん草が添えられています。スープは何がでしゃばるでもないバランスのいいスープで、なかなか美味しいです。食後にコーヒーがついてきました。
(2017-12-11)

気軽ネギラーメン

中華丼(780円)、具材にエビやイカが入っていれば五目かけご飯ですが、中華丼と五目かけご飯の境の価格です。普通の中華スープと供に登場した中華丼の具材は、海老・イカ・白菜・木耳・人参・筍・シメジ・カニカマ・青菜・豚肉と種類が豊富で、メニューは中華丼となっていますが内容的には五目かけご飯ですので、CPは高いと思います。たどたどしいおかみさんの接客も相変わらずで、料理提供まで時間が掛かるのも相変わらずです。
(2021-04-28)

気軽中華丼


大きな地図で見る

大和市 | 17:20:29 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ