FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

中華飯店・横須賀中央駅
横須賀中央駅と汐入駅の間 中華飯店、横長のお店で2階もあるようですが、1階は入ると左側に2階への階段があり続いて会計場があります。厨房は奥に横長にあるようですが小窓位しかなくクローズされています。右側の客席スペースに4人掛けテーブル9卓が比較的ゆったりと配置されている中華屋さんです。
(2017-01-13)
場所: 神奈川県横須賀市本町1-10
定休日: 水曜

中華飯店店構え

サンマーメン(750円)、幟を見つけて入ってみたのですが、経験上幟のあるお店は価格的にも少し高く、独自タイプのサンマーメンを提供しているお店が多いので、私の好きなサンマーメンに出会う確率は低いのですが、気にはなるので入ってみてはいます。さて、どんなサンマーメンに出会う事が出来るでしょうか。丼が登場しました。具材はもやし、細かく刻んだキャベツ、木耳で肉を探したのですが間違って入ってしまった様な細切りのチャーシューを発見した以外には入っていなかったので、肉無しと言ってもいい位です。兎に角主役は細かく刻んだキャベツでもやしの量が少なく木耳ちらほら状態です。味の濃い醤油ベースの餡が掛かっており、スープは少し甘みを感じるのですが、濃いのでどこか優し気なサンマーメンのスープではないです。やはり独自タイプです。
(2017-01-13)

中華飯店サンマーメン

八宝菜・唐揚げランチ(850円)、ラーメン餃子でも食べようかなとふらりと入ってみました。ラーメン600円はまあ少し高いけれどと思いながら餃子を見ると一皿7個入り750円、えっと思って焼売を見ると一皿5個入り700円です。単価の高さと一般的でない入り数に戸惑って、急遽ホール担当の女性が言っていた八宝菜・唐揚げランチにしてしまいました。出て来たランチはワンプレーと盛りのランチで何故か唐揚げは別皿になっています。スープは小口切りの長葱のみのシンプルな塩味ベースのスープです。唐揚げは冷めてはいませんでしたが、二度揚げではなく保温庫に入っていたような感じです。八宝菜は海老・イカ・ウズラ・ヤングコーン・青梗菜・人参・ブロッコリー・木耳・筍と豊富な具材です。味付けは中華料理の八宝菜よりも慣れ親しんだ日式中華の八宝菜です。妙に酸味の強いザーサイが端っこに隠れていましたが八宝菜と混じってしまって良く分かりませんでした。
(2019-11-07)

中華飯店八宝菜・唐揚げランチ

中華飯店八宝菜

家常麺(1000円)、家常麺(ガチャメン)をアップしていない事に気が付きましたので、写真撮っておこう位の軽い気持ちで入店しましたが、1000円になっており、くじけそうになりましたが写真を撮るとの使命感が勝って注文しました。お姉さんが貝殻はこちらへどうぞと小皿も持って来てくれました。見た所大き目のアサリ位の貝が二つ見えます。まさかこの二つの為に小皿は無いよな、濁ったスープの中に隠れてるのかな?しかし、食べても食べても貝は二つのみでした。他の具材は小型のエビ二尾と小さな塊のホタテ、木耳・豚肉・白菜です。醤油ベースで少し魚貝類を感じるスープの中には、ほうとうの麺の様に幅広の自家製麺が詰まっています。特筆すべきは熱々度の継続性です。麺が影響しているのかはよく分からないのですが、半分食べても底から引き出した麺が熱々だったのは驚きました。
(2019-12-17)

中華飯店家常麺

関連記事


横須賀市 | 17:17:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する