FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

一文無・浅間町
最寄り駅は相鉄線平沼橋駅と思いますが徒歩圏内ではありません 一文無 (イチモンナシ)、縦長のお店で入ると左側に縦にオープン厨房、厨房を囲むようにL字型カウンター席15席位、カウンター席のすぐ後ろは一面マンガ本で埋められた棚になっています。棚の中央に出入り口が開いていますので右側奥にテーブル席があるようです。ラーメン屋さんでもなく中華屋さんでも無い、なんか不思議なお店ですが、昼時を外してもお客さんが入ってくる所をみると人気店には間違えは無いようです。
(2013-09-04)
場所: 神奈川県横浜市西区浅間町2-98-5
定休日: 木曜・水曜木曜と連休の場合有り

一文無店構え

野菜そば(680円)、昼時を外してしまい場所も場所なので、今日は一文無の支邦そばで行くかと言う事で久しぶりに入ってみました。何の気なしに「サンマーメンは無いよね」と聞いてみたところ野菜そばがサンマーメンですとの答えですので、支邦そばをあきらめて野菜そばにしてみました。もやし、キャベツ、木耳、人参、にら、玉葱で構成されており豚肉は入っていません。油分が強いのですが脂っこいと言うわけではありません。塩ベースの餡にはごま油がきいており少量のにんにくも入っているようです。全体の印象としてはサンマーメンと言うよりは、やはり野菜そばです。
(2013-09-04)

一文無野菜そば

久しぶりに寄ってみたら店構えが替わっていて、なんか日本料理屋さんみたいです。店内も変わっていて、縦長のお店で入ると左側に縦にオープン厨房、厨房を囲むようにL字型カウンター席10席位、カウンター席のすぐ後ろが一面マンガ本で埋められた棚になっていたのが一部分を除いて取り払われていますのでテーブル席が見渡せるようになっています。テーブル席は4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル8卓となっています。
(2018-01-29)

一文無新店構え

支那ソバ (600円)、トッピングはトロトロチャーシュー、メンマ、ナルトで小口切りの長葱をさらに刻んで中央にまとめてトッピングしてあります。麺は中細でも細い部類のストレイト麺です。スープは、支那ソバという言葉の響きから想像されるスープとは違い、現代的な若者が好みそうなスープです。なんとなく味わい深いではなく、少し強めの味付けでハッキリとした味のスープです。イメージ的にラーメンでもないし、特製中華そばですかね。
(2018-01-29)

一文無支那ソバ



西区・横浜駅以外 | 17:22:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
慶和楼・鶴見駅
鶴見駅近辺 慶和楼、横長のお店で右側にほぼクローズされた厨房があり、左側の客席スペースに2人掛けテーブル4卓、4人掛けテーブル1卓、6人掛け丸テーブル1卓の小さな中華料理屋さんですが、次から次へとお客さんが入ってくる人気店の様です。
(2015-05-21)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町21-7 第2野木ビル
定休日: 第2・第4火曜

慶和楼店構え

サンマーメン(770円)、ほとんどがもやしで人参、青梗菜、細切り豚肉が入っていて醤油ベースの餡が掛かっています。見た感じも食べた感じももやしそばです。スープは薄口で具材の量も多いとは思いましたが、サンマーメンでは人気店の理由が分かりませんでした。ランチタイムには杏仁豆腐が付いてきます。
(2015-05-21)

慶和楼サンマーメン

麻婆豆腐ランチ(670円)、ドアや看板に広東房慶和楼と表示しています。広東料理のお店で出す麻婆豆腐には興味があり、ランチメニューに麻婆豆腐を発見して入ってみました。ライス、スープ、お新香、デザート付です。スープはとろみ付の玉子スープでしたが、少し遅れて出て来ましたので集合写真にはありません。お新香は薄切りザーサイ、デザートは自家製の杏仁豆腐です。さて注目の麻婆豆腐ですが、辛味やスパイス感は弱く、やはり四川麻婆豆腐とは違います。ならばソースの味わいを感じるかと言えばそうでも無し。なんかどっちつかずの印象です。厨房からは調理のいい音がするのですが、この音に見合った料理を食べたいな。
(2018-01-24)

慶和楼麻婆豆腐ランチ

慶和楼麻婆豆腐



鶴見区 | 17:24:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
萬品香(閉店)・鶴見駅
鶴見駅近く 萬品香、縦長のお店で左側に8人用丸テーブル2卓、右側に4人掛けテーブル3卓の中華料理屋さんです。厨房は奥にありますが垣間見る所では席数の割には厨房の占める面積が大きいように思えました。
(2015-11-16)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町17-5
定休日: 無休

萬品香店構え

サンマーメン(720円)、醤油ベースの餡に、ほぼもやしで埋め尽くされた丼の中にニラ、木耳、細切り豚肉が顔を出しています。やはり中華料理屋さんのサンマーメンだなと思いながらスープを一口行ってみましたが、これがなかなかサンマーメンらしい微妙に甘み付けされたスープでちょっと意外でした。もやしを減らしてキャベツか白菜を入れて、豚肉を薄切りにすれば思うようなサンマーメンの出来上がりです。
(2015-11-16)

萬品香サンマーメン

テナント募集が出ていましたので閉店です。
(2018-01-24)

萬品香閉店



鶴見区 | 17:22:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
杜記 海鮮火鍋菜館・伊勢佐木長者町駅
伊勢佐木長者町駅近く伊勢佐木モール、杜記 海鮮火鍋菜館、奥行きが深い縦長の細長いお店で、厨房は奥にあり左側に4人掛けテーブル2卓、6人用丸テーブル2卓、右側に6人掛けテーブル1卓、4人掛けテーブル5卓の中華料理屋さんです。むき出しの配管が這う打ちっぱなしの天井は、エアコンともども黒色で塗装されており、赤い長提灯が8基ほどぶら下がっています。外光は入り口しかないので店内は暗めですが、長提灯の他にも電灯があり暗いと言う程ではありません。お客さんの中国人比率の高いお店です。
(2018-01-19)
場所: 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
定休日: 月曜

杜記 海鮮火鍋菜館店構え

キクラゲと豚肉四川炒め定食(700円)、ランチ時間以外でも提供されている定食が12種類あり1種類を除いて同価格で麺定食は3種類あります。刀削麺が売りなのですが、気分的にご飯が食べたかったので、「キクラゲと豚肉四川炒め定食」にしてみました。ライス、スープ、御新香、デザート付でライスはお替り自由となっています。スープは豆腐、ワカメ入りのとろみの付いた玉子スープでお新香はキャベツのピリ辛和え、デザートは舌触りの柔らかい自家製の杏仁豆腐です。キクラゲと豚肉四川炒めは、木耳、豚肉、にんにくの芽、人参ですが、見た目ほど辛くはありません。辛いことは辛いですが、どうしようもなく辛い程ではありません。次は刀削麺食べてみようかな。
(2018-01-19)

杜記 海鮮火鍋菜館キクラゲと豚肉四川炒め定食

杜記 海鮮火鍋菜館キクラゲと豚肉四川炒め



中区・関外 | 18:36:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
餃子舗 北京・鶴見駅
京急鶴見駅近辺 餃子舗 北京でサンマーメン(750円)大盛用の丼に麺も具も多く、もやしがメインと言うわけではない。椎茸が結構入っているのが特徴で、椎茸が嫌いな人はNG。入ると一番奥にオープン厨房、厨房の前が客席で、厨房前にカウンター5席、4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル3卓のテーブル席がメインの明るいお店だが、価格は全体的に高めの設定。
(2011-12-21)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-27-9 横浜鶴見イクシア1F
定休日: 木曜

餃子舗 北京店構え

サンマーメン(750円)、大盛用の丼に麺も具も多く、もやし、キャベツ、肉と基本は押さえられているのでサンマーメンなのだけれどもサンマーメンらしくない。何を言ってるのか意味不明になりそうなのだけれど、要するにキャベツの比率が多すぎてもやしが目立っていない。スープも深みが無くただ薄いだけに感じ、餡がフォローすると言う事でもない。今日は椎茸はそんなに多くなかった。何か全体的に残念だな。
(2012-11-26)

餃子舗 北京サンマーメン

餃子(500円)、店名に餃子舗とつけるくらいだからここは餃子を食べないわけにはいかない。お皿に盛られたぽっこり膨れた餃子を見ていたらランチュウのお腹を思い出してしまい意気消沈。餡は食感としてはおからみたいで、このタイプは時々遭遇するがこれが餃子のスタンダードなら、餃子を食べて美味しいと思うことはなさそうです。とは言え1個70円位は安いです。餃子はわかりません。
(2012-11-26)

餃子舗 北京餃子

ラーメン(600円)、ラーメンでもと気軽に入ったのですが、ラーメンとしては高価な部類に入る600円にちょっと躊躇してしまいました。他のものはとメニューを見てみたのですが、どれも高めなので仕方なくラーメンにしました。トッピングは細切りメンマ、青菜、ナルト、チャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。高いなりの何かを期待したのですが、貧相なチャーシューにガッカリです。普通に美味しいラーメンで麺の量が少し多いかな位です。
(2018-01-17)

餃子舗 北京ラーメン


大きな地図で見る

鶴見区 | 17:12:33 | トラックバック(0) | コメント(4)
佐野金・上大岡駅
上大岡駅近く 佐野金、こてこての店構えで、36席位のテーブル席のみのお店です。ずっと昔に入ったことがあるのですが、メニューを見てびっくりです。サンマーメン800円もするのかあ~。昔は高いイメージは無かったのに、目がかすんでいるのかと思い何度も目をこすってしまった。
(2012-07-04)
場所: 神奈川県横浜市港南区上大岡西1-10-5
定休日: 日曜(2017年11月リニューアル時より従来無休より変更)

佐野金店構え

サンマーメン(800円)、野菜餡かけ系統のサンマーメンだが、肉が入っていない。入れ忘れちゃってなんて落ちは無いだろうな。800円の肉無しサンマーメンなんて信じられません。スープも魚貝系が強い醤油スープで別段特別な事も無く、普通の肉無しサンマーメンでした。結構このローCPのお店が混んでるのが不思議でならない。熱狂的な信者がいるのかな。
(2012-07-04)

佐野金サンマーメン

ラーメン(600円)、駅を降りた時から老舗のラーメンと決めていました。厨房近くの奥の2人掛けテーブルに陣取り、ラーメン定食もあるのかと思いながらもここは初志貫徹でラーメンを注文しました。おばちゃんが厨房へ「ヤナギ」と注文を通します。ラーメンはヤナギかあ、ならラーメン定食はヤナギ定食?いやいや言いにくいでしょう。これは多分ヤナテイで決まりだなと一人納得していて誰か注文しないかなと期待していましたが中々注文が入りません。そうこうしてるうちにラーメンが登場です。トッピングはノリ、メンマ、ナルト、チャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。案外老舗感のない普通に美味しいラーメンで拍子抜けですが、ホロホロチャーシューが一昔前の自家製チャーシューそのもので印象に残りました。と、ラーメン定食の注文が入り、おばちゃんが厨房に向かってきます。ヤナテイ、ヤナテイと心で呟いていたのですが、なんと「ラーメン定食」と注文を通します。なんだよ、ラーメンはヤナギじゃないのかよ。
(2017-01-31)

佐野金ラーメン

店舗を改装するようで、2017年9月28日から11月中旬まで仮店舗での営業となるようです。上大岡には佐野金が2件あり弘明寺側の総本店と屏風ヶ浦側にお店があります。仮店舗は屏風ヶ浦側にある佐野金なのですが、この案内には旧支店と書かれています。以前から佐野金と看板が出ていたお店は支店ではなかったのでしょうか。それとも、改装が終わって元に戻った時には屏風ヶ浦側にある佐野金は他のお店になるのでしょうか。
(2017-09-26)

佐野金店舗改装張り紙

リニューアル後でそろそろ落ち着いただろうと寄ってみました。店構えはどこが変わったのかと思う程変化はあまりありません。店内のテーブル配置も大きな変化はなさそうです。ただ左側の奥の2人掛けテーブル6卓分くらいが硝子で仕切られており排煙装置みたいなものもあり、喫煙席になっているようです。このスペースは硝子戸を閉める事が出来るのですが、テーブルがぎっちり配置で硝子戸閉められず意味ないじゃん状態です。塗装が剥げてきた木材を模した様なタイルと赤と黒の梁が印象的です。店内は新しいので綺麗ですが、劇的な変化はありません。ただ、運用に変化があったようです。まず、通し営業だったのが昼と夜の間に休憩時間が出来た。無休だったのが日曜定休日に変わった。税別表示となった等です。サンマーメンも741円+税で800円です。
(2018-01-16)

佐野金新店構え

五目あんかけラーメン(833円+税で900円)、同じ価格で五目ラーメンがありますので違いを聞いてみた所、五目ラーメンは餡無しで塩味だそうです。ならば、醤油味の餡有りで行ってみました。具材は、海老、イカ、ホタテ、豚肉、ピーマン、人参、玉葱、長葱、木耳、白菜、キャベツで大きな椎茸も入っています。餡の味は強いのですが甘みなどはなく広東麺ではなくやはり、五目あんかけラーメンと称するのが正解の様です。具材の種類も多いのですが、価格を考えれば当然と言えば当然です。
(2018-01-16)

佐野金五目あんかけラーメン


大きな地図で見る

港南区 | 17:16:40 | トラックバック(0) | コメント(12)
元祖十八番・黄金町駅
京急黄金町駅近辺 元祖十八番、縦長のお店で右側に4人掛けテーブル3卓、左側に8人掛けテーブル1卓で厨房は左奥に斜めにあります。厨房前にカウンター6席のお店です。ホール担当のおばちゃんはパートさんの様で中華屋さんではなく中華料理屋さんみたいです。チャーメン(700円)がメニューにありました。
(2014-03-17)
場所: 神奈川県横浜市中区若葉町3-41-2
定休日: 水曜

元祖十八番店構え

サンマーメン(550円)、もやしそば(650円)もメニューにありましたが、もやしそばの方が100円高いです。珍しい価格設定にどんなサンマーメンが出てくるやら期待と不安で丼の登場を待ちます。出てきた丼は餡とスープが渾然一体となったタイプで、ああ、このタイプかあとちょっとがっかりです。でもこのタイプの中では一番美味しかったな。
(2014-03-17)

元祖十八番サンマーメン

ラーメンでも食べようかと寄ってみたら、昼営業は止めてしまったようです。
(2018-01-15)

元祖十八番営業時間変更


大きな地図で見る

中区・関外 | 17:10:42 | トラックバック(0) | コメント(2)