FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鳳月・平塚駅
平塚駅近辺 鳳月、中華料理屋さんかと思っていましたが中華屋さんの様です。縦長のお店で左側に4人掛けテーブル3卓、右側は6人掛けテーブル1卓と8人掛けテーブル1卓が置かれており厨房は奥にあります。緑色に金色の縁取りの飾り板壁や中型の鏡が複数配置された店内を見ると以前はパブスナックだったのでしょうか?テレビは無くラジオが流れる店内です。メニューは全体的に高めの価格設定です。
(2015-08-25)
場所: 神奈川県平塚市錦町3-28
定休日: 火曜

鳳月店構え

サンマーメン(730円)、具材はもやし、白菜、木耳、人参、玉葱で餡は掛かっているのかいないのか分からないくらい薄く掛かっています。見た目に如何にもスープの色が濃く、ありゃりゃと思ったのですが一口行ってみると味がしません。なんだあと思い続けて飲んでみると薄口ではありますが少し甘みもあります。すっかり見た目に騙されてしまいました。具材の量は多く面白いスープなのですが、肉が入っていないこともありCPは低いです。
(2015-08-25)

鳳月サンマーメン

テーブルのメニューを見てサンマーメンがあるやっと注文したのですが、店内を見回すとなんと「弁麺」の文字が飛び込んできました。さらに、五目ウマニソバと小さく書かれているではありませんか。あわててテーブルのメニューを確認しましたが五目ウマニソバとだけ書かれています。会計時に読み方を聞いたら「バンメン」だという事です。これは再訪しなければなりません。
(2015-08-25)

鳳月張り出しメニュー

弁麺(バンメン)(930円)、平塚でバンメンに出会うとは思ってもいませんでした。通常のラーメン丼で登場です。見たところエビ、イカ、焼豚、豚肉、白菜、玉葱、うずら、ブロッコリー、椎茸、半身のヤングコーン、肉団子で、醤油ベースの餡が薄く掛かっています。各1とはいえエビ、イカ、焼豚と揃っているのですが、定番ともいえるナルトや蒲鉾と言った練り物が入っていません。残念だなと思っていたのですが、肉団子だと思っていたものが練り物でした。スープはサンマーメンの様に濃い色はしていませんが、一口目は薄いと思うのですが薄さの中に味わいがあり蓮華が止まらないスープです。
バンメンが五目ウマニソバに変わっていったとすれば、その過程の中間にあるような感じを受けました。
(2015-09-04)

鳳月バンメン

五目ソバ(980円)、バンメン(五目ウマニソバ)があるお店の五目ソバは塩味スープで餡無しが定番だよなと考えていたら出てきた丼はその通りで、ほらねという感じです。具材はエビ、イカ、焼豚、豚肉、白菜、玉葱、ブロッコリー、椎茸、ポーチドエッグ、練り物の団子で餡は掛かっていません。麺は中細麺です。特筆すべきはスープで、ベースに甘みがあるために甘塩スープとなっています。珍しいスープで、大体奇天烈な事をすると普通でいいのにと結論付けられる事が多いのですが、少し薄味のこのスープは美味しいです。好き嫌いはあると思いますが他店では味わえないスープです。980円は高いなと思っていたのですがリピートしそうです。
(2018-08-31)

鳳月五目ソバ



平塚市 | 17:39:54 | トラックバック(0) | コメント(2)
どさん娘 紅谷町店・平塚駅
平塚駅近く どさん娘 紅谷町店、狭い煤けた様な古いお店に、いつも常連らしきおじさんがたむろしていてなんか入りにくい雰囲気だったのですが、たむろしてる人がいないのを見て入ってみました。縦長の小さなお店で左側縦に厨房、厨房前にカウンター7席、右側は小振りな4人掛けテーブル3卓ですが、カウンターに3口、テーブル席にそれぞれ1口づつの焼肉用コンロが置かれています。入ってみて分かったのですが、ラーメン屋というよりも大衆焼き肉店です。焼肉で一杯のおじさんたちがたむろしていたのでした。
(2018-08-21)
場所: 神奈川県平塚市紅谷町6-22
定休日: 無休

どさん娘 紅谷町店店構え

味噌ラーメン(500円)、トッピングはメンマ、もやし、人参で小口切りの長葱をもやしの上に盛っています。麺は太麺と中細麺の中間位の太さです。ラーメン450円、塩ラーメン450円と安いのですが、ラーメンが主ではなく焼肉食べてラーメンみたいな感じです。
(2018-08-21)

どさん娘 紅谷町店味噌ラーメン



平塚市 | 19:02:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
華昌・平塚駅
平塚駅近辺 華昌、窓に貼って有るメニューにサンマーメンを見つけて入ってみました。なぜか店内のメニューはサンマメンとなっています。横長のお店で、入ると4人掛けテーブル2卓があり、右側奥がオープン厨房、厨房前にカウンター7席位のお店です。
(2013-05-08)
場所: 神奈川県平塚市宝町9-16
定休日: 月曜

華昌店構え

サンマーメン(700円)、もやしは多いのですが、白菜やキャベツ・肉は入っていません。もやし餡かけ系統のサンマメンです。ゆるい餡がボリュームを補っています。スープは醤油味のしっかりとしたスープで、麺は平打ち麺の傾向です。ゆるい餡はだらっとしておらず餡としてまとまりもあり、いつもこの状態で提供されているなら熟練だなと思います。
(2013-05-08)

華昌サンマーメン

餃子(500円)、通常は5個での提供だそうですが、3個のランチサービスがあると店主がやけに3個を勧めます。ろくにメニューも見ていなかったので、多分その方がお安いのねと勝手に思い込み、お勧めに従いました。餃子のお皿を見たときに思わず、おっきいと呟いてしまいました。これ、5個はきついわ。それで、3個でおいくらだろうと店内をきょろきょろと探すとランチサービスに限り3個300円と書かれています。なんだあ、安く無いじゃん。でも大きく具材もガッツリですので妥当な線ですね。
(2013-05-08)

華昌餃子

ラーメン(620円)、ランチ時間は600円になります。すり鉢状の器を丼にしており、妙に大きいレンゲが添えられています。スープや平打ち麺はサンマーメンと同様の様です。麺の上に細いタイプのもやしとワカメ、メンマを載せて厚さはないが大きいチャーシューを被せて小口切りの長葱を散らしてあります。チャーシューは肉のうまみを感じるのですが、スジがあり嚙み切るの大変でした。店内を良く見ると、どうも味噌ラーメンが売りの様ですので次回は味噌ラーメンにしてみましょうか。
(2017-07-14)

華昌ラーメン

味噌ラーメン(670円)、次は味噌ラーメンと自分で書いていたのを覚えていました。ランチ時は650円です。すり鉢状の丼と妙に大きいレンゲはこのお店のお約束なのですね。麺の上にもやしとワカメ、メンマを載せて厚さはないが大きいチャーシューを被せて白ゴマ、黒ゴマ、小口切りの長葱を散らしてあります。チャーシューは肉のうまみを感じるのですが、スジがありました。麺は平打ち太麺でスープはもっとマイルドかと思っていましたが結構攻めて来るのでちょっと意外でした。美味しい味噌ラーメンと思いますが、強く印象に残るほどのインパクトは無いようです。
(2018-05-09)

華昌味噌ラーメン


大きな地図で見る

平塚市 | 17:44:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
海南記(閉店)・平塚駅
平塚駅近辺 海南記、縦長のお店で入ると雑然とした小部屋があり、戸を開けると店内となります。右側縦にほぼオープン厨房で6人掛けテーブル1卓と4人掛けテーブル3卓がありますが、奥にまだ部屋があるようです。年季の入った雑然とした中華料理屋さんです。
(2016-03-23)
場所: 神奈川県平塚市宮の前5-2
定休日: 無休

海南記店構え

ランチ700円、20種類ほどのランチがあり全て同価格でライス、スープ、漬物、サラダ、杏仁豆腐、水餃子2個付です。無難なところで「豚肉とキャベツの味噌炒め」を選択しました。スープはワカメ、玉葱、卵のスープで漬物はザーサイ、杏仁豆腐はイチゴソース入りで、サラダは大根、人参、ピーマンにドレッシングをかけたものです。後から水餃子が出てきましたので集合写真にはありません。豚肉とキャベツの味噌炒めは予想通り回鍋肉ですが、ほとんどキャベツで芯部分ばかりです。メインの料理をコストダウンしたらこんなになりましたの見本みたいです。
(2016-03-23)

海南記豚肉とキャベツの味噌炒めランチ

海南記豚肉とキャベツの味噌炒め

ビル建て替え工事中です。新築ビルに入るのでしょうか?
(2018-05-09)

海南記閉店



平塚市 | 17:42:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
龍栄・平塚駅
平塚駅近辺 龍栄、表のボードのサンマーメンに惹かれて入ってみました。入り口より奥が広いお店で、入って左に4人掛けテーブル4卓縦に厨房、厨房の前に4人掛けテーブル4卓の中華料理屋さん。壁にべたべたとデジカメで撮った様な料理の写真が貼ってあり、いかにも中華料理屋さんの雰囲気がある。店内のボードにはサンマンメンと書いてあり、嫌な予感。
(2012-11-02)
場所: 神奈川県平塚市宮の前1-21
定休日: 無休

龍栄店構え

サンマーメン(600円)、何かルックスが違います。具材はもやし、キャベツ、人参、韮、と一応役者は揃っていますが、肉が入っていませんでした。スープを一口、スープは日本のラーメンに近い物ですが、薄っぺらな印象です。餡を味わってみます。まず、胡椒そしてオイスターソースのようでオイスターソースでないちょっと甘味の有る分析不能な調味料。混ぜたらどうなるのでしょうか、まるで胡椒が解き放たれたように丼を覆います。残ったのは胡椒の辛味だけでした。
(2012-11-02)

龍栄サンマーメン

ラーメン+半中華丼(750円+税)、場末の食堂で食べる感じの普通に美味しい料理で、印象に残ったのは単品400円+税のラーメンにしては厚切りのチャーシューが入っている事と量的には十分満足できるかなの2点でした。
(2017-11-01)

龍栄ラーメン+半中華丼


大きな地図で見る

平塚市 | 17:45:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ