■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

興華菜館・新山下
みなとみらい線元町中華街駅近辺 興華菜館、縦長のお店で手前の客席スペースは左側に4人掛けテーブル4卓、右側に4人掛けテーブル2卓と8人掛け丸テーブルが1卓置かれており、奥にクローズされた厨房があります。厨房の奥にも中二階の客席スペースがあるようです。メニューを見てみるとサンマーメンがありましたが850円します。高いなあと思いながら他も見てみると同じ価格で什錦湯麺(醤油味)と楊州湯麺(塩味)の2種類の五目そばがありました。この2種類の違いには興味がありますのでこれは再訪必至です。そうなると高いとはいえサンマーメンを食べていないと心残りだなと、今日はサンマーメンを注文しました。
(2014-11-07)
場所: 神奈川県横浜市中区新山下1-3-12
定休日: 木曜

興華菜館店構え

サンマーメン(850円)、ほとんどがもやしで木耳、細切り豚肉、青梗菜、玉葱で構成されており醤油ベースの餡が掛かっています。スープは醤油よりは出汁が前に出てくるタイプです。サンマーメンの注文が多いので期待しましたが、中華街系統のサンマーメンで好みの物とは違いますのでやはり価格だけが印象に残りました。
(2014-11-07)

興華菜館サンマーメン

楊州湯麺(塩味)(850円)、具材は、海老、イカ、木耳、筍、白菜、人参、長葱(斜め切)、絹さや、焼豚、豚肉で餡はかかっていません。控え目な塩味スープに中細のストレイト麺が良く合っています。好みでは餡かけ麺の方が好きなのですが、この楊州湯麺は美味しいなと思いながら食べました。
(2014-11-19)

興華菜館五目そば楊州湯麺

什錦湯麺(850円)、メニューを改めてみてみると什錦湯麺・五目そば、楊州湯麺・塩味五目そばとなっており什錦湯麺が醤油味とは書かれていませんでした。ならば什錦湯麺食べてみない訳にはいきません。どんな丼でしょうか?
登場した丼は想像通り醤油味のスープに醤油ベースの餡が掛かっています。具材は、海老、イカ、木耳、筍、白菜、人参、玉葱、焼豚、豚肉で楊州湯麺との具材の違いは長葱(斜め切)が玉葱になっており絹さやが入っていません。焼豚も縁の赤いものが使われており、楊州湯麺が1枚トッピングされていたのに比べ1枚を半カットしたものを散らすように具材に混在させていますが総量的には什錦湯麺の方が多いです。中細のストレイト麺は同じ麺が使われています。スープも餡も薄い醤油味で餡に特徴的な味付けはされていませんがこの丼もなかなか美味しかったです。
(2014-11-28)

興華菜館什錦湯麺

ランチ(850円)、このお店だと手羽先ランチかとも思ったのですが、違うものにしようと「蒸し鶏ランチ」にしてみました。ライス、スープ、野菜炒め付です。ランチメニューに限りライス大盛無料となっています。スープは至って普通の中華スープですが、メイン料理より特筆したいのが野菜炒めです。まあ、もやし炒めなのですが、このもやし炒めの美味しい事、びっくりしました。もやしはこう炒めるの見本の様です。この鍋を振った調理師は相当の経験者で間違えないです。これだけでご飯一杯行けます。メインの蒸し鶏もドンと蒸し鶏だけで、葱醤油が別になっており街角中華では中々出会わないルックスです。デザートなしで850円は高いかなと思いながら注文したのですが大満足でした。
(2017-06-23)

興華菜館蒸し鶏ランチ

興華菜館蒸し鶏

肉団子ランチ(850円)、このお店の肉団子も周りが硬くて中がパサパサのパターンです。中華料理屋さんで肉団子を食べる機会があまりなかったので断定はできないのですが、中華の肉団子はこんなものなのでしょうか。スープは中華スープでもやし炒めが付いていましたが、今日のもやし炒めは鍋振りが少し足りないように感じたのですが、それでもレベルは高いと思います。ただ、このランチは満足度は低かったです。
(2017-08-08)

興華菜館肉団子ランチ

興華菜館肉団子



中区・本牧周辺 | 17:12:33 | トラックバック(0) | コメント(2)
玉家・本牧
本牧 玉家、古くからあるお店だと思います。中華屋さんではなく和食なども在りますので御食事処です。縦長のお店で2階もあるようですが、1階は入ると左側が4人掛けテーブル3卓、真ん中に2人掛けテーブル5卓、右側に6人掛け位の大きさの丸テーブルが2卓、奥が厨房となっていますが、厨房は見えません。
(2013-09-02)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧三之谷1-14
定休日: 水曜
サンマーメン
シューマイ
バンメン
五目そば
タンツーメン
サンマー丼と小ラーメン
もやし焼きそば
ねぎそば

本牧 玉家店構え

サンマーメン(800円)、もやし、白菜、玉葱、人参、木耳、豚肉で構成されています。スープは中華の端に麺つゆを感じさせる物で、微妙なバランスの上に成り立っており大変美味しく珍しいスープです。ちょっと高いですが個人的に白菜が入っているのもうれしく、満足感のある一杯でした。
(2013-09-02)

本牧 玉家サンマーメン

シューマイ(600円)、大きなシューマイで、高さは5㎝強、直径約4cm位あります。1個120円しますので当然かなとも思いますが、肉が詰まっておりお腹一杯です。
(2013-09-02)

本牧 玉家シューマイ

バンメン(900円)、メニューには、バンメン(五目ウマニソバ)とあります。五目ソバ(850円)が別メニューにありますがメニュー写真からすると具材に微妙な違いがあるようです。普通のラーメン丼で登場しました。具材は海老、イカ、木耳、人参、白菜、青梗菜、蒲鉾、豚肉、チャーシュー、うずらで薄く餡が掛かっています。スープは醤油味の強いものでお冷2杯コースでした。バンメンは五目ウマニソバなのか?また分からなくなりました。
(2014-04-07)

玉家バンメン

五目そば(850円)、具材は海老、蒲鉾、木耳、焼豚、豚肉、白菜、人参、ゆで卵半分、卵焼き、長葱で焼豚はトッピングされており長葱は厚めの斜め切りとなっています。餡はかかっておらずスープは微妙なのですが塩か醤油かと聞かれたら塩ですね。
(2014-10-14)

玉屋五目そば

タンツーメン(800円)、メニューにはタンツーメン(激辛)とありますのでおばちゃんに辛いと聞いてみましたが、そんなに辛くないよとの事でしたのでオーダーしてみました。あっさり系のスープにラー油の海が広がっていて青梗菜、味の付いた挽肉、長葱と半分のゆで卵がトッピングされています。激辛と言うほどではないですがそこそこ辛くて美味しいです。タンツーメンてこんな丼でしたでしょうか。
(2015-03-12)

玉家タンツーメン

サービスランチセット(850円)、ホワイトボードにサンマー丼と冷したぬきそば又は小ラーメンと書かれている。えっ!このお店にはサンマー丼はないはずです。ランチでのみ提供しているのかなあと思ったら吸い込まれてしまいました。小ラーメンを選択しましたが、小ラーメンはナルトとメンマと小口切りの長葱のみのシンプルなもので丼も小さい所謂小ラーメンです。スープはちょっと濃いのですが中華の端に麺つゆを感じさせる物で少し甘みもあり結構好みのタイプです。サンマー丼は皿盛りですのでサンマー飯と言った方がしっくりくるもので、これも小を付けた方がよいくらいの皿の大きさです。具材等はサンマーメンと同様でご飯の上にサンマーメンの餡かけ部分を掛けたものです。浅漬けが付いてきました。
(2015-05-26)

玉家サンマー丼サービスランチ

もやし焼きそば(800円)、何にしようかとメニューを見ていたら「もやし焼きそば」を見つけましたので注文してみました。
麺は硬いと柔らかいのを選択できますが、柔らかいのにしてみました。
麺は細麺で、具材はもやし、人参、白菜、青梗菜、玉葱、豚肉で醤油ベースの餡掛けになっています。細麺と餡かけの相性も良くなかなか美味しいのですが、量が多い訳でもなくちょっと高いです。これなら、あと100円出しても五目焼きそばの方がよさそうです。
(2016-05-19)

玉家もやし焼きそば

ねぎそば(800円)、このお店は、ネギラーメンじゃなくてねぎそばなのかと注文したら、おばちゃん厨房へ元気良くネギラーメンと注文を通していました。なんだ、拘りはないのねと丼を待ちます。出てきた丼はネギチャーシューで辛味付けはされていません。ネギチャーシューと表示してないだけあってチャーシューは少量です。安定の一杯という感じでなかなか美味しいのですが、CPは低いです。
(2017-07-28)

玉家ねぎそば


大きな地図で見る

中区・本牧周辺 | 17:36:53 | トラックバック(0) | コメント(2)
知味亭・本牧
本牧 知味亭、長白山閉店後に居抜で入った華宴楼が閉店した後にオープンしたお店で、椅子は長白山の物を使用しています。テーブル配置が若干変わっていて4人掛けテーブル5卓、2人掛けテーブル3卓と6人掛けテーブルをやめて4×2に分割しており1人用を2人掛けに変更してあります。お店の名刺を頂きましたが、ビルの名称は呉ビルなのですね。
(2016-08-26)
場所: 神奈川県横浜市中区麦田町2-59-2呉ビル
定休日: 月曜
香味ユウリンジ
ニラレバ
鶏肉の四川風炒め
鶏肉のカレー風炒め
麻婆豆腐
担々麺+半チャーハン
麻婆春雨

知味亭店構え

ランチ(680円)、ランチは週替わりで4種類あり単品料理ランチは3種類でライス、スープ、ザーサイ、豆乳プリン付で価格は600円、680円、780円となっています。1種類の麺+半チャーハンランチは780円です。ライスはお替りが出来ます。通常なら一番安いランチを頼むのですが、麻婆豆腐でしたので、680円の「香味ユウリンジ」ランチにしてみました。スープは卵スープでしたが、ワンテンポ遅れて出てきましたので集合写真にはありません。ザーサイの角切りは珍しいなと思いながら、千切りキャベツとレタスのサラダにドレッシングが掛かっています。ユーリンチのソースとドレッシングは当然のように混ざってしまうのでこれってどうなのよと思う。正体がよく分かりませんでしたが、パラパラと掛かっている香味は複雑な味で細かく刻んだ複数の素材を紹興酒に漬け込んだような感じです。豆乳プリンには黒蜜が掛かっており街角中華ランチのデザートとしては珍しいです。ランチの全体的な印象としては、悪くないのですが惹かれるほどでもない印象です。また行ってみます。
(2016-08-26)

知味亭香味ユウリンジランチ

知味亭香味ユウリンジ

知味亭豆乳プリン

ニラレバランチ(750円)、週替わりランチの価格が変更になっていました。ランチは週替わりで5種類あり単品料理ランチは4種類でライス、スープ、ザーサイ、デザート付で価格は680円、700円、750円、750円となっています。1種類の麺+半チャーハンランチは780円です。ライスはお替りが出来ますが、少し値上げしたようです。ニラレバランチですが、漬物がザーサイではなく胡瓜のピリ辛漬けで、具沢山の卵スープに前回同様の黒蜜が掛かった豆乳プリンが付いていました。ニラレバはプリッとした歯ごたえのレバの量も多く、絶妙な火加減で仕上げられています。ニラレバランチとしては高めですが、満足感の有る美味しいランチで、少なくとも街角中華としては印象に残るものがあります。
(2016-09-21)

知味亭ニラレバランチ

知味亭ニラレバ

ランチ(750円)、ライス、スープ、ザーサイ、デザート付でライスはお替りが出来ます。「鶏肉の四川風炒め」を選択しました。スープは具沢山の卵スープで漬物は角切りザーサイです。ザーサイの角切りは珍しいです。歯ごたえは細切りよりはありますが、やはり私は薄切り派です。デザートは集合写真にはありませんが、いつもの同じ器でマンゴープリンでした。鶏肉の四川風炒めは、鶏肉、ナス、玉葱、しめじ、しし唐を刻んだ唐辛子とラー油の利いたソースで炒めてあります。特筆すべきはその辛さで、口に入れたとたん水水の辛さではなく、体の芯にしみ込んでくるような辛さです。街角中華ではあまり出会わない辛さです。このお店は四川料理なのかな。
(2016-11-25)

知味亭鶏肉の四川風炒めランチ

知味亭鶏肉の四川風炒め

ランチ(750円)、「鶏肉のカレー風炒め」がランチに出ていたので寄ってみました。卵スープと角切りザーサイと柚子ゼリー付です。鶏肉のカレー風炒めは、カレーパウダーを絡めたものかと想像しましたが、ほぼルーが少ないチキンカレーの様相です。ジャガイモと鶏肉が大部分でピーマンが少量入っています。食べてるうちにカレー粉の苦みと単調な味に飽きてしまいました。柚子ゼリーも表面だけの柚子味で、これは失敗でした。
(2016-12-21)

知味亭鶏肉のカレー風炒めランチ

知味亭鶏肉のカレー風炒め

知味亭柚子ゼリー

ランチ(750円)、週替わりランチの価格が変更になっていました。ランチは週替わりで5種類あり単品料理ランチは4種類でライス、スープ、ザーサイ、デザート付で価格は750円、780円、780円、800円となっています。1種類の麺+半チャーハンランチは850円です。1000円の特別ランチセットが1種類プラスされていました。ライスはお替りが出来ますが、またまた値上げしたようです。とはいってもそれほど高い訳でもないので元が安すぎたのかもしれません。このお店では、四川系の料理には調理師の腕の冴えを感じる事があるのですが、それ以外は至って普通なので、四川料理のお店ではないのかと思っていました。ならば麻婆豆腐を食べてみようと注文しました。スープは具沢山の卵スープで漬物は角切りザーサイです。デザートは集合写真にはありませんが、いつもの同じ器でレモンゼリーでした。麻婆豆腐は、ただ辛いだけではなく複雑な辛味が交じり合い、やはり日本人が作る麻婆豆腐とは違います。辛いのは苦手なのに好きな私は、額の汗をハンカチで拭きながら完食しました。これなかなか美味しいです。食後に店主が厨房から出てきましたのでチャンスとばかりに聞いてみましたが、ホテルや中華街の四川系のお店で料理長をしていた経験があるそうで、なるほどという感じです。
(2017-03-24)

知味亭麻婆豆腐ランチ

知味亭麻婆豆腐

担々麺+半チャーハン(850円)、ランチは何かなとボードを見ると四川系の料理は麻婆豆腐だけです。やはりこのお店なら四川系を食べたいなと麺ランチを見ると担々麺です。この流れで迷う余地がありませんので担々麺+半チャーハンにしました。担々麺は白ごまも入っていますがあまり主張もしておらず、辛さも強くありません。香辛料が辛さと味の深みを演出しているようでなかなか美味しい担々麺です。面白いなと思ったのは白色の中細麺で食べた感じでは素麺に近い感じです。半チャーハンはパラパラ系としっとり系の中間位の出来で普通に美味しいチャーハンです。大根の酢漬けが付いていました。
(2017-04-20)

知味亭担々麺

知味亭半チャーハン

ランチ(750円)、このお店で食べるならやはり四川系の料理だと思う。ランチボードを見ると四川系は麻婆豆腐と麻婆春雨しかない。麻婆春雨はあまり好みではないので、どうしたものかと思案したが麻婆春雨で行くことにしました。なんかホテルの中華っぽい器で登場しました。スープは野菜スープ、ザーサイは角切りで食後に柚子ゼリーが出てきました。もしかしたら麻婆春雨を好きにしてくれる料理が出てくるかもとも思ったのですが、想像通りでこんな感じだな程度でした。
(2017-07-25)

知味亭麻婆春雨ランチ

知味亭麻婆春雨




中区・本牧周辺 | 19:09:28 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad