■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

麺華・霧が丘
最寄り駅はJR横浜線十日市場駅と思いますが徒歩圏内ではありません 麺華、サンマーメン有との情報を頂きましたので寄ってみました。入り口の上の壁に「喜多方ラーメン麺華」と書かれている写真を見たのですが、今は「ラーメン麺華」となっています。外の一部破損した立て看板は「喜多方ラーメン麺華」上方外の下げ看板は「中華料理麺華」となっており、このお店の屋号はどれが正しいのでしょうか?横長のお店で奥にクローズされた厨房、客席スペースは6人掛け丸テーブル2卓、4人掛けテーブル3卓、なぜか4人掛けテーブルを壁につけて2人掛けとして使用しているテーブル1卓が置かれています。古いというよりはほったらかしの年季が積もった雑然としたお店で、どうしようもない場末感が充満しています。店主が一人で切り盛りしていました。
場所: 神奈川県横浜市緑区霧が丘3-26-1
定休日: 火曜

麺華店構え

サンマーメン(800円)、もやし、白菜少量、細切り豚肉、人参、玉葱、木耳で構成されており、醤油ベースの餡が掛かっています。お店の雰囲気からすると大丈夫かなと不安でしたが料理自体は普通でした。価格相応にするためでしょうか麺がやたらに多かったです。

麺華サンマーメン

関連記事


緑区 | 17:35:07 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
おお
この店、行ったことがあります。
バンメンがあるっていうんで・・・
でも、ガセネタでした。
このエリアで「ある」というのは変だったんですよね。
2014-07-30 水 20:17:15 | URL | 酔華 [編集]
すばらしいです
酔華さん、
バンメン探しの情熱は大変なものですね。
こんなに交通の便の悪いところまで行かれたのですね。

バンメンと言えば、
「日本橋よし町」の関係で東京で1軒見つけましたよ。
発見の経緯は長いので掲示板に書いておきました。
お時間あれば見て下さい。
2014-07-30 水 20:47:53 | URL | 街角中華 [編集]
東京
6月に「日本橋よし町」と「大勝軒」に行って、バンメンを食べてきました。
両店は関係があるようですが、横浜との接点が見えません。

ところで、先日、中華街の「隆蓮」のショーウィンドーを眺めていたら、
中華学校の生徒たちの文集の一部が掲示されていました。
その中に本牧の「幸楽」が出てくるのですが、
なんと91年の歴史があるということでした。
お店の方に「古い」とは聞いていましたが、
これほどまでとは・・・
2014-07-31 木 00:40:19 | URL | 酔華 [編集]
そうなんですか
酔華さん、
大勝軒も行かれたのですね。
さすがです。
横浜との関係は良く分かりませんが、大勝軒関係の2店でバンメンがある事を考えると大勝軒本店創業時の大正元年からバンメンがあった可能性もあるように思えます。

本牧の「幸楽」はそんなに歴史のあるお店なんですね。
全然知りませんでした。
2014-07-31 木 07:45:16 | URL | 街角中華 [編集]
場末感
行ってきたのですね。
20年前には勢いのあった地域ですが、だいぶ高齢化が進んだようです。
人を雇う余裕がない → 場末感 → 客離れ → 繰り返し
なのでしょうか…。
2014-08-01 金 19:14:41 | URL | Shira [編集]
行ってきました
Shiraさん、

行ってきましたよ。
店主の性格にもよるのでしょうが、
もう少しお店に愛情をもって小奇麗にしたらいいのにと言った感じです。
街角中華と言えども、何か特徴がないと生き残るのは大変な時代ですね。ほったらかしの年季が特徴じゃあ、誰も来ません。
2014-08-01 金 20:11:32 | URL | 街角中華 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad