■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウントあります。
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

興福菜館・中山駅
中山駅近辺 興福菜館、縦長のお店で奥が厨房になっており、手前の客席スペースに4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル4卓、6人用丸テーブル1卓の中華料理屋さんです。
(2016-11-14)
場所: 神奈川県横浜市緑区台村町309-1
定休日: 水曜

興福菜館店構え

ランチ(780円)、定食メニューとして8種類用意されていますが3種類は麺+半チャーハンとなっています。価格はまちまちですが二番目に安い「じゃがいもと鳥肉の辛味炒め」にしてみました。ライス、スープ、小鉢、デザート付です。スープは中華スープで小鉢はヤッコです。デザートは杏仁豆腐ですが舌でつぶせる位に柔らかく珍しい食感です。じゃがいもと鳥肉の辛味炒めは辛さの程度を聞かれましたので調整が可能の様ですが、普通にしておきました。運ばれてきた料理は全体的にオレンジ色が強く十分辛そうで、普通にしておいてよかったとまずは安堵です。具材は鶏肉、ジャガイモ、ピーマン、木耳、人参、玉葱を炒めたものですが、辛さ普通でも汗が出る位十分な唐辛子の辛味です。
(2016-11-14)

興福菜館じゃがいもと鳥肉の辛味炒め定食

興福菜館じゃがいもと鳥肉の辛味炒め



緑区 | 17:10:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
ばん里・中山
中山駅近辺 ばん里、一見さんはなかなか入りづらい店構えですが、結構こういった店構えは好物で、メニューに必ずサンマーメンがあるパターンです。お店を入ると結構きれいなのに驚きます。右側にコの時にカウンター14席位で、真ん中にカウンターと同じ高さの4人掛けテーブル席2卓が横に並んでいます。
(2012-09-14)
場所: 神奈川県横浜市緑区中山町210
定休日: 火曜

ばん里店構え

サンマーメン(750円)、ちょっと見は野菜餡かけ系統のサンマーメンですが餡の中にもやしも多く入っており、細切りのナルトが珍しく緑色はピーマンの細切りでした。醤油味の強いスープで野菜を炒めた時の油の量が多いのでしょうか、少し油っこいです。価格は少し高めですね。
(2012-09-14)

ばん里サンマーメン

ラーメン(530円)、トッピングはメンマ、青菜、ナルト、ゆで卵半分、ほろほろのチャーシューです。この価格帯のラーメンでこのトッピングは素晴らしいです。スープはサンマーメンと同じだと思いますが、醤油味と塩分が強く、好みのしみじみ系ではありませんでした。スープが好みの系統だったら大絶賛です。
(2016-11-09)

ばん里ラーメン


大きな地図で見る



緑区 | 17:39:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
麺華・霧が丘
最寄り駅はJR横浜線十日市場駅と思いますが徒歩圏内ではありません 麺華、サンマーメン有との情報を頂きましたので寄ってみました。入り口の上の壁に「喜多方ラーメン麺華」と書かれている写真を見たのですが、今は「ラーメン麺華」となっています。外の一部破損した立て看板は「喜多方ラーメン麺華」上方外の下げ看板は「中華料理麺華」となっており、このお店の屋号はどれが正しいのでしょうか?横長のお店で奥にクローズされた厨房、客席スペースは6人掛け丸テーブル2卓、4人掛けテーブル3卓、なぜか4人掛けテーブルを壁につけて2人掛けとして使用しているテーブル1卓が置かれています。古いというよりはほったらかしの年季が積もった雑然としたお店で、どうしようもない場末感が充満しています。店主が一人で切り盛りしていました。
場所: 神奈川県横浜市緑区霧が丘3-26-1
定休日: 火曜

麺華店構え

サンマーメン(800円)、もやし、白菜少量、細切り豚肉、人参、玉葱、木耳で構成されており、醤油ベースの餡が掛かっています。お店の雰囲気からすると大丈夫かなと不安でしたが料理自体は普通でした。価格相応にするためでしょうか麺がやたらに多かったです。

麺華サンマーメン



緑区 | 17:35:07 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ

FC2Ad