FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

南門飯店・生麦駅
生麦駅近辺 南門飯店、縦長のお店で手前の客席スペースに4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル1卓、8人用丸テーブル1卓が置かれています。年季は入っているが、しっかりした造りの椅子やテーブルを見るとこれらを配置した時の気構えを感じます。客席スペースと奥の厨房の間にサービスカウンターが有り、厨房との仕切り壁にキープボトルが置かれているのを見ると、その部分だけを見ればスナックです。中華料理屋さんだと思っていましたが、メニュー構成を見る限り中華屋さんの様です。
(2019-01-24)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区生麦3-12-37
定休日: 月曜

南門飯店店構え

サンマーメン(680円)、具材はもやし、白菜、キャベツ、人参、椎茸、ニラ、豚肉で醤油ベースのやや硬めな餡が掛かっています。スープは全体的に味が濃く化調が強いようで、お冷2杯コースでした。豚肉が薄切りであるところや味付けを見れば中華屋さんのサンマーメン寄りです。
(2019-01-24)

南門飯店サンマーメン



鶴見区 | 18:05:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
信陽軒(閉店)・生麦駅
生麦駅と花月園前駅の中間位 信陽軒、縦長のお店で左側縦にオープン厨房、厨房を囲むように逆Ⅼ字型のカウンター席9席位のみの小さなお店です。
(2015-01-16)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区生麦4-29-8
定休日: 水曜

信陽軒店構え

サンマーメン(700円)、もやし、キャベツ、豚肉、ニラ、人参で構成されており、塩ベースの透明な餡が掛かっています。スープは醤油を前面に出しており、餡もスープの邪魔をしないように特徴的な味付けはされていません。ただ、このタイプだと醤油自体に大きな魅力がないと難しいように思えます。具材の量は多いのですが全体的にはちょっと高いです。
(2015-01-16)

信陽軒サンマーメン

テントも撤去されていて、閉店していました。
(2019-01-24)

信陽軒閉店



鶴見区 | 17:27:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
新香苑・生麦駅
生麦駅近辺 新香苑、縦長のお店で奥に半オープンの厨房があります。入ると右側縦に小上りがあり6人用の座卓が1卓、左側は4人掛けテーブル4卓でカウンター席はありません。
(2014-11-18)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区岸谷1-22-23
定休日: 水曜

新香苑店構え

サンマーメン(700円)、もやしが大部分でニラ、人参、玉葱、椎茸、豚肉が少量入っていて小口切りの長葱を散らしてあります。餡は塩ベースの餡が掛かっており、スープは塩分が少し出っ張っていますので少し塩辛いです。もやしそばに近い形態のサンマーメンで具材は多いと思いましたが、価格的には高いです。
(2014-11-18)

新香苑サンマーメン

ラーメン(500円)、トッピングはメンマ、小型のチャーシュー、ノリで小口切りの長葱を散らしてあります。スープは薄口なのですが、先頭に来ているのは塩と言う感じで、もう少ししょう油が強いと好みかなと思います。とは言えこの価格のラーメンとしては、魅力のあるラーメンだと思います。
(2018-12-04)

新香苑ラーメン

焼売(500円)、ホタテ貝柱入りと書かれた店内張り紙に惹かれて注文しました。中型でも小型寄りの大きさのシューマイで箸がサクッと入りますので具材が詰まっているわけではなくつなぎでかさまししているようです。ホタテの貝柱は感じる事が出来ず残念です。提供が早く、レンジ加熱の様です。
(2018-12-04)

新香苑焼売



鶴見区 | 18:22:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
食いしん坊・鶴見駅
京浜鶴見駅近く 食いしん坊、看板も出ていない12席程のU字型カウンターに囲まれたオープンキッチンの小さなお店ですが、昼時は行列が出来ている事もあります。メニューは少なく麺類で9種類とチャーハン、中華丼位しかありません。初老のご夫婦で切り盛りされていますが、ちょっと無愛想なご主人です。お冷はセルフでどうぞとなっています。
(2011-11-25)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-17-1
定休日: 日曜

食いしん坊店構え

サンマーメン(600円)、もやしメインで具の量が多く一口目が危険と言う程ではないが、ほぼ全面に餡と具が占めるので熱々です。多分ラーメンとスープは同じと思いますので、このスープならサンマーメンよりもラーメンの方が合うように思います。CPが高いからでしょうか、絶品と言う訳でもないのに又行きたい不思議なお店です。
(2014-01-07)

食いしん坊サンマーメン

ラーメン(500円)、自分でお冷を用意しながら、炒飯を頼む人が多いなと実感しつつもラーメンを注文しました。トッピングはメンマ、ワカメ、薄切りコンテストなら優勝間違いない超薄切りナルト、やや肉厚なホロホロチャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。麺は平打ち傾向の中麺でスープは化調強めかなと思う。しかしなんだかんだ言ってもこのやや肉厚なホロホロチャーシューが500円のラーメンに入っているのは驚きです。満足感があり、また呼ばれてしまうラーメンです。
(2018-06-14)

食いしん坊ラーメン


大きな地図で見る

鶴見区 | 17:11:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
自由軒・生麦駅
生麦駅近辺 自由軒 (じゆうけん)、縦長のお店で2階もあるようですが、1階は4人掛けテーブル9卓で一番奥に厨房となっています。
(2013-07-12)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区生麦1丁目10-6
定休日: 隔週火曜

自由軒生麦店構え

中華街に在る東林がこちらの2号店との事です。
(2013-07-12)
「街角中華・東林」

自由軒生麦メニュー

サンマーメン(680円)、もやしそばが別メニューの同価格でありましたのでサンマーメンともやしそばは別物のようです。もやし・キャベツ・豚肉(細切り)と役者が揃っていてキャベツは細かくカットされています。餡は塩ベースで少し味付けがされています。スープは、普通の醤油味のスープなのですが、餡を混ぜるとこくの様な物がプラスされてなかなかいいスープになります。
(2013-07-12)

自由軒生麦サンマーメン

ここ数か月内で3回ほどお店の前を通りましたが、いつもシャッターが閉まっています。
閉店してしまったのかと中華街の姉妹店である東林に行って聞いてみましたところ、
人手不足で自由軒のメンバーはすべて東林に来ているそうで、自由軒の休業期間は未定だそうです。
(2015-01-29)

休業していた自由軒が再開していました。あれ、店構えが変わっていますね。
(2016-02-24)

自由軒再開

鶏肉の四川風辛子炒めランチ(680円)、店構えを替えた後に寄ったのですが、定食類が850円に華麗にスルーしていました。店の前を通ったら週替わりを始めたようですのでこれならと入ってみました。店構えを替えているのですが、ザックリ言ってしまえば中央にあった出入り口が右側に移動した感じです。と言っても元のお店をよく知っているわけではないので細部には変更があるのかもしれません。週替わりランチは、ライス、薄切りなのに厚切りザーサイ、ワカメも入った具沢山玉子スープ、寒天感もあるがクリーミー感もそこそこあるシンプルタイプの杏仁豆腐付です。さて、鶏肉の四川風辛子炒めですが、パッと見も食べても玉葱の四川風辛子炒めです。具材は玉葱、ピーマン、人参、長葱、クワイ、唐辛子、鶏肉です。なんか、このお店としては低価格のランチなのですがコストダウンのポイントを間違えているような気がします。
(2018-05-28)

自由軒鶏肉の四川風辛子炒めランチ

自由軒鶏肉の四川風辛子炒め


大きな地図で見る

鶴見区 | 17:39:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ