■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

三溪楼・本牧
本牧 三溪楼、12時前に暖簾が出ているのを見た事が無かったので休業中かと思っていました。確認したところ、早ければ11時半遅くとも12時には暖簾が出ているようです。店内は小さな4人掛けテーブルが5卓の見た目よりも小さなお店です。
サンマー丼、サンマーワンタンメン、バンメン等がメニューにあります。
(2012-07-19)
場所: 神奈川県横浜市中区上野町1-1
定休日: 月曜+不定休

三溪楼店構え

サンマーメン(650円)、もやしがメインのもやし餡かけ系統のサンマーメンで、玉葱、豚肉、彩としてグリンピースが珍しいですが地味な見た目です。スープは動物系が立っている醤油ベースのスープで、端っこを甘味で丸めているスープです。美味しいサンマーメンだと思いましたが、少し高いです。
(2012-07-19)

三溪楼サンマーメン

バンメン(750円)、メニュー表記はカタカナのみです。普通のラーメン丼で登場です。具材は白菜、人参、筍、絹さや、なると、蒲鉾、厚い輪切りの長葱、豚肉、チャーシュー、くわいで構成されておりグリンピースがトッピングされています。餡は薄くかかっていますが、魚介類は入っていません。どちらかと言えば動物系の醤油味の強いスープです。チャーシューは見るからに高級品ではないのですが、このチャーシュー好きなんです。
(2014-04-04)

三溪楼バンメン

サンマーワンタン麺(700円)、サンマーメンは、もやしがメインのもやし餡かけ系統のサンマーメンで、玉葱、豚肉、彩としてのグリンピースも変わりありません。ワンタンは隠れていますがしっかり入っていて固まっていなかったのはいいです。具も多めでつるっと言うよりは、ずるっと言った感じの家庭で作るワンタンの様でほっこりしてしまいました。50円の差ならサンマーワンタン麺もありです。
(2015-03-26)

三溪楼サンマーワンタン麺

五目ソバ(750円)、壁のメニューを見ていて、バンメンと同価格で五目ソバがある事に気が付きました。バンメンが醤油スープの餡かけなので五目ソバは醤油スープの餡無しと推理して丼の登場を待ちます。
ややっ、塩スープだぞ!餡無しは当りましたがスープは大外れです。具材は白菜、人参、筍、なると、蒲鉾、厚い輪切りの長葱、豚肉、チャーシュー、ゆで卵半分で構成されておりグリンピースがトッピングされています。バンメンとの違いは絹さや、くわいが入っていない代わりにゆで卵半分が入っています。なるとと蒲鉾のカットの仕方も違いますね。スープの量がバンメンより多いので具材が沈んでしまい満足感は少ないです。これならバンメン食べた方がよさそうです。
(2015-08-21)

三溪楼五目ソバ

ブタソバ(750円)、パッと見はバンメンと似通っていますが細かい所で相違があります。具材はこのお店ではお約束のグリンピースと豚肉、筍、人参、なると、木耳、くわい、チャーシューです。バンメンより豚肉の量は多いのですが、具材の種類が少ないため華やかさには欠けます。これならバンメンの方がいいかな。
(2016-06-24)

三溪楼ブタソバ

五目焼きそば(850円)、具材はいつものこのお店の感じなのですが、麺がいけません。ぼそぼそとしていてこのお店で初めて失敗したと思いました。多分スタンダードはかた焼きなのだと思うのですが、柔らかいのを頼んだのが間違いだったのかもしれません。このお店では、焼きそばはかた焼き一択の様です。
(2016-07-20)

三溪楼五目焼きそば

タンメン(650円)、タンメンにもグリンピースが乗っているのかなと思ったら確かめたくなりました。もやし、人参、白菜、ニラ、木耳、豚肉少量でグリンピースは乗っていなかったのはちょっぴり残念です。しかしこのタンメンのスープは塩味が強く、おまけに麺は柔らかい焼きそばで味わったぼそぼそとした中細麺です。これはタンメンと言うよりは塩ラーメンです。
(2016-10-06)

三溪楼タンメン

サンマー丼(650円)、上に掛かってる餡の内容はサンマーメンと同一で、グリンピースも載っています。中華スープと漬物がついてきました。丼なのでガテン系のお兄さんの様に掻っ込んでとしましたが餡が熱々で、仕方なくちまちまといただきました。麺の上に乗っている時は気が付かなかったのですが、化調が利いています。程よい使い方なので、妙に美味しくいただいてしまいました。
(2017-10-11)

三溪楼サンマー丼


大きな地図で見る

中区・本牧周辺 | 17:21:11 | トラックバック(0) | コメント(2)
食房ジャスリン・本牧
本牧 食房ジャスリン、強いて言えば縦長のお店なのだが奥が厨房で手前の狭い客席スペースに4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル1卓の中華料理屋さんだが蕎麦やかつ丼等も提供しており、各種パーティー・ロケ弁など弁当のデリバリーもしている。お店に入っても何の反応もない。仕方なく厨房を覗いて「すみませ~ん」と声をかけるとやっと気づいてもらえた。店主一人でやっているようだ。厨房を見るとかなり広く、厨房スペースと客席スペースの広さが逆じゃないかと思える程だ。さて、このお店はかつて中華街にあった老舗の「鴻昌」の三男さんがやっているお店で、チャーシューの焼き台は鴻昌から持って来ているとのことでした。店主は話し好きで、鴻昌を知っているのが分かると昔の中華街について話に花が咲いてしまいました。
(2017-09-22)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧元町8-15
定休日: 日曜

食房ジャスリン店構え

豆腐のオイスターソース煮ランチ(680円)、このお店のランチは週替わりで3種類あり、すべて同価格です。ライス、スープ、副菜、お新香付きでライスはお替り自由となっています。スープは普通の中華スープ、副菜はもやしのピリ辛和えと漬物です。豆腐のオイスターソース煮は、胡椒が振りかけられてるのですが、単純に胡椒だけではなく何らかのスパイスが付加されています。オイスターソースもこなれている感が強く惹かれる料理です。この料理美味しいなと思ったのですが、ボリューム感に関しては不満が残ります。でもまた行ってみます。
(2017-09-22)

食房ジャスリン豆腐のオイスターソース煮ランチ

食房ジャスリン豆腐のオイスターソース煮



中区・本牧周辺 | 17:01:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
興源・本牧
本牧 興源、本牧中華の中であまり名前を聞かないお店です。縦長のお店で入ると右側奥が厨房になっており中華料理屋さんらしくオープン厨房ではありません。右側手前に壁に向かってカウンター席が5席位あるのは中華料理屋さんとしては変わっています。左側は4人掛けテーブル4卓のお店ですが、あまり古さを感じさせないつくりです。
(2013-09-12)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧町1-35
定休日: 原則木曜
サンマーメン
五目そば
鶏肉の唐辛子炒め
鶏肉の黒豆ソース炒め
ニラとレバー炒め
揚げ鶏肉の甘酢かけ
白身魚の唐揚げ甘酢かけ
豚肉とキャベツの辛子味噌炒め
エビとトーフ煮
麻婆豆腐

興源店構え

サンマーメン(735円)、もやし、キャベツ、人参、木耳、筍ニラで構成されており、肉は入っていません。多分スープも少量入っているのだと思いますが、ほとんどが厚めの餡に覆われた丼はルックスからしてサンマーメンとは違います。餡の味付けは弱い甘味と酸味がなかなかいいバランスですが胡椒多すぎです。この餡に合うのはご飯かな?・・もしかしたらパスタが合うかもしれません。B級グルメでどうでしょうか。
(2013-09-12)

興源サンマーメン

五目そば(735円)、具材は海老、イカ、木耳、筍、豚肉、キャベツ、人参、うずらで醤油ベースの餡が掛かっています。緑色がキャベツの大振りカットだけで人参が隠れてしまっていますのでなんだか寂しげな丼姿です。サンマーメンよりは満足感がありましたが、うずらも埋もれてしまっている等もう少し見せ方を工夫したらよいのにと思う。
(2014-08-18)

興源五目そば

鶏肉の唐辛子炒めランチ(750円)、5種類のランチから.「鶏肉の唐辛子炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。鶏肉の唐辛子炒めは鶏肉のカットが小さく見た目のボリューム感が足りないようですが価格を考えると妥当な線かもしれません。内容は鶏肉、人参、胡瓜、ヤングコーン、筍で唐辛子と共に薄く餡かけになっています。鶏肉の味付けが濃く唐辛子より先に感じる状態で、ご飯に合わせるならこれでも良いのかなと思うのですが、ランチを目当てに行くほどの吸引力は無いように思います。
(2015-07-08)

興源鶏肉の唐辛子炒めランチ

興源鶏肉の唐辛子炒め

鶏肉の黒豆ソース炒めランチ(750円)、5種類のランチから.「鶏肉の黒豆ソース炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。鶏肉の黒豆ソース炒めは鶏肉、人参、玉葱、筍を唐辛子と共に黒豆ソースで炒めたものです。彩り的には地味ですがボリューム感はあります。味付けは濃い目ですが、ご飯に良く合います。
(2015-09-09)

興源鶏肉の黒豆ソース炒めランチ

興源鶏肉の黒豆ソース炒め

ニラとレバー炒めランチ(750円)、5種類のランチから.「ニラとレバー炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様です。ニラとレバー炒めは、一般的なニラレバとは違い、ニラの存在感が薄く餡かけが強いつゆだく状態です。ニラとレバー炒めと言うよりは、もやしとレバーの炒め餡かけですね。レバーの量も多く、普通に美味しく一定の満足感はあるのですが、何か印象に残るものが無いのです。
(2016-01-19)

興源ニラとレバー炒めランチ

興源ニラとレバー炒め

普通に美味しいけれど飛び抜けて美味しい訳でもないと言いながら食べに行くのはどうしてかと言うと、本牧周辺で週替わりでもランチを出しているお店が少ない事とメニュー名から料理を想像していると虚を突かれて「この手で来たかあ」が楽しいからです。今日もそんなランチでした。
揚げ鶏肉の甘酢かけランチ(750円)、5種類のランチから.「揚げ鶏肉の甘酢かけ」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。揚げ鶏肉の甘酢かけは、メニュー名から揚げ鶏肉と言えばユーリンチのような形態を想像したのですが、出てきた料理は簡易酢豚の鶏バージョンです。完全に想像を外しました。
(2016-04-01)

興源揚げ鶏肉の甘酢かけランチ

興源揚げ鶏肉の甘酢かけ

白身魚の唐揚げ甘酢かけランチ(750円)、5種類のランチから.「白身魚の唐揚げ甘酢かけ」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付)を選択しました。ライスはお替り自由です。
スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。白身魚の唐揚げ甘酢かけは、メニュー名から平たい物体を想像したのですが、出てきたのは俵型です。しかもこの風情は揚げ鶏肉の甘酢かけの魚バージョンではないか。こんなの想像できないよ。またやられてしまいました。
(2016-07-08)

興源白身魚の唐揚げ甘酢かけランチ

興源白身魚の唐揚げ甘酢かけ

豚肉とキャベツの辛子味噌炒めランチ(750円)、5種類のランチの1種類に「豚肉とキャベツの辛子味噌炒め」(ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付ライスはお替り自由)が出ていました。通常なら回鍋肉を思い浮かべるのですが、いや待てよ、このお店は興源だぞと少し期待しながら入ってみました。
スープは中華スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。さて注目の豚肉とキャベツの辛子味噌炒めは、何の事は無い回鍋肉のルックスでなんかガッカリです。おまけにキャベツたっぷり豚肉は何処状態で2度ガッカリです。どうもこのお店の鶏肉を使った料理以外はハズレが多いように思います。
(2016-10-18)

興源豚肉とキャベツの辛子味噌炒めランチ

興源豚肉とキャベツの辛子味噌炒め

エビとトーフ煮ランチ(750円)、このお店のランチはだいたい食べたよなと思いながらも店外のホワイトボードを見てしまいます。5種類のランチの中に「エビとトーフ煮」が出ており、珍しいなと思いながらもどうせ小海老がちらほらじゃないのとも思う。それじゃあどうするかと言えば確認です。と言う訳で入ってしまいました。ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付でライスはお替り自由です。スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。エビとトーフ煮は予想に反して中型のプリプリ海老が4尾も入っており、木耳、筍、人参、豆腐の塩ベーススープ煮となっています。塩加減も良いですし、リピートしたい位単純に美味しいです。こんな事があるので、店外のホワイトボードを見てしまいます。
(2017-01-30)

興源エビとトーフ煮ランチ

興源エビとトーフ煮

麻婆豆腐ランチ(750円)、今週のランチに「麻婆豆腐」が出ていました。どんな麻婆豆腐が出て来るのか興味がありましたので入ってみました。ライス、スープ、お新香、杏仁豆腐付でライスはお替り自由です。スープは卵スープでお新香はザーサイ、杏仁豆腐は出来合いの様でした。杏仁豆腐は後から出てきましたので集合写真にはありません。麻婆豆腐は、四川と名乗るものと違い辛味やスパイスを追求したものではなく、どちらかといえば日本の麻婆豆腐風です。味わい追求型とでも表現した方がよさそうです。兎に角豆腐が熱々でハフハフしながら、こんな味わい麻婆豆腐もありだなと思う。
(2017-09-20)

興源麻婆豆腐ランチ

興源麻婆豆腐


大きな地図で見る

中区・本牧周辺 | 17:42:37 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad