■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

李園・本牧
本牧 李園(リエン)、入ると左側に6人掛け丸テーブル1卓、右側に4人掛けテーブル、2人掛けテーブル各1卓、左奥縦にオープン厨房、厨房を囲むように、L字型にカウンター8席の小さなお店だが、本牧で中華と言えば必ず名前の出るお店。いつも混んでいるのでゆっくり食事が出来ないのが難点かな。
(2012-10-16)
場所: 神奈川県横浜市中区本郷町1-18
定休日: 月曜
生碼麺(もやしめん)
トマトタンメン
カキタンメン
パイコーメン
中華丼
エビチャーハン

李園店構え

生碼麺(もやしめん)(旧680円、730円)、小振りな丼で提供されるが、餡も掛かっており、上品なサンマーメンだ。スープを一口、薄味のスープで普通、餡に野菜のうまみがあり、溶かすと深みが出る。しかし、絶品とか秀逸とかじゃないよなあ等と考えていると、いつのまにかスープを口へ運ぶ蓮華が止まらない。これって、普通だけれど普通じゃない。
(2012-10-16)

李園もやしめん

トマトタンメン(780円)、このお店はメニュー立てのメニューにない料理が壁にごちゃごちゃと貼り出してあって分かりづらいです。トマトタンメンもそんな料理なのですが、オーダーがすごく多く人気料理です。見た目はぽってりしたスープに見えますが、意外な事にあっさりとしたスープで、トマトの酸味と塩気が絶妙のハーモニーを奏でています。麺は中細麺で具材はクラッシュトマトがほとんどで木耳、青菜、豚肉がほんの少量入っています。私も複数回このトマトタンメンを食べていますが、お勧めしても間違えが無い麺料理と思います。
(2014-10-10)

李園トマトタンメン

カキタンメン(1080円)、お店の前を通ったら珍しく空いています。いつもはお客さんでいっぱいなのですが、こんな日でもないとなかなか入る機会が無いので当然入ってみました。そんな流れですので何を食べるか決めておらず、貼り紙にあった「カキタンメン」に季節だし良いかもと注文しましたが価格を見ていませんでした。まさか千円越えとは予定外の出費です。具材は、白菜、玉葱、青菜、木耳、人参、きのこ類で大粒小粒を取り混ぜて5個のカキが入っていました。塩加減が絶妙の味わい深い美味しいスープでちょっと飲み過ぎてしまいました。でも、普通のタンメンが730円ですので、違いはカキだけ入っているわけではないでしょうが、タンメンでもいいのかなと言った具合です。
(2015-11-26)

李園カキタンメン

パイコーメン(840円)、このお店はいつもこれを食べようというよりは席が空いていたら即入店なので、何を頼むか決めていませんでした。そんなときはポピュラーな「五目そば」なのですが、元気に注文したらすみません、五目そばはありません。え~、中華丼はあるのに五目そばが無い事を知りました。ならばと注文したのがパイコーメンです。揚げたての熱々カレー味パイコーが乗っています。櫛を通したかのような麺の盛り付けに思わず居住まいを正してしまいそうです。食べている時には絶品とかは思わないのですが、後からジワーッと美味しかったなあと思うようなお店です。
(2016-04-05)

李園パイコーメン

中華丼(730円)、メニューに五目そばはないのに中華丼がある事を不思議に思っていました。ならば食べてみようと注文してみました。スープ付で具材は大振りにカットされた筍、ピーマン、木耳、玉葱、長葱、人参、フクロダケ、豚肉、小さな海老とイカが各1にゆるい塩ベースの餡がご飯全面にかかっています。五目そばでゆるい餡の全面掛けは違和感がありますので、この餡を麺とスープの上に掛けても五目そばにはならないなあと妙に納得してしまいました。
(2016-12-16)

李園中華丼スープ付

李園中華丼

改装の為、1カ月休業です。
(2017-01-10)

李園改装お知らせ

エビチャーハン(840円)、約一カ月の改装休業を経てお店はどんな風に変わったのか興味があったのですが、何処を改装したのか良く分かりません。さて、注文したのはいつもは積極的に注文しないチャーハンです。街角中華では何度もチャーハンには痛い目を見させていただきましたが、このお店の炒飯には興味があります。スープ付でチャーハンの登場です。エビは薄く衣を付けてさっと揚げています。具材としては小口切りの長葱と玉子のみのシンプルなもので、しっとり系の炒飯です。そこはかとない味付けや油量もいいのですが、普通のチャーハンです。このチャーハンなら他のお店でも出てくるレベルで、李園のチャーハンを期待しすぎました。
(2017-04-06)

李園エビチャーハン


大きな地図で見る
関連記事


中区・本牧周辺 | 17:12:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad