■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

福安楼・大和駅
大和駅近く 福安楼、縦長のお店で左側は4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル1卓で壁側はベンチシートの長椅子になっており、半クローズされた厨房が縦にあります。右側は4人掛けテーブルが2卓ですが昔のファミレス形式の向かい合わせのベンチシートになっています。右側奥、厨房の前に小さい座敷が2部屋ある中華料理屋さんです。メニューの表紙に中華街の善隣門がドンと描かれていますので、中華街との関係をおかみさんに聞いてみました。関係があるお店が中華街にあるわけではなく、ご主人が長年中華街で働いていた関係で善隣門なのだそうです。
(2015-09-24)
場所: 神奈川県大和市大和東2丁目2-12
定休日: 日曜
キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒め
若鶏肉揚げのレモンソース掛け
揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮
豚肉団子揚げの甘酢炒め

福安楼店構え

ランチ(720円)、ランチは5種類あり2種類が麺料理+半チャーハン、3種類は同価格でライス、スープ、お新香、デザート付でライスはお替りできます。ランチメニューはよく見かける料理ばかりなので迷ってしまいましたが「キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒め」にしてみました。多分回鍋肉だろうと思いながらも、違えば面白いかなと期待したのですが回鍋肉でした。
ランチセットのスープは卵スープで、お新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様です。キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒めは表示通りキャベツと豚肉です。ボリューム感はありますが、ほとんどがキャベツですので満足感としては今一歩と言った所です。
(2015-09-24)

福安楼キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒めランチ

福安楼キャベツと豚肉の甘味噌辛子炒め

ランチ(720円)、どのお店でお昼にしようかとランチを見て歩いていたら、「若鶏肉揚げのレモンソース掛け」が目に留まりました。レモンソースは中華料理屋さんのランチでは初めてで興味があり入ってみました。ランチセットのスープは卵とコーンのスープで、コーンの実が随分入っています。お新香は大根の酢漬け、杏仁豆腐は出来合いかなとも思ったのですが、もしかしたら自家製かもしれません。さて注目の若鶏肉揚げのレモンソース掛けですが、醤油ベースのソースにレモンが掛かっていると想像しましたが、ソース自体がレモン色でちょっと意外です。甘酢ソースの酸味とレモンの酸味の2種類の酸味がうまく調和していてなかなかの料理です。ただ、前回のランチもそうですがメイン料理にコストカットの影響が見えるのは残念です。
(2016-04-21)

福安楼若鶏肉揚げのレモンソース掛けランチ

福安楼若鶏肉揚げのレモンソース掛け

ランチ(720円)、ランチは何かなとボードを見ると「揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮」が目に留まりました。揚げ豆腐はお店で揚げているのかそれとも出来合いの生揚げを使っているのか、甘辛味噌炒めではなく甘味噌辛子煮はどんなだろうかと興味があり入ってみました。ランチセットのスープはワカメと玉子のスープで、お新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様です。さて注目の揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮は、豚肉、厚揚げ、ピーマン、筍、玉葱を甘味噌で炒めて弱い辛子味の餡を絡めてある感じです。甘味噌が強く辛子はほとんで感じません。揚げ豆腐は、生揚げではなく厚みが5ミリ位の中華料理ではよく使われる厚揚げですが出来合いの様です。豚肉の量もそこそこあり、満足感のあるランチでした。
(2016-11-04)

福安楼揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮ランチ

福安楼揚げ豆腐と豚肉の甘味噌辛子煮

ランチ(720円)、「豚肉団子揚げの甘酢炒め」がランチに出ており、豚肉団子は自家製かな?と入ってみました。ライス、スープ、漬物、デザート付です。スープは豆腐とわかめのスープでデザートはフルーツ入りの杏仁豆腐です。漬物はザーサイなのですが、いつもは薄切りなのに今日は少し厚めの細切り状態で出てきました。なんか嫌な予感がします。豚肉団子揚げの甘酢炒めは小振りな肉団子と玉葱のみで甘酢餡が掛かっています。この肉団子自家製だなと一口行ってみましたが、周りが硬く中はパサパサです。こんな肉団子なら出来合いのミートボールの方がましかもしれません。甘酢餡の具合が良かっただけに肉団子の残念さが浮き彫りです。このお店で初めて失敗したと思った料理です。
(2017-07-10)

福安楼豚肉団子揚げの甘酢炒めランチ

福安楼豚肉団子揚げの甘酢炒め



大和市 | 17:15:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
康珍楼・大和駅
大和駅近く 康珍楼 、縦長のお店で2階もありますが、1階は奥が厨房、左側に4人掛けテーブル2卓、8人用丸テーブル1卓、右側は4人掛けテーブル2卓の中華料理屋さんです。BGMは中国の曲が、たおやかに流れています。
(2015-10-07)
場所: 神奈川県大和市大和東1-5-4 林ビル
定休日: 不定休

康珍樓店構え

中華っぽい模様のポットで冷ジャスミンティーが出てきました。
(2015-10-07)

康珍樓ポット

ランチ(750円)、ランチは5種類あり750円3種、850円2種で麺料理のランチ設定はありません。ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付でライスはお替り自由です。3種類ある750円の中から「たまごと貝柱の炒め」を選択しました。
ランチセットのスープは卵スープで小さい賽の目切りの豆腐と高菜入りです。漬物はザーサイでサラダも付いていました。杏仁豆腐は香料よりも甘みの強いもので出来合いの様です。たまごと貝柱の炒めは、下にサラダ菜を敷いているのは街角中華の盛り付けとしては珍しいです。ボリューム感が無いなと思ったのですが、ニラと貝柱も散らしてある感じで、その他かさ上げをするような物は混ぜておらず全部卵ですので結構食べごたえがありました。ただ残念だなと思ったのは貝柱が利いていない事です。貝柱の使い方に一工夫あればおやっと思ったのですが真面目に作っている感は十分感じ取れました。
(2015-10-07)

康珍樓たまごと貝柱の炒めランチ

康珍樓たまごと貝柱の炒め

ランチ(750円)、品のいい中華料理を出すお店だなと頭にありましたので、再訪問してみました。ランチではポピュラーな「鶏肉の四川風炒め」を選択しました。ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付でライスはお替り自由です。スープはとろみのない卵スープで漬物はザーサイ、サラダは千切りキャベツと人参、青菜にドレッシングを掛けたもので、杏仁豆腐は香料よりも甘みの強い出来合いの様です。鶏肉の四川風炒めは見馴れたルックスで、鶏肉、玉葱、ピーマン、厚めの斜め切り長葱、筍をピリ辛ソースで炒めたものです。玉葱に斜め切り長葱と筍も穂先と根元に近い部分の角切りが入っていて、食感の違いが面白いです。普通の街角中華なら玉葱か長葱と筍の角切りの取り合わせかなと思うのですが、この辺が店主のこだわりなのかもしれません。このちょっとした事が記憶に残るのです。
(2016-03-31)

康珍樓鶏肉の四川風炒めランチ

康珍樓鶏肉の四川風炒め

ランチ(750円)、「厚揚げと豚肉のピリ辛煮込み」にしました。お茶のポットでの提供はやめてしまったようですが、液だれがひどかったので妙に納得です。ランチセットのスープはエノキと豆腐のスープで、漬物はザーサイ、胡瓜の漬物も付いていました。杏仁豆腐は香料よりも甘みの強いもので出来合いの様です。厚揚げと豚肉のピリ辛煮込みは、厚揚げ、豚肉、人参、筍、木耳、ピーマンを味噌ベースで合わせてピリ辛の唐辛子を加えてありますが、ちょっとシャバシャバで残念でした。これで厚揚げをお店で揚げてたりするとホーとか思うのですがね。
(2017-04-19)

康珍樓厚揚げと豚肉のピリ辛煮込みランチ

康珍樓厚揚げと豚肉のピリ辛煮込み



大和市 | 17:36:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
永倫・大和
大和駅近辺 永倫、横長のお店で入ると目の前にオープン厨房、厨房前にカウンター6席、左側に4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル1卓のお店。オープン厨房がなければ喫茶店でも通用しそうな雰囲気だが、カウンターの上に積まれた使用していないような丼に埃がかぶっており、カウンター下の荷物を入れる場所にはマンガ本が詰まっている。どうもこのお店は収納場所が少ないようだ。厨房の換気も芳しくないようなので、元は用途の違うお店だったのでは無いだろうか。
(2013-02-13)
場所: 神奈川県大和市中央3丁目5-22 ハイツくるみ 1F
定休日: 日曜
サンマーメン
長崎ちゃんぽん
餃子
雲白肉

永倫店構え

サンマーメン(500円)、丼を見た瞬間にサンマーメンだと呟いてしまった。もやし、きゃべつ、豚肉と役者も揃っている。スープは動物系を感じるスープで、餡には特徴的な味付けはされていない。大和でこんなにサンマーメンらしい丼に遭遇するなんてうれしい限りです。しかも500円です。こんな出会いがあるので食べ歩きはやめられません。この一杯はお勧めです。
(2013-02-13)

永倫サンマーメン

長崎ちゃんぽん(600円)、久しぶりにサンマーメン食べて行こうと寄ってみましたが、メニューに神奈川の中華屋さんでは珍しい長崎ちゃんぽんを見つけて注文してしまいました。具材はキャベツ、もやしが主で、人参、豚肉は少量、イカ、エビ、木耳、なるとは各1入っていました。価格を考えれば少し寂しいのは仕方ない所です。スープは長崎ちゃんぽんだなと思わせるものですが、麺が中細麺です。麺の量は多いのですが、やはりこの中細麺は違和感があります。普通に美味しかったのですが、借り物の寄せ集め的な感じがしたのは残念でした。とは言うもののサンマーメン500円はそのままの全体的に安めの価格設定と興味惹かれるメニューがあるお店なのでまた行くと思います。
(2015-06-11)

永倫長崎ちゃんぽん

餃子(300円)、一皿6個入りの小型の肉餃子です。おから状の具材の量もそこそこ多くCPは高いです。
(2015-06-11)

永倫餃子

雲白肉定食(700円)、中華屋さんで雲白肉は珍しいなと注文してみました。メニューには、雲白肉(ウンパイルー)定食と書かれています。ウンパイロウだと思っていましたがウンパイルー表記もあるのですね。ライス、中華スープ付です。雲白肉はサラダとの合盛りでサラダに多量の甘酢ソースが掛けられています。雲白肉は豚肉に少量のラー油と小口切りの長葱が散らしてあります。肉の量も多く、なかなか美味しいと思いましたが、中華料理っぽくなく定食屋さんの豚しゃぶ定食と言った方がぴったりくる感じです。
(2017-03-31)

永倫雲白肉定食

永倫雲白肉



大和市 | 17:04:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad