■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

永福拉麺・六ツ川
京急弘明寺駅からバスか車の六ツ川 永福拉麺、横浜中華街にあった老舗製麺所の永楽製麺所が2013年9月に事業停止後、六ッ川にあった工場を改装し、「永福拉麺」と屋号を替えて再スタートしたお店です。横長のお店で左手には小売コーナーで右側が客席スペースとなっています。道路を向いて8.5mにも及ぶヒノキの一枚卓が、8名掛け位のカウンターテーブルとなっており、4人掛けテーブル2卓、7人掛けテーブル1卓が置かれています。
場所: 神奈川県横浜市南区六ツ川2-100-81
定休日: 水曜

永福拉麺店構え

サンマーメン(600円)、当然中華街系統のサンマーメンが出てくると思っていたのですがちょっと違います。でも街角中華系統でもない不思議な感じです。具材はもやし、白菜・・・肉は何処だ?と見てみると挽肉が入っています。厚めの塩ベースの餡が掛かっていますが黒コショウが見えます。もやしの比率も低く、何かサンマーメンらしくない丼姿です。スープは普通ですがやはり麺には惹かれるものがあります。つるっとした感じの麺で噛むと味わいがありますが黒コショウが邪魔をします。これならシンプルなラーメンの方が良いように思えます。

永福拉麺サンマーメン



南区 | 17:37:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
やおや・南太田駅
京急南太田駅と井土ヶ谷駅の中間位 やおや、営業しているようではあるが、店名の表示もないくこの引き戸の向こうはどうなっているのだろうかと引き込まれてしまいました。入ると横長のカウンター6席のみでカウンターの奥に厨房と言えるスペースは無いように見える。おばあちゃんが一人でテレビ見てたので取り敢えずサンマーメンを注文して、店名を訪ねてみました。「やおや」と言うそうで先代が八百屋をやっていたので「やおや」だそうです。奥から具材を調理したフライパンが出てきます。おばあちゃんは麺、スープと丼を整えてフライパンの中の具材をどどっと流し込みサンマーメンの完成です。どうやらメインの火口は壁の向こうにあるようです。ラーメン400円や丼と素ラーメンのセットや定食もあります。
場所: 神奈川県横浜市南区南太田2-29-32
定休日: 不定休

やおや店構え

サンマーメン(650円)、もやし、キャベツ、豚肉、にら、人参で構成されており塩ベースの餡が掛かっています。スープはちょっと濃いですが、味わいがあります。このスープならラーメンの方がよさそうです。思っていたより立派なサンマーメンが出てきました。

やおやサンマーメン



南区 | 17:49:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
旅風亭・関内駅
関内駅近辺 旅風亭、店構えも店内も中華と言うよりは洋食屋さんみたいです。縦長のお店で奥が厨房になっており手前の客席スペースに6人掛けテーブル2卓、4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル2卓で6人用丸テーブルも1卓あります。丸テーブルは中華の物ではなくただ丸いテーブルです。中華&アジアンダイニングと看板に書かれていましたが昼はほとんど中華のメニューです。
場所: 神奈川県横浜市中区翁町1-3-9
定休日: 無休

旅風亭店構え

サンマーメン(650円)、丼を見て何かが違うなと直感が働きました。もやし、キャベツ、白菜、青菜、木耳、人参・・・・肉は?よーく見ると少量のひき肉が入っています。スープを一口、一味唐辛子がごく少量入っているようです。麺が平打ち麺なのも違和感があります。中華街系統でもない街角中華系統でもないサンマーメンでした。
オレンジが付いてきました。

旅風亭サンマーメン



中区・関外 | 17:35:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
三陽 本店(元御用亭)・野毛
桜木町野毛 三陽 御用亭、野毛の有名店三陽の支店です。2階も有るようですが、縦長のお店で1階は左側縦にオープン厨房、厨房前に10席位のカウンターがあり、お店の奥に小さな4人掛けテーブル2卓と丸テーブル1卓のお店です。
(2013-07-08)
場所: 神奈川県横浜市中区野毛1-36 1F 2F
定休日: 不定休(月曜日は夕方から営業)

三陽 御用亭店構え

三陽本店へ行ったら三陽 御用亭で営業中の札がありました。野毛の有名店であるこのお店は、味もさることながら奇抜なメニュー名と店主のキャラクターが持ち味です。
(2013-07-08)

三陽 本店店構え

カラフルなお箸です。右端にちょっと写っているのは、回転寿司のお湯が出る蛇口と同様の物でお水が出ます。
(2013-07-08)

三陽 御用亭箸

サンマーメン(750円)、きっと三陽のサンマーメンならニンニク、胡椒ばっちり決めて変化球で攻めてくるだろうと思っていましたが、出てきた丼を見てあまりに普通の直球で肩透かしです。もやし・白菜・豚肉(細切り)と役者が揃っており、魚介系を感じるスープですが、餡にニンニクや胡椒の仕込みはされておらず特徴的なものはありませんので、混ぜてもスープに大きな変化はありません。麺が中太麺なのは珍しいです。大きな蓮華が印象に残りました。
(2013-07-08)

三陽 御用亭サンマーメン

三陽本店、何やら改装中の様です。
酔華さんから改装ではなく移転とコメントを頂きました。
(2015-01-13)

三陽本店改装

そして、本店は立ち食い焼き肉店となりました。
(2015-02-20)

三陽本店あと

本店は何処へ行ったのかというと、御用邸が本店となっていました。手前にも三陽がありますが以前は村役場と看板が上がっていましたが、今は取り外されていますので何と呼ばれているのかはわかりません。昼は営業していないようです。
野毛に3店舗あった三陽は2店舗になったようです。
(2015-02-20)

三陽

横浜野毛ラーメン(500円)、三陽にしてはおとなしいルックスで太麺にトッピングは海苔、メンマ、チャーシュー2枚に小口切りの長葱を散らしてあります。相変わらずビックサイズの蓮華です。やはりこのお店は店主のキャラとニンニクのお店だと再確認しました。
(2015-02-20)

三陽ラーメン

ランチ餃子(350円)、夜は一皿7個で400円ですが、昼は6個で350円です。にんにくバッチリでこれぞ三陽です。今日はニンニクの唐揚げをサービスで頂いてしまいました。これ美味しいんですよね。ビールが欲しくなってしまいます。でも昼ですから牛乳ガバット頂きました。
(2015-02-20)

三陽餃子


大きな地図で見る

中区・野毛 | 17:29:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
赤レンガ・鶴見駅
京急鶴見駅近辺 赤レンガでオロチョンラーメン4倍(750円)、横長のお店で右側縦にオープン厨房、厨房を囲むようにカウンター12席、左側は4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル4卓のお店です。オロチョンラーメンが売りで札幌の西山製麺から麺を直送で使用しています。半ライスサービスがあります。
(2015-02-19)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-19-8 八千代ビル1F
定休日: 日曜

赤レンガ店構え

オロチョンラーメン4倍(750円)、こちらのオロチョンラーメンは味噌味です。別に味噌オロチョンがあるのでその違いは何だろうかと気になっていたのですが、味噌オロチョンが赤味噌と白味噌のブレンドでオロチョンが赤味噌のみのようです。
辛さの基準はボードに表示されています。
2倍:あなたも大丈夫
4倍:キムチ程の辛さ
5倍:鮭がまっ青 刺激的な辛さ
6倍:熊もびっくり!アイヌの火祭り
10倍:最上級!病院代は自分持ち
20倍:ほとんど限界!当店では一切責任持ちません
だそうです。
麺の上にもやしを乗せて、チャーシュー1枚、メンマ、小口切りの長葱をトッピングしてあり海苔1枚が添えられています。スープは基本のスープを表に出したいのでしょうか味噌味は薄めになっています。辛みは弱いけれど好きなのですが4倍でも余裕でした。チャーシューが美味しいと思ったのと辛さ5倍でも行けたなとの感覚を得てお店を後にしました。

赤レンガオロチョンラーメン

今日は珍しくサービスの半ライスをいただきました。なぜかというとテーブルにふりかけの「のりたまのボトル」があったからで、写真ものりたまを掛けて撮りました。これ結構うれしかったです。

赤レンガサービスの半ライス



鶴見区 | 17:55:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
一筆・湘南台駅
湘南台駅近く 一筆、ヒトフデと呼ぶ人もイッピツと呼ぶ人もいるので、お店で聞いたところヒトフデだそうです。縦長のお店で右側縦にオープン厨房、厨房前にカウンター3席位、左側は4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル3卓で壁側は一列のベンチシート形式になっている小さなやや雑然としたお店です。湘南台で古くから営業しているお店で、元はパチンコ屋のところで35年営業して現在の場所に移転したようです。
場所: 神奈川県藤沢市湘南台2-12-1
定休日: 火曜(昼は営業)

一筆店構え

サンマーメン(650円)、もやし、キャベツ、豚肉と役者は揃っていて塩ベースのゆるい餡が掛かっています。細いタイプのもやしを使っていますので食感が面白いですが好き嫌いは分かれそうです。醤油スープは尖ったところのないまろやかなスープで好感が持てます。ただ、ゆるめの餡に特徴的な味付けはされていないのに混ぜるとちょっと邪魔な感じがしますので、スープを生かすのならラーメンの方がよさそうです。

一筆サンマーメン



湘南台周辺 | 19:41:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
番外編:やまて食堂・本牧
本牧 やまて食堂、本牧と言ってもJR山手駅から大通りに出る途中にある昭和の雰囲気漂うお店です。横長の見た目よりも広いお店で左側縦に半オープンの厨房、厨房前にカウンター5席位、右側は小振りな4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル1卓のお店です。
場所: 神奈川県横浜市中区大和町2-33
定休日: 火曜

やまて食堂店構え

オムライス(630円)、付け合わせは、千切りキャベツと福神漬けでケチャップが掛かっています。オムライス本体は価格の割には大きめです。ケチャップライスにはグリンピースと少量のハムと玉葱が入っていますが、味が薄いです。半分食べたところで食塩を投入して完食しました。違う料理を食べればよかったかもしれません。

やまて食堂オムライス



中華以外 | 17:59:25 | トラックバック(0) | コメント(2)
中華料理 東華楼・元住吉駅
東急元住吉駅近く 中華料理 東華楼、どちらかと言えば横長のお店で右側縦に厨房、厨房前にカウンター7席ありますが厨房と壁で仕切られているため厨房は見えません。左側の客席スペースに4人掛けテーブル8卓の結構大きなお店で、天井の造りは中華と思うのですがそれ以外は喫茶店でも通用しそうです。ラーメン600円、チャーシューメン800円、餃子5個600円等価格は少し高めです。
場所: 神奈川県川崎市中原区木月1-28-19
定休日: 月曜

中華料理 東華楼店構え

広東麺(800円)、サンマーメンはありませんでしたので、少し高めのメニューの中でもリーズナブルと思える広東麺を頼んでみました。具材は豊富で、なると、蒲鉾、木耳、筍、豚肉、ハム、白菜、キャベツ、長葱(斜め切り)、伊達巻、うずら、ピーマン、きのこ類で薄く醤油ベースの餡が掛かっています。スープは広東麺のちょっと甘味の付いたスープですがもう少し餡が掛かっているといいかなあ。

中華料理 東華楼広東麺



中原区 | 17:43:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
楽養軒・湘南台駅
湘南台駅から歩けない事は無いが車のほうが無難 楽養軒、縦長のお店で左側縦にほぼクローズされた厨房、中央に4人掛けテーブル2卓と右側は小あがりになっており4人用の座卓が3卓置かれています。以前は500~600円が中心の街角中華価格でしたが、消費税増税もあり価格帯が少し上がっているのは致し方の無い所でしょう。四川ラーメンや担々麺がメニューにあり、そばやうどん、フライ系の定食もありますので、中華中心の食堂と言ったポジションです。
場所: 神奈川県藤沢市円行2-9-12
定休日: 日曜

楽養軒店構え

サンマーメン(600円)、もやし、白菜、豚肉、木耳、筍、玉葱、人参、青菜で構成されており、塩ベースの餡が掛かっています。麺は中細のストレイト麺でスープはそっけないほどシンプルですが、悪くないです。・・と言う事は、餡に味付けがされていてサンマーメンの楽しみの一つである餡とスープを混ぜた時の味の変化が楽しめるのかもと期待したのですが、餡に特徴的な味付けはされておらずちょっと残念でした。しかし、600円で白菜使用のサンマーメンとしては美味しいサンマーメンだと思います。

楽養軒サンマーメン



湘南台周辺 | 17:53:32 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad