FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

三熙・関内駅
みなとみらい線日本大通り駅近くで関内駅からも歩ける 三熙(サンキ) 、関内駅前のセルテから移転したお店で、横浜中華街 四川料理の老舗 重慶飯店元料理長のお店です。写真は5/8開店時の物です。縦長のお店で左側奥に縦に厨房、厨房前にスペースがあり、横並びのサービスカウンター5席程度、右側は4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル4卓で壁側がベンチシートになっています。セルテのお店と比べると明るく随分カジュアルな雰囲気です。テーブルやベンチシートを見ると新品ではないので、どうも居抜の様です。
(2017-06-15)
場所: 神奈川県横浜市中区太田町2-26 トーホービル 1F
定休日: 不定休

三熙店構え

麻婆豆腐セット(800円)、セルテにあった時は昼行ったことが無かったのでランチを食べに寄ってみました。ライス、小サンマーメン、シューマイ2個、ザーサイ、杏仁豆腐付です。このセットはCP高いと思いますが、小サンマーメンはこれサンマーメンか?と言う感じで、シューマイも作ってる感はあるのですが皮が一部硬くなっていたりでなんか今一つです。さて麻婆豆腐ですがこれは流石です。所謂四川麻婆豆腐で、スパイス類の複雑な味と共に辛さもあります。辛さにこだわると唐辛子やラー油に重点が置かれ、スパイス類にこだわると辛さが控えめになる傾向があるのですが、どちらも備えている街角中華では数少ない麻婆豆腐だと思います。
(2017-06-15)

三熙麻婆豆腐セット

三熙麻婆豆腐

週替わり炒飯セット(850円)、ブログ「中華街ランチ探偵団」の酔華さんからのコメントに「トマト焼きそば」があり、どんな料理だろうかと興味がありましたので寄ってみました。ところが昼はランチメニューのみの提供だそうで「トマト焼きそば」はありません。「トマト焼きそば」を食べたかったら夜来なければだめ?と突っ込んで聞いたところ、手が空いていれば可能となんともファジーな答えでした。仕方なく週替わりはレタス炒飯とのことでしたので週替わり炒飯セットを食べてきました。ハーフラーメンは担々麺でしたが、野菜あんかけが一つまみ乗っています。ハーフサンマーメンが醤油ラーメンに野菜あんかけが少量乗っていましたので、これはサンマー担々麺でしょうか。レタス炒飯も担々麺も普通に美味しいのですが特筆すべき物は無く、やはり麻婆豆腐一択は変わらずです。
(2017-08-10)

三熙ランチメニュー

三熙週替わり炒飯セット

鶏肉と野菜のバーベキューソース炒めランチ(800円)、日替わりランチは1種類なので注文は日替わりで済みます。ライス、小餡掛けラーメン(お店では小サンマーメンと称しています。)、薄切りザーサイ、フルーツの入っていない寒天感系杏仁豆腐付です。鶏肉と野菜のバーベキューソース炒めは鶏肉・筍・ピーマン・椎茸・玉葱・コーンをバーベキューソースで炒めたものです。バーベキューソースの甘味の中に四川料理店らしくラー油と多分唐辛子のエキスがはいっているようです。食べた瞬間に辛いではなくじわーっと来る辛さが有ります。この手の料理では、甘味噌を使う事が多いのですが、バーベキューソースもなかなか良いです。店主の調理経験の豊富さを感じさせるランチでした。
(2019-07-05)

三熙鶏肉と野菜のバーベキューソース炒めランチ

三熙鶏肉と野菜のバーベキューソース炒め



中区・関内 | 17:03:18 | トラックバック(0) | コメント(4)
天富園・関内駅
関内駅近辺 天富園、外の看板に「元祖 麻婆豆腐専門店」とあり四川料理のお店なので、まずは担々麺を食べてみようと思っていたお店です。縦長のお店で右奥に厨房があり6人用丸テーブル1卓、4人掛けテーブル6卓、2人掛けテーブル2卓の中華料理屋さんです。
(2015-12-10)
場所: 神奈川県横浜市中区住吉町3-36-6 住吉ビル
定休日: 日曜

天富園店構え

担々麺ランチ(850円)、担々麺の他に卵スープとキャベツの細切りサラダと杏仁豆腐が付いています。担々麺は胡麻を前面に出すタイプではなく、巷で言う所の四川ラーメン寄りです。具材は肉味噌、小口切り長葱に青梗菜で肉味噌に複雑なスパイスの味付けがされています。スープを飲んだとたんに辛いタイプではなく辛みは後からじわじわきますが、激辛と言うほどではありません。日本人の作った担々麺とは明らかに趣を異にしておりこれはこれで美味しいです。麻婆豆腐も食べてみたくなりました。
(2015-12-10)

天富園ランチスープ

天富園担々麺

四川麻婆豆腐ランチ(980円)、ランチとしてはちょっと高いのですが四川麻婆豆腐を食べてみようと寄ってみました。サラダ、スープと食後に杏仁豆腐が付いていました。注文時に辛さを聞かれたので辛いの大丈夫と答えたのですが、実食の麻婆豆腐はそんなに辛くありません。スパイス類を振りかけているのではなく麻婆豆腐の中に仕込まれていて、ラー油や唐辛子の辛さよりもスパイスの辛さが感じられる麻婆豆腐でなかなか美味しいです。850円で麻婆豆腐がありますので、今度はそちらを食べてみましょう。
(2017-05-24)

天富園四川麻婆豆腐ランチ

天富園四川麻婆豆腐

麻婆豆腐ランチ(850円)、前回の四川麻婆豆腐ランチを忘れないうちに麻婆豆腐ランチを食べてみようと寄ってみました。サラダ、スープと食後に杏仁豆腐が付いています。四川麻婆豆腐と麻婆豆腐で何が違うのかと言うと、まず器が違うのですが、内容的には四川麻婆豆腐がスパイス類の複雑な味の交差の中に辛さがあるのでそんなに辛くありません。一方麻婆豆腐はスパイス類は控えめで唐辛子とラー油の辛さが全面に押し出されていますので辛いです。私的には四川麻婆豆腐の方が好きですが、麻婆豆腐もなかなかのものです。
(2017-06-19)

天富園麻婆豆腐ランチ

天富園麻婆豆腐

店構えが替わっています。一瞬違うお店になったのかと思いました。前よりは目立つけれどなんかチープ!
(2017-09-27)

天富園新店構え

ナスの四川風炒めランチ(780円)、麻婆豆腐では一定の評価のあるお店ですが、麻婆豆腐以外を食べてみたいと思いチャレンジです。ランチの種類も少なくほぼ一定なので、今日は何だろうかという楽しみが無いのが残念です。ランチはライス、サラダ、とろみの付いた玉子スープ付きです。杏仁豆腐もついていましたが食中に提供されましたので集合写真にはありません。ナスの四川風炒めはナス、挽肉、木耳、人参、玉葱を甘辛ソースで炒めたものです。辛さはありますがそれほど辛くはなく、むしろ甘みの方が強い位です。しかし、この甘辛ソースがすごく美味しいです。食べ進んでいくうちに、これソースとひき肉が残るなと思いスプーンを頂いてご飯にかけて完食です。店主は「陳麻婆豆腐」で料理長を務めた経験があるのも納得です。満足度の高いランチでした。
(2017-09-27)

天富園ナスの四川風炒めランチ

天富園ナスの四川風炒め

ホイコーローランチ(780円)、四川料理店のホイコーローに興味があり入ってみました。ライス・サラダ、ワカメ入り玉子スープ、写真にはありませんがクリーミー系寄りの杏仁豆腐が食後に付いて来ました。ホイコーローは四川料理店らしくラー油入りで結構オイリーです。量的には少ない部類で、キャベツの芯ドーンみたいな料理で、もうちょっとやりようが有るんじゃないかと思う。又それを期待できるお店なのにと思うと残念です。やはり四川麻婆豆腐に特化のお店なのかなあ。
(2018-06-27)

天富園ホイコーローランチ

天富園ホイコーロー



中区・関内 | 17:31:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
萬新菜館 関内店・関内駅
関内駅近辺 萬新菜館 関内店、本店は神奈川駅近くにあります。縦長のお店で、右側縦に厨房があり4人掛けテーブル10卓と奥に8人用丸テーブルが2卓ありますがその奥にもしかしたら座敷があるかもしれません。思ったよりテーブルがゆったりと配置されているので落ち着く感じはします。
(2016-01-15)
場所: 神奈川県横浜市中区太田町5-65 横浜平和プラザホテル1F
定休日: 日曜

萬新菜館 関内店店構え

ランチ(750円)、本店よりランチの種類は多く、価格はまちまちですが10種類提供されています。「豚肉とエビのオイスターソース炒め」を選択しました。ライス、味噌スープ、サラダ、杏仁豆腐付でライスはお替り無料となっています。味噌スープは豚汁の豚抜きみたいな具材とワカメなので味噌汁ではなく味噌スープです。杏仁豆腐は出来合いで香料の強いものです。豚肉とエビのオイスターソース炒めは豚肉、エビ、ピーマン、玉葱、エノキを炒めたものですがエビの存在感が薄く、塩抜きが十分ではないので塩辛いです。コストはあるでしょうがちょっと残念でした。
(2016-01-15)

萬新菜館 関内店豚肉とエビのオイスターソース炒めランチ

萬新菜館 関内店豚肉とエビのオイスターソース炒め

豚肉とキャベツの中華味噌炒めランチ(750円)、ライス、サラダ、なんか妙にワカメ沢山の玉子スープ、フルーツ入り寒天感系杏仁豆腐付でライスはお替り無料となっています。豚肉とキャベツの中華味噌炒めは、甘辛味噌炒めでルックス・味ともに想像通りです。豚肉の量も多く、ボリューム感もあり、ビジネス街のランチとしてはこんなものだろうと思います。ただ欲を言えば、トレイ全体に渡って調理の質を感じるようなことが無かったのは残念です。
(2019-06-05)

萬新菜館 関内店豚肉とキャベツの中華味噌炒めランチ

萬新菜館 関内店豚肉とキャベツの中華味噌炒め



中区・関内 | 17:45:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ