■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

昇玉・小田原駅
小田原駅近く 昇玉、テーブル席のみのお店で2階だけで50席位は有ると思う。古くからあるお店の様で2008年までは1階と2階がお店で、改装して2階3階がお店になったようです。
(2012-09-07)
場所: 神奈川県小田原市栄町2-8-5 錦ビル 2F・3F
定休日: 火曜

昇玉店構え

サンマーメン(730円)、もやし餡かけ系統で醤油味の強いスープ。ただ、中細縮れ麺が何か合っていない、ちぐはぐな印象。
(2012-09-07)

昇玉サンマーメン

広東麺(840円)、広東麺らしくない丼姿だなと思ったのですが、餡の色と餡の硬さからくるものかもしれません。具材は海老、イカ、蒲鉾、木耳、筍、焼豚、豚肉、ハム、白菜、ピーマン、人参、半熟ゆで卵半分、長葱(斜め)と種類も多いのですが、ゆるい餡に埋もれてしまい損をしています。餡に甘い味付けがされていますので、色は白ですが塩ベースではなく薄い醤油ベースと思います。
(2014-06-30)

昇玉広東麺

ラーメン(570円)、価格を考えれば見た目随分シンプルなラーメンです。トッピングはメンマ、薄いチャーシュー、蒲鉾で小口切りの長葱を散らしてあるのではなくちょっと盛っています。そうか、小田原と言えば蒲鉾だ!蒲鉾にお金を掛けてるのかもしれないなどと勝手に解釈し、注目の蒲鉾を一口行ってみましたが、特別な品でもないようでガッカリです。あとは普通に美味しいラーメンでした。
(2017-08-28)

昇玉ラーメン


大きな地図で見る

小田原市 | 17:06:11 | トラックバック(0) | コメント(2)
栄華軒・小田原
小田原駅近く 栄華軒、縦長のお店で奥が厨房になっています。4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル4卓で、入り口から見ると左側奥に見えないスペースがあります。どうなっているのか想像してみました。丸テーブルを置くにしてはスペースが小さそうで、長テーブルかなと思ったのですが、会計時に覗くと2人掛けテーブルが3卓でした。
(2013-07-25)
場所: 神奈川県小田原市栄町2-7-37 KTプラザ 1F
定休日: 月曜

栄華軒店構え

サンマーメン(800円)、もやし・白菜・キャベツ・豚肉と役者は揃っています。醤油味の強いスープで、餡は塩ベースですが特徴的な味付けはされていませんので、混ぜても大きな変化はありません。麺も一般的な中華屋さんのものとは違いますし、具材も多いです。でも、800円は高いです。
(2013-07-25)

栄華軒サンマーメン

ラーメン(550円+税)、全体的に高めの価格設定ですが、外税になっていて一層高い印象です。ラーメンのトッピングはメンマ、海苔、もやし、厚切りチャーシューで小口切りの長葱をさらに刻んで散らしてあります。このお店はラーメン屋志向のある中華屋さんで、一般的な中華屋さんと比べて使用している麺が違います。小型ではありますが1㎝強はある厚みのチャーシューを箸で崩しながら食べましたが、なかなか美味しかったです。600円弱ならまた食べてもいいかも。
(2016-12-27)

栄華軒ラーメン

伊府麺(イーフーメン)、(900円+税)、特別のメニューとしてイーフー麺が出ていましたので入ってみました。4人掛けテーブルに通されたのですが、一人だと居心地悪いなと思いながら丼を待ちます。イーフー麺は料理名ではなく麺の種類ですので、出て来るまでどんな料理が出てくるかわからないのが面白いところです。運ばれてきた料理は焼きそばで、薄味の中華スープが付いていました。具材は白菜、ピーマン、木耳、人参と少量の豚肉、ひき肉です。イーフー麺は平打ちの中麺といったところでしょうか。皿が大きいので見た目よりは量的には十分なのですが、単調で飽きます。価格を考えれば海老くらい入っていてもよさそうだよなと思っていたら、入ってきたお客さんに「満席で、どうもすみません」と相席にしません。もしこれがお店のルールなら少し位高いのは仕方ないのかなとも思う。
(2017-08-01)

栄華軒イーフーメン


大きな地図で見る

小田原市 | 17:35:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
日清亭・小田原駅
小田原駅から歩けなくは無いがやはり車が便利 日清亭、横長で左側に4人掛けテーブル1卓、2人掛けテーブル2卓、右側は店奥までテーブル席で6人掛けテーブル1卓、4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル3卓、正面奥がオープン厨房でその前にカウンター4席、真ん中のスペースに向かい合わせでカウンター5席で比較的ゆったりとテーブルが配置されていて、今日は女性だけで切り盛りされていたお店。
(2012-11-22)
場所: 神奈川県小田原市本町1-5-23
定休日: 火曜

日清亭店構え

サンマーメン(700円)、丼が運ばれてきました。キャベツと少量ながら肉も入っています。サンマーメンだ。スープを一口、醤油味が少し強いスープです。餡を一口、塩を感じる。餡の塩気は隠し味的に使われているので塩気を感じる事はほとんど無いのですが、塩を感じると言う事は混ぜるとお冷3杯コースですね。もう一点気になったのが麺の軟さです。もう少し硬めでも良いと思うのですが。どちらも加減の問題ですので頑張って欲しいです。
(2012-11-22)

日清亭サンマーメン

日清メン(700円)、 今日は女性だけでなくひとり不必要に元気がいいお兄さんが厨房にいました。メニューが壁にしか無いので不便なのですが、店名を冠した日清メンなるメニューを見つけて注文しました。さて、どんな料理が出てきますでしょうか楽しみです。運ばれてきた丼の第一印象は、サンマーメンの餡無タイプだろうか。肉が入っていないので野菜ラーメンです。麺が平打ち麺ですが軟いです。なんか店名を冠するほどの物でも無いような気がします。
(2013-10-28)

日清亭日清メン

ラーメン(515円)、厨房からの声掛けが、まるで八百屋さんか魚屋さんの様でちょっと引いてしまいます。「お熱いですので」と両手で運んできたラーメン丼にはこぼれんばかりのスープが満ちています。確かに熱かったろうなと思いながら丼を眺めると、小葱に埋もれてチャーシューとメンマがトッピングされています。このスープの量に何か意味があるのだろうか?それとも威勢の良い声掛けで勢い余ったのか?どうも良く分かりません。スープは普通だなと麺を行ってみましたが、これが柔くどうして?です。前のサンマーメンも麺が柔かったのでこのお店は軟麺のお店なんですね。
(2017-06-28)

日清亭ラーメン


大きな地図で見る

小田原市 | 17:24:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad