■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウントあります。
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

酔来軒 (スイライケン)・阪東橋駅
市営地下鉄阪東橋駅近辺 酔来軒 (スイライケン)、縦長のお店で一番奥が半オープンの厨房となっており、客席スペースの左側はスモールサイズの4人掛けテーブル6卓、右側は座敷になっており小さな丸テーブル3卓の古い雑然としたお店。
(2013-04-11)
場所: 神奈川県横浜市南区真金町1-1
定休日: 火曜・第3月曜

酔来軒 (スイランケン)店構え

サンマーメン(旧600円、700円)、もやし・豚肉が入っていますが白菜やキャベツは入っていません。大振りにカットされた椎茸が印象に残ります。スープや餡も何か特徴的なものもなく、するっと食べてしまった感じです。丼のルックスもサンマーメンかな?もやしそばでも無いし野菜餡かけラーメンでもない、やはりサンマーメンなのだろうと思うくらい中途半端です。でもCPは高いと思います。
(2013-04-11)

酔来軒 (スイランケン)サンマーメン

酔来丼(400円)、約一年ぶりの酔来丼です。丼に盛られたご飯の上に、短冊切りのチャーシュー、茹でもやし、メンマ、ネギ、半熟目玉焼きが乗っている賄飯の様な丼でまさにB級です。タレ(ごま油、醤油、和辛子)をまずは半量位かけてグシャグシャに掻き混ぜます。ちょっと味見をしてタレをプラスしたりします。しかしネギが切れておらず繋がっているのは技術でしょうか(笑)。お味は、間違っても絶品などという物ではなく、タレと黄身の味ですが、何か後を引きます。今日は、塩味が強いように感じました。
(2013-06-20)

酔来軒酔来丼

丼ものには「小ワンタン」か「小ラーメン」が200円追加で、麺ものには「小チャーハン」が200円追加で付ける事が出来ますので、「小ワンタン」を付けました。
「小ワンタン」と言ってもワンタンが七つも入っています。スープに一工夫あると良いのですが、酔来丼+小ワンタンで600円は安いです。
(2013-06-20)

酔来軒小ワンタン

サンマーワンタン麺(800円)、サンマーメンとの価格差は100円です。具材の違いは椎茸が入っておらず代わりに木耳が入っています。この辺の違いは可変なのかもしれません。麺を入れて端にワンタンを入れた上に具材を掛けていますので一見したところワンタンは何処状態です。ワンタンはつるっとしたものですが具材の量が多く、プラス200円で丼に付ける事が出来る小ワンタンと同じものが5個位入っています。小ワンタンより個数が少ないようですが、サンマーメンならサンマーワンタン麺の方がCPは良さそうです。ただ、サンマーワンタン麺はワンタンがスープに泳いでいませんのでビジュアル的には物足りなさがあります。
(2015-06-01)

酔来軒サンマーワンタン麺

ラーメン(500円)+小チャーハン(200円)、酔来軒のラーメンはどんなだったかなと思い出せず、確認の為に入ってみました。トッピングはなると、チャーシュー、メンマに小口切りの長葱で価格の割には頑張っている印象です。ラーメンスープと言うよりは中華スープ寄りのスープで、もう少ししみじみ系かなと思っていたので意外でした。小チャーハンは焼き飯よりの感じですが、しっかりとチャーシューも入っておりCPは高いです。やはりこのお店では、+小チャーハン、+小ワンタン、+小ラーメンはCPが高く注文しない手はありません。
(2016-09-30)

酔来軒ラーメン+小チャーハン

酔来軒ラーメン

酔来軒小チャーハン


大きな地図で見る
関連記事


南区 | 17:11:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad