FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

興旺・本牧 
本牧 興旺、営業しているのかいないのか良く分からない店構えで入り口の営業中の札が頼りです。縦長のお店で、入ると左側に6人掛け用丸テーブル1卓、右側に4人掛けテーブル2卓があります。厨房は左側奥に縦長のオープン厨房となっており厨房前にカウンター7席のお店です。
(2014-06-03)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧三之谷9-12
定休日: 月曜
五目そば
豆腐の五目煮
牛肉としめじの炒め
牛肉とトマトの炒め
豚バラ肉の醬油煮
かに玉
牛肉とナスのピリ辛炒め
ホイコーロー

興旺店構え

五目そば(720円)、サンマーメンはメニューにありませんでしたので五目そばを注文しました。五目そばにしては寂しいルックスですが、探すと海老やイカも入っています。具材は、海老、イカ、豚肉、白菜、青梗菜、人参、キャベツで醤油ベースの餡が掛かっています。キャベツがメインで他の具材が少量なので寂しくなってしまっています。豚肉の質も高く一尾ですがプリッとした海老も入っており満足感はあるのですが、これなら海老イカの代わりにもやしにして少し価格を下げれば、美味しいサンマーメンが出来上がりそうです。
(2014-06-03)

興旺五目そば

豆腐の五目煮定食(750円)、サービス定食とホワイトボードに書かれているのでランチタイムだけの定食ではないのかもしれません。2種類のサービス定食から「豆腐の五目煮」(ライス、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。スープは胡椒の利いた卵スープで細かく刻んだラー油付ザーサイと杏仁豆腐は甘みの強い物でした。豆腐の五目煮は豆腐、小振りな海老、イカ、青梗菜、マッシュルーム、椎茸、豚肉、人参、筍で醤油ベースの濃い目の餡が掛かっています。
厨房前のカウンターに促されましたが、定食はトレーで出てくるのではなく一品ずつなので、一人で切り盛りする店主には厨房前のカウンターの方が都合が良いようです。店主がスローな口調で言う「すみませ~~ん」を器を出すたび5回も聞いてしまいました。身体の空気が抜けてしまうような口調が耳にこびりついてしまいました。
(2015-07-10)

興旺豆腐の五目煮ランチ

興旺豆腐の五目煮

牛肉としめじの炒め定食(750円)、2種類のサービス定食から「牛肉としめじの炒め」(ライス、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。スープは胡椒の利いた卵スープで細かく刻んだラー油付ザーサイと杏仁豆腐は甘みの強い物でした。牛肉としめじの炒めは牛肉、しめじ、人参、青菜、筍、キャベツを炒めたもので薄く餡が掛かっています。普通に美味しく、小判型のお皿は小さいかなとも思うのですが結構ボリュームがあります。
店主がスローな口調で言う「すみませ~~ん」を聞きに寄ったのですが、ホールはおかみさんが担当しており残念ながら目的は達成出来ませんでした。
(2015-10-23)

興旺牛肉としめじの炒め定食

興旺牛肉としめじの炒め

牛肉とトマトの炒め定食(750円)、サービス定食は2種類なのですが、麻婆豆腐とエビチリの場合もあり、遠くまで来てこの仕打ちかよ肩を落としながらお店の前を通過することもあるのですが、たまには発揮する店主の調理師の腕の冴えに今日は何かなとチェックするお店ではあります。サービス定食の一つが「牛肉とトマトの炒め」でしたので、前回とちょっと被るなと思いながらも入ってみました。ライス、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐付で、ライスはお替り自由です。スープは胡椒の利いた卵スープで細かく刻んだラー油付ザーサイと杏仁豆腐は甘みの強い物でした。牛肉とトマトの炒めは牛肉、トマト、キャベツ、青菜、筍を炒めたもので薄く餡が掛かっています。トマトの酸味の活かし方が絶妙で、すごく美味しいです。調理師の腕の冴えを久々に感じました。
(2016-03-18)

興旺牛肉とトマトの炒めランチ

興旺牛肉とトマトの炒め

豚バラ肉の醬油煮定食(750円)、2種類のサービス定食から「豚バラ肉の醬油煮」(ライス、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。スープは胡椒の利いた卵スープで細かく刻んだラー油付ザーサイと杏仁豆腐は甘みの強い物でした。豚バラ肉の醬油煮はキャベツ、レタス、青梗菜を合わせたものに豚バラ肉2枚と筍、大振りカットの椎茸が乗っています。箸でほろほろと崩れる豚バラ肉は美味しいのですが、料理としては量とともに物足りなさを感じます。多分大振りカットの椎茸の質がもうワンランク上だと、この料理に対する満足度が随分変わるんだろうなと思います。
(2016-06-16)

興旺豚バラ肉の醬油煮ランチ

興旺豚バラ肉の醬油煮

かに玉定食(750円)、2種類のサービス定食に「かに玉」が出ていました。この価格のランチでカニが入っていたら驚きだよと思いながらも、驚いてみたいとも思い入ってみました。ライス、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐付で、ライスはお替り自由です。スープは胡椒の利いた卵スープで細かく刻んだラー油付ザーサイと杏仁豆腐は甘みの強い物でした。さて、注目のかに玉ですが、ほとんどが玉子で少量のネギと椎茸が入っておりやはりカニ身は確認できませんでした。もしかしたらどこかに入っているのかもしれませんが、カニもどきを使われるよりはいいかな。かに玉にかかっているたれはなかなか美味しいので、かに玉風玉子炒めで良いように思います。
(2017-05-17)

興旺かに玉ランチ

興旺かに玉

牛肉とナスのピリ辛炒め定食(750円)、このお店の定食は、圧倒的に煮物が多く、炒め物が出ていることが少ないので、野菜炒め以外の炒め物が出ていると食べてみる事にしています。さらに炒め物は牛肉と何々の炒めが多い事に気づいてしまいました。と言う事で、2種類のサービス定食から「牛肉とナスのピリ辛炒め」(ライス、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。スープは胡椒の利いた卵スープで細かく刻んだラー油付ザーサイと杏仁豆腐は甘みの強い物でした。牛肉とナスのピリ辛炒めは牛肉、ナス、人参、青菜、筍、シメジをピリ辛に炒めたものです。作り慣れている感とたまに発揮する店主の調理師の腕の冴えを感じる一皿で満足感のあるランチでした。
(2018-09-28)

興旺牛肉とナスのピリ辛炒め定食

興旺牛肉とナスのピリ辛炒め

ホイコーローランチ(750円)、ライス、胡椒の利いた玉子スープ、細かく刻んだラー油付ザーサイ、甘みの強いクリーミー系寄りのフルーツ入り杏仁豆腐付で、ライスはお替り自由です。ホイコーローは野菜はキャベツのみで端切れの様な豚肉と合わせています。この端切れの様な豚肉どこかで見た様な豚肉です。スーパーでニンニクの芽と一緒に焼肉のタレに漬け込んでパックされ、フライパンで炒めるだけで焼き肉みたいなそんな肉です。何だよと思いながら食べてみれば、濃い焼肉のタレがしみ込んだ肉とホイコーローのソースが妙にマッチしていてご飯が進みます。美味しいじゃないか、完全にやられてしまいました。こんな使い方が有るんだなあ。
(2019-01-31)

興旺ホイコーローランチ

興旺ホイコーロー



中区・本牧周辺 | 17:14:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
横浜とんとん・星川駅
相鉄線星川駅近辺 横浜とんとん、餃子が基本でラーメン・チャーシューメンとも醤油・味噌・塩があり、あとはちゃーしゅー丼がある位のメインメニューは少ないお店。縦長のお店で、入ると左側縦にオープン厨房、厨房を囲むようにⅬ字型のカウンター7席位で、右側は小上りになっていて4人用座卓が2卓置かれています。奥が座敷になっていて4人用座卓が3卓置かれています。調理で2名、洗いやホール担当で3名おりましたので繁盛店でしょう。
(2014-09-30)
場所: 神奈川県横浜市保土ケ谷区星川1-15-27
定休日: 日曜・水曜

横浜とんとん店構え

チャーシュー丼(430円)、ラーメンが680円するので私はたいていチャーシュー丼です。ミニ丼ですが、チャーシューも多くめんまと青菜がトッピングされています。多分ラーメンのスープと思いますが、スープもついてきます。
(2014-09-30)

横浜とんとんチャーシュー丼

餃子(270円)、ほとんどの人がオーダーをしている餃子で、中には×2でのオーダーも多いです。中型の刻み系の野菜餃子ですので、肉餃子が好きな人には物足りないかもしれませんが、具材の量も多く270円は安いです。メニューの最初に餃子が書かれていますので、やはり餃子中心のお店なのですね。
(2014-09-30)

横浜とんとん餃子

醤油ラーメン(680円)、久しぶりに来てみても、やはり繁盛している様で何よりです。醤油ラーメンと餃子を頼みましたが、餃子は以前アップしたものと変わりは無いので割愛です。トッピングはメンマ、青菜、煮卵半分、ホロホロチャーシュー2枚、ノリで小口切りの長葱を散らしてあります。なかなか良さげな丼姿です。スープを一口行ってみましたが、甘味付けがされており美味しいじゃないかと思い、蓮華を進めていくと何故か飽きが来ます。甘味付けが余りにもあからさまな為でしょうか。まあ価格を考えれば高いです。やはりこのお店では、チャーシュー丼(430円)+餃子(270円)で700円かライス(210円)+餃子ダブル(540円)で750円又は半ライス(150円)+餃子ダブル(540円)で690円が良さそうです。
(2019-01-29)

横浜とんとん醤油ラーメン



保土ヶ谷区 | 17:41:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
福泰飯店・横須賀中央駅
横須賀中央駅近辺 福泰飯店、縦長のお店で奥に厨房、右側が小あがりになっていて4人用座卓が2卓、左側は4人掛けテーブル3卓の中華料理屋さんで、価格設定は安めです。
(2019-01-28)
場所: 神奈川県横須賀市米が浜通1-1‐9
定休日: 第1第4火曜

福泰飯店店構え

麻婆豆腐セット(600円)、今日の定食として全て650円で9種類提供されていますが、印刷なので日替わりでもなさそうです。黒麻婆豆腐とニラレバ炒めの様に2品ついているのが特徴の様です。麻婆豆腐とレバを使った料理が目につきますのでその辺がお勧めの様です。勿論、黒麻婆豆腐とニラレバ炒め定食を頼んだのですが、なんとレバが売り切れだそうで思ってもいない事態に、こっちもあるよと見せられたセットの麻婆豆腐をあわてて頼んでしまいました。冷静に考えたら黒麻婆豆腐じゃないじゃん。量の多いライス、キュウリの漬物、とろみ付の玉子スープ、寒天感の強いシンプルな杏仁豆腐付です。さて麻婆豆腐ですが、辛味は弱く味わい系に属するもので、特筆すべき物は無く普通に美味しい麻婆豆腐です。価格は安いのですがそれなりです。黒麻婆豆腐はどうかな。
(2019-01-28)

福泰飯店麻婆豆腐セット

福泰飯店麻婆豆腐




横須賀市 | 18:21:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華成喜・川崎駅
川崎駅近辺 中華成喜 (ナルキ)、テーブル席のみのお店でざっと40席位はあると思う。昼食時間を外してしまったが、大通りに面している訳でもない路地裏のお店に、お客がぱらぱらと入ってくる。人気店なんだな。
(2012-06-11)
場所: 神奈川県川崎市川崎区小川町2-11
定休日: 無休

中華成喜店構え

もやしそば(577円)、餡が掛かっておりもやし餡かけ系統のサンマーメンに近い。口が広がっている丼なのでわかりにくいが、麺ももやしも多量、これで577円は驚きのハイCPだと思う。残念なのは、熱ではあるが熱々ではない事とスープが醤油味の立っているスープで端っこまでとがっている事。まあその様なスープが好きな人もいると思うので、価格からすれば立派過ぎるほどだと思う。満腹です。
(2012-06-11)

中華成喜もやしそば

ラーメン(540円)、トッピングはメンマ、チャーシュー、ワカメで小口切りの長葱を散らしてあります。もやしそばの醤油スープは醤油が尖っていて戦闘的なイメージがあったのですが、ラーメンの醤油スープはバランスが良く、蓮華が止まらないタイプです。小型ながらも薄くはないチャーシューも良いなと思ったのですが、どうもワカメの存在理由が良く分かりません。しかし価格を考えれば十分です。
(2017-02-03)

中華成喜ラーメン

餃子(378円)、刻み系の具材が詰まった好きなタイプの餃子です。1個75円を考えると価格相応です。「かわさき餃子みそ」で食べてみましたが、家でもこのタレで食べたい程でもないです。
(2017-02-03)

かわさき餃子みそ

中華成喜餃子

タンメン(648円)、野菜山盛りで豚肉も入っており、なかなか良さげなルックスです。スープはニンニクガッツリ系ではなく野菜のうまみを引き出すような、正にタンメンスープです。麺はお約束の平打ち太麺で、これは美味しいタンメンです。欲を言えば、もう少し油分が少なくてもいいかなと思います。いいタンメンに当たりました。
(2019-01-25)

中華成喜タンメン

焼売(421円)、3個なので1個140円は高いなと思いながら注文しました。大型の肉シューマイでこれなら1個140円は納得です。とは言えもう少し安くないと気軽に頼めないですね。
(2019-01-25)

中華成喜焼売

2019年2月6日(水曜)から3月初旬まで改装工事のため休業だそうです。
(2019-01-25)

中華成喜改装お知らせ


大きな地図で見る

川崎区 | 18:06:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
南門飯店・生麦駅
生麦駅近辺 南門飯店、縦長のお店で手前の客席スペースに4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル1卓、8人用丸テーブル1卓が置かれています。年季は入っているが、しっかりした造りの椅子やテーブルを見るとこれらを配置した時の気構えを感じます。客席スペースと奥の厨房の間にサービスカウンターが有り、厨房との仕切り壁にキープボトルが置かれているのを見ると、その部分だけを見ればスナックです。中華料理屋さんだと思っていましたが、メニュー構成を見る限り中華屋さんの様です。
(2019-01-24)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区生麦3-12-37
定休日: 月曜

南門飯店店構え

サンマーメン(680円)、具材はもやし、白菜、キャベツ、人参、椎茸、ニラ、豚肉で醤油ベースのやや硬めな餡が掛かっています。スープは全体的に味が濃く化調が強いようで、お冷2杯コースでした。豚肉が薄切りであるところや味付けを見れば中華屋さんのサンマーメン寄りです。
(2019-01-24)

南門飯店サンマーメン



鶴見区 | 18:05:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
信陽軒(閉店)・生麦駅
生麦駅と花月園前駅の中間位 信陽軒、縦長のお店で左側縦にオープン厨房、厨房を囲むように逆Ⅼ字型のカウンター席9席位のみの小さなお店です。
(2015-01-16)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区生麦4-29-8
定休日: 水曜

信陽軒店構え

サンマーメン(700円)、もやし、キャベツ、豚肉、ニラ、人参で構成されており、塩ベースの透明な餡が掛かっています。スープは醤油を前面に出しており、餡もスープの邪魔をしないように特徴的な味付けはされていません。ただ、このタイプだと醤油自体に大きな魅力がないと難しいように思えます。具材の量は多いのですが全体的にはちょっと高いです。
(2015-01-16)

信陽軒サンマーメン

テントも撤去されていて、閉店していました。
(2019-01-24)

信陽軒閉店



鶴見区 | 17:27:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
小林家・浅間町
最寄り駅は横浜駅か相鉄線の平沼橋駅だと思いますが歩くと遠いです 小林家、「こばやしやでサンマーメン見つけますた」と随分前にメールで情報をもらっていましたので寄ってみました。家系でサンマーメンとは興味津々ですが看板に中華料理と書いてあります。家系じゃなくて中華屋さんなのねと入ってみるとなんと中華料理屋さんです。屋号で勘違いです。縦長のお店で4人掛けテーブル7卓、2人掛けテーブル1卓、6人掛けの四角いテーブル1卓のお店です。
(2013-10-17)
場所: 神奈川県横浜市西区浅間町1-4-5 ティーオービル1F
定休日: 日曜の昼営業お休み

小林家店構え

シャンハイ焼きそばランチ(880円)、メニューにサンマーメンがありません。当然中国のおねえさんに聞いて見ました。日本語がちゃんと通じてランチメニューで時々出す様ですが今日のランチメニューには無いとの返答でした。それではシャンハイ焼きそばと注文すると単品と同じ値段でランチセットがあると教えてくれるあたり中華料理屋さんの接客としては珍しいです。シャンハイ焼きそば、春巻き2本、ザーサイ、卵と豆腐のスープ、杏仁豆腐のセットです。春巻きはカレー味、ザーサイはピリ辛とちょっと変わった感じでよいのですが、焼きそば以外に手作り感が感じられないのは残念な所です。
(2013-10-17)

小林家シャンハイ焼きそばセット

ルーローハンランチ(810円)、ルーローハンをランチメニューに出してるのは珍しいなと入ってみました。トレイを見た瞬間、何だこのライスの量は、これは完食無理!結構一生懸命食べましたがやはりお残しでした。煮卵の一個付けや高菜も美味しいのですが、角煮がばらけて入っておりちょっと不満です。ワカメ入りのとろみ付玉子スープ、他の店でも食べた事が有る大根の田舎漬け、とりあえず出してます感いっぱいの杏仁豆腐、ランチについてるなら仕方ないとしか云い様のない麻婆豆腐付きです。こんなにライスいらないし、麻婆豆腐もいりません。収穫は、このお店が台湾料理のお店だと分かった事くらいかな。
(2019-01-23)

小林家ルーローハンランチ

小林家ルーローハン


大きな地図で見る

西区・横浜駅以外 | 17:40:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
福安楼・大和駅
大和駅近く 福安楼、縦長のお店で左側は4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル1卓で壁側はベンチシートの長椅子になっており、半クローズされた厨房が縦にあります。右側は4人掛けテーブルが2卓ですが昔のファミレス形式の向かい合わせのベンチシートになっています。右側奥、厨房の前に小さい座敷が2部屋ある中華料理屋さんです。メニューの表紙に中華街の善隣門がドンと描かれていますので、中華街との関係をおかみさんに聞いてみました。関係があるお店が中華街にあるわけではなく、ご主人が長年中華街で働いていた関係で善隣門なのだそうです。
(2015-09-24)
場所: 神奈川県大和市大和東2丁目2-12
定休日: 日曜
キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒め
若鶏肉揚げのレモンソース掛け
揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮
豚肉団子揚げの甘酢炒め
若鳥肉揚げの特製ソース掛け
豚レバーとニラの炒め

福安楼店構え

キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒めランチ(720円)、ランチは5種類あり2種類が麺料理+半チャーハン、3種類は同価格でライス、スープ、お新香、デザート付でライスはお替りできます。ランチメニューはよく見かける料理ばかりなので迷ってしまいましたが「キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒め」にしてみました。多分回鍋肉だろうと思いながらも、違えば面白いかなと期待したのですが回鍋肉でした。
ランチセットのスープは卵スープで、お新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様です。キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒めは表示通りキャベツと豚肉です。ボリューム感はありますが、ほとんどがキャベツですので満足感としては今一歩と言った所です。
(2015-09-24)

福安楼キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒めランチ

福安楼キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒め

若鶏肉揚げのレモンソース掛けランチ(720円)、どのお店でお昼にしようかとランチを見て歩いていたら、「若鶏肉揚げのレモンソース掛け」が目に留まりました。レモンソースは中華料理屋さんのランチでは初めてで興味があり入ってみました。ランチセットのスープは卵とコーンのスープで、コーンの実が随分入っています。お新香は大根の酢漬け、杏仁豆腐は出来合いかなとも思ったのですが、もしかしたら自家製かもしれません。さて注目の若鶏肉揚げのレモンソース掛けですが、醤油ベースのソースにレモンが掛かっていると想像しましたが、ソース自体がレモン色でちょっと意外です。甘酢ソースの酸味とレモンの酸味の2種類の酸味がうまく調和していてなかなかの料理です。ただ、前回のランチもそうですがメイン料理にコストカットの影響が見えるのは残念です。
(2016-04-21)

福安楼若鶏肉揚げのレモンソース掛けランチ

福安楼若鶏肉揚げのレモンソース掛け

揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮ランチ(720円)、ランチは何かなとボードを見ると「揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮」が目に留まりました。揚げ豆腐はお店で揚げているのかそれとも出来合いの生揚げを使っているのか、甘辛味噌炒めではなく甘味噌辛子煮はどんなだろうかと興味があり入ってみました。ランチセットのスープはワカメと玉子のスープで、お新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様です。さて注目の揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮は、豚肉、厚揚げ、ピーマン、筍、玉葱を甘味噌で炒めて弱い辛子味の餡を絡めてある感じです。甘味噌が強く辛子はほとんで感じません。揚げ豆腐は、生揚げではなく厚みが5ミリ位の中華料理ではよく使われる厚揚げですが出来合いの様です。豚肉の量もそこそこあり、満足感のあるランチでした。
(2016-11-04)

福安楼揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮ランチ

福安楼揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮

豚肉団子揚げの甘酢炒めランチ(720円)、「豚肉団子揚げの甘酢炒め」がランチに出ており、豚肉団子は自家製かな?と入ってみました。ライス、スープ、漬物、デザート付です。スープは豆腐とわかめのスープでデザートはフルーツ入りの杏仁豆腐です。漬物はザーサイなのですが、いつもは薄切りなのに今日は少し厚めの細切り状態で出てきました。なんか嫌な予感がします。豚肉団子揚げの甘酢炒めは小振りな肉団子と玉葱のみで甘酢餡が掛かっています。この肉団子自家製だなと一口行ってみましたが、周りが硬く中はパサパサです。こんな肉団子なら出来合いのミートボールの方がましかもしれません。甘酢餡の具合が良かっただけに肉団子の残念さが浮き彫りです。このお店で初めて失敗したと思った料理です。
(2017-07-10)

福安楼豚肉団子揚げの甘酢炒めランチ

福安楼豚肉団子揚げの甘酢炒め

若鳥肉揚げの特製ソース掛けランチ(720円)、このお店で若鳥肉揚げのと来ればユーリンチーの様な鶏肉の二段重ねを指すようでそのあとに続くソースに違いがあるようです。今回の特製ソースはユーリンチーソースの酸味が強いタイプです。千切りキャベツの上に幅は広いが厚さは厚くも無しさりとて薄くも無い鶏肉を2段重ねにしてパセリを少量乗せてあります。ライス、トマト入り玉子スープ、薄切りザーサイ、寒天感の強いフルーツ入り杏仁豆腐付で、満足感のあるランチでした。
(2018-09-10)

福安楼若鳥肉揚げの特製ソース掛けランチ

福安楼若鳥肉揚げの特製ソース掛け

豚レバーとニラの炒めランチ(720円)、ニラレバ炒めだよなと思いながらも、もしかしたら違うかもと思いながら注文しました。ライス、トロミの無い豆腐とわかめのスープ、ピリ辛薄切りザーサイ、フルーツ入りの寒天感系杏仁豆腐です。豚レバーとニラの炒めはやはりニラレバで、ボリュームがあります。肉厚なレバーには火が良く通してあり、プリプリ感を楽しむことはできません。もやしだけではなくレバーの量も多く満足感のあるランチでした。
(2019-01-22)

福安楼豚レバーとニラの炒めランチ

福安楼豚レバーとニラの炒め



大和市 | 17:57:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
龍苑・横須賀中央駅
京急横須賀中央駅近く 龍苑、古そうなお店で入り口が道路に面しておらず探検心をくすぐる店構えです。入ると右側に階段があり4階まであるようです。左側は縦長の事務所があり客席は奥になります。厨房は多分、事務所の左側にあるような気がします。客席部分は少し暗めで、レトロ感いっぱいの昔の大型中華料理屋さんの佇まいです。1階のテーブル数としては、2人掛けテーブル6卓、6人掛けテーブル1卓、4人用丸テーブル3卓、6人用丸テーブル2卓位です。このお店の雰囲気は得難いものがあります。
(2017-04-04)
場所: 神奈川県横須賀市大滝町2-10
定休日: 水曜夜

龍苑外店構え

龍苑中店構え

龍苑客席

中華丼+小ラーメン(780円)、全体的に少し高めの価格設定ですが、ランチで出ていた中華丼+小ラーメンはお得かなと注文してみました。ラーメンは小ラーメンよりはボリュームがありますが、普通に美味しいラーメンです。中華丼もボリュームがあり、からめてある餡が化調と醤油味の強いもので特筆すべきものはありません。料理よりは、お店のレトロ感に強く惹かれます。
(2017-04-04)

龍苑中華丼+小ラーメン

とりそば+餃子3個セット(880円)、相変わらず時間の流れが外とは違う様な店内で、浸りきってしまいます。この雰囲気好きなんですよね。料理というよりこの雰囲気を楽しみに行くお店なのですが、料理もなかなか良かったので認識を新たにしました。とりそばは、鶏、青梗菜のみで小口切りの長葱を散らしてあります。スープは塩ベースで鶏に溶かしバターを少量掛けてあり、このバターがなかなか良い仕事をしています。へえ、なかなか美味しいじゃないか。餃子は刻み系の餡の量が多く、肉の比率が高いのですが肉餃子と言う程では無いです。しかし、なかなか美味しい餃子です。私の中では1個80円なら安いな、90円位かなと思いながら、どこかに価格が無いかメニューを見ていたら、有りました。3個315円 6個630円、う~ん、1個105円かあ、微妙、でもこの価格って消費税5%のままじゃないか。一つ残念だったのはラー油がパックものだった事かな。でもまた行きます。
(2019-01-21)

龍苑とりそば

龍苑餃子3個



横須賀市 | 17:52:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
金龍園・根岸駅
根岸駅近く 金龍園、横長のお店で入り口から左側は宴会用のスペースと座敷になっており、右側に4人掛けテーブル7卓、6人掛けテーブル1卓の中華料理屋さんです。
(2016-01-13)
場所: 神奈川県横浜市磯子区西町12-22
定休日: 無休

金龍園店構え

五目入り豆腐の煮込みランチ(600円)、4種類あるランチは週二回変更になるようです。価格はまちまちですが一番安い「五目入り豆腐の煮込み」にしてみました。ライス、スープ、お新香、デザート付でライスのおかわりは自由です。スープは卵スープでお新香は刻んでいない一片の大きなピリ辛ザーサイです。デザートは杏仁豆腐で、飾りのない杏仁豆腐のみのシンプルなものです。五目入り豆腐の煮込みはお皿に角切り豆腐を敷き詰めて、エビ、イカ、筍、人参、木耳、青梗菜、マッシュルーム、豚肉と言った具材を醤油ベースの餡掛けにして乗せてあります。味は薄味で、豆腐やご飯を考えればもう少し強くてもいいかもしれません。ただ、これが600円なら安いです。良いお店を見つけたかもしれません。
(2016-01-13)

金龍園五目入り豆腐の煮込みランチ

金龍園五目入り豆腐の煮込み

豚肉スライスと木耳の野菜炒めランチ(750円)、前回よりワンランクアップの750円の「豚肉スライスと木耳の野菜炒め」にしてみました。ライス、スープ、お新香、デザート付でライスのおかわりは自由です。スープは卵スープでお新香は刻んでいない一片の大きなピリ辛ザーサイです。デザートは杏仁豆腐で、飾りのない杏仁豆腐のみのシンプルなものです。豚肉スライスと木耳の野菜炒めは、豚肉、木耳、青菜、玉葱を玉子と炒めた料理です。ちょっとオイリーかなとは思いますが、相変わらず盛りがいいです。具材に木耳が入っていますが、炒め物や餡かけに木耳が入っていた場合は注意が必要です。調子に乗って口に入れたらアッチアッチで火傷注意です。この鍋からザッとお皿に移してすぐに提供された感は中華の醍醐味で、このお店は盛りがいいお店としては珍しくそんな醍醐味を味わう事が出来ます。お腹いっぱいでお店を後にしました。
(2016-11-10)

金龍園豚肉スライスと木耳の野菜炒めランチ

金龍園豚肉スライスと木耳の野菜炒め

油淋鶏ランチ(750円)、ボリュームのあるランチを提供しているお店との認識が有るこのお店で、ユーリンチーをどの様にボリュームを出して提供するのか興味があり入ってみました。ライス、ピリ辛薄切りザーサイ、とろみ付人参入り玉子スープ、寒天感系は弱い杏仁豆腐のみのシンプルなデザート付でライスのおかわりは自由となっています。さて注目のユーリンチーですが千切りキャベツの上に幅広の薄い鶏肉を載せてバジルを振ってあります。ボリュームの点では今一つですが、揚げ衣がサクサクでユーリンチーソースをうまく拾っています。ユーリンチーとしては、ちょっと珍しい食感で美味しいです。このお店としてはボリュームの点では不満が残りましたが、全体的には満足感はあるランチでした。
(2019-01-18)

金龍園油淋鶏ランチ

金龍園油淋鶏



磯子区 | 17:54:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華天一景・本牧
本牧 中華天一景、カウンター8席位、4人掛けテーブル2卓のお店。お水はセルフでどうぞ。最近お水はセルフが多いけれど、街角中華では「いらっしゃい」とか言いながらお水を出してくれるのが好きなんですけれどね。ファミレスみたいで味気ない。ランチの時間(11:30~13:00 夕方は17:00より)が短いので遅いお昼には向いていません。
(2012-06-29)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧町2-287
定休日: 基本火曜ですが、店内にその月の休み日掲示有

中華天一景店構え

サンマーメン(旧550円、600円)、こちらのお店はタンメンで有名店です。注文はタンメンばかりですが、ここは曲げずにサンマーメンを注文しました。サンマーメンは、餡が薄い事や豚肉が入っていない事が影響しているのかもしれませんが、サンマーメンと言うよりは、もやしそばに近い様に思えました。タンメン食べれば良かったかな。
(2012-06-29)

中華天一景サンマーメン

肉そば(700円)、タンメンでも食べよっかなと入ったのですが、壁のメニュー板に肉そばを見つけてしまいました。このお店のイメージと肉そばは結びつかないよなと思ったら冒険したくなりました。そう、注文は肉そばに急遽変更です。壁のメニュー板には小さく括弧書きで(ピーマンと竹の子の細切り)と書かれているのですが近くに行かないと読めません。そんなことも知らずに肉そばが登場しました。第一印象はありゃあ~です。具材は細切りピーマン、細切り筍、豚肉で醤油ベースの餡が掛かっています。完全にイメージと違います。会計時に小さなカッコ書きの文字を読んだら、そのままじゃないか、注文する前に無理してでも括弧書き読むべきでした。
(2014-10-02)

中華天一景肉そば

タンメン(650円)、本牧でタンメンと言えば名前があがるお店です。シャキシャキした野菜に平打ちの太麺とスープのバランスが良くなかなか美味しいです。餡かけ系統では残念な思いをしましたが、やはりこのお店ではタンメン一択だと思います。
(2015-03-16)

中華天一景タンメン

ラーメン(500円)、タンメンが有名なお店ですがラーメンはどんなものかと食べてみました。普通に美味しいラーメンで、取り立てて印象に残るものもありません。中華屋さんのラーメンには期待するものがあるのですが、その点においては期待外れでした。
(2016-07-21)

中華天一景ラーメン

チャーメン(600円)、昼の営業時間が11時半から12時45分と相変わらず短く夜は17時から21時となっています。短い昼営業にもかかわらずお客が入っているのはリーズナブルな価格設定と本牧でタンメンと云えばみたいな所でしょうか。メニュー数が少ないこのお店ではタンメン一択だと思うのですが、止めておけばいいのに違うメニューの掘り起こししてます。さてチャーメンですが、太麺のもやし焼きそば風のなかなか良さげなルックスです。ニンニクを感じる事は無いのですが美味しいと素直に思ったら・・・麺がいけません。グダグダのやわやわで唇でカットできるほどで介護食かと思いました。麺が普通の硬さなら美味しいチャーメンだと思うだけに残念です。
(2019-01-17)

中華天一景チャーメン


大きな地図で見る

中区・本牧周辺 | 17:50:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華料理 赤尾飯店・元住吉駅
東急元住吉駅近く 中華料理 赤尾飯店、どちらかと言えば横長のお店で右側縦にオープン厨房、厨房を囲むようにⅬ字型のカウンターが一般的ですがこちらはLの横棒部分にしかカウンター席はなく4席分が確保されています。縦棒部分はカウンターより下は棚になっていて漫画本が収納されています。左側は4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル2卓が置かれていますが、壁を背にする席はベンチシート式でガムテープ補修がされていますので年季が入っています。ご夫婦で切り盛りされているようです。
(2014-12-02)
場所: 神奈川県川崎市中原区木月2-18-1
定休日: 月曜

中華料理 赤尾飯店店構え

サンマーメン(700円)、もやし・木耳・人参・ニラで構成されており、醤油ベースの餡が掛かっています。スープは薄口ですが旨みもあり飲めるスープです。餡には特徴的な味付けはされていませんのでこのスープならラーメンを食べた方が良いように思えます。具材の量が多いとはいえ肉もキャベツも入っていませんので、もやしそばに近い形態ですのでちょっと高いかな。
(2014-12-02)

中華料理 赤尾飯店サンマーメン

ラーメン(550円)、トッピングは、メンマ、青菜、チャーシュー、ノリで小口切りの長葱を少量散らしてあります。中華屋さんのラーメンでもないし中華料理屋さんのラーメンでもなくその中間の様なラーメンです。CPも味も普通としか言いようのないラーメンです。
(2019-01-16)

中華料理 赤尾飯店ラーメン

焼売(350円)、提供までに時間が掛かりましたので、もしかしたら蒸かしてるのかと期待してしまいましたが、出てきたら電子レンジ加熱でした。中型の横に広いシューマイで箸の通りの具合で肉シューマイかとも思ったのですが、肉は少なくみじん切りの玉葱等の集合体の様で正体が良く分かりません。
(2019-01-16)

中華料理 赤尾飯店焼売



中原区 | 17:34:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
中国料理 武夷菜館・関内駅
関内駅近辺 中国料理 武夷菜館、縦長のお店で2階もあるようですが1階の左側は小部屋として仕切られており、4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル3卓の中華料理屋さんで、クローズされた厨房は奥にあります。表示価格は税抜きですので、会計時に税金がプラスされます。
(2015-12-02)
場所: 神奈川県横浜市中区扇町3-8-1
定休日: 無休

武夷菜館店構え

ランチ(740円+税)、ランチとしては、今週のランチとして印刷された5種類と黒板に書かれたサービスランチ1種類で価格はまちまちです。ライス、スープ、漬物、デザート付でライスとスープはお替り自由です。今週のランチから「茄子の中華味噌炒め」を選択しました。漬物はメンマでスープは卵スープに賽の目切りの豆腐などが入ったものですがとろみがきつく味がしません。デザートは牛乳寒天の様な杏仁豆腐です。茄子の中華味噌炒めは茄子、鶏肉、筍、玉葱、人参、ピーマンを味噌炒めにしたものですが、鶏肉の塩気が強すぎます。選択が悪かったのでしょうか、残念なランチでした。
(2015-12-02)

武夷菜館茄子の中華味噌炒めランチ

武夷菜館茄子の中華味噌炒め

若鶏の唐揚げランチ(700円+税、756円)、今週のランチとして5種類提供されていますが印刷されており固定の様です。価格は756円から875円とまちまちですが、いつもの様に一番安い若鳥の唐揚げランチにしてみました。ライス、トロミの無いワカメ入り玉子スープ、胡瓜と大根の漬物、クリーミー系の杏仁豆腐のみのシンプルなデザート付でライスとスープはお替り自由となっています。若鶏の唐揚げですが、中華料理屋さんで若鳥の唐揚げと云えば油淋鶏寄りの料理が多いのですが、日本で云うところの唐揚げが提供されています。中型の唐揚げが6個にキャベツの千切りが添えられています。ソースはユーリンチーソースで、唐揚げの味付け揚げ衣とうまくマッチングしています。なかなか満足感のあるランチなのですが、なんか中華食べた気がしません。固定観念にとらわれ過ぎかな。
(2019-01-15)

中国料理 武夷菜館若鶏の唐揚げランチ

中国料理 武夷菜館若鶏の唐揚げ



中区・関外 | 17:43:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
新生楼・蒔田駅
京急井土ヶ谷駅と市営地下鉄蒔田駅の中間位 新生楼、縦長のお店で奥が厨房ですが、料理の出し口とドア部分が開いているだけで良く見えません。手前の客席スペースにカウンター席はなく、4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル2卓が比較的ゆったりと配置されています。年季の入ったお店で、床が5㎝角位のタイル敷きが珍しいです。家族経営のようで、中華料理屋さんかなと思ったのですが、中華屋さんのようです。
(2013-11-27)
場所: 神奈川県横浜市南区井土ケ谷中町7
定休日: 月曜

新生楼店構え

サンマーメン(旧600円、620円)、もやし、白菜、豚肉、ピーマン、椎茸、筍、人参、木耳で構成されており、塩ベースの餡が掛かっています。麺は中細のストレート麺で、スープは醤油味が強く、餡と混ぜると塩辛いわけではありませんが、少し塩気が勝つかなという感じです。この内容で600円は安いです。道理でガテン系のお兄さんがいっぱいの訳です。豚肉に存在感があり、個人的にはうれしい白菜を使用に、満足の一杯でした。
(2013-11-27)

新生楼サンマーメン

肉そば(780円)、五目そばは塩味で餡はかかっていないとの事でしたので、醤油味の餡かけと言う事で肉そばにしてみました。肉そばに抱いているイメージと違いあっさりしたルックスですが、具材は白菜、ピーマン、人参、木耳、キャベツ、豚肉で塩ベースの餡が掛かっています。麺は中細のストレイト麺で、スープは何が突出するわけではなくバランスの良さが印象に残るものです。ただこれならサンマーメンの方が好みです。
(2014-12-16)

新生楼肉そば

ラーメン(520円)、トッピングはメンマ、チャーシュー、ナルトで小口切りの長葱を散らしてあります。麺が通常の中華屋さんの中細縮れ麺ではなくストレート麺で盛り付けにも気を配っているようです。なぜナルトがチャーシューの上に鎮座しているのかは不明です。このラーメン多分美味しいだろうと思いながらスープを一口、しみじみ系でもなく昔ながらでもないのですが、すごくバランスのいい動物系のスープです。ポット出に出来るスープではありません。止めよう止めようと思いながらスープ飲み干してしまいました。
(2017-10-27)

新生楼ラーメン

タンメン(620円)、キャベツ、白菜、ニラ、人参、もやし、木耳、椎茸と具材が豊富で、豚肉もそこそこ量が入っているのが珍しい。麺はお約束の平打ち太麺で、スープにニンニクは入っておらず、シンプルでストレイトな感じのタンメンスープです。いやあ、このタンメン美味しいです。思いがけず美味しい料理に当たると一日良い事ありそうな気がします。
(2019-01-11)

新生楼タンメン


大きな地図で見る

南区 | 17:25:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
龍鳳・伊勢佐木長者町駅
伊勢佐木モールの中程 龍鳳、2階にあるお店で階段を昇って行くとドアがあり横長の落ち着いた店内広がっています。左側に厨房があり、6人用丸テーブル2卓、4人用丸テーブル2卓、4人掛けテーブル1卓、2人掛けテーブル2卓が置かれており、一段高くなっている道路側に4人掛けテーブル4卓が縦に並んでいます。電球による照明や壁に組み込まれたサイドボードが良い味を醸し出しており、古き良き中華料理屋さんの風情です。メニューは少し高めですが、この風情が好きな人は必ず存在するだろうなと思える店内です。表示価格は税抜きですので、会計時に税金がプラスされます。
(2015-11-30)
場所: 神奈川県横浜市中区長者町7-112 伊勢佐木センタービル
定休日: 基本水曜

龍鳳店構え

サンマーメン(700円+税)、具材はもやし、白菜、人参、木耳、玉葱、青梗菜、細切り豚肉で塩ベースの餡が掛かっています。野菜の量も多くスープも味わいのある美味しいスープですが、サンマーメンと言うよりは野菜あんかけラーメンです。
(2015-11-30)

龍鳳サンマーメン

タイムサービスの貼り紙と頼んだ杏仁豆腐です。
(2015-11-30)

龍鳳タイムサービス貼り紙

龍鳳タイムサービス杏仁豆腐

桂春メン(750円+税、810円)
ランチに「桂春メン」(ケイシュンメン)が出ていたので入ってみました。
龍鳳特製
豚ひき肉、細かく切ったザーサイ、筍、しいたけを玉子でとじた「トロミ湯メン」
メニューにこの様な説明書きがあり、実物を見た後ではその通りと思えるのですが、料理の説明は難しいですね。
緩い醤油ベースの餡が全面を覆うパターンでスープと渾然一体になっています。少し強めの味付けで豚まんみたいな具材メンバーが結構な量入っていて穴あきの蓮華が欲しくなりました。兎に角熱々でこの時期うれしい麺料理です。
食後にコーヒーか杏仁豆腐がついているとのことでしたので、杏仁豆腐を選択しました。
(2018-01-30)

龍鳳桂春メン

麻婆豆腐ランチ(750円+税、810円)、集合写真にはありませんが、食後にアイスコーヒーか杏仁豆腐を選択できますので、杏仁豆腐を選択しました。ライス、ネギと玉子のスープ、キュウリの酢のものと漬物付きで、ライスはお替り出来ます。麻婆豆腐ですが、明らかに四川の麻婆豆腐とは姿を異にしています。緩いトロミの餡に豆腐が浸かっているようで、スープ麻婆豆腐と言ってもよさそうです。味わってみれば、甘みがまず口の中に広がり、間髪を入れず辛味が襲来します。豆板醤の唐辛子の先鋭的な辛さは一過性ではなく沁み込むような辛さがあります。筍やザーサイがスープの底に隠れており、すごく個性的な麻婆豆腐だと思います。
(2018-08-30)

龍鳳麻婆豆腐ランチ

龍鳳麻婆豆腐

酢豚ランチ(800円+税、864円)、ライス、薄切りザーサイ、沢庵、だし巻き玉子、青菜の漬物、ワカメ入り中華スープ付きで、ランチサービスでアイスコーヒーか杏仁豆腐が選べるので杏仁豆腐にしましたが、後から出てきましたので集合写真にはありません。酢豚はどことなく懐かしい感じです。多分直方体の豚肉とその揚げ方によるものと思われます。しかし、864円のランチとしてはお皿が寂しすぎです。良くも悪くも昔ながらなんだよなと思いながらも、一工夫あっても良いのではないかとの思いが有ります。
(2019-01-10)

龍鳳酢豚ランチ

龍鳳酢豚



中区・関外 | 17:44:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
奇珍楼・本牧
元町山手トンネル先、奇珍。古くからのお店で小ぶりな4人掛けテーブル席が8席で、奥に円卓のある部屋がある。サンマーメン(700円)は、もやしメインで細切りナルトといかが珍しい。他はピーマン、玉葱、筍、人参、豚肉は少量。細麺と甘い味が印象に残る。昔中華によく有った味でひとつ間違えると味が破綻するが、ここのはバランスが良い。価格は全体的に高めだが、今では個性的な味と言えるかもしれない。メニューにシューマイはあっても餃子が無いお店。2011年2月から3代目の弟さんが4代目となり、自家製麺では無く外注にしたようです。
表示価格は税抜きなので支払い時に消費税がプラスされます。

店名は「奇珍」か「奇珍樓」か
本牧小港町(現在の山手警察署近辺)にて1918(大正7)年創業、1942(昭和17)年、戦時統制のため現在の場所に移転されたそうです。正式名称は「奇珍樓」だそうですが、「奇珍」と呼ぶお客さんが多く、通称として定着しているので看板も「奇珍」としているとの事でした。まあどちらでもいいみたいです。
(2012-02-14)
場所: 神奈川県横浜市中区麦田町2-44
定休日: 木曜・木曜が祭日の場合は前か後が休み

奇珍店構え

サンマーメン(旧700円、700円+税)、このサンマーメンの特徴は、細麺、甘い醤油味スープ、ナルト、いかですね。たまに食べたくなるサンマーメンです。まさにここでしか食べる事が出来ないサンマーメンですが、甘い醤油味スープは好き嫌いが分かれる所でしょうか。自分的にはすごく好きです。
(2012-09-05)

奇珍サンマーメン

シューマイ(450円)、昔懐かしい小振りのシューマイでなかなか美味しい。手近に満足のいくシューマイはあまり無かった昔はともかく、最近は美味しいシューマイが簡単に手に入る時代です。そんな時代の人達がこのシューマイを食べて特別美味しいと思うだろうか。ちょっと疑問に感じた。でも私は昔懐かしい部類なので見た目は今ひとつですが、十分美味しかったです。
(2012-09-05)

奇珍シューマイ

バンメン(800円)、底が浅い丼で登場しました。具材は海老、イカ、木耳、人参、白菜、なると、豚肉、チャーシューで塩ベースの餡が掛かっています。スープには甘味があり、麺は細麺です。ぷりぷり海老に柔らかいイカと具材も楽しむことが出来ます。
(2014-03-28)

奇珍楼バンメン

竹ノ子ソバ(700円+税)、久しぶりの竹ノ子ソバです。記憶があまりないのですが以前からメニュー価格+税でしたか?今日はピッタリ出したら足りないと言われて焦りました。竹ノ子ソバは安定の一杯で、太いのに柔らかい竹ノ子(メンマ)が9本ほど入っていました。少し甘みの付いたスープに極細麺の取り合わせ、甘みに胡椒が利いている竹ノ子(メンマ)と小口切りの長葱がトッピングされています。この少し甘みの付いたスープに極細麺の取り合わせは時々食べたくなるんですね。
(2015-02-16)

奇珍楼竹ノ子ソバ

五目ソバ(900円+税)、バンメンは塩ベースの餡が掛かっていましたので五目そばは餡無しだろうと推測して注文してみました。丼を見ると予想通り餡は掛かっていませんがスープが塩系統です。麺はいつもの極細麺で具材は、海老、豚肉、チャーシュー、なると、蒲鉾、白菜、筍、人参、木耳、ゆで卵半分で豚肉、白菜、筍、木耳は大振りにザックリとカットされていますが、チャーシューは小振りなのが残念です。スープはなかなか美味しいのですが極細麺とあっていません。これならば、バンメン食べた方がよさそうです。
(2015-08-07)

奇珍五目ソバ

ラーメン(500円+税)、このお店にしては安い500円のラーメンはどんなだったろうかと記憶をたどっても思い出せません。ならば再トライです。と折角意気込んだのですが出てきた丼は、サイズの小さな竹の子ソバでガックリ!おまけに長葱の質がよろしくなくダブルでガッカリです。
(2016-07-06)

奇珍楼ラーメン

奇珍楼も創立100周年かあ。
(2017-06-21)

奇珍楼100年挨拶

海老ソバ(900円+税、972円)、創立100周年記念で海老ソバを食べました。具材はプリプリ海老5尾、白菜、人参、キャベツ、筍、木耳、絹さやで甘みの付いた餡が掛かっているようですが、スープが多く判別が難しいです。甘みの付いた醤油スープと極細麺はこのお店のお約束です。全体的に価格高めのお店でCPは低いのですが、昔ながらの料理を楽しむ事が出来ます。
(2017-06-21)

奇珍楼海老ソバ

中華丼(850円+税、918円)、ザーサイ、中華スープ付きです。このお店の価格は全般的に高い傾向なのですが、価格相応の使用食材に納得感がありました。それがどうも最近食材の質が落ちているように感じます。今日の中華丼ではイカはこのお店らしい質の高さを感じましたが、エビ、人参、木耳、ナルト、絹さや、豚肉、筍、キャベツは至って普通です。特に白菜ではなくキャベツを使用している点とエビが小型でプリッとしていない点はその想いを強くしているようです。老舗頑張ってほしいです。
(2018-06-13)

奇珍楼中華丼

奇珍楼スープとザーサイ

ネギソバ(880円+税、950円)、定番以外のメニューにチャレンジしてますが、結果は思わしくなくいつもうなだれてお店を後にしてます。しかし、分かっちゃいるけどやめられないと云う事で懲りもせずネギソバにチャレンジです。、丼を見た瞬間にやめとけばよかった感満載です。麺はお約束の極細麺でここまでは良いのですが、ネギの量と質に納得感は無く、細切りチャーシューも少な目です。またご丁寧に黒胡椒を振ってあります。黒胡椒が強くスープも訳分かんなくなってます。価格は高くても見合う満足感があれば良いのですが、この丼で950円かあ!
(2019-01-09)

奇珍楼ネギソバ


大きな地図で見る

中区・本牧周辺 | 17:51:27 | トラックバック(0) | コメント(4)
若松家・伊勢佐木長者町駅
市営地下鉄伊勢佐木長者町駅近辺 若松家、入り口が2か所ありますが暖簾が出ている出入り口から見ると縦長のお店で左側縦にオープン厨房、厨房を囲むように左右逆Ⅼ字型にカウンター10席のみのお店で老夫婦で切り盛りされています。店名は若松家ですがラーメン屋さんではなく中華屋さんです。料理の盛りがいいのでタクシーやトラックの運転手でにぎわっています。メニューにサンマー丼もありました。
(2015-09-30)
場所: 神奈川県横浜市南区万世町1-15
定休日: 日曜

若松家店構え

サンマーメン(700円)、具材は、もやし、玉葱、ニラ、人参、細切りナルト、豚肉で醤油ベースの餡が掛かっています。麺の量は通常より少し多い位ですが具材の量が多くCPは高いです。ただ、丼姿はあまりサンマーメンらしくありません。何故だろうかと考えるに、広口の丼の色使いが中華の丼らしくない、キャベツや白菜が入っておらず玉葱を代替えとして使用している、通常のサンマーメンでは添え物位の豚肉ですがこの丼は十分メインを張っている等なのかなと言った所です。スープも押し出しの強いスープでサンマーメンのどこか優しげな感が無いのも残念ですが、一度サンマーメンを外して考えれば十分美味しい麺料理には違いありません。
(2015-09-30)

若松家サンマーメン

ラーメン(520円)、トッピングはナルト、メンマ、チャーシューで量多めの小口切りの長葱を寄せて盛ってあります。若松家にしては麺の量がそんなに多くないと思いますが、脂分が多いとはいえ肉厚のチャーシューが2枚入っていてこの価格なら十分CPは高いです。
(2019-01-08)

若松家ラーメン



南区 | 17:23:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
興源・本牧
本牧 興源、本牧中華の中であまり名前を聞かないお店です。縦長のお店で入ると右側奥が厨房になっており中華料理屋さんらしくオープン厨房ではありません。右側手前に壁に向かってカウンター席が5席位あるのは中華料理屋さんとしては変わっています。左側は4人掛けテーブル4卓のお店ですが、あまり古さを感じさせないつくりです。
(2013-09-12)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧町1-35
定休日: 原則木曜
サンマーメン
五目そば
鶏肉の唐辛子炒め
鶏肉の黒豆ソース炒め
ニラとレバー炒め
揚げ鶏肉の甘酢かけ
白身魚の唐揚げ甘酢かけ
豚肉とキャベツの辛子味噌炒め
エビとトーフ煮
麻婆豆腐
酢豚
イカと野菜の唐辛子炒め

興源店構え

サンマーメン(735円)、もやし、キャベツ、人参、木耳、筍ニラで構成されており、肉は入っていません。多分スープも少量入っているのだと思いますが、ほとんどが厚めの餡に覆われた丼はルックスからしてサンマーメンとは違います。餡の味付けは弱い甘味と酸味がなかなかいいバランスですが胡椒多すぎです。この餡に合うのはご飯かな?・・もしかしたらパスタが合うかもしれません。B級グルメでどうでしょうか。
(2013-09-12)

興源サンマーメン

五目そば(735円)、具材は海老、イカ、木耳、筍、豚肉、キャベツ、人参、うずらで醤油ベースの餡が掛かっています。緑色がキャベツの大振りカットだけで人参が隠れてしまっていますのでなんだか寂しげな丼姿です。サンマーメンよりは満足感がありましたが、うずらも埋もれてしまっている等もう少し見せ方を工夫したらよいのにと思う。
(2014-08-18)

興源五目そば

鶏肉の唐辛子炒めランチ(750円)、5種類のランチから.「鶏肉の唐辛子炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。鶏肉の唐辛子炒めは鶏肉のカットが小さく見た目のボリューム感が足りないようですが価格を考えると妥当な線かもしれません。内容は鶏肉、人参、胡瓜、ヤングコーン、筍で唐辛子と共に薄く餡かけになっています。鶏肉の味付けが濃く唐辛子より先に感じる状態で、ご飯に合わせるならこれでも良いのかなと思うのですが、ランチを目当てに行くほどの吸引力は無いように思います。
(2015-07-08)

興源鶏肉の唐辛子炒めランチ

興源鶏肉の唐辛子炒め

鶏肉の黒豆ソース炒めランチ(750円)、5種類のランチから.「鶏肉の黒豆ソース炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。鶏肉の黒豆ソース炒めは鶏肉、人参、玉葱、筍を唐辛子と共に黒豆ソースで炒めたものです。彩り的には地味ですがボリューム感はあります。味付けは濃い目ですが、ご飯に良く合います。
(2015-09-09)

興源鶏肉の黒豆ソース炒めランチ

興源鶏肉の黒豆ソース炒め

ニラとレバー炒めランチ(750円)、5種類のランチから.「ニラとレバー炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様です。ニラとレバー炒めは、一般的なニラレバとは違い、ニラの存在感が薄く餡かけが強いつゆだく状態です。ニラとレバー炒めと言うよりは、もやしとレバーの炒め餡かけですね。レバーの量も多く、普通に美味しく一定の満足感はあるのですが、何か印象に残るものが無いのです。
(2016-01-19)

興源ニラとレバー炒めランチ

興源ニラとレバー炒め

普通に美味しいけれど飛び抜けて美味しい訳でもないと言いながら食べに行くのはどうしてかと言うと、本牧周辺で週替わりでもランチを出しているお店が少ない事とメニュー名から料理を想像していると虚を突かれて「この手で来たかあ」が楽しいからです。今日もそんなランチでした。
揚げ鶏肉の甘酢かけランチ(750円)、5種類のランチから.「揚げ鶏肉の甘酢かけ」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。揚げ鶏肉の甘酢かけは、メニュー名から揚げ鶏肉と言えばユーリンチのような形態を想像したのですが、出てきた料理は簡易酢豚の鶏バージョンです。完全に想像を外しました。
(2016-04-01)

興源揚げ鶏肉の甘酢かけランチ

興源揚げ鶏肉の甘酢かけ

白身魚の唐揚げ甘酢かけランチ(750円)、5種類のランチから.「白身魚の唐揚げ甘酢かけ」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。白身魚の唐揚げ甘酢かけは、メニュー名から平たい物体を想像したのですが、出てきたのは俵型です。しかもこの風情は揚げ鶏肉の甘酢かけの魚バージョンではないか。こんなの想像できないよ。またやられてしまいました。
(2016-07-08)

興源白身魚の唐揚げ甘酢かけランチ

興源白身魚の唐揚げ甘酢かけ

豚肉とキャベツの辛子味噌炒めランチ(750円)、5種類のランチの1種類に「豚肉とキャベツの辛子味噌炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付ライスはお替り自由)が出ていました。通常なら回鍋肉を思い浮かべるのですが、いや待てよ、このお店は興源だぞと少し期待しながら入ってみました。
スープは中華スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。さて注目の豚肉とキャベツの辛子味噌炒めは、何の事は無い回鍋肉のルックスでなんかガッカリです。おまけにキャベツたっぷり豚肉は何処状態で2度ガッカリです。どうもこのお店の鶏肉を使った料理以外はハズレが多いように思います。
(2016-10-18)

興源豚肉とキャベツの辛子味噌炒めランチ

興源豚肉とキャベツの辛子味噌炒め

エビとトーフ煮ランチ(750円)、このお店のランチはだいたい食べたよなと思いながらも店外のホワイトボードを見てしまいます。5種類のランチの中に「エビとトーフ煮」が出ており、珍しいなと思いながらもどうせ小海老がちらほらじゃないのとも思う。それじゃあどうするかと言えば確認です。と言う訳で入ってしまいました。ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付でライスはお替り自由です。スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。エビとトーフ煮は予想に反して中型のプリプリ海老が4尾も入っており、木耳、筍、人参、豆腐の塩ベーススープ煮となっています。塩加減も良いですし、リピートしたい位単純に美味しいです。こんな事があるので、店外のホワイトボードを見てしまいます。
(2017-01-30)

興源エビとトーフ煮ランチ

興源エビとトーフ煮

麻婆豆腐ランチ(750円)、今週のランチに「麻婆豆腐」が出ていました。どんな麻婆豆腐が出て来るのか興味がありましたので入ってみました。ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付でライスはお替り自由です。スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。麻婆豆腐は、四川と名乗るものと違い辛味やスパイスを追求したものではなく、どちらかといえば日本の麻婆豆腐風です。味わい追求型とでも表現した方がよさそうです。兎に角豆腐が熱々でハフハフしながら、こんな味わい麻婆豆腐もありだなと思う。
(2017-09-20)

興源麻婆豆腐ランチ

興源麻婆豆腐

酢豚ランチ(750円)、以前食べた揚げ鶏肉の甘酢かけ、酢豚の鶏肉バージョンではなく酢豚が出ていたので入ってみました。ライス。薄切りがうれしいピリ辛ザーサイ、とろみ付玉子スープ、フルーツ入りの杏仁豆腐付で、ライスはお替り自由です。「酢豚」と「揚げ鶏肉の甘酢かけ」の違いは肉なのですが、酢豚は大振りカットの玉葱や人参が目立っており、揚げ鶏肉の甘酢かけは鶏肉が目立っています。これは仕方ないところですが、酢豚でも豚肉が少ないという事も無く、ボリューム感を損なう事ない様に提供されています。甘酢餡も安定的な出来で、店主の調理経験を物語っているようです。
(2018-05-18)

興源酢豚ランチ

興源酢豚

イカと野菜の唐辛子炒めランチ(750円)、今まで見たことが無いランチが出ていたので入ってみました。ライス、薄切りザーサイ、とろみ付の玉子スープ、寒天感系のフルーツ入り杏仁豆腐付でライスはお替り自由となっています。イカと野菜の唐辛子炒めは、イカ、白菜、人参、筍、木耳、輪切り唐辛子を醤油ベースの薄い餡かけで炒めたものです。唐辛子の辛みが醤油ベースのソースにうまく溶けだしたように辛味が馴染んでいてなかなか美味しいです。唐辛子炒めで唐辛子自体が辛いのは当たり前ですが、これだけうまく辛味が溶け出しているような唐辛子炒めは珍しいです。ソースが緩いのも一因かな。
(2019-01-07)

イカと野菜の唐辛子炒めランチ

イカと野菜の唐辛子炒め


大きな地図で見る

中区・本牧周辺 | 17:59:55 | トラックバック(0) | コメント(4)