FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

江南酒家・横浜駅
横浜駅東口と京急神奈川駅の中間位 江南酒家、東京京橋の住所(京橋2-11-6)の入った箸袋を使っているので、東京にもお店があるのがわかります。縦長の結構広いお店でざっと50席位までは見えたのですが、多分80席位はありそうです。お店の奥からもお客さんが入ってくるので食後に確認に行ったら反対側にも出入り口がありました。
(2014-04-28)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1-105 ポートサイドレイナ1階
定休日: 無休

江南酒家店構え1

反対側の出入り口です。
(2014-04-28)

江南酒家店構え2

サンマーメン(700円)、もやし、青梗菜、豚肉、少量の人参・キャベツで構成されており醤油ベースの餡が掛かっています。豚肉が細切りではなく薄切りで街角の中華屋さんが使っているものより質がいいのですが、何か違う感が拭えません。
(2014-04-28)

江南酒家サンマーメン

杏仁豆腐が付いてきました。
(2014-04-28)

江南酒家杏仁豆腐

麺セット(上海風焼きそば+半チャーハン+杏仁豆腐)(820円)、セット定食も種類が多く日替わりもあるのですが、どうも魅力的なランチを提供していないので足が遠のいていましたが、上海風焼きそばに惹かれて入ってみました。さすがに箸袋の住所も横浜になっていたのですが、中華料理居酒屋の文言が入っています。前からそうなのか分かりませんが、経験上居酒屋と表記している中華料理屋さんで美味しい中華を食べたことが無いのでテンション下げ下げです。奇をてらった器と量だけは多い焼きそばに途中で飽きながらなんとか完食しました。
(2017-02-01)

江南酒家上海風焼きそばセット

江南酒家上海風焼きそば

よだれ鶏ランチ(790円)、街角中華ランチとしては珍しいよだれ鶏を出していたので入ってみました。しかしよだれ鶏に対する知識は四川料理位しかなく、色々と想像してランチが出て来るのを待ちました。四川にはよだれを垂らす鳥がいるのか?いやいやそれは無いだろう。では、よだれ鶏とはどんな鶏なんだろうか?もしかしたらヨーダレと鳴く鶏か?などと考えているうちに速攻でランチが出てきました。単品料理ランチとの初対面の印象は大切です。今回はコンパクトなランチとの印象で細部を見てみます。まずザーサイの細切りが好みではありません。スープは人参・豆腐・玉子入りのとろみスープで玉子のみよりは良いかな程度、杏仁豆腐はクコの実が入っているとはいえ量が少ないです。この時点であまり期待出来そうにないとの判断が頭をよぎります。よだれ鶏は蒸し鶏の辛味ソース掛けと称しても良いような料理で、千切りキャベツの上に蒸し鶏を載せて、小葱を散らして辛味ソースをかけてあります。蒸し鶏は肉薄の細切り傾向で、街角中華ではよく見かける形態です。普通に美味しいランチで特に印象に残ったものはありませんでした。ちなみに「よだれ鶏」気になったので調べてみました。この料理の味を思い出すとよだれが出てくるということから付いた名前だそうです。
(2019-12-19)

江南酒家よだれ鶏ランチ

江南酒家よだれ鶏



神奈川区・JR京急方面 | 17:50:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
隆昌酒家・横浜駅
横浜駅東口と京急神奈川駅の中間位 隆昌酒家、横須賀に支店があり、東神奈川に姉妹店がある中華料理屋さんです。見た感じよりも大きな席数のあるお店で右側縦に丸テーブルが並んでおり左側はテーブル席になっています。
(2015-11-19)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1 コンカード横浜1階
定休日: 無休

合鴨と白菜の炒め
牛肉の黒胡椒炒め
蒸し鶏のネギソースかけ

隆昌酒家店構え

合鴨と白菜の炒めランチ(750円)、印刷された定番のランチと黒板ボードに手書きのサービスランチがあり、黒板ボードにはランチとしては見慣れないメニューが出ていることが多いです。黒板ボードに「合鴨と白菜の炒め」を見つけて入ってみました。ライス、スープ、漬物、小鉢、デザート付です。スープは卵、ワカメ、賽の目切り豆腐、人参のスープで、漬物はザーサイ、小鉢はサラダ、デザートはシンプルな杏仁豆腐です。合鴨と白菜の炒めは合鴨と細切り白菜、人参を炒めたものですが、よく考えると合鴨を語れるほど合鴨を食べていない事に気づきました。まあ、珍しいメニューをランチに見つけて思わず入ってしまいました状態ですが、ランチとしては満足のいくもので混み合っているお店の状態が納得できるランチでした。
(2015-11-19)

隆昌酒家合鴨と白菜の炒めランチ

隆昌酒家合鴨と白菜の炒め

牛肉の黒胡椒炒め定食(750円)、横浜駅周辺で千円以下で中華のランチを食べるなら、名前を挙げない訳にはいかないお店です。席数が有っても混んでいるのでオートメーション的なオペレーションがちょっと不満かな。昼時を外せば少しゆったりとした感じで食事が出来ます。ライス、ワカメ入りのトロミ付き玉子スープ、薄切りザーサイ、千切りキャベツとレタスのサラダ、寒天感系よりもクリーミー系寄りのフルーツ入り杏仁豆腐付です。牛肉の黒胡椒炒めは、牛肉、玉葱、ピーマン、筍、黒胡椒で炒めたものです。想像しやすい味でその通りに美味しいです。特に牛肉の量が多く満足感のあるランチでした。又昼時を外してしまった様な時には行ってみます。
(2019-02-01)

隆昌酒家牛肉の黒胡椒炒め定食

隆昌酒家牛肉の黒胡椒炒め

蒸し鶏のネギソースかけ定食(780円)、蒸し鶏食べたいと思っていた時にタイムリーなメニュが出ていたので呼ばれてしまいました。ライス、玉子とろみスープ、薄切りザーサイ、もやしのナムル、フルーツ入り寒天感系杏仁豆腐付で、15時まではライス大盛無料となっています。蒸し鶏のネギソースかけは、味も見た目も想像通りでしたが斜め切りにした蒸し鶏の一片が肉厚で大きく、それが2列盛り付けてあります。この蒸し鶏の感じは、中華街では出会いますが、街角中華では余りお目にかかった事が無いと思います。それだけにインパクトが有り、印象に残る定食です。その反動でスープやデザート、小鉢にコストのしわ寄せがきているようですが、1点豪華主義的な定食もありだなと思いながらお店を後にしました。
(2019-12-04)

隆昌酒家蒸し鶏のネギソースかけ定食

隆昌酒家蒸し鶏のネギソースかけ



神奈川区・JR京急方面 | 17:37:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
天龍・子安駅
京急子安駅前 天龍、縦長のお店で奥がオープン厨房になっており、厨房前にカウンター4席、4人掛けテーブル1卓、2人掛けテーブル2卓、6人掛けテーブル1卓のお店で、年配のご夫婦で切り盛りされていました。客席部分は赤系統の配色が印象的です。スタミナ麺や龍麺(どちらも750円)が気になります。
(2014-03-31)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区子安通1-104-2
定休日: 木曜

天龍店構え

サンマーメン(650円)、もやし、キャベツ、豚肉と役者は揃っていて塩ベースの餡がかかっています。スープは塩と言って良いと思います。なかなかこなれた調理で、街の中華屋さんです。
(2014-03-31)

天龍サンマーメン

ラーメン(540円)、トッピングはナルト、メンマ、青菜、チャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。スープはサンマーメンと同様の様で醤油というよりは塩と言ってもいいようなスープです。シンプルなルックスのラーメンですが、つるっとした麺と独自スープ、歯ごたえのある肉の味を凝縮したチャーシューと注目点のあるラーメンです。こなれた感じの調理を今回も感じました。
(2018-02-05)

天龍ラーメン

マーボー定食(750円)、麺類でこなれた調理を感じたので単品料理定食を食べてみたいと入ってみました。結果から云えば大外れです。ライス、沢庵、ワカメと玉子のトロミの無いスープ、野菜炒め付です。デザートは無いけれど野菜炒めが付いておりCP的には高いと思います。しかし、スープは妙に塩辛く飲む事が出来ず、野菜炒めの味付けは良いのですが冷めています。麻婆豆腐はあまり辛くないのですが、辛味の源泉は唐辛子一択の様です。所々だまになっており、もう少しやり様が有るだろうにと思ってしまいます。やはり、このお店は麺飯のお店なのかな。
(2019-12-02)

天龍マーボー定食

天龍マーボー


大きな地図で見る

神奈川区・JR京急方面 | 18:13:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
新菜楼・大口駅
大口駅近く 新菜楼、横長のお店で、入ると右側は8人用丸テーブル1卓、左側に4人掛けテーブル3卓、6人掛けテーブル2卓で正面奥が厨房ですがクローズされている中華料理屋さんです。
(2014-10-03)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区大口通130-11
定休日: 水曜

新菜楼店構え

サンマーメン(680円)、もやし、豚肉、木耳、人参、ニラ、玉葱で構成されており醤油ベースの餡が掛かっています。黒コショウの利かせ方がうまいなとは思いましたが、サンマーメンと言うよりは野菜ラーメンと言った方がしっくりときます。
(2014-10-03)

新菜楼サンマーメン

ランチ(700円)、ランチは4種類で1種類のみ750円で他は700円です。麺ランチはありません。ホワイトボードの「鶏肉とじゃがいもの炒め」ランチが目に留まりました。この料理の注目点はどんな形態のジャガイモが出てくるかです。ライス、スープ、漬物、デザート付で午後3時まではご飯のおかわりが出来ます。スープはとろみ付のない玉子スープで漬物はクラッシュ胡瓜、デザートは杏仁豆腐です。注目の鶏肉とじゃがいもの炒めは、薄切りじゃがいも、鶏肉、ピーマン、玉葱、人参を薄い餡かけで炒めたものです。注目のじゃがいもは「薄切りで来たかあ」と正に意表を突かれた感じです。薄切りの場合ボリューム感を出すのが難しいのですが、そこそこのボリューム感もあり、なんと言っても鍋からザット皿に移した感があります。ちょっとオイリーかなとは思いますが、印象に残るランチでしたので又行ってみます。
(2017-07-11)

新菜楼鶏肉とじゃがいもの炒めランチ

新菜楼鶏肉とじゃがいもの炒め

ニラレバランチ(700円)、ライス、スープ、漬物、デザート付で午後3時まではご飯のおかわりが出来ます。スープはワカメと野菜のスープで漬物の替りにヤッコ、デザートは自家製の杏仁豆腐です。ニラレバは比較的良く火を通してあるツユダクタイプです。少し期待しすぎたかもしれませんが、このニラレバなら他店でも食べる事が出来る感じです。美味しいのですが、何か調理の質の様なものを期待した割には普通でした。
(2018-03-05)

新菜楼ニラレバランチ

新菜楼ニラレバ

鶏肉ともやしの辛炒めランチ(700円)、ライス、サラダ、スープ、フルーツ入り杏仁豆腐付です。鶏肉ともやしの辛炒めは、もやし、鶏肉、人参、青梗菜、唐辛子を炒めた料理で、シャキシャキもやしが心地いいのですがちょっと煽りが足りないようです。このお店は時々調理の質を感じさせてくれる事が有るのですが、今日は至って普通の料理で、調理の質を感じるまでには至りませんでした。
(2018-06-15)

新菜楼鶏肉ともやしの辛炒めランチ

新菜楼鶏肉ともやしの辛炒め

テントの張替えをしていました。
(2019-11-21)

新菜楼店構えa

麻婆豆腐ランチ(680円)、ライス、サラダ、ワカメと豆腐のミソスープ、フルーツ入り寒天感系杏仁豆腐付です。実は広東料理を謳うこのお店でどんな麻婆豆腐を出すのだろうかと、ひそかに期待してランチメニューに出るのを待っていました。多分味わい系だろうと思っていたのですが、全体的に大外れです。シャバシャバで味に深みが無く、辛味も強く感じるのは唐辛子のみです。広東料理店の麻婆豆腐に期待したのですが、もう少し何とかして欲しかったです。
(2019-11-21)

新菜楼麻婆豆腐ランチ

新菜楼麻婆豆腐



神奈川区・JR京急方面 | 17:45:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
東北飯店・東神奈川駅
東神奈川駅近辺 東北飯店、店構えから左側に縦に厨房、その前にカウンター、右側は3卓位のテーブル配置を想像して入店したが、中が広いのでびっくりした。カウンターはなく、4人掛けテーブル7卓がゆったりと置かれており、厨房は壁で仕切られている為に見えないが、縦長で右奥にある。なんかスペースもったいない感じで場末感が漂う。
(2012-09-27)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区二ツ谷町1-2
定休日: 日曜

東北飯店店構え

サンマーメン(600円)、小振りな丼での提供だが麺の量は多い。下手をすると麺が密集して目も当てられなくなるのだが、そのような事はなかったのはさすがだ。スープは動物系が感じられるスープで、野菜の量も多い。CPは高く良いサンマーメンだと思うが、もう一度食べたいと思わせる何かが足りない。
(2012-09-27)

東北飯店サンマーメン

五目うま煮ソバ(650円)、メニュー名は五目うま煮麺となっていますが、五目ソバや広東麺はメニューにありません。具材は、海老、イカ、木耳、豚肉、白菜、青菜、人参で醤油ベースの餡が掛かっています。スープは動物系ですが、広東麺系統にあるようなこってりした厚みのあるスープではなく比較的あっさりとしています。餡に濃い目の味付けがされていますので混ぜるとちょうど良い位です。価格は安いのですが満足感としては今一歩です。
(2015-09-08)

東北飯店五目うま煮ソバ

麻婆豆腐ランチ(650円)、13時半までのランチは単品料理ランチが4種類で650円2種、700円2種となっており、他に半チャーハン付きの麺ランチが2種類あります。このお店は中華料理屋さんなのですが、中華の暖簾が出ていて中華屋さんの趣もあり、中華料理というよりは麺飯料理のイメージがあるお店です。ランチに麻婆豆腐が出ていたので、そんなお店の麻婆豆腐に興味があり入ってみました。ライス、スープ、漬物、デザート付です。漬物のザーサイはごま油風味で量も多い方ですが、細切りが残念です。スープはワカメ入りのとろみのない玉子スープ、デザートはフルーツ入りの杏仁豆腐です。さて、麻婆豆腐ですが、辛味の源泉はラー油と黒胡椒なので複雑なスパイス感も無くそんなに辛くはありませんが、後からじわっと来る辛さです。豆腐は木綿を使っているのでスプーンが付いていないのでしょうか。四川でもないし日式でもない店主独自の麻婆豆腐で、どちらかと言えば日式の味わい麻婆豆腐に近く、これアリだなと思いながら完食しました。
(2018-04-05)

東北飯店麻婆豆腐ランチ

東北飯店麻婆豆腐

中華丼(650円+税、715円)、外税になったようです。中華丼なのか五目かけご飯なのか、さあどちらでしょうか。価格を考えると、どちらともいえない微妙なラインです。具材は白菜。人参、木耳、エビ、イカ、豚肉で醤油ベースの餡が掛かっています。税抜きで650円だとエビ、イカの入っていない中華丼系統かなと思っていましたが丼を見れば小さいながらエビもイカも入っており五目かけご飯系統であることが分かります。価格を考えれば頑張っています。ボリュームもあり美味しかたっしね。妙に具沢山のワカメと玉子のトロミの無い塩ベースのスープが付いていました。
(2019-11-14)

東北飯店中華丼


大きな地図で見る

神奈川区・JR京急方面 | 17:46:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ