■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

芳香園 関内店・関内駅
関内駅近辺 芳香園 関内店、縦長のお店で2階もあるようですが1階は奥に半クローズされた厨房があり、左側は2階への階段と4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル1卓で右側に4人掛けテーブル3卓の思ったより小さな中華料理屋さんです。
(2016-01-05)
場所: 神奈川県横浜市中区相生町2-32-2 正新ビル
定休日: 日曜
サンマーメン+半チャーハン
海老と玉子のチリソース
エビと玉子炒め

芳香園 関内店店構え

サンマーメン+半チャーハン日替わりランチ(650円)、他のお店でサンマーメンを食べるつもりでダラダラと歩いていたら、サンマーメン+半チャーハン+杏仁豆腐で650円の外看板を発見してしまいました。芳香園は他の支店でサンマーメンを食べており期待出来ないのは承知なのですが、安いと思ったら入店していました。サンマーメンはもやしが少なく、細切り豚肉、キャベツ、ニラ、刻んだ木耳に醤油ベースの餡が掛かっています。サンマーメンと言うよりは野菜餡かけラーメンです。半チャーハンは作り置きですが煽った直後の炒飯を食べてみたいと思わせるものです。出来合いですが杏仁豆腐も付いてこの価格ならCPは高いです。
(2016-01-05)

芳香園 関内店サンマーメンランチ

芳香園 関内店サンマーメン

ランチ(650円)、多店舗展開をしている芳香園、どのお店でも一定の満足感は提供していると思うのですが、関内店はランチ激戦区においてあまり目立った存在ではありません。ランチは一品料理3種類と麺1種類でその他に日替わりが650円で提供されています。ここは当然一番安い日替わりランチの「海老と玉子のチリソース」を選択しました。ライス、漬物、スープ、デザート付でライスはお替り自由です。漬物はザーサイでスープはワカメの入った中華スープ、デザートは杏仁豆腐です。海老と玉子のチリソースは少し甘みの付いた玉子に後からチリソースのピリ辛が重なってきます。中型のプリッとした海老が7尾位入っていてボリューム感はあるのですが、悪くはないが絶賛するほどでもない、まさに一定の満足感はあるよと言った感じです。
(2016-03-11)

芳香園 関内店海老と玉子のチリソースランチ

芳香園 関内店海老と玉子のチリソース

日替わりランチ(650円)、新横浜では一択だろうと思う芳香園ですが、関内では埋もれてる感は否めません。なんでだろうと考えるに日替わりランチのメニューがあまりにもありきたりで面白くありません。料理は悪くないのですがね。と言う事でよく見るメニューの「エビと玉子炒め」です。ライス、漬物、スープ、デザート付でライスはお替り自由です。漬物は薄切りザーサイでスープはとろみの付いた玉子スープ、デザートは杏仁豆腐です。エビと玉子炒めは、プリプリ海老とニラを玉子で炒めたオーソドックスな料理です。そこそこのボリューム感もあり、海老に紹興酒の香り付けがホンノリ残るあたり、なかなかやるなと思うのですが、やはりインパクトに欠けるきらいはあります。とは言えCPは高いと思います。
(2017-07-31)

芳香園 関内店エビと玉子炒めランチ

芳香園 関内店エビと玉子炒め



中区・関内 | 17:21:33 | トラックバック(0) | コメント(2)
玉家・本牧
本牧 玉家、古くからあるお店だと思います。中華屋さんではなく和食なども在りますので御食事処です。縦長のお店で2階もあるようですが、1階は入ると左側が4人掛けテーブル3卓、真ん中に2人掛けテーブル5卓、右側に6人掛け位の大きさの丸テーブルが2卓、奥が厨房となっていますが、厨房は見えません。
(2013-09-02)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧三之谷1-14
定休日: 水曜
サンマーメン
シューマイ
バンメン
五目そば
タンツーメン
サンマー丼と小ラーメン
もやし焼きそば
ねぎそば

本牧 玉家店構え

サンマーメン(800円)、もやし、白菜、玉葱、人参、木耳、豚肉で構成されています。スープは中華の端に麺つゆを感じさせる物で、微妙なバランスの上に成り立っており大変美味しく珍しいスープです。ちょっと高いですが個人的に白菜が入っているのもうれしく、満足感のある一杯でした。
(2013-09-02)

本牧 玉家サンマーメン

シューマイ(600円)、大きなシューマイで、高さは5㎝強、直径約4cm位あります。1個120円しますので当然かなとも思いますが、肉が詰まっておりお腹一杯です。
(2013-09-02)

本牧 玉家シューマイ

バンメン(900円)、メニューには、バンメン(五目ウマニソバ)とあります。五目ソバ(850円)が別メニューにありますがメニュー写真からすると具材に微妙な違いがあるようです。普通のラーメン丼で登場しました。具材は海老、イカ、木耳、人参、白菜、青梗菜、蒲鉾、豚肉、チャーシュー、うずらで薄く餡が掛かっています。スープは醤油味の強いものでお冷2杯コースでした。バンメンは五目ウマニソバなのか?また分からなくなりました。
(2014-04-07)

玉家バンメン

五目そば(850円)、具材は海老、蒲鉾、木耳、焼豚、豚肉、白菜、人参、ゆで卵半分、卵焼き、長葱で焼豚はトッピングされており長葱は厚めの斜め切りとなっています。餡はかかっておらずスープは微妙なのですが塩か醤油かと聞かれたら塩ですね。
(2014-10-14)

玉屋五目そば

タンツーメン(800円)、メニューにはタンツーメン(激辛)とありますのでおばちゃんに辛いと聞いてみましたが、そんなに辛くないよとの事でしたのでオーダーしてみました。あっさり系のスープにラー油の海が広がっていて青梗菜、味の付いた挽肉、長葱と半分のゆで卵がトッピングされています。激辛と言うほどではないですがそこそこ辛くて美味しいです。タンツーメンてこんな丼でしたでしょうか。
(2015-03-12)

玉家タンツーメン

サービスランチセット(850円)、ホワイトボードにサンマー丼と冷したぬきそば又は小ラーメンと書かれている。えっ!このお店にはサンマー丼はないはずです。ランチでのみ提供しているのかなあと思ったら吸い込まれてしまいました。小ラーメンを選択しましたが、小ラーメンはナルトとメンマと小口切りの長葱のみのシンプルなもので丼も小さい所謂小ラーメンです。スープはちょっと濃いのですが中華の端に麺つゆを感じさせる物で少し甘みもあり結構好みのタイプです。サンマー丼は皿盛りですのでサンマー飯と言った方がしっくりくるもので、これも小を付けた方がよいくらいの皿の大きさです。具材等はサンマーメンと同様でご飯の上にサンマーメンの餡かけ部分を掛けたものです。浅漬けが付いてきました。
(2015-05-26)

玉家サンマー丼サービスランチ

もやし焼きそば(800円)、何にしようかとメニューを見ていたら「もやし焼きそば」を見つけましたので注文してみました。
麺は硬いと柔らかいのを選択できますが、柔らかいのにしてみました。
麺は細麺で、具材はもやし、人参、白菜、青梗菜、玉葱、豚肉で醤油ベースの餡掛けになっています。細麺と餡かけの相性も良くなかなか美味しいのですが、量が多い訳でもなくちょっと高いです。これなら、あと100円出しても五目焼きそばの方がよさそうです。
(2016-05-19)

玉家もやし焼きそば

ねぎそば(800円)、このお店は、ネギラーメンじゃなくてねぎそばなのかと注文したら、おばちゃん厨房へ元気良くネギラーメンと注文を通していました。なんだ、拘りはないのねと丼を待ちます。出てきた丼はネギチャーシューで辛味付けはされていません。ネギチャーシューと表示してないだけあってチャーシューは少量です。安定の一杯という感じでなかなか美味しいのですが、CPは低いです。
(2017-07-28)

玉家ねぎそば


大きな地図で見る

中区・本牧周辺 | 17:36:53 | トラックバック(0) | コメント(2)
萬進楼・浅間下
最寄り駅は強いて言えば横浜駅ですが、徒歩圏内では無い 萬進楼、縦長のお店で入ると左側に厨房がありますがオープン厨房ではありません。客席スペースは狭く、4人掛けテーブル5卓がぎゅっと配置されている小さなお店です。メニューに創業昭和20年と表示されています。会計時にちょっと見えた厨房で白髪のご主人が鍋を振っていました。
(2013-06-14)
場所: 神奈川県横浜市西区楠町17-10
定休日: 月曜

萬進楼店構え

椅子やテーブルがパイプを使ったチープな物ではありませんでした。客席スペースは狭いのですが、こだわりも感じられます。創業は昭和20年との事ですが、創業時のお店はどんなでしたでしょうか。
(2013-06-14)

萬進楼店内

サンマーメン(650円)、もやしの比率が低いように思いますが、もやし・キャベツ・豚肉と役者は揃っています。スープは少し薄めで餡は塩ベースです。スープにもう少しこくの様な物が前に出ても良いかなと思いましたが、餡を混ぜると少し味が強くなります。麺が一般的な中華屋さんの物でなかったのは、好感が持てます。ライスサービスがあるそうですが今日は辞退しました。
(2013-06-14)

萬進楼サンマーメン

ラーメン+半チャーハン(730円)、場所的に駅から行きやすい場所ではないので近くに行った時には気にしているお店です。麺飯類中心の老舗の中華屋さんですので、ラーメンにチャレンジしてみました。単品だと500円ですが半チャーハンも付けてしまいました。塩分強めの細切りザーサイが付いていました。ラーメンのトッピングは、メンマ、もやし、わかめ、チャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。チャーシューは、はやりのホロホロタイプではありませんが肉の旨味が感じられるもので好印象なのですが、折角のスープをワカメが邪魔をしています。ラーメンもチャーハンも普通に美味しい程度で老舗のラーメンへの期待が大きすぎました。
(2017-07-27)

萬進楼ラーメン

萬進楼半チャーハン



西区・横浜駅以外 | 17:04:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
珍来・横浜駅
横浜駅北口近辺 珍来でサンマーメン(650円)、2階もあるようだが1階は入ると左側縦にオープン厨房、厨房前にカウンターがあるが客用には使われていない。中央に6人掛け丸テーブルが縦に2卓、奥に4人掛けテーブル1卓、右側は4人掛けテーブル2卓の中華料理屋さん。
店構えも中華料理屋さんらしく飾り立てていないし、オープン厨房も中華料理屋さんらしくないが、ホールも厨房も中国の方です。
(2012-01-06)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-16-3
定休日: 日曜・祝日

珍来店構え

サンマーメン(650円)、もやし、細切りピーマン、短冊切り人参数枚のみで650円はCP低い。具材の少なさを少し厚めの餡でカバーしている。サンマーメンではなくもやしそばです。ランチサービスで500円になる時があるが、丼写真撮りに行ったので仕方ないか。えらく高い物を食べた気がする。
(2013-04-02)

珍来サンマーメン

タンメン(670円)、ランチサービスで500円で提供されていました。妙にザックリとカットされたキャベツが目立ちます。他にピーマン、人参、もやし、豚肉が入っており豚肉の量は多い方と思います。麺は中細麺で、濃いと言うよりは胡椒と塩味の強い感じのスープで化調もばっちり利いています。タンメンと言うよりは塩味野菜ラーメンです。500円ならお得でも670円は高いな。従ってランチにタンメンが出ていた時に食べるのが正解です。
(2017-07-26)

珍来タンメン



神奈川区・JR京急方面 | 17:22:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
福祥園 新横浜店・新横浜駅
新横浜駅近辺 福祥園 新横浜店、ビルの二階にある中華料理屋さんで、8人用丸テーブル2卓、4人掛けテーブル7卓、6人掛けテーブル3卓がギュッと置かれています。もっと大きいお店かと思いましたが入ってみると思ったよりは小さいお店でした。
(2017-07-24)
場所: 神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-20 新横浜2丁目田中ビル 2F
定休日: 無休

福祥園 新横浜店店構え

福祥園 新横浜店入り口

ランチ(800円)、ランチは750円か800円の5種類が提供されています。「鶏肉の黒酢炒め」を選択しました。ライス、スープ、漬物、デザート付でライスはお替り自由となっています。オフィス街だからでしょうか、初めに提供されるライスが随分少なめです。スープはとろみ付の玉子スープ、漬物はザーサイ、デザートは杏仁豆腐です。鶏肉の黒酢炒めは、玉葱が目立っており豚肉ではなく鶏肉なんだから、もう少し鶏肉が多くてもいいように思えます。揚げ方もカリッとと言うよりは硬く、なんだかなあと言った感じでCPは低いです。アイスコーヒーが付いてきました。
(2017-07-24)

福祥園 新横浜店鶏肉の黒酢炒めランチ

福祥園 新横浜店鶏肉の黒酢炒め

福祥園 新横浜店アイスコーヒー



港北区 | 20:16:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
翠香園・反町駅
東急反町駅近辺 翠香園、同じ神奈川区の青木町から移転して、2013年10月オープンだそうです。縦長のお店で奥が厨房で手前の客席スペースは2人掛けテーブル4卓、4人掛けテーブル2卓で8人から10人用の丸テーブルがあります。丸テーブル部分は移動式の仕切り壁で仕切られていた為良くわかりませんが、宴会に使えそうです。料理写真が貼られていますが無造作にべたべた貼られておらず好感が持てます。
青木町のお店外観
(2014-02-06)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区松本町2-19-3
定休日: 月曜
サンマーメン
シューマイ
バンメン
ラーメン
餃子
広東麺
五目そば

翠香園店構え

サンマーメン(750円)、もやし、青菜、人参、木耳、玉葱、細切り豚肉で構成されており、餡が掛かっています。麺は中細麺の中では細麺タイプで、スープは昔中華街周辺の中華屋さんで良く出会った味です。うま煮そばや広東麺の甘味の付いたこってりとした分厚い感じのスープを軽くした感じのスープで懐かしい味です。普通なら細切り豚肉は残念なのですが、このスープならむしろ細切り豚肉の方が合っています。また行こうおっと!
(2014-02-06)

翠香園サンマーメン

シューマイ(450円)、小振りなシューマイで蒸篭に入ってくるのが見た目にも良いです。つなぎをあまり使っていないからでしょうか、口の中で肉がばらけ、変わった食感を引き出しています。
(2014-02-06)

翠香園シューマイ

バンメン(850円)、メニューはカタカナでバンメンとなっています。底の浅い丼で提供され、具材は海老、イカ、木耳、筍、焼豚、白菜、青菜、人参、長葱で構成されており、焼豚は具材と一緒になっています。練り物や豚肉は入っていませんが、海老と焼豚に存在感があり満足感があります。ほんのり甘味があるスープも好感です。
(2014-07-04)

翠香園バンメン

ラーメン(650円)、店舗は新しいですが老舗のラーメンはどんなだろうかと注文してみました。トッピングはなるとと厚切りチャーシュー各一枚とメンマに小口切り長葱少々です。丼も小さくスープも妙に濃く、何か期待外れです。老舗と言っても中華屋さんよりも中華料理屋さん寄りなので、期待する方が間違っていたかもしれません。CPも悪く、このお店ではバンメン一択ですかね。今度は、ご飯物にもトライしてみたいと思います。
(2016-07-26)

翠香園ラーメン

餃子(450円)、皮が厚めの刻み系統の中型の餃子です。1個90円と考えるとちょっと高いかな。ラー油がメーカー品ではなく、独自のラー油の様でこれがなかなか良かったです。
(2016-07-26)

翠香園餃子

広東麺(850円)、バンメンとの違いを見てみようという事で広東麺を注文しました。普通のラーメン丼で提供されましたが、バンメンが底の浅い丼なので、比べると具材がスープに埋没してしまっており地味な感じです。具材は海老、イカ、木耳、筍、焼豚、白菜、青菜、人参までは同じですが、長葱ではなく豚肉、ヤングコーンとマッシュルームが入っており、焼豚が具材と一緒になっています。ほんのり甘味があるスープもバンメンと同じです。最も違う点は広東麺には豚肉が入っている事ですが、バンメンを食べてから時間が経っていますので今はバンメンにも入っているのかもしれません。全体的にはバンメンのつゆだくバージョンですが、私的にはバンメンがお勧めです。本当に数少ないバンメン提供店ですので頑張って欲しいです。
(2017-06-30)

翠香園広東麺

五目そば(850円)、バンメン、広東麺との違いを見てみようと五目そばを注文しました。具材は海老、イカ、木耳、筍、焼豚、白菜、青菜、人参、豚肉、ヤングコーンで餡は掛かっていません。基本的に具材は同様ですが餡の有る無しの違いです。最も違うのはスープで、五目そばは所謂塩で、バンメン、広東麺は醤油となっています。所謂塩と表現したのは塩よりの薄い醤油スープで、このスープなかなか美味しいです。タンメンにも使っているスープなのかな?また行かなければいけません。
(2017-07-21)

翠香園五目そば


大きな地図で見る

神奈川区・東急方面 | 20:17:07 | トラックバック(0) | コメント(4)
紅花・関内駅
JR関内駅近く 紅花、テーブル席のみのお店で、丸テーブル2、4人掛けテーブル6卓位で奥に座敷があるお店。サンマーメンは、もやしメインと言うわけではなく、細切り人参、青菜、豚肉、細切り筍、木耳と野菜餡かけ系統のサンマーメン。餡は全面に掛かっていないが丁度良い具合。色味からすると濃いしょうゆ味かなと思ったが、とげとげしくなくマイルドで、木耳が沢山入っていたのが印象に残った。
(2012-04-10)
場所: 神奈川県横浜市中区尾上町3-45
定休日: 無休(正月を除く)

紅花店構え

サンマーメン(旧680円、700円)、今日は、木耳がポイントのもやし餡かけ系統のサンマーメンでした。スープに少し甘味があるが、味が濃くお冷を3杯もいただいてしまいました。街角中華は味が安定しないお店が多いのが困った事です。
(2012-10-6)

紅花サンマーメン

サンマーワンタン麺(800円)、広東麺でもワンタン入りがある位なのでワンタンは売りの様です。サンマーワンタン麺はランチサービスで50円引きでよく提供されているメニューです。今日もランチサービスで50円引きでした。サンマーメンはもやしの比率が高く、細切り人参、青菜、豚肉、細切り筍、木耳が入っています。ワンタンが入っているからでしょうか、以前は木耳が沢山入っていたのですが、少なくなっておりスープに甘み付けも感じません。代わりにごま油の香りが印象的でした。ワンタンは具材に存在感はありますが合体しており、つるりとは言えないです。やはりワンタンはスープの中を泳いでいて欲しいと思うのですが。
(2015-03-11)

紅花サンマーワンタン麺

タンメン(700円)、具材はもやしがメインでキャベツ、木耳、人参、ほうれん草、玉葱です。麺は中細麺でスープもごま油が利いていたりとタンメンを食べた気がしません。塩味野菜ラーメンの方がしっくりくる感じです。
(2017-07-19)

紅花タンメン


大きな地図で見る

中区・関内 | 17:02:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
華成楼・伊勢佐木長者町駅
伊勢佐木長者町駅近く 華成楼、縦長のお店で、奥が厨房で手前の客席スペースは左側に8人用丸テーブルが2卓、右側は6人掛けテーブル2卓、4人掛けテーブル1卓の中華料理屋さんです。
(2017-04-10)
場所: 神奈川県横浜市中区富士見町2-1 東亜ビル 1F
定休日: 日曜

華成楼店構え

ランチ(650円)、ランチは4種類で全て単品料理ランチです。価格は650円1種類、700円2種類、750円1種類となっています。いつもの通り一番安いランチの「豚肉と五目野菜炒め」を選択しました。ライス、スープ、ザーサイ、デザート付でライスお替り自由となっています。スープはとろみ付の豆腐と玉子のスープで薄切りザーサイとデザートはつるりとした食感の普通の杏仁豆腐です。豚肉と五目野菜炒めは、五目に何か意味があるのかと思ったのですが、所謂野菜炒めです。ボリューム感がありますが野菜炒めなら特筆すべきものでもおありません。いい味付けだなと思いましたので、再訪する価値はありそうです。
(2017-04-10)

華成楼豚肉と五目野菜炒めランチ

華成楼豚肉と五目野菜炒め

ランチ(750円)、ランチメニューにスブタがあります。経験上スブタランチで作ってる感のあるお店は、美味しいお店である事が多いので早速トライです。ライス、スープ、ザーサイ、デザート付でライスお替り自由となっています。スープは豆腐と野菜のスープで薄切りザーサイとデザートはつるりとした食感の普通の杏仁豆腐です。さて、注目のスブタですが、豚肉、玉葱、人参、胡瓜を甘酢餡でからめたよく見るスタイルです。豚肉が少ないかなとも思ったのですが食べてみると少ない訳ではありませんでした。何よりも料理を作ってる感があり、豚肉の揚げ具合、餡の味付けとなかなか腕のある店主です。人参が少し硬めでしたが、久しぶりに人参の味を思い出しました。多分このお店は常連客が付いているお店だと思います。大満足でお店を後にしましたので、また行ってみます。
(2017-07-18)

華成楼スブタランチ

華成楼スブタ



中区・関外 | 17:36:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
華昌・平塚駅
平塚駅近辺 華昌、窓に貼って有るメニューにサンマーメンを見つけて入ってみました。なぜか店内のメニューはサンマメンとなっています。横長のお店で、入ると4人掛けテーブル2卓があり、右側奥がオープン厨房、厨房前にカウンター7席位のお店です。
(2013-05-08)
場所: 神奈川県平塚市宝町9-16
定休日: 月曜

華昌店構え

サンマーメン(700円)、もやしは多いのですが、白菜やキャベツ・肉は入っていません。もやし餡かけ系統のサンマメンです。ゆるい餡がボリュームを補っています。スープは醤油味のしっかりとしたスープで、麺は平打ち麺の傾向です。ゆるい餡はだらっとしておらず餡としてまとまりもあり、いつもこの状態で提供されているなら熟練だなと思います。
(2013-05-08)

華昌サンマーメン

餃子(500円)、通常は5個での提供だそうですが、3個のランチサービスがあると店主がやけに3個を勧めます。ろくにメニューも見ていなかったので、多分その方がお安いのねと勝手に思い込み、お勧めに従いました。餃子のお皿を見たときに思わず、おっきいと呟いてしまいました。これ、5個はきついわ。それで、3個でおいくらだろうと店内をきょろきょろと探すとランチサービスに限り3個300円と書かれています。なんだあ、安く無いじゃん。でも大きく具材もガッツリですので妥当な線ですね。
(2013-05-08)

華昌餃子

ラーメン(620円)、ランチ時間は600円になります。すり鉢状の器を丼にしており、妙に大きいレンゲが添えられています。スープや平打ち麺はサンマーメンと同様の様です。麺の上に細いタイプのもやしとワカメ、メンマを載せて厚さはないが大きいチャーシューを被せて小口切りの長葱を散らしてあります。チャーシューは肉のうまみを感じるのですが、スジがあり嚙み切るの大変でした。店内を良く見ると、どうも味噌ラーメンが売りの様ですので次回は味噌ラーメンにしてみましょうか。
(2017-07-14)

華昌ラーメン


大きな地図で見る

平塚市 | 17:49:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
つるや食堂・藤沢駅
藤沢駅近辺 つるや食堂、今風のビルの谷間に両側5軒位で行き止まりの奥田センター飲食街のお店。店を入ると左側に厨房、前にカウンター7席、右に4人掛けテーブル5卓のお店。テーブルの間隔が妙に広いと思ったら、テーブルの長さが1.5人分位しかないスモールサイズ。
(2012-05-09)
場所: 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-5-15
定休日: 日曜・祭日

つるや食堂店構え

サンマーメン(旧630円、680円)、中細麺で餡は厚い方、従って熱半熱位で、具の豚肉に存在感があったのは特筆に値する。スープは醤油味の後にほんのりと甘味が残るタイプで美味しい。この様なスープで提供するお店は、横浜でも名前をあげられる程しかないので大当たり。
(2012-05-09)

つるや食堂サンマーメン

五目そば(750円)、メニューを見ると餡かけ系統の麺料理はサンマーメンしかない。こんな場合の五目そばは餡が掛かっているのか、掛かっているとすれば塩ベースか醤油ベースかと色々と想像が出来て楽しい。このお店のサンマーメンの餡は塩ベースでスープに少し甘みがあった記憶がありましたので、この五目そばは醤油ベースの餡でちょっと甘味の付いた広東麺風と読んだ。ところが登場した丼は、餡はかかっておらずスープは塩で読みは大外れです。具材はなると、蒲鉾、木耳、筍、焼豚、豚肉、キャベツ、ほうれん草、人参、椎茸、ゆで卵半分です。焼豚は少し噛むとブロックでぽろっと分解し味の奥に醤油だれを感じます。ちなみにサンマーメンは680円になっていました。
(2014-06-09)

つるや食堂五目そば

チャーシューワンタンメン(780円)、これ安いなと思って注文。どうせワンタン、チャーシュー各2位かな等と思っていたら、結構詰まってる感のある丼が出てきてちょっと意外です。麺の上にチャーシュー4枚を敷いてワンタン、メンマ、ほうれん草をトッピング、小口切りの長葱を散らしている感じです。つるっとした感のあるワンタンではなく具材も多いとは言えませんが、昔懐かしい感じです。スープは普通の醤油スープで塩気が少し立っている感じです。チャーシューは今はやりの柔らかホロホロタイプではなく噛みごたえのあるものですが、今一つでした。
(2017-07-12)

つるや食堂チャーシューワンタンメン


大きな地図で見る

藤沢駅周辺 | 17:19:45 | トラックバック(0) | コメント(4)
新菜楼・大口駅
大口駅近く 新菜楼、横長のお店で、入ると右側は8人用丸テーブル1卓、左側に4人掛けテーブル3卓、6人掛けテーブル2卓で正面奥が厨房ですがクローズされている中華料理屋さんです。
(2014-10-03)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区大口通130-11
定休日: 第一・第三木曜

新菜楼店構え

サンマーメン(680円)、もやし、豚肉、木耳、人参、ニラ、玉葱で構成されており醤油ベースの餡が掛かっています。黒コショウの利かせ方がうまいなとは思いましたが、サンマーメンと言うよりは野菜ラーメンと言った方がしっくりときます。
(2014-10-03)

新菜楼サンマーメン

ランチ(700円)、ランチは4種類で1種類のみ750円で他は700円です。麺ランチはありません。ホワイトボードの「鶏肉とじゃがいもの炒め」ランチが目に留まりました。この料理の注目点はどんな形態のジャガイモが出てくるかです。ライス、スープ、漬物、デザート付で午後3時まではご飯のおかわりが出来ます。スープはとろみ付のない玉子スープで漬物はクラッシュ胡瓜、デザートは杏仁豆腐です。注目の鶏肉とじゃがいもの炒めは、薄切りじゃがいも、鶏肉、ピーマン、玉葱、人参を薄い餡かけで炒めたものです。注目のじゃがいもは「薄切りで来たかあ」と正に意表を突かれた感じです。薄切りの場合ボリューム感を出すのが難しいのですが、そこそこのボリューム感もあり、なんと言っても鍋からザット皿に移した感があります。ちょっとオイリーかなとは思いますが、印象に残るランチでしたので又行ってみます。
(2017-07-11)

新菜楼鶏肉とじゃがいもの炒めランチ

新菜楼鶏肉とじゃがいもの炒め



神奈川区・JR京急方面 | 17:25:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
福安楼・大和駅
大和駅近く 福安楼、縦長のお店で左側は4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル1卓で壁側はベンチシートの長椅子になっており、半クローズされた厨房が縦にあります。右側は4人掛けテーブルが2卓ですが昔のファミレス形式の向かい合わせのベンチシートになっています。右側奥、厨房の前に小さい座敷が2部屋ある中華料理屋さんです。メニューの表紙に中華街の善隣門がドンと描かれていますので、中華街との関係をおかみさんに聞いてみました。関係があるお店が中華街にあるわけではなく、ご主人が長年中華街で働いていた関係で善隣門なのだそうです。
(2015-09-24)
場所: 神奈川県大和市大和東2丁目2-12
定休日: 日曜
キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒め
若鶏肉揚げのレモンソース掛け
揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮
豚肉団子揚げの甘酢炒め

福安楼店構え

ランチ(720円)、ランチは5種類あり2種類が麺料理+半チャーハン、3種類は同価格でライス、スープ、お新香、デザート付でライスはお替りできます。ランチメニューはよく見かける料理ばかりなので迷ってしまいましたが「キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒め」にしてみました。多分回鍋肉だろうと思いながらも、違えば面白いかなと期待したのですが回鍋肉でした。
ランチセットのスープは卵スープで、お新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様です。キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒めは表示通りキャベツと豚肉です。ボリューム感はありますが、ほとんどがキャベツですので満足感としては今一歩と言った所です。
(2015-09-24)

福安楼キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒めランチ

福安楼キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒め

ランチ(720円)、どのお店でお昼にしようかとランチを見て歩いていたら、「若鶏肉揚げのレモンソース掛け」が目に留まりました。レモンソースは中華料理屋さんのランチでは初めてで興味があり入ってみました。ランチセットのスープは卵とコーンのスープで、コーンの実が随分入っています。お新香は大根の酢漬け、杏仁豆腐は出来合いかなとも思ったのですが、もしかしたら自家製かもしれません。さて注目の若鶏肉揚げのレモンソース掛けですが、醤油ベースのソースにレモンが掛かっていると想像しましたが、ソース自体がレモン色でちょっと意外です。甘酢ソースの酸味とレモンの酸味の2種類の酸味がうまく調和していてなかなかの料理です。ただ、前回のランチもそうですがメイン料理にコストカットの影響が見えるのは残念です。
(2016-04-21)

福安楼若鶏肉揚げのレモンソース掛けランチ

福安楼若鶏肉揚げのレモンソース掛け

ランチ(720円)、ランチは何かなとボードを見ると「揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮」が目に留まりました。揚げ豆腐はお店で揚げているのかそれとも出来合いの生揚げを使っているのか、甘辛味噌炒めではなく甘味噌辛子煮はどんなだろうかと興味があり入ってみました。ランチセットのスープはワカメと玉子のスープで、お新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様です。さて注目の揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮は、豚肉、厚揚げ、ピーマン、筍、玉葱を甘味噌で炒めて弱い辛子味の餡を絡めてある感じです。甘味噌が強く辛子はほとんで感じません。揚げ豆腐は、生揚げではなく厚みが5ミリ位の中華料理ではよく使われる厚揚げですが出来合いの様です。豚肉の量もそこそこあり、満足感のあるランチでした。
(2016-11-04)

福安楼揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮ランチ

福安楼揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮

ランチ(720円)、「豚肉団子揚げの甘酢炒め」がランチに出ており、豚肉団子は自家製かな?と入ってみました。ライス、スープ、漬物、デザート付です。スープは豆腐とわかめのスープでデザートはフルーツ入りの杏仁豆腐です。漬物はザーサイなのですが、いつもは薄切りなのに今日は少し厚めの細切り状態で出てきました。なんか嫌な予感がします。豚肉団子揚げの甘酢炒めは小振りな肉団子と玉葱のみで甘酢餡が掛かっています。この肉団子自家製だなと一口行ってみましたが、周りが硬く中はパサパサです。こんな肉団子なら出来合いのミートボールの方がましかもしれません。甘酢餡の具合が良かっただけに肉団子の残念さが浮き彫りです。このお店で初めて失敗したと思った料理です。
(2017-07-10)

福安楼豚肉団子揚げの甘酢炒めランチ

福安楼豚肉団子揚げの甘酢炒め



大和市 | 17:15:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
中国料理上海菜館・反町駅
東急反町駅近く 中国料理上海菜館、縦長のお店で右側縦にオープン厨房、厨房前にカウンター6席位、左側は6人掛けテーブル2卓で、奥に丸テーブルが2卓位あるようです。カウンターやレジ回りはやや雑然としています。お店の造りや雰囲気から中華屋さんと思っていたのですが、フレンドリーで明るい感じのねじり鉢巻の店主の会話を聞くと達者な中にもあれと思う物があり、地元に根付いた中華料理屋さんなのですね。
(2014-03-10)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区松本町1-3-1
定休日: 火曜

中華料理上海菜館店構え

ラーメン(500円)、サンマーメンはメニューになかったので、そんな時はラーメン+餃子かチャーシューメンにしています。ラーメンはチャーシュー2枚と青梗菜、メンマ、小口切りの長ねぎと至ってシンプルですが、このチャーシューはすごく気に入ってしまいました。昔中華街で食べたチャーシュを思い出させるもので、油部分も美味しいのです。スープは醤油よりは塩気の強い物で、もう少し塩分控えめでもいいと思います。今度はチャーシューメンにします。
(2014-03-10)

中華料理上海菜館ラーメン

餃子(500円)、中型で刻み系統の餃子です。皮が厚めなので腹持ちがいいです。餡の量も多くなかなか美味しい餃子ですが、1個80円強となると、相応かもう一声か微妙な線にあるように思えます。
(2014-03-10)

中華料理上海菜館餃子

上海焼きそば(750円)、何にしようかなとメニューを見ていたら上海焼きそばを見つけました。上海菜館なら上海焼きそばでしょうとばかりに注文しました。しかし、店主が辛子とお酢をテーブルに用意します。辛子はまだしもお酢かあと思っていたら上海焼きそばが運ばれてきました。うろたえる位自分が思い描いていたイメージと違います。麺が太く短いです。ソースが違うのでしょうが麺の色が違います。上海焼きそばのイメージがもろくも崩れた瞬間でした。どんな焼きそばを上海焼きそばと呼ぶのでしょうか。
(2016-12-19)

中華料理上海菜館上海焼きそば

葱とチャーシュー細切りそば(650円)、この手の麺料理としては安いなと思いながら注文しました。ネギがいっぱいでチャーシューは少なめですが、決して少なすぎるわけではありません。価格を考えれば十分でしょう。黒胡椒が掛かっており、これが結構利いています。安いからと言って決してチープな感じはせず、普通に美味しいだけでは終われない麺料理です。黒胡椒とスープのマッチングが絶妙で蓮華が止まりません。やるなおやじ!
(2017-07-07)

中国料理上海菜館葱とチャーシュー細切りそば


大きな地図で見る

神奈川区・東急方面 | 17:20:41 | トラックバック(0) | コメント(2)
香林・大口駅
大口駅近辺 香林、縦長のお店で入ると左側に4人掛けテーブル1卓があり縦長の厨房があります。厨房前にカウンター5席位で右側は壁側がベンチシートになった2人掛けテーブル1卓と4人掛けテーブル1卓があり、続けて4人掛けテーブルが2卓置かれています。入る前は入り口の暖簾の関係でしょうか、サロンの様な中華料理屋さんだなと思っていたのですが、入ってみるとちゃんとそれなりで、しかも中華料理屋さんではなく中華屋さんでした。
(2017-07-06)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区入江2-15-4
定休日: 火曜

香林店構え

サンマーメン(700円)、ウッチャンさんから情報を頂いていましたので機会あれば入ってみようと思っていたお店です。サンマーメンの具材はもやし、人参、キャベツ、木耳で緩い餡が掛かっています。具材を炒めて餡は別に作って流し込んでいるようです。肉が入っておらず緩い餡の全面タイプは好みではないのでちょっと残念でしたが、昔懐かしい黄色い中細麺とごま油と化調の使い方が巧く、相当キャリアのある店主であることが分かります。
(2017-07-06)

香林サンマーメン



神奈川区・JR京急方面 | 17:11:20 | トラックバック(0) | コメント(4)
コトブキ亭・伊勢佐木長者町駅
横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅近辺 コトブキ亭、横長のお店ですが外見からもう少し大きなお店と思っていましたが、小振りな4人掛けテーブル3卓のみでカウンター席はなく、右側にある厨房は見る事は出来ません。年配のご夫婦で切り盛りされているようですが、衛生責任者が女性名ですので調理担当はおばちゃんかもしれません。いかにも街の昔の中華屋さんの雰囲気がいいです。サンマー丼(700円)やバンメン(700円)、ちゃんぽん(700円)、チャーメン(700円)等惹かれるメニューもありますのでまた行ってみましょう。
(2014-02-28)
場所: 神奈川県横浜市南区永楽町1-16
定休日: 日曜・祭日

コトブキ亭店構え

サンマーメン(650円)、もやし、キャベツ、玉葱、豚肉、なるとで構成されており、塩ベースの餡が掛かっています。餡に特徴的な味付けはされていませんので混ぜると少し塩気の強いスープとなります。肉に存在感がありなかなか美味しいサンマーメンですが、もやしの比率が低いのは残念です。
(2014-02-28)

コトブキ亭サンマーメン

バンメン(700円)、メニュー表記はカタカナのみです。普通のラーメン丼で登場です。ありゃりゃ、見たところ餡かけ野菜系統のサンマーメンの丼姿です。具材はもやし、キャベツ、人参、木耳、薄切り筍、玉葱、絹さや、大振り斜め切りの長葱、豚肉で構成されており塩ベースの餡が掛かっています。チャーシューや魚介類、練り物は入っていません。サンマーメンになるとが入っていたのにバンメンには入っていないのは不思議です。スープは醤油味の強いものです。
(2014-04-03)

コトブキ亭バンメン

ラーメン(500円)、トッピングは、メンマ、ナルト、チャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。スープは少し塩分が強いかなとも思いますが、全てにわたって普通のラーメンです。
(2017-07-05)

コトブキ亭ラーメン


大きな地図で見る

南区 | 17:06:33 | トラックバック(0) | コメント(2)
銘菜館・関内駅
みなとみらい線馬車道駅と日本大通り駅の中間位ですが関内駅からも歩けます 銘菜館、縦長のお店で奥が厨房ですが中華料理屋さんらしくほとんど見えません。手前の客席スペースに4人掛けテーブルで10卓位のお店です。本日は降雪のため店構えの写真が撮れませんでしたので、1ヶ月位前に撮った写真をアップします。
(2014-02-04)
場所: 神奈川県横浜市中区弁天通2丁目29番地 森藤ビル1F
定休日: 日曜
サンマーメン
白モツと豆腐の味噌煮
豚ガツと野菜のピリ辛炒め
牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯
ニラレバ

銘菜館店構え

サンマーメン(600円)、もやし、キャベツ、人参、ニラ、玉葱、細切り豚肉で構成されており、塩ベースの餡が掛かっています。こちらのサンマーメンのスープは塩味ですが、塩が立っている事もなく飲むことが出来ます。この丼で600円なら安いからでしょうか、サンマーメンのオーダーも多いようです。
(2014-02-04)

銘菜館サンマーメン

杏仁豆腐がサービスで出てきました。
(2014-02-04)

銘菜館サービスの杏仁豆腐

ランチ(600円)、昼時にひと際サラリーマンでにぎわっているこのお店の魅力が今一つ分かりませんでした。ランチメニューは8種類で半分は麺ランチなのですが価格もすごく安い訳でもなく、料理ランチは麻婆豆腐や生姜焼きでなんか魅力的なメニューがありません。なんでだろうと思っていたのですが20食限定の日替わりランチのボードが出されており、「白モツと豆腐の味噌煮」と書かれています。これなら食べてみたいと入ってみました。ライス、スープ、お新香、デザート付でライスはお替り自由です。スープはとろみ付の卵スープでお新香はザーサイです。デザートは杏仁豆腐ですがこれは出来合いの様です。白モツと豆腐の味噌煮はモツ、薄切り豚肉、豆腐、ニラ、唐辛子、厚めの斜め切りの長葱を味噌だれで煮てあります。これ美味しいです。味噌だれがご飯に合いますし、モツ、薄切り豚肉、豆腐、長葱のそれぞれの食感を楽しめます。決して高級ではありませんが、街角中華としては十分満足のいく料理です。このお店の600円の日替わりランチは要チェックです。
(2016-03-04)

銘菜館白モツと豆腐の味噌煮ランチ

銘菜館白モツと豆腐の味噌煮

ランチ(650円)、昼時を少し外してしまったが、限定20食の日替わりランチの黒板がまだ出ています。中華料理屋さんの限定なんて誰も信じてないよと注文したら売り切れだそうで、本当に限定なんだと知ったのですが、売り切れても黒板を下げない商魂のたくましさにちょっとなと思う。日替わりが無いのならと席を立つ人は少ないのではないでしょうか。斯く言う私も日替わりが売り切れならと「豚ガツと野菜のピリ辛炒めランチ」にしてしまいました。多分12時過ぎには日替わりは売り切れになっていると思われます。さて、豚ガツと野菜のピリ辛炒めランチですがご飯が進みません。豚ガツは滑らかで思ったよりも柔らかくホルモンは本来苦手な私もいけるなと思ったのですがご飯がいけません。足りなくなって急遽炊いたようなごはんで美味しくありません。こんなご飯を出すお店にガッカリです。
(2016-04-28)

銘菜館豚ガツと野菜のピリ辛炒めランチ

銘菜館豚ガツと野菜のピリ辛炒め

日替わりランチ(600円)、12時前に入れましたので、20食限定の日替わりランチがまだありました。「牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯」に丼物の日替わりはあまりお勧めではないよなと分かっていながら日替わりにしました。相変わらず昼前からほぼ満席でオーダーは日替わりだけでなく他のランチのオーダーも多いので認識を新たにした次第です。スープ、デザート付でお新香が付いていません。スープはとろみ付の玉子スープで、デザートは出来合いの杏仁豆腐です。牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯のご飯の量も多くボリュームがあるのですが、牛肉が牛丼の肉と同品質でちょっとガッカリです。やはり、丼物の日替わりは避けた方がよさそうです。
(2017-04-11)

銘菜館牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯ランチ

銘菜館牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯

ランチ(650円)、注目の日替わりは○○ご飯、所謂丼物なので避けて「ニラレバ」ランチにしてみました。ライス、スープ、漬物、デザート付です。スープはとろみ付の玉子スープ、漬物は薄切りザーサイ、デザートは杏仁豆腐です。ニラレバのレバは厚切りではないですが柔らかく仕上げられており、鍋から皿にザット移した感のある料理です。特徴としてラー油を使っておりピリ辛に仕上げられています。レバの量も多くボリューム感もあります。この価格で中華を食べたなと思わせるものがあり、この辺がお客を呼んでいるのかもしれません。
(2017-07-03)

銘菜館ニラレバランチ

銘菜館ニラレバ


大きな地図で見る

中区・関内 | 17:24:41 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad