■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

中華料理 福星園・白楽
東急白楽駅すぐ近く 中華料理 福星園、住居併設で無い中華料理屋さんはいとも簡単にお店が替わってしまいますので積極的に入ることも無いのですが、店頭の看板にサンマーメンがありましたので入って見ました。入ると右にレジ1台がある会計場、正面は縦長の厨房があるのですがオープン厨房ではないため壁があります。その壁に向かってカウンター席を2席作っているのはいかにもスペース有効利用の中華料理屋さんらしいです。左側は、4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル1卓で小さなお店と思いましたが、左奥に大きな客席スペースがあるようです。
(2013-10-24)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区白楽100-5 白楽コミュニティプラザ1F
定休日: 日曜(昼営業のみ休み、夜は営業)

中華料理 福星園店構え

サンマーメン(680円)、杏仁豆腐と大根の細切りピリ辛酢漬けが付いてきました。もやし、ニラ、にんにくの芽、細切り豚肉で構成されており、どちらかと言えば中華街のサンマーメンのタイプに近いです。スープは日本のラーメンに近い物ですが、食べたいのはこれじゃないんですよ。
(2013-10-24)

中華料理 福星園サンマーメン

ユーリンチー定食(680円)、失礼ながらこのお店はすぐに無くなってしまうと思っていましたが意外や意外です。なんでだろうかと入ってみようと何度か思ったのですが、看板の中華居酒屋の文字が邪魔をしていました。中華居酒屋と看板にあるお店で美味しい中華に出会う確率が低いとの経験からなんですけれどね。ランチとしては麺ランチを含めて13種類、定食として麺定食を含めて12種類もあり、迷った時にはニラレバなのですが不思議な事にニラレバがありません。仕方なくエイヤでユーリンチー定食にしてしまいました。ライス、スープ、杏仁豆腐、小麻婆豆腐付きでライスの大盛りは無料となっています。運ばれてきたトレーを見て、何か言い様のない脱力感です。中央に盛った千切りキャベツを土台にして所々厚いがほとんどは薄い鶏肉を刻んで配置してあります。麻婆豆腐は、かさましでしょうか厚い餡に覆われています。中華居酒屋的料理で、多分居酒屋さんとしては繁盛しているのでしょう。
(2018-07-19)

中華料理 福星園ユーリンチー定食

中華料理 福星園ユーリンチー


大きな地図で見る

神奈川区・東急方面 | 19:04:29 | トラックバック(0) | コメント(2)
中国料理上海菜館・反町駅
東急反町駅近く 中国料理上海菜館、縦長のお店で右側縦にオープン厨房、厨房前にカウンター6席位、左側は6人掛けテーブル2卓で、奥に丸テーブルが2卓位あるようです。カウンターやレジ回りはやや雑然としています。お店の造りや雰囲気から中華屋さんと思っていたのですが、フレンドリーで明るい感じのねじり鉢巻の店主の会話を聞くと達者な中にもあれと思う物があり、地元に根付いた中華料理屋さんなのですね。
(2014-03-10)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区松本町1-3-1
定休日: 火曜

中華料理上海菜館店構え

ラーメン(500円)、サンマーメンはメニューになかったので、そんな時はラーメン+餃子かチャーシューメンにしています。ラーメンはチャーシュー2枚と青梗菜、メンマ、小口切りの長ねぎと至ってシンプルですが、このチャーシューはすごく気に入ってしまいました。昔中華街で食べたチャーシュを思い出させるもので、油部分も美味しいのです。スープは醤油よりは塩気の強い物で、もう少し塩分控えめでもいいと思います。今度はチャーシューメンにします。
(2014-03-10)

中華料理上海菜館ラーメン

餃子(500円)、中型で刻み系統の餃子です。皮が厚めなので腹持ちがいいです。餡の量も多くなかなか美味しい餃子ですが、1個80円強となると、相応かもう一声か微妙な線にあるように思えます。
(2014-03-10)

中華料理上海菜館餃子

上海焼きそば(750円)、何にしようかなとメニューを見ていたら上海焼きそばを見つけました。上海菜館なら上海焼きそばでしょうとばかりに注文しました。しかし、店主が辛子とお酢をテーブルに用意します。辛子はまだしもお酢かあと思っていたら上海焼きそばが運ばれてきました。うろたえる位自分が思い描いていたイメージと違います。麺が太く短いです。ソースが違うのでしょうが麺の色が違います。上海焼きそばのイメージがもろくも崩れた瞬間でした。どんな焼きそばを上海焼きそばと呼ぶのでしょうか。
(2016-12-19)

中華料理上海菜館上海焼きそば

葱とチャーシュー細切りそば(650円)、この手の麺料理としては安いなと思いながら注文しました。ネギがいっぱいでチャーシューは少なめですが、決して少なすぎるわけではありません。価格を考えれば十分でしょう。黒胡椒が掛かっており、これが結構利いています。安いからと言って決してチープな感じはせず、普通に美味しいだけでは終われない麺料理です。黒胡椒とスープのマッチングが絶妙で蓮華が止まりません。やるなおやじ!
(2017-07-07)

中国料理上海菜館葱とチャーシュー細切りそば

牛バラ肉そば(800円)、来店するお客さんには、いつも常連さんが来たかのように「あっ!いらっしゃい」と迎えてくれる店主で、ちょっと嬉しい感じがします。今日は以前から食べたいと思っていた牛バラ肉そばを注文しました。スープはラーメンと同じ様で醤油よりは塩気の強いちょっと化調を感じるスープです。八角の利いた牛バラは柔らかく、タレとスープが混じると奥深さが出るようです。後を引く美味しい一杯でした。
(2018-07-02)

中国料理上海菜館牛バラ肉そば


大きな地図で見る

神奈川区・東急方面 | 17:15:06 | トラックバック(0) | コメント(2)
翠香園・反町駅
東急反町駅近辺 翠香園、同じ神奈川区の青木町から移転して、2013年10月オープンだそうです。縦長のお店で奥が厨房で手前の客席スペースは2人掛けテーブル4卓、4人掛けテーブル2卓で8人から10人用の丸テーブルがあります。丸テーブル部分は移動式の仕切り壁で仕切られていた為良くわかりませんが、宴会に使えそうです。料理写真が貼られていますが無造作にべたべた貼られておらず好感が持てます。
青木町のお店外観
(2014-02-06)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区松本町2-19-3
定休日: 月曜
サンマーメン
シューマイ
バンメン
ラーメン
餃子
広東麺
五目そば
ユーリンチー

翠香園店構え

サンマーメン(750円)、もやし、青菜、人参、木耳、玉葱、細切り豚肉で構成されており、餡が掛かっています。麺は中細麺の中では細麺タイプで、スープは昔中華街周辺の中華屋さんで良く出会った味です。うま煮そばや広東麺の甘味の付いたこってりとした分厚い感じのスープを軽くした感じのスープで懐かしい味です。普通なら細切り豚肉は残念なのですが、このスープならむしろ細切り豚肉の方が合っています。また行こうおっと!
(2014-02-06)

翠香園サンマーメン

シューマイ(450円)、小振りなシューマイで蒸篭に入ってくるのが見た目にも良いです。つなぎをあまり使っていないからでしょうか、口の中で肉がばらけ、変わった食感を引き出しています。
(2014-02-06)

翠香園シューマイ

バンメン(850円)、メニューはカタカナでバンメンとなっています。底の浅い丼で提供され、具材は海老、イカ、木耳、筍、焼豚、白菜、青菜、人参、長葱で構成されており、焼豚は具材と一緒になっています。練り物や豚肉は入っていませんが、海老と焼豚に存在感があり満足感があります。ほんのり甘味があるスープも好感です。
(2014-07-04)

翠香園バンメン

ラーメン(650円)、店舗は新しいですが老舗のラーメンはどんなだろうかと注文してみました。トッピングはなるとと厚切りチャーシュー各一枚とメンマに小口切り長葱少々です。丼も小さくスープも妙に濃く、何か期待外れです。老舗と言っても中華屋さんよりも中華料理屋さん寄りなので、期待する方が間違っていたかもしれません。CPも悪く、このお店ではバンメン一択ですかね。今度は、ご飯物にもトライしてみたいと思います。
(2016-07-26)

翠香園ラーメン

餃子(450円)、皮が厚めの刻み系統の中型の餃子です。1個90円と考えるとちょっと高いかな。ラー油がメーカー品ではなく、独自のラー油の様でこれがなかなか良かったです。
(2016-07-26)

翠香園餃子

広東麺(850円)、バンメンとの違いを見てみようという事で広東麺を注文しました。普通のラーメン丼で提供されましたが、バンメンが底の浅い丼なので、比べると具材がスープに埋没してしまっており地味な感じです。具材は海老、イカ、木耳、筍、焼豚、白菜、青菜、人参までは同じですが、長葱ではなく豚肉、ヤングコーンとマッシュルームが入っており、焼豚が具材と一緒になっています。ほんのり甘味があるスープもバンメンと同じです。最も違う点は広東麺には豚肉が入っている事ですが、バンメンを食べてから時間が経っていますので今はバンメンにも入っているのかもしれません。全体的にはバンメンのつゆだくバージョンですが、私的にはバンメンがお勧めです。本当に数少ないバンメン提供店ですので頑張って欲しいです。
(2017-06-30)

翠香園広東麺

五目そば(850円)、バンメン、広東麺との違いを見てみようと五目そばを注文しました。具材は海老、イカ、木耳、筍、焼豚、白菜、青菜、人参、豚肉、ヤングコーンで餡は掛かっていません。基本的に具材は同様ですが餡の有る無しの違いです。最も違うのはスープで、五目そばは所謂塩で、バンメン、広東麺は醤油となっています。所謂塩と表現したのは塩よりの薄い醤油スープで、このスープなかなか美味しいです。タンメンにも使っているスープなのかな?また行かなければいけません。
(2017-07-21)

翠香園五目そば

ユーリンチーランチ(750円)、ランチは3種類あり単品料理ランチが2種類(どちらも750円)、麺ランチが1種類で800円となっています。ランチを食べてみようと思っていましたので入ってみました。ライス、スープ、お新香、揚げ物1個、デザート付でライス、スープはお替り自由となっています。薄切りザーサイ、醤油ベースの玉子スープ、クリーミータイプのデザート感のあるクコの実が乗った杏仁豆腐とランチボードでは揚げ物1個となっていましたが和え物が付いていました。多分ユーリンチーに揚げ物ではと和え物にしたのかなと勝手に推測、もしかしたら揚げ物が無くなってしまったのかもしれません。この和え物は見た感じ細切り人参とキャベツのマヨネーズ和えかと思いましたが、食べてみるとキャベツではなく水餃子の皮かな?へ~面白いなと思った。ユーリンチーは千切りキャベツかレタスの上に平型の鶏唐揚げが載っているパターンを良く見るのですが、このユーリンチーは小型の青梗菜の元部分をカットして並べた上に丸型の鶏唐揚げを載せてあり、トマトを付け合わせ的に配しています。これも面白い盛り付けだなと思いながら唐揚げを一口、あれ、ユーリンチーソースの酸味にレモンの様な爽快感のある酸味がプラスされています。ホ~、これなかなか美味しいです。中華料理屋さんで随分ランチは食べているのですが、へ~とかホ~とか思うことはあまりなく、それだけに非常に印象に残ったランチでした。こんな感じのランチが出ているなら行かない手はありません。一度だけでは分かりませんのでまた行きます。
(2018-06-27)

翠香園ユーリンチーランチ

翠香園ユーリンチー


大きな地図で見る

神奈川区・東急方面 | 17:18:54 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad