■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

龍園・平塚駅
平塚駅近く 龍園、西口海側のケーキ屋さんの二階と言う立地条件にしてはいつも客がいる感じに以前から不思議に思っていたお店です。思っていたよりも広いお店で入り口から見れば横長のお店で右側奥横にクローズされた厨房があり、厨房前にはお座敷があるようです。左側がテーブル席となっており4人掛けテーブル5卓、2人掛けテーブル1卓、6人掛け丸テーブルが2卓置かれている中華レストラン的なお店です。中華料理屋さんと表現しなかったのは、お約束の赤い提灯や料理写真の壁貼りもなく落ち着ける雰囲気でホールの担当女性も日本人なので中華料理屋さんの雰囲気ではないからです。入ってみてこの雰囲気で客が来ているのだとまず理解しました。
(2016-05-09)
場所: 神奈川県平塚市八重咲町12-28
定休日: 無休

龍園店構え

ランチ(750円)、週替わりランチは4種類で750円、880円、880円、1080円で価格幅を持たせているようです。恒例で一番安い「豚肉の甘辛味噌炒め」を選択しました。ライス、スープ、漬物、杏仁豆腐、ドリンク付で、ライスはお替りが出来ます。スープは薄くとろみがついている卵スープで人参や香草かと思ったのですが香りはない葉物が入っています。漬物は細切り沢庵で杏仁豆腐は通常よりは細かくカットされています。トレイを見ればホテルの中華の廉価版的な感じがします。豚肉の甘辛味噌炒めは、回鍋肉の変形かと想像していたのですが、料理を見れば全然違う形態であれっと言う感じです。この料理なら通常は豚肉ではなく鶏肉が一般的なのですが、なぜ豚肉なのかはわかりませんでした。具材は小さな角切りの豚肉、角切りの筍、ピーマン、フクロダケ、厚めの斜め切り長葱で甘辛の味噌炒めになっていますが、甘辛部分がちょっと弱い感じです。昼時をちょっと外せば、ドリンク付きでゆっくり食事が出来そうですので、また行ってみましょう。
(2016-05-09)

龍園豚肉の甘辛味噌炒めランチ

龍園豚肉の甘辛味噌炒め

関連記事


平塚市 | 19:54:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad