FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

味臨軒・石川町駅
石川町駅近く 味臨軒、縦長のお店で2階もあるようですが1階は入ると右側に2階への入り口があり、6人掛け丸テーブル1卓、縦長の厨房があります。厨房は中華料理屋さんらしく見る事は出来ません。左側は4人掛けテーブル6卓、2人掛けテーブル1卓が置かれています。
(2015-05-18)
場所: 神奈川県横浜市中区吉浜町2-18
定休日: 日曜

味臨軒店構え

五目そば(880円)、サンマーメンもありましたが800円します。中華料理屋さんのサンマーメンは好みではありませんので、価格差80円なら五目そばに決まりです。具材は、海老、イカ、木耳、筍、豚肉、白菜、青梗菜、人参、うずら、ホタテで醤油ベースの餡が掛かっています。豚肉は薄く衣を付けたものを別調理をして合わせてあります。普通に美味しかったのですが、頼っているわけではないが使ってます的な化調の利かせ方が絶妙でした。
(2015-05-18)

味臨軒五目そば

麻婆豆腐ランチ(700円)、テーブル配置を替えたようで右側に4人掛けテーブル2卓、左側は2人掛けテーブル1卓、6人掛け丸テーブル1卓、4人掛けテーブル4卓となっています。四川料理と表示しているお店の麻婆豆腐ランチには幾度となくガッカリさせられたものですがこのお店はどうでしょうか?ライス、漬物、塩ベースの大根、人参入りスープ、香料を感じる寒天感系のフルーツ入り杏仁豆腐付でライスの大盛り無料となっています。さて、麻婆豆腐ですがガッカリです。確かに700円のランチで四川麻婆豆腐は難しいでしょうと理解はするものの、四川料理と表示するなら四川麻婆豆腐の影位あってもいいのではないかと思うのです。辛味は塩ですの様な麻婆豆腐で強いて影を探すなら小葱を散らして有る位の影しかない麻婆豆腐です。このランチで良いなと思ったのはスープが受け皿に乗って出て来た事で、結構高級感の演出にはなるなと思った事位でしょうか。
(2019-03-27)

味臨軒麻婆豆腐ランチ

味臨軒麻婆豆腐

味臨軒麻婆豆腐ランチ杏仁豆腐



中区・元町中華街 | 18:03:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華料理 安源楼・神奈川新町駅
京急神奈川新町駅近辺 中華料理 安源楼、縦長のお店で奥がほぼクローズされた厨房で手前の客席スペースの左側に6人掛けテーブル2卓、4人掛けテーブル1卓、右側に6人用丸テーブル1卓、4人掛けテーブル1卓の四川料理の中華料理屋さんです。
(2016-02-16)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区新町5-5 ウイナス新町1F
定休日: 無休
豚肉とじゃがいも炒め
ユーリンチ
麻婆豆腐
豚肉とキャベツの特製醤油炒め

中華料理 安源楼店構え

豚肉とじゃがいも炒めランチ(650円)、ランチは6種類で2種類が麺ランチとなっており4種類の料理ランチは同価格です。4種類の中から「豚肉とじゃがいも炒め」を選択しました。ライス、スープ、お新香、デザート付でライスはお替り自由です。スープは普通の中華スープでお新香はザーサイ、デザートは自家製の杏仁豆腐です。豚肉とじゃがいも炒めは、細切り豚肉、じゃがいも、木耳、青梗菜を生姜の利いた醤油ベースのソースで炒めてあります。特にじゃがいもに衣を付けて炒める一手間が良い効果を生んでいます。ボリューム感には欠けますが、また寄ってみようと思わせるものが料理にあります。
(2016-02-16)

中華料理 安源楼豚肉とじゃがいも炒めランチ

中華料理 安源楼豚肉とじゃがいも炒め

ユーリンチランチ(650円)、「ユーリンチ」を選択しました。ライス、スープ、お新香、デザート付でライスはお替り自由です。スープは普通の中華スープでお新香はザーサイ、デザートは自家製の杏仁豆腐です。ユーリンチはシンプルなどこかで見た小間切りですが、肉厚も厚く、価格を考えれば満足感のあるものです。
(2017-03-13)

中華料理 安源楼ユーリンチランチ

中華料理 安源楼ユーリンチ

麻婆豆腐ランチ(600円)、ランチを600円に値下げしたようです。箸袋に書かれていた四川料理が気になって麻婆豆腐ランチを食べに寄ってみました。ライス、スープ、お新香、デザート付でライスはお替り自由です。スープは普通の中華スープでお新香はザーサイ、デザートは自家製の杏仁豆腐です。さてさて、四川料理をうたうお店の麻婆豆腐はどんなでしょうか?結論を言ってしまえば四川のしの字もない麻婆豆腐でちょっと残念です。辛味は唐辛子、ラー油で塩分が強く単純で簡単な麻婆豆腐です。最もメニュー名が四川麻婆豆腐ではないし、価格的にも無理筋なのはわかるのですが、何か痕跡があるかとも思ったのが甘かったです。
(2017-04-26)

中華料理 安源楼麻婆豆腐ランチ

中華料理 安源楼麻婆豆腐

豚肉とキャベツの特製醤油炒めランチ(600円)、ライス、スープ、お新香、デザート付でライスはお替り自由です。スープは普通の中華スープでお新香はザーサイ、デザートは自家製の杏仁豆腐です。豚肉とキャベツの特製醤油炒めは、見た目のボリューム感はなく失敗かと思ったのですが、キャベツに隠れている豚肉の量は多く、四川料理店らしく輪切りの唐辛子が散見されます。花椒も入っており良いアクセントとなっています。このお店は絶賛ではないですが、料理に惹かれるものがあります。
(2018-01-25)

中華料理 安源楼豚肉とキャベツの特製醤油炒めランチ

中華料理 安源楼豚肉とキャベツの特製醤油炒め

看板を替えたようです。
(2019-03-22)

中華料理 安源楼店構え

海老とイカのXO醤炒めランチ(600円)、看板替えたんだ、健康中華とか書いてある、なんか嫌な予感、ランチメニューにXO醤?四川料理店じゃないのか?これは食べてみるしかないなと入ってみました。店内は変わっていないがやはり四川料理は止めたみたいな雰囲気です。ランチは、ライス、トロミ付き人参、豆腐、キャベツ入りの玉子スープ、サラダ、人参と大根の漬物、香料の強いフルーツ入り寒天感系杏仁豆腐付でライス、スープはお替り自由となっています。海老とイカのXO醤炒めは全体的に薄味で中型の海老の塩気が目立ちます。具材は海老、イカ、人参、アスパラ、セロリ、シメジです。全体的に価格からすれば頑張ってる感が有りますが、惹かれる物が有りません。普通に美味しいランチです。やはり店が替わったようです。
(2019-03-22)

中華料理 安源楼海老とイカのXO醤炒めランチ

中華料理 安源楼海老とイカのXO醤炒め



神奈川区・JR京急方面 | 17:38:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
知味亭(閉店)・本牧
本牧 知味亭、長白山閉店後に居抜で入った華宴楼が閉店した後にオープンしたお店で、椅子は長白山の物を使用しています。テーブル配置が若干変わっていて4人掛けテーブル5卓、2人掛けテーブル3卓と6人掛けテーブルをやめて4×2に分割しており1人用を2人掛けに変更してあります。お店の名刺を頂きましたが、ビルの名称は呉ビルなのですね。
(2016-08-26)
場所: 神奈川県横浜市中区麦田町2-59-2呉ビル
定休日: 月曜
香味ユウリンジ
ニラレバ
鶏肉の四川風炒め
鶏肉のカレー風炒め
麻婆豆腐
担々麺+半チャーハン
麻婆春雨
豚肉の四川風炒め
こくうま麻婆豆腐
若鳥の黒酢炒め
冷やし担々麺

知味亭店構え

香味ユウリンジランチ(680円)、ランチは週替わりで4種類あり単品料理ランチは3種類でライス、スープ、ザーサイ、豆乳プリン付で価格は600円、680円、780円となっています。1種類の麺+半チャーハンランチは780円です。ライスはお替りが出来ます。通常なら一番安いランチを頼むのですが、麻婆豆腐でしたので、680円の「香味ユウリンジ」ランチにしてみました。スープは卵スープでしたが、ワンテンポ遅れて出てきましたので集合写真にはありません。ザーサイの角切りは珍しいなと思いながら、千切りキャベツとレタスのサラダにドレッシングが掛かっています。ユーリンチのソースとドレッシングは当然のように混ざってしまうのでこれってどうなのよと思う。正体がよく分かりませんでしたが、パラパラと掛かっている香味は複雑な味で細かく刻んだ複数の素材を紹興酒に漬け込んだような感じです。豆乳プリンには黒蜜が掛かっており街角中華ランチのデザートとしては珍しいです。ランチの全体的な印象としては、悪くないのですが惹かれるほどでもない印象です。また行ってみます。
(2016-08-26)

知味亭香味ユウリンジランチ

知味亭香味ユウリンジ

知味亭豆乳プリン

ニラレバランチ(750円)、週替わりランチの価格が変更になっていました。ランチは週替わりで5種類あり単品料理ランチは4種類でライス、スープ、ザーサイ、デザート付で価格は680円、700円、750円、750円となっています。1種類の麺+半チャーハンランチは780円です。ライスはお替りが出来ますが、少し値上げしたようです。ニラレバランチですが、漬物がザーサイではなく胡瓜のピリ辛漬けで、具沢山の卵スープに前回同様の黒蜜が掛かった豆乳プリンが付いていました。ニラレバはプリッとした歯ごたえのレバの量も多く、絶妙な火加減で仕上げられています。ニラレバランチとしては高めですが、満足感の有る美味しいランチで、少なくとも街角中華としては印象に残るものがあります。
(2016-09-21)

知味亭ニラレバランチ

知味亭ニラレバ

鶏肉の四川風炒めランチ(750円)、ライス、スープ、ザーサイ、デザート付でライスはお替りが出来ます。「鶏肉の四川風炒め」を選択しました。スープは具沢山の卵スープで漬物は角切りザーサイです。ザーサイの角切りは珍しいです。歯ごたえは細切りよりはありますが、やはり私は薄切り派です。デザートは集合写真にはありませんが、いつもの同じ器でマンゴープリンでした。鶏肉の四川風炒めは、鶏肉、ナス、玉葱、しめじ、しし唐を刻んだ唐辛子とラー油の利いたソースで炒めてあります。特筆すべきはその辛さで、口に入れたとたん水水の辛さではなく、体の芯にしみ込んでくるような辛さです。街角中華ではあまり出会わない辛さです。このお店は四川料理なのかな。
(2016-11-25)

知味亭鶏肉の四川風炒めランチ

知味亭鶏肉の四川風炒め

鶏肉のカレー風炒めランチ(750円)、「鶏肉のカレー風炒め」がランチに出ていたので寄ってみました。卵スープと角切りザーサイと柚子ゼリー付です。鶏肉のカレー風炒めは、カレーパウダーを絡めたものかと想像しましたが、ほぼルーが少ないチキンカレーの様相です。ジャガイモと鶏肉が大部分でピーマンが少量入っています。食べてるうちにカレー粉の苦みと単調な味に飽きてしまいました。柚子ゼリーも表面だけの柚子味で、これは失敗でした。
(2016-12-21)

知味亭鶏肉のカレー風炒めランチ

知味亭鶏肉のカレー風炒め

知味亭柚子ゼリー

麻婆豆腐ランチ(750円)、週替わりランチの価格が変更になっていました。ランチは週替わりで5種類あり単品料理ランチは4種類でライス、スープ、ザーサイ、デザート付で価格は750円、780円、780円、800円となっています。1種類の麺+半チャーハンランチは850円です。1000円の特別ランチセットが1種類プラスされていました。ライスはお替りが出来ますが、またまた値上げしたようです。とはいってもそれほど高い訳でもないので元が安すぎたのかもしれません。このお店では、四川系の料理には調理師の腕の冴えを感じる事があるのですが、それ以外は至って普通なので、四川料理のお店ではないのかと思っていました。ならば麻婆豆腐を食べてみようと注文しました。スープは具沢山の卵スープで漬物は角切りザーサイです。デザートは集合写真にはありませんが、いつもの同じ器でレモンゼリーでした。麻婆豆腐は、ただ辛いだけではなく複雑な辛味が交じり合い、やはり日本人が作る麻婆豆腐とは違います。辛いのは苦手なのに好きな私は、額の汗をハンカチで拭きながら完食しました。これなかなか美味しいです。食後に店主が厨房から出てきましたのでチャンスとばかりに聞いてみましたが、ホテルや中華街の四川系のお店で料理長をしていた経験があるそうで、なるほどという感じです。
(2017-03-24)

知味亭麻婆豆腐ランチ

知味亭麻婆豆腐

担々麺+半チャーハンランチ(850円)、ランチは何かなとボードを見ると四川系の料理は麻婆豆腐だけです。やはりこのお店なら四川系を食べたいなと麺ランチを見ると担々麺です。この流れで迷う余地がありませんので担々麺+半チャーハンにしました。担々麺は白ごまも入っていますがあまり主張もしておらず、辛さも強くありません。香辛料が辛さと味の深みを演出しているようでなかなか美味しい担々麺です。面白いなと思ったのは白色の中細麺で食べた感じでは素麺に近い感じです。半チャーハンはパラパラ系としっとり系の中間位の出来で普通に美味しいチャーハンです。大根の酢漬けが付いていました。
(2017-04-20)

知味亭担々麺

知味亭半チャーハン

麻婆春雨ランチ(750円)、このお店で食べるならやはり四川系の料理だと思う。ランチボードを見ると四川系は麻婆豆腐と麻婆春雨しかない。麻婆春雨はあまり好みではないので、どうしたものかと思案したが麻婆春雨で行くことにしました。なんかホテルの中華っぽい器で登場しました。スープは野菜スープ、ザーサイは角切りで食後に柚子ゼリーが出てきました。もしかしたら麻婆春雨を好きにしてくれる料理が出てくるかもとも思ったのですが、想像通りでこんな感じだな程度でした。
(2017-07-25)

知味亭麻婆春雨ランチ

知味亭麻婆春雨

豚肉の四川風炒めランチ(780円+税)、「豚肉の四川風炒め」がランチに出ていたので入ってみました。豚肉の四川風炒めは、豚肉、玉葱、ピーマン、赤ピーマン、木耳、しめじをピリ辛で炒めた料理です。辛さは程々ですが辛さに深みがあり、このお店で食べるならやはり四川系の料理だと再確認しました。柚子ゼリーが食後に出てきましたが、従来と同じなので写真はありません。あとはライス、ザーサイ、玉子スープ付きでした。さて、今日はすごく残念な事が2点ありました。1点は外税になっていたこと。もう1点は、ザーサイが細切りになっていたことです。ザーサイを細切りで出す中華料理屋さんで、美味しい料理を出すお店が少ないことは経験値として持っていますので、これはガッカリの3乗位です。
(2017-09-01)

知味亭豚肉の四川風炒めランチ

知味亭豚肉の四川風炒め

麻婆豆腐ランチ(750円+税で810円)、このお店の麻婆豆腐は「陳麻婆豆腐」と「こくうま麻婆豆腐」の2種類あり、ランチの麻婆豆腐はどちらなのか聞いてみたところ選べるようです。「こくうま」を食べていなかったので「こくうま」にしてみましたが、指定の無い場合はお客の顔を見て店主が忖度するようですので、好はハッキリと伝えた方がいいようです。ライス、角切りザーサイ、玉子スープにマンゴープリンがついていました。さて、「こくうま」ですが「陳麻婆豆腐」からスパイス感と辛味を軽くした感じで、これならば陳麻婆豆腐一択です。こくうまというのなら日式の麻婆豆腐を研究した方が良いように思います。
(2017-12-19)

知味亭2種類の麻婆豆腐

知味亭こくうま麻婆豆腐ランチ

知味亭こくうま麻婆豆腐

知味亭マンゴープリン

若鳥の黒酢炒めランチ(800円+税)、週替わりランチのホワイトボードが出ておらず、ランチ止めてしまったのかと確認ではいってみました。ランチは止めてしまった訳ではなく、ホワイトボードが強風でバス停にまで飛ばされて、クレームになったので出してないそうです。という事で席についてランチメニューを見たのでエイヤアーで若鳥の黒酢炒めランチにしてみました。ライス、人参入りのとろみ付玉子スープ、角切りザーサイ、集合写真にはありませんがデザートはクコの実1個トッピングの杏仁豆腐でした。このお店、四川系の料理は秀でているがその他は普通かなと思っていたのですが、この若鳥の黒酢炒めはなかなか良い出来です。具材は、鶏肉、大振りカットの玉葱、赤ピーマン、ピーマン、素揚げしたナスで、黒酢が程よく利いています。鍋からザット皿に移した感があり熱々です。角切りザーサイの横にある唐辛子は、残り少なくなってから少しばらして投入し、ピリ辛黒酢炒めを楽しみました。
(2018-04-12)

知味亭若鳥の黒酢炒めランチ

知味亭若鳥の黒酢炒め

冷やし担々麺(850円+税、918円)、店外にランチの掲示が無かったのですが、まあ入ってみようと席に着くと食べた事があるランチばかりで、どうしようと店内を見渡すと遠くに冷やし中華の文字がかろうじて読める位の大きさの貼り紙があります。2種類ある様なので店員さんに冷やし中華2種類あるんだ?と聞いたところ、下は冷やし担々麺との事で、なら冷やし担々麺だなと注文しました。味付けがかなり濃いめで青菜とトマトを箸休めにして食べました。辛さは辛いことは辛いですが、どうしようもない辛さではありません。四川料理店の辛さは複雑でラー油と唐辛子で花椒は入っていない位しか分からないのが悲しいところですが、辛さに嫌みが無いので結構すんなり食べてしまう事が出来ました。お皿を冷やしてあったのは街角中華としては珍しい心遣いです。食後にクリーミータイプの杏仁豆腐が付いていました。
(2018-09-14)

知味亭冷やし担々麺

12月24日で閉店です。
どうも馬車道周辺で3月に移転オープンの様です。
(2018-12-21)

知味亭閉店挨拶

どうなってるの?閉店じゃないみたいです。
と云う事は、だよ、ここにお店を出す場合、店名は知味亭で、個人営業店ではないんだな。
(2018-12-27)

知味亭継続のお知らせ

なんだなんだ!福楽になってる。どうなってるんだろう。ちょっと様子見だな。
(2019-03-20)

福楽店構え




中区・本牧周辺 | 18:18:37 | トラックバック(0) | コメント(4)
新栄福楼・大倉山駅
東急大倉山駅近く 新栄福楼、(栄福楼がリニューアルして新栄福楼となりましたが、オーナーが替わっていると思われますので新たに新栄福楼として始める事にします。)強いて言えば縦長のお店で右側は壁側がベンチシートになっており、4人掛けテーブル4卓、左側は8人掛けテーブル1卓、6人掛けテーブル2卓の中華料理屋さんです。珍しいのはこのお店のテーブルは全て2人掛け用のテーブルで客の人数により組み替えが出来るようになっている点です。ホール担当の人当たりの良いお姉さんが常連を作っているような気がする中華料理屋さんです。
(2019-03-19)
場所: 神奈川県横浜市港北区大倉山1-17-30
定休日: 水曜

新栄福楼店構え

ラーメン(600円)、トッピングはメンマ、ワカメ、半ゆで卵、フチの赤いチャーシュー2枚で小口切りの長葱を散らしてあります。なかなか良さげな丼姿でチャーシュー2枚と半ゆで卵は頑張ってるなと思うのですが、なんか普通に美味しい以外に残るものが有りません。やはりラーメンは中華屋さんに軍配が上がります。
(2019-03-19)

新栄福楼ラーメン

餃子(480円)、一皿6個入りですので1個80円です。刻み系の餃子で具材の量もそこそこ入っていますが価格相応です。
(2019-03-19)

新栄福楼餃子



港北区 | 18:26:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
天華・弘明寺駅
京急弘明寺駅近く 天華でサンマーメン(610円)、テーブル席のみのお店で4人掛けテーブル5卓のみの古い佇まいのお店。サンマーメンは、もやしがメインで玉葱・青菜・豚肉は少量、ナルトと烏賊げそが少量入っているのが珍しい。餡の厚さはちょうど良い位だが餡が全面に掛かっていないタイプ。どうしたことか麺の茹で方がいけない、ぐたぐたでとてもプロの仕事とは思えない、スープがいいなと思っただけに残念!
(2012-03-27)
場所: 神奈川県横浜市南区弘明寺町259
定休日: 金曜

天華店構え

壁の張り出しメニューの両側にある物体は何でしょうか?
反対側の壁にも2個あります。
(2014-07-01)

天華電飾1

物体のアップです。電線らしき物が出ていますので光るのかな?
(2014-07-01)

天華電飾2

これなんですかと聞いたらおばあちゃんが、スイッチオンしてくれました。うわー綺麗!!
今は使っていないそうですが高かったそうです。もったいないなあ。
(2014-07-01)

天華電飾3

観音ラーメン(580円)、トッピングは玉葱と豚肉を炒めたものと細切りチャーシュー、メンマ、なると、小口切り長葱、半分のゆで卵です。電飾に感動していて何故これが観音なのか聞きそびれました。
(2014-07-01)

天華観音ラーメン

タンメン(580円)、このお店は、料理を見るまではどんな料理が出て来るのか想像がつかない怖さが有りますが、タンメンは野菜少な目ではありますが普通のルックスで一安心です。まずスープを一口行ってみると湯麺と表示したいタイプのタンメンスープで、お湯?と思った後にタンメンスープの味が追いかけてきます。このお店でこんなスープに遭遇するとはビックリです。おばあちゃんがラー油も一緒に持って来たところを見ると、一般的には味が薄いと云われるのでしょう。しかしこのタイプのタンメンスープを提供しているお店は貴重なんです。この勢いで麺をと思ったら平打ち太麺ではなく中細麺の細麺よりの麺でちょっとテンション下げ、その上柔すぎ中塊でやはりなあ。
(2019-03-18)

天華タンメン


大きな地図で見る

南区 | 17:20:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
八操園(閉店)・和田町駅
相鉄和田町駅近く 八操園、おばあちゃんなどと言ったらパシッと怒られそうな元気なおばちゃんが一人で切り盛りする6席位のカウンターのみの小さなお店。おばちゃんの気遣いのある接客が印象に残ります。
(2012-06-26)
場所: 神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1-18-1
定休日: 日曜・祝日

八操園店構え

サンマーメン(600円)、なるとと椎茸が珍しいが、もやしメインではない野菜餡かけ系統のサンマーメン。スープは元気なおばちゃんが作ったにしては薄い或いは弱い印象で意外な感じを受けたが、餡を溶かすと餡の中の胡椒が利いてピリッと元気になる。やっぱりこうでなくちゃ。ここで、大振りにカットされた椎茸が活躍する。椎茸に甘味付けがされており、ピリッの中に甘味が広がる。是非食べてみて欲しいサンマーメンだと思う。丼は交換時期かな、長くやって欲しいお店です。
(2012-06-26)

八操園サンマーメン

ラーメン(500円)、トッピングはメンマ、ナルト、ほうれん草、チャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。スープは塩分が少し強く、しみじみ系でなくて残念でしたが、価格を考えれば頑張っています。チャーシューが厚切りなのは、おばちゃんの心意気かな。大根の煮物が箸休めにとサービスされました。おばちゃんの細やかな接客と厚切りチャーシューが印象に残りました。
(2017-01-20)

八操園ラーメン

テントが撤去されており、店内も綺麗さっぱり状態でした。
(2019-03-15)

八操園閉店


大きな地図で見る

保土ヶ谷区 | 17:19:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
景珍樓 杉田店・新杉田駅
新杉田駅近辺 景珍樓 杉田店、以前車で通り過ぎた時に古い大きな建物、その横に中華料理屋さんがあるとインプットされていましたので、古い大きな建物目当てで行ってみました。お店は中華街にある景珍樓の支店で、4人掛けテーブル6卓位が手前のスペースにぎゅっと配置されていて仕切りがあり、8人掛け丸テーブル3卓と6人掛け丸テーブル2卓がこれまたぎゅっと配置されています。縦長の一番奥が厨房となっており、ホールは若い中国の男性スタッフでした。今日は手前のぎゅっと配置されている4人掛けテーブルの席が満席で丸テーブル席に通されました。
(2013-03-29)
場所: 神奈川県横浜市磯子区杉田4-2-20 8・8ビル 1F
定休日: 無休

景珍樓 杉田店店構え1

古い大きな建物の正体は今では珍しい銭湯でした。
(2013-03-29)

景珍樓 杉田店店構え2

サンマーメン(700円)、中華街のお店の支店と聞いただけでサンマーメンは期待していませんでしたが、やはりサンマーメンの雰囲気がありません。白菜やキャベツが入っていない、肉が細切りカット、餡が薄い等が主な原因だと思います。麺や具材の量は多いのですが、あ~あ、サンマーメンを食べたぞと言う満足感がありません。やっぱりな等と呟きながらお店を後にしました。
(2013-03-29)

景珍樓 杉田店サンマーメン

店構えが変わっており、隣の銭湯が無くなって更地になっていました。
(2019-03-13)

景珍樓 杉田店隣更地

ホタテの小柱ピリ辛炒めランチ(700円)、同価格で3種類用意されている週替わりランチから選択しました。ライス、トロミ付き木耳、人参、豆腐入りの玉子スープ、胡瓜とチャーシューの和え物、寒天感系だがややクリーミー系寄りのフルーツ入り杏仁豆腐付でライスはお替りが出来ます。ホタテの小柱ピリ辛炒めは、ピーマン、玉葱、ヤングコーン、クワイ、フリッターの小柱を輪切り唐辛子とともにピリ辛に炒めたものです。胡瓜とチャーシューの和え物は珍しくなかなか好印象だったのですが、ホタテの小柱ピリ辛炒めは小柱を探してしまいました。まさかフリッターとは考えもしなかったです。価格もあるでしょうが、なんか肩透かしを食ったようで、中華街に本店のあるお店なら、もっと巧い出し方をして欲しかったのが正直な感想です。
(2019-03-13)

景珍樓 杉田店ホタテの小柱ピリ辛炒めランチ

景珍樓 杉田店ホタテの小柱ピリ辛炒め


大きな地図で見る

磯子区 | 17:22:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
知味軒・六角橋
東横線白楽駅近辺六角橋 知味軒 、縦長のお店で2階もあるようですが1階は右側は4人掛けテーブル7卓、左側は6人掛けテーブル6卓の2017年7月オープンの中華料理屋さんです。
(2019-03-12)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3-9
定休日: 無休

知味軒店構え

レバニラ炒めランチ(680円)、本日の定食として麺定食を含む5種類、価格は900円から980円と高めです。本日のランチは麺ランチを含む9種類で価格は680円から850円と少し安めの価格設定です。何にしようかと選ぶ前に初めてのお店で頼むニラレバに決まっていました。ライス、トロミ付きの玉子スープ、キムチ、ヤッコ、寒天感系杏仁豆腐付で15時までライス、スープ大盛無料となっています。ニラレバ炒めは比較的火をよく通すタイプでレバの量も多いと思います。人参やタマネギが入っているのは少数派ですね。少し炒め過ぎの感が有り、ツユダクならぬ油ダクではありますが、普通に美味しいニラレバでした。
(2019-03-12)

知味軒レバニラ炒めランチ

知味軒レバニラ炒め



神奈川区・東急方面 | 17:33:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
来々亭・滝頭周辺
最寄り駅は根岸駅と思うが徒歩圏内ではない滝頭周辺 来々亭、6人掛けテーブル2卓が縦2列に並んでいて、厨房前にカウンターもあるが漫画本が置かれており使われていないお店。ご夫婦でやられているようだが、ホール担当の奥さんは料理提供ごとに遅くなってすみませんと決まり事のように言っている。確かに料理提供までに時間が掛かるようだ。
(2012-09-20)
場所: 神奈川県横浜市磯子区広地町6-24
定休日: 火曜・水曜(平成29年9月より火曜も定休日となる)

来々亭店構え

サンマーメン(500円)、肉が入っていないことを除けば、至って普通、スープが丼いっぱいなので運ぶのが大変そうだった。特徴はCPの高さ位かなと思いながら、レンゲに餡を入れてスープを一口、餡に味付けがされているがスープと混ざっても余り変化は無い、しかし餡のとろみ具合が絶妙でとろとろの食感が良いです。とろみ付けの具合は難しいので、いつもこの状態で提供されているのなら大きな特徴です。
(2012-09-20)

来々亭サンマーメン

五目うま煮ソバ(600円)、サンマーメンが印象に残っていましたので寄ってみましたが、相変わらず雑然とした店内で醤油等テーブルの調味料ボトルも汚れが激しいです。少し綺麗にしたらよいのにと思うのですがこの状況に慣れてしまっているのでしょう。価格は全体的に安めですが、600円の五目うま煮ソバとはどんなだろうかと興味があり注文してみました。麺の上に少し甘みについた醤油ベースの餡を絡めたキャベツ、人参、ニラ、木耳を敷いて、チャーシュー、メンマ、ゆで卵半分、と謎の円盤状の物体を乗せてあります。五目うま煮ソバにしては魚介類も入っておらず寂しい内容ですが価格を考えれば致し方無い所です。さて、謎の円盤状の物体ですが見たところハム、いやいやもしかしたらと思い一口味わって笑ってしまいました。想像通りの魚肉ソーセージでした。
(2014-11-14)

来々亭五目うま煮ソバ

ラーメン(400円)、シンプルなラーメンだなと思った。具材はもやし、メンマ、チャーシュー、小口切りの長葱のみです。このシンプルなラーメン美味しいです。スープは何がでしゃばるでもなく小口切りの長葱が良いアシストをしています。メンマも太く、チャーシューも柔らかくできています。中華屋さんの神髄はラーメンなんだなと改めて確認しました。
(2016-07-01)

来々亭ラーメン

餃子(400円)、大振りの餃子でこれが400円は安いよ。さすがに具材がパンパンと言う事は無いが少なくもない。ニンニクは控えめな刻みとペースト半々くらいの感じで肉と野菜の比率も一般的かな。ラーメンと餃子で800円、エビやイカがどこにあるか分からないような五目そば800円ならこちらの組み合わせの方がはるかに満足感がある。ただ、調味料のトレイや容器はもう少し清潔にしたらいいのにと思う。
(2016-07-01)

来々亭餃子

タンメン(500円)、見た所、野菜は多いけれど人参の目立ち度には違和感がある。価格を考えれば仕方ないのかもしれませんが白菜ではなくキャベツが使われてる。後のチェックはスープと麺だな。スープは塩ラーメン寄りでニンニクは感じる事はありませんでしたが、やはりタンメンスープと思えるスープです。麺はお約束の平打ち太麺なのですが、見慣れている麵よりも厚みが結構有り腹に溜まる一杯です。価格を考えるとCPは高いです。
(2019-03-11)

来々亭タンメン


大きな地図で見る

磯子区 | 17:36:31 | トラックバック(0) | コメント(2)