FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

華錦園(カケエン)・成瀬駅
成瀬駅近辺 華錦園(カケエン)、奥が厨房になっていますが、中華料理屋さんなので壁で仕切られていて見えないつくりです。手前の客席スペースに4人掛けテーブル6卓、2人掛けテーブル2卓でカウンター席はありません。家族経営の中華料理屋さんのようです。
場所: 東京都町田市南成瀬5-1-7
定休日: 木曜

華錦園(カケエン)店構え

サンマーメン(735円)、もやし、キャベツ、豚肉と役者は揃っています。もやしの比率が低いのと豚肉が細切りなので、期待するサンマーメンらしさはありません。餡に何か仕込がありそうな丼姿だったのですが、何もありませんでした。麺料理としては美味しいので頼むメニューを間違えたのかもしれません。

華錦園(カケエン)サンマーメン


大きな地図で見る

サンマーメン | 17:53:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
豆点・自由が丘駅
東急自由が丘駅近く 豆点、縦長のお店で右縦にオープン厨房、厨房を囲むようにL字型カウンター10席位、左側はベンチシートで4人掛け2卓、2人掛け1卓のお店。名称が分からないのですがバームクーヘンのような形をした中華五徳が使われていました。このタイプの五徳は中華屋さんではあまり使われていないのですが、五徳から昇竜のように立ち上る火を見ると中華だなあと思います。寡黙な職人気質の店主とサブのお兄さん2人で切り盛りされていました。
場所: 東京都目黒区自由が丘1-11-2
定休日: 無休

豆点店構え

サンマーメン(700円)、もやし、ニラ、長ねぎ、木耳、人参、豚肉で構成されており塩ベースの餡が掛かっています。少量ですがにんにくが入っているようです。スープはほのかな甘味を感じる物で、やや硬めに茹でられた麺とともに好印象でした。ただ、キャベツや白菜が入っていないのでどうしてももやしの比率が高くなり、もやしそば寄りになってしまうのは残念です。

豆点サンマーメン


大きな地図で見る

サンマーメン | 17:38:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
松沢屋・大崎駅
大崎駅近辺 松沢屋、お店の後ろ側は昔ながらの住宅地ですが、振り返れば高層ビルが立ち並んでいる境にあるお店です。縦長のお店で右縦にオープン厨房、厨房前にカウンター7席、左側縦に6人用長テーブル1卓のお店で老夫婦と後1名の3人で切り盛りされているようです。カウンターの椅子が妙に高く、座るのに苦労しました。足の短いのはなんともカバーできません。
場所: 東京都品川区西品川3丁目7-8
定休日: 日曜・祭日

松沢屋店構え

サンマーメン(650円)、もやし、ニラ、薄切り筍、木耳、人参、豚肉で構成されており塩ベースの餡が掛かっています。豚肉に存在感があったのが印象的です。スープや餡に特徴的な味付けはありませんが、飲めるスープで少し硬めに茹でられたストレート中細麺も良い感じでさらっ食べてしまいました。こんな中華屋さんは残っていて欲しい物です。

松沢屋サンマーメン


大きな地図で見る

サンマーメン | 19:01:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
えびす飯店・恵比寿
恵比寿駅近く えびす飯店、縦長のお店で入ると左側縦にオープン厨房、厨房を囲むようにL字型カウンター11席、右側に券売機、壁と続いて4人掛けテーブル2卓が置かれています。お冷はカウンター上に置かれた透明ポットからセルフの中華屋さんです。中年の調理師さん2名とホール担当の女性の3名で切り盛りされていました。
場所: 東京都渋谷区恵比寿1-7-12 追分ビル 1F

えびす飯店店構え

サンマーメン(780円)、東京でメニューにサンマーメンがあるのは珍しいですが、う~んどうだろうか・・・・。もやし、青菜、ニラ、木耳、人参になぜかレンコンが入っています。キャベツや白菜が入っていないので、もやしそばを無理やりサンマーメンに近づけてしまったようです。スープも醤油系の強い傾向で、麺が平打ち麺であるのが一層サンマーメンから遠ざけます。ただ麺料理としての纏め方は巧いなと思いましたので、他の麺料理を食べた方が良いかもしれません。

えびす飯店サンマーメン


大きな地図で見る

サンマーメン | 17:45:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
兆楽・渋谷駅センター街 
渋谷駅センター街 兆楽、久しぶりのセンター街に戸惑いを覚えながらぶらぶらしてると兆楽を発見!まだあるんだ、ラーメンでも食べてくかと入り口に近づくとなんとサンマーメンセット(880円)なる貼り紙を発見!これは入らないわけには行きません。2ヶ所ある入り口の左側から入ると4人掛けテーブルが2卓あり、左側にオープン厨房、厨房を囲むようにコの字型にカウンター席15席位のお店です。厨房に4名、ホールに2名配置されていましたので繁盛店なのですね。道玄坂店もあります。
場所: 東京都渋谷区宇田川町31-5

兆楽店構え

入り口の貼り紙です。

兆楽入り口貼り紙

サンマーメン(700円)、日本語の達者なおねえさんにサンマーメン単品ならいくら?と聞いたところ700円との事でしたので、チャーハンが付いているセット(880円)にしてみました。入り口と同じ貼り紙が店内にもありましたが、サンマーメンセットの下に「熱々肉野菜あんかけ」と注釈が付いています。さて、サンマーメンが登場しました。もやし、キャベツ、豚肉(薄切り)と役者が揃っており、木耳、ニラ、玉葱が入って、塩ベースの餡がかかっています。もやしの比率が少し低いですが、サンマーメンの雰囲気があります。微妙な違いはサンマーメンのスープはもう少しまろやかなのですが、それにしても東京と言う場所を考えれば十分です。

兆楽サンマーメン

セットのチャーハンです。炒め具合は良いのですが、薄味です。サンマーメンのスープを飲みながら食べると丁度良いくらいです。

兆楽セットのチャーハン


大きな地図で見る

サンマーメン | 18:11:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ