FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

三陽 本店(元御用亭)・野毛
桜木町野毛 三陽 御用亭、野毛の有名店三陽の支店です。2階も有るようですが、縦長のお店で1階は左側縦にオープン厨房、厨房前に10席位のカウンターがあり、お店の奥に小さな4人掛けテーブル2卓と丸テーブル1卓のお店です。
(2013-07-08)
場所: 神奈川県横浜市中区野毛1-36 1F 2F
定休日: 不定休(月曜日は夕方から営業)

三陽 御用亭店構え

三陽本店へ行ったら三陽 御用亭で営業中の札がありました。野毛の有名店であるこのお店は、味もさることながら奇抜なメニュー名と店主のキャラクターが持ち味です。
(2013-07-08)

三陽 本店店構え

カラフルなお箸です。右端にちょっと写っているのは、回転寿司のお湯が出る蛇口と同様の物でお水が出ます。
(2013-07-08)

三陽 御用亭箸

サンマーメン(750円)、きっと三陽のサンマーメンならニンニク、胡椒ばっちり決めて変化球で攻めてくるだろうと思っていましたが、出てきた丼を見てあまりに普通の直球で肩透かしです。もやし・白菜・豚肉(細切り)と役者が揃っており、魚介系を感じるスープですが、餡にニンニクや胡椒の仕込みはされておらず特徴的なものはありませんので、混ぜてもスープに大きな変化はありません。麺が中太麺なのは珍しいです。大きな蓮華が印象に残りました。
(2013-07-08)

三陽 御用亭サンマーメン

三陽本店、何やら改装中の様です。
酔華さんから改装ではなく移転とコメントを頂きました。
(2015-01-13)

三陽本店改装

そして、本店は立ち食い焼き肉店となりました。
(2015-02-20)

三陽本店あと

本店は何処へ行ったのかというと、御用邸が本店となっていました。手前にも三陽がありますが以前は村役場と看板が上がっていましたが、今は取り外されていますので何と呼ばれているのかはわかりません。昼は営業していないようです。
野毛に3店舗あった三陽は2店舗になったようです。
(2015-02-20)

三陽

横浜野毛ラーメン(500円)、三陽にしてはおとなしいルックスで太麺にトッピングは海苔、メンマ、チャーシュー2枚に小口切りの長葱を散らしてあります。相変わらずビックサイズの蓮華です。やはりこのお店は店主のキャラとニンニクのお店だと再確認しました。
(2015-02-20)

三陽ラーメン

ランチ餃子(350円)、夜は一皿7個で400円ですが、昼は6個で350円です。にんにくバッチリでこれぞ三陽です。今日はニンニクの唐揚げをサービスで頂いてしまいました。これ美味しいんですよね。ビールが欲しくなってしまいます。でも昼ですから牛乳ガバット頂きました。
(2015-02-20)

三陽餃子

みそダレネギ鶏定食(500円)、平日限定7種類の500円定食からみそダレネギ鶏定食を選択しました。ライス、一般的な中華スープ、白菜の漬物付きですが、デザートとしてグレープフルーツが付いていました。みそダレネギ鶏定食は、鶏肉にえらい濃い味のみそダレを絡めたものに細切り長葱を添えたシンプルなものです。価格を考えれば仕方ない部分もありますが、量は多くなく酒のつまみ的な料理です。ただ、このみそダレが妙にご飯に合うんですよね。このお店にしては控えめですが、みそダレにニンニクも入っていて好きな部類の味です。
(2018-10-09)

三陽みそダレネギ鶏定食

三陽みそダレネギ鶏

焼きそば(680円)、野毛チャーメンかもしれないと焼きそばを頼んでみましたが別物でした。麺が中太麺の塩焼きそばです。野菜とともに薄切りの豚肉にも存在感が有り、おふざけのメニュー名が点在するお店から想像するよりもまともな焼きそばです。意外だったのはニンニクガッツリのイメージのあるお店で、ニンニクの存在を感じなかったことです。
(2019-12-11)

三陽 御用亭焼きそば


大きな地図で見る

中区・野毛 | 17:33:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
萬里・野毛
桜木町野毛 萬里、入ると左に2階への階段、その先、縦にかなり年季の入ったオープン厨房、厨房の前にカウンター10席位のお店。メニューには1円単位で価格が書かれているが、会計時には10円単位に切捨てになる不思議なお店。
(2011-09-30)
場所: 神奈川県横浜市中区野毛町2-71
定休日: 無休だったが当分の間月曜

萬里店構え

サンマーメン(651円)、青菜の濃い緑が所々、白菜の先の方の黄緑と地味な彩。スープは薄味で餡は丁度良い位、白菜の量は多い。白菜が入っているのがいいが、薄味のスープに軟い麺、飲んだ後にはいいけれど昼食には物足りないと思う。
(2012-11-27)

萬里サンマーメン

餃子(336円)、焼き餃子という名前で最初に焼き餃子を販売した店といわれているので、食べてみました。餃子(やさいぎょうざ)とメニューに書かれていたのだけれど、やすいぎょうざと読み間違え、6個336円なら安いなと妙に納得。小振りな餃子で餡の野菜のカットも大きめでにんにくがきいている。コンビニで牛乳を2回も飲んでしまった。
(2012-11-27)

萬里餃子

ひっそりとテントを新調していました。
(2013-01-18)

萬里店構え1

うま煮ソバ(874円)、通常のメニューではなく短冊状に貼り出されたメニューにうま煮ソバがありましたのでオーダーしてみました。具材は海老、イカ、木耳、筍、豚肉、白菜、絹さや、でホルモンが入っており醤油ベースの餡が掛かっています。地味なルックスで海老とイカの素材が今一つです。お店の法則も健在で会計時は870円でした。
(2014-08-19)

萬里うま煮ソバ

タンメン(700円)、ラーメンでも食べて行こうかと入りましたが、何とメニューにラーメンがありません。無い状況を考えていなかったので結構慌ててしまい、後先を考えずにエイッヤでタンメンを注文してしまいました。650円プラス税なので702円なのですが、このお店の法則は健在で700円でした。具材は白菜、もやし、ニラ、豚肉でスープと言うよりは具材にニンニクを利かせてあります。麺はお約束の平打ち太麺です。ニンニクが利いたタンメンは美味しいのですが、昼は後が大変です。
(2016-08-05)

萬里タンメン

特別中国ランチ(970円)、メニューにラーメンが無い事を確認に行きましたが、確認した後に何を食べるか決めていませんでした。ふと見た貼り紙の特別中国ランチが目に留まりました。特別で970円もします。どんな料理か聞いて見ましたが良く分かりません。どうやらワンプレートランチの様です。と言う事で注文してしまいました。まず大きなお皿でスープが出てきました。やはり特別だよなと思ってスープを一口、何の変哲もない卵スープです。なんか嫌な予感がしましたが運ばれてきたワンプレートは、白菜と豚肉を炒めて餡かけにした炒め物とあなごと思われる天ぷら、千切りキャベツを土台にしたチャーシュー4枚にライスです。あちゃー、久しぶりにやってしまいました。
(2016-10-13)

萬里特別中国ランチスープ

萬里特別中国ランチ

中華丼(890円+税、960円)薄切りザーサイとワカメと玉子のスープが付いていました。中華丼は、白菜、さやえんどう、木耳、イカ、小海老、豚肉、ホルモンで醤油ベースの醤油味の強い餡かけになっています。昔ながらの中華丼なのでしょうが、価格を考えるとすごく高い印象です。
(2019-02-08)

萬里中華丼

炒麺(やわらかい焼きそば)760円+税、820円)、具材は豚肉、白菜、青梗菜、もやしとなっており短めの太麺は野毛チャーメンかなと思わせるルックスです。ただ食べてみると薄味でニンニクもほとんど感じる事はありません。唇に絡みつく様な油分も無く、麺も太麺でも平打ちの太麺ではありません。野毛チャーメンとしてはあっさり系でジャンクフード感は弱いです。お決まりの器でワカメと玉子のスープが付いており、炒麺の量は多いと思いますがCPは低いです。
(2019-08-07)

萬里炒麺


大きな地図で見る

中区・野毛 | 17:05:55 | トラックバック(0) | コメント(4)
新雅・野毛
桜木町駅近辺 新雅(シンガ)、店構えは中華料理屋さんのようです。縦長のお店で、入ると真ん中縦に8人掛けの長テーブル1卓、左側に4人掛けテーブル2卓、右側に4人掛けテーブル2卓、5人掛け丸テーブル1卓となっており、奥左側に厨房、奥右側がお座敷となっているようですが、壁でクローズされていて見えません。
(2013-02-08)
場所: 神奈川県横浜市中区花咲町1-2 リバーサイド桜木町 1F
定休日: 月曜・火曜・不定休

新雅店構え

サンマーメン(700円)、ルックスはもやしそばです。もやし、玉葱、細切り豚肉が白い餡に包まれています。スープは動物系を感じる物で麺は中細麺でも細い方です。横浜のサンマーメンの中に同じ構成の丼を見かけることが有りますので、サンマーメンの中の一系統なのかもしれません。こちらのお店でしか味わえないサンマーメンですが、内容からするとちょっと高いですね。
(2013-02-08)

新雅サンマーメン

もやし焼きそば+小ワンタンランチ(600円)、2度ほど12時ちょっと前に行って開いていないので休業かと思っていましたが、たまたま12時過ぎに行ったら開いていて12時過ぎからの営業を知りました。
もやし焼きそばは、このお店のサンマーメンと同じ具材が乗っていますが、サンマー焼きそばかと言えばもやし焼きそばが正解です。焼きそばは硬い・柔らかいを選択できます。シャキシャキもやしが美味しいですが量は少ないです。
小ワンタンは小さな器にワンタン4個入りです。
(2015-01-19)

新雅もやし焼きそば

新雅小ワンタン

五目そば(800円)、このお店のもやし焼きそばは好みなのですが、いつも同じじゃねなどと要らぬことを考えてしまった。そこで、五目そばにしてみましたが、失敗でした。塩スープに茹でた白菜、キャベツ、ニラに豚肉、中型の海老、イカが各2、それにチャーシューが2枚です。中細麺でも細い部類の白色系の麺はちょっと茹で過ぎで、チャーシューも油部分が多くちょっと残念でした。CPも悪く、やはりもやし焼きそばにしておけばよかったです。
(2016-06-06)

新雅五目そば

ラーメン(500円+税、540円)、トッピングは、もやし・青梗菜・チャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。外税を知らずに500円なら有なのかなと思っていたのですが540円なら高いです。中細麺でも細い部類の白色系のストレイト麺は、このお店の麺類に共通の様ですがなんか今一つ好みではありません。ただスープは明らかに中華屋さん系統のラーメンスープではなく、昔の中華料理屋さんのラーメンスープなのでこの点は惹かれる物があります。
(2018-07-17)

新雅ラーメン

餃子(500円+税、540円)、シューマイが4個350円(本当は税金がプラスされるのを知りませんでした。)なら安いなと頼んだのですがなんと品切れで餃子ならあるとの事です。何にも考えずに、なら餃子と言ってしまいましたが、よく考えれば小型の餃子で6個入りとは言え1個90円は高すぎです。具材がおから状+野菜刻みで好みではありますが、アクシデントが無ければ頼んでいなかったです。
(2018-07-17)

新雅餃子

湯麺(700円+税)、シューマイと一緒に会計したら1050円+税で1134円かと思ったのですが1130円でした。メニューにタンメンを湯麺と表記していても、私基準の湯麺に出会うことは少ないのですが、このお店のタンメンは湯麺と表記しても良いと思う。湯麺のスープの特徴は一口スープを飲んだ時に、お湯?と思うくらいの感じなのですが奥深くに味わいを秘めているのが大きな特徴です。ニンニクガッツリのタンメンとは真逆に位置する麺料理です。この湯麺はまずお湯?と思った後に胡椒が追いかけて来るのがちょっと不満です。具材は茹でなのですがキャベツだけ炒めてあり、野菜の旨味と炒め油も加わりなかなか美味しいです。ただ麺はお約束の平打ち太麺ではなくこのお店お得意の白い細麺だったのは残念ですが、湯麺3件目ゲットしました。
(2019-06-24)

新雅湯麺

焼売(350円+税)、4個で378円ですので1個94円強です。中型より少し小振りなシューマイで、レンジ加熱の様です。肉も詰まってる程では無いものの少し甘みを感じる味付けや油に旨味を感じるシューマイでなかなか美味しいです。このシューマイ、又頼んでもいいかなと思います。
(2019-06-24)

新雅焼売


大きな地図で見る

中区・野毛 | 17:28:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華料理萬福・野毛
桜木町野毛 中華料理 萬福でサンマーメン(550円)JR桜木町駅と京急日ノ出町駅の中間位に位置するお店。入ると左側に4人掛けテーブルが一つ、右側は壁に沿ってこの字にカウンター席10席位、真ん中に4人掛けテーブル2卓、奥に厨房でスナックを改造した様に思える。サンマーメンは、もやしメインで玉葱も多い方、細切り人参・青菜・豚肉は少量。餡は全面に掛かっていないが丁度良い具合。スープにほんのりと甘味が加えられており美味しいサンマーメンに大当たり。ここは絶対に再訪すると思う。
(2012-04-05)
場所: 神奈川県横浜市中区宮川町2-20
定休日: 水曜

中華料理 萬福店構え

サンマーメン(550円)、好きなサンマーメンです。特にスープが好きで、濃い目の醤油味ですが甘味があるため、単に濃い醤油味ではなく甘味が厚みを演出しています。又行っちゃうんだろうな。
(2012-08-17)

中華料理 萬福サンマーメン

バンメン(600円)、メニューは辨麺(ばんめん)となっています。丼はちょっと小振りですが普通の深さのラーメン丼です。具材は、白菜、人参、なると、蒲鉾、海老、イカ、青梗菜、肉、チャーシューとなっていて塩ベースの餡が薄く掛かっています。スープはちょっと強い醤油味に甘味が付いて厚みを感じる物です。バンメンはチャーシューがトッピングされていると思っていましたが、この丼は一緒に炒めて餡が掛かっています。
(2014-03-18)

中華料理 萬福バンメン

カレー焼きそば(650円)、何にしようかと壁のメニューを一覧すると、カレーもやしそばが目に留まりました。カレー良いなと思いながらカレー焼きそばを見つけて、面白いメニューだと注文してみました。ガチガチのかた麺ではないのですが、かた麺を小山にしてカレーを掛けたものです。カレーはトロットしていて見える具材としては玉葱と豚肉のみと言ったシンプルなものです。これはありだなと思いながら食べましたが、価格的にはちょっと高いかな。中華スープが付いてきました。
(2015-07-02)

中華料理 萬福カレー焼きそば

ラーメン(450円)、小さいお店と言うのもあるが、行列が出来るほどではないにしろ、いつもほど良く混んでるお店です。ラーメンをまだアップしていなかった事を思い出して注文しました。トッピングはメンマとチャーシュー1枚で小口切りの長葱を散らしてあるシンプルなラーメンです。麺の盛り付けに気を使っているのがうかがえますが、価格を考えればこんなものだろうと思います。しかし何よりも私的には、このお店の醤油スープが大好物です。少し甘み付けされたスープは飲み始めると止まりません。あ~やっぱり美味しいわ!大満足です。
(2016-08-12)

中華料理 萬福ラーメン

タンメン(600円)、手書きの掲示メニューが新しくなっていたのでよく見ると、ラーメン480円、サンマーメン600円、バンメン650円と値上げされていましたが、それでも安いです。今日は最初からタンメン食べようと思っていましたので迷わず注文しました。野毛でよく見る濁ったスープにガッツリニンニクのタイプでは無く、半濁のスープにニンニクは弱めで少しオイリーかな。ただこの油の膜があるので最後まで熱々です。スープは絶妙の塩加減で味わってみれば、塩ラーメンではなくやはりタンメンスープです。麺が平打ち太麺ではなく中細麺なのは残念なところです。
(2018-05-31)

中華料理 萬福タンメン

中華丼(650円)、この価格の中華丼だとエビやイカは諦めた方がいいと思っていました。しかし、この中華丼にはエビやイカが入っており、チャーシューも細切りではなく一枚ものが複数入っています。他の具材は白菜・玉葱・ナルト・木耳で醤油ベースのほんのり甘い硬い餡かけになっており錦糸卵を散らして有ります。スープときゅうり・大根の漬物も付いておりCP高いです。なかなか美味しい中華丼に当たりました。
(2019-06-21)

中華料理 萬福中華丼


大きな地図で見る

中区・野毛 | 17:25:39 | トラックバック(0) | コメント(6)
第一亭・野毛
京急日ノ出町駅近く 第一亭、テーブル14席、カウンター7席、奥の畳に座卓で15席位のお店。中華料理の暖簾があるがホルモンのお店。
(2012-05-07)
場所: 神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20
定休日: 火曜

第一亭店構え

サンマーメン(600円)、麺は中細の縮れ麺で、ラーメンの上に餡だけを流し込んで、餡を薄く絡めた具材をトッピングと言った感じ。イカ、エビ、ナルト、ホルモンの切れ端が珍しい。飲んだ後の〆にはいいのだろうが、しらふではね。
(2012-05-07)

第一亭サンマーメン

もやし丼(650円)、もしかしたらサンマー丼かもしれないと思って注文してみました。
運ばれてきた丼からニンニクの香りが漂っている時点で、サンマー丼ではなくもやし丼だと確認できました。
もやし、ニラ、ニンジン、豚肉を餡でからめてご飯の上に掛けてあります。
中華スープが付いてきましたが、なぜか中華スープにももやしが入っていました。
(2016-11-18)

第一亭もやし丼スープ付

第一亭もやし丼

当分の間、昼営業中止だそうです。
(2018-01-19)

第一亭昼営業休止

昼営業は止めていると思っていたのに暖簾が出ていたので引き込まれてしまいました。店内にお知らせが貼ってあり、土曜・日曜・祝日の昼営業は止めているようです。
(2018-05-11)

第一亭昼営業について

ラーメン(500円)、トッピングはメンマ、ナルト、歯ごたえがあるが油部分の多い厚切りチャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。スープは醤油の塩が適度に前面に出るタイプで、好ましいものです。スープに浮いている物体が最後まで分かりませんでした。こがしネギかなと思ったのですが、どうも違うようです。このお店なのでホルモンでも入っているのかと恐れていましたが、至って普通のラーメンでCPは高いと思います。
(2018-05-11)

第一亭ラーメン

餃子(500円)、なんか細長い餃子ですが、ひっくり返すと普通の形で、刻みとペースト状の中間位の具材の量が少ないのが原因の様です。具材が少ないのに皮が厚いので、噛み応えがあります。価格からすれば物足りない餃子でした。
(2018-05-11)

第一亭餃子

ヤキソバ(600円)、ヤキソバと注文したらチャーメンですねとの返し、そのまま流したが野毛チャーメンならニンニク注意だ。チャーメンという料理は各地にあり、その姿も統一性が無いので敢えて野毛チャーメンと表示しますが、野毛チャーメンの特徴は、麺は短めの平打ち太麺で、もやしやニラ等とともに油が麺に絡むように炒め、にんにくを利かせたヤキソバです。味的には塩が表面に出てきますが醤油もわずかに感じ、油とにんにくの融合が後を引く感じです。野毛チャーメンはB級グルメと云うよりは、ジャンク料理と云った方がフィットする感じです。まあ嫌いじゃないんですけれどね。
(2019-06-14)

第一亭ヤキソバ


大きな地図で見る

中区・野毛 | 17:31:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ