■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

幸楽(閉店)・本牧
本牧 幸楽、縦長のお店で左側が厨房となっていますが、曇りガラスがあり厨房は見えません。厨房前にカウンター4席位、右側に4人掛けテーブル2卓のお店です。ホール担当のおかみさんの接客が大変気持ちよく、それだけでも再訪してしまいそうです。
(2013-08-27)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧町1-78
定休日: 木曜

幸楽本牧店構え

サンマーメン(700円)、もやし、玉葱、人参、青菜、豚肉で構成されています。濁ったスープは中華街で出会うことがあるスープですが、豚肉のカットは中華街のサンマーメン定番の細切りではありません。どうも中華街タイプのサンマーメンは、美味しいのですがサンマーメン食べた気がしないんですよね。
(2013-08-27)

幸楽本牧サンマーメン

五目そば(800円)、餡が掛かっているものと掛かっていないものを選択できるとの事でしたので餡が掛かっているものをオーダーしました。地味なルックスでゆるい餡が掛かっているような掛かっていないようなと良く分かりません。スープは塩?いやいや醤油かなとこれはまた良く分かりませんが、どちらと聞かれれば醤油でしょう。具材は、海老、イカ、木耳、筍、豚肉、白菜、青梗菜、人参、椎茸、うずらと豊富です。
(2014-07-16)

幸楽五目そば

ローメン(700円)、貼り出しメニューには漢字で手偏に労と麺で括弧書きでローメンと書かれており、説明書きに「ネギとチャーシューのオイスターソース麺」と書かれています。酔華さんが言っておられたのはこれだなと注文してみました。さてどのような丼姿だろうかと待つのがワクワクで楽しいです。
登場した丼は小ぶりで、麺に細かく刻んだチャーシューとネギとソースを混ぜ合わせて多分大葉?と白ごまをトッピングしてあります。麺も温かく美味しいなと思うのですが、何か一つ足りないような気がします。ラー油かなと思って掛けてみましたが、ラー油ではないようです。ネギが少なく大葉?としたように全く利いていない点なのかもしれません。細かいチャーシューが結構多く入ってはいますが、量も多くなくちょっと高いかな。もう少し安ければまた食べてみたいです。
(2015-02-17)

幸楽ローメン

定食セット(800円)、定食セットとなっていますのでランチ時間だけのセットではないようです。ライス、スープ、お新香付きで5種類の料理から2種類を選択します。ライスはお替り自由です。「白身魚の甘酢」と「蒸し鶏」を選択しました。セットはトレーに乗って提供されますが、トレーは昔給食でよく見たアルマイトです。スープは具沢山で溶き卵、木耳、細切りナルト、レタス、青菜でこのスープはなかなか美味しいです。お新香は3種類で大根、胡瓜、沢庵です。白身魚の甘酢は少し酸味が強いケチャップベースで魚の切り身5枚がレタスの上に載っています。蒸し鶏は量が多くやはりレタスの上に乗っており辛子が添えられています。二品はすごく美味しいというほどではありませんが普通に美味しく、量を考えればCPは高いです。
(2015-07-29)

幸楽白身魚の甘酢と蒸し鶏定食セット

もやし焼きそば(700円)、壁のメニューにもやし焼きそばを見つけましたので注文してみました。出てきたお皿はもやしの比率は高いのですが、「もやし焼きそば」と言うよりは「餡かけ焼きそば」のルックスです。具材はもやし、玉葱、青梗菜、木耳、人参、豚肉で塩ベースの餡が掛かっています。麺は柔らかいのを注文しましたが、かたいのの一歩手前の寸止め状態みたいで、かたくはないが柔らかくもない微妙な感じです。多分このお店のスタンダードはかた焼きの様ですので、焼きそばはかた焼きをたのんだ方がよさそうです。
(2016-06-07)

幸楽もやし焼きそば

酔華さんから、「本牧旧道の「幸楽」も、まもなく閉店だそうです。」と情報を頂き寄ってみましたが、すでに閉店していました。
(2016-10-28)

幸楽閉店

幸楽閉店張り紙


大きな地図で見る
関連記事


中区・本牧周辺 | 17:13:49 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
幸楽
ここは、かなり歴史が古い店だと聞きました。
メニューの中に姜葱労麺(労は手偏)というのがあり、
ずっと気になっています。
2014-07-16 水 23:19:11 | URL | 酔華 [編集]
酔華さん、

確かローメンと言う混ぜそばですよね。
ちょっと頭に入れておきます。

掲示板にも書き込んでありますが、本牧で広東麺を見た記憶がないので各お店に寄ってぼちぼちと調査しています。
それとともにバンメンがないお店で、ニアバンメンはないのかも調査しています。
今のところ、喜楽の五目うま煮そばは練り物が入ってはいませんがバンメンに近いように思えます。
2014-07-17 木 00:12:02 | URL | 街角中華 [編集]
おお、食べたんですね
中華街の「隆蓮」にこの店のことを書いた記事が貼られています。
それによると、
「幸楽」は開業から91年が経っています。
もともと東京の浅草で中華料理店を開いており、関東大震災によって横浜の本牧に移住し、
「聚英楼」という中華料理店を開きました。のちに、「幸楽」へと名前が変わりました。
当時、お店付近には五軒ほどの中華料理店があり、その全ては親戚のお店だったそうです。

古い店ですね。
2015-02-18 水 08:22:05 | URL | 酔華 [編集]
行ってきました。
長白山に行ったら春節の関係でしょうか、3月2日までお休みでしたので、ローメンを思い出して幸楽に行ってきました。
歴史のあるお店なんですね。
今の代になって37年とおかみさんが言っておられました。
ローメンは手偏に労なので労働者の賄い料理と言ったポジションらしいです。
バンメンも聞いてみましたが、五目そばみたいな麺料理という認識位で、お店で提供していた事は無いそうです。
2015-02-18 水 09:08:11 | URL | 街角中華 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad