■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

蓬莱春飯店 鶴見東口店・鶴見駅
京急鶴見駅近く 蓬莱春飯店 鶴見東口店、縦長のお店で奥が厨房、左側に4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル1卓、右側に4人掛けテーブル5卓の中華料理屋さんです。西口のフーガ地下にあるのが本店で、東京の千駄木にもお店があります。
(2016-08-01)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-30-13 港ビル 1F
定休日: 無休

蓬莱春飯店 鶴見東口店店構え

ランチ(750円)、3種類のランチがありますが印刷されているところを見ると固定の様です。あまり興味を惹かれるランチでもないので、どうしようかと思っていたら日替わりがあるとの事でそちらにしてみました。今日のランチは、「豚バラ肉とたまねぎ炒め」でライス、スープ、ザーサイと小麻婆豆腐かデザートを選択できますが、小麻婆豆腐を選択しました。パッと見たところ、作ってる感のあるランチで安心しました。スープはとろみの付いたコーン入りの玉子スープで、コーンの実がちゃんと入っていたのはいいなと思うのですが、ピリ辛ザーサイが細切りなのは残念です。小麻婆豆腐は香料が強く好きなタイプではありませんでした。豚バラ肉とたまねぎ炒めは大量の玉葱と薄切り豚バラ肉を炒めたものですが、味付けが甘いというほどではありませんが、甘み傾向があります。辛みではなく甘みは珍しいなと思いながら食べ進みましたが、やはり甘味とご飯は飽きますね。
(2016-08-01)

蓬莱春飯店 鶴見東口店豚バラ肉とたまねぎ炒めランチ

蓬莱春飯店 鶴見東口店豚バラ肉とたまねぎ炒め

関連記事


鶴見区 | 17:21:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad