FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

龍味・希望ヶ丘駅
最寄り駅は相鉄線希望ヶ丘駅ですが、徒歩だとちょっと遠い 龍味(リュウマイ)、入ると右側にオープン厨房、厨房前にカウンター3席、右側は4人掛けテーブル3卓ですが真ん中のテーブル以外は2人掛け用になっている小さな創業40年の古いお店です。昼時を外してしまったので店主とお話しすることが出来ました。横浜駅の龍味で働いていたので社長の許可を得て店名を龍味としたそうで、従って読み方はリュウマイとの事です。相鉄線横浜駅が高島屋の横にあった時の五番街に龍味があったそうです。その後に駅が今のジョイナスまで後退する時に龍味はトーヨー街に移転し、現在の龍味は経営者が変わっているので関係が無いそうです。
(2014-01-14)
場所: 神奈川県横浜市旭区中希望が丘104
定休日: 水曜

龍味希望ヶ丘店構え

サンマーメン(700円)、もやし、玉葱、青菜、人参、木耳、豚肉で構成されており、餡は醤油ベースですが厚みのある少し甘味を感じる濃い味付けで、麺はストレートの細麺です。油も結構浮いておりどうかなと思いましたが、結構美味しくて意外でした。サンマーメンとしては亜種かなと思いますが、麺・具材の量とも多く価格相応です。横浜駅龍味サンマーメンの原型でしょうか。
(2014-01-14)

龍味希望ヶ丘サンマーメン

ラーメン(600円)、ラーメンでも食べて行こうと入りましたが、ラーメン600円します。その他も少し高めの価格設定で、もっと安めのイメージだったので意外な感じです。ラーメンは、赤白逆転のナルトが示す様に何か不思議なラーメンです。チャーシューかと思えば煮豚だし、スープは見た目と違い薄口ですがオイリーです。この不思議感がはまると良いのですが、外してる感の方が強いな。
(2019-08-05)

龍味ラーメン


大きな地図で見る

旭区・相鉄線方面 | 17:11:54 | トラックバック(0) | コメント(2)
芳蘭・希望ヶ丘駅
相鉄線希望ヶ丘駅近辺 芳蘭、横長のお店で奥が厨房ですが中華料理屋さんなので見る事はできません。左側は座敷になっているようですが右側のテーブル席は4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル5卓のお店です。中華料理屋さんにしてはさっぱりとした店内で好感が持てます。
(2014-04-23)
場所: 神奈川県横浜市旭区中希望が丘108
定休日: 火曜

芳蘭店構え

五目そば(750円)、サンマーメンがメニューにありましたが、料理写真がメニューにあり、肉が細切りで750円です。なにか細切りの肉に食指が動かずすぐ上にあった五目そばが同じ750円に目が行きました。同じ値段なら五目そばだよなと注文。五目そばは、海老、イカ、木耳、筍、豚肉、白菜、青梗菜、人参、玉葱、小口切りの長葱で構成されており醤油ベースの餡が掛かっています。スープは薄口ですが、味わい深いものですので、餡にもう少し強い味付けがあっても良いように思えます。違う料理も食べてみたいと思わせるお店です。
(2014-04-23)

芳蘭五目そば

豚肉とキャベツの炒め定食(700円)、本日のサービス定食として単品料理定食が同価格で3種類と麺ランチが3種類提供されています。ライス、大根の田舎漬け、具沢山トロミ付き玉子スープ付きですがデザートは付いていません。豚肉とキャベツの炒めは、キャベツ、人参、ピーマン、玉葱、豚肉の味噌炒めです。こう云った場合甘辛味噌が多いのですが、甘くも辛くも無いのは珍しいなと思いました。料理のボリューム感もあり豚肉の量も多く、なかなか良い定食で、再訪してみようかと思わせる物が有ります。
(2019-07-29)

芳蘭豚肉とキャベツの炒め定食

芳蘭豚肉とキャベツの炒め



旭区・相鉄線方面 | 17:10:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
台湾酒家・二俣川駅
相鉄線二俣川駅近辺 台湾酒家、縦長のお店で奥がクローズされた厨房になっており、手前の客席スペースの右側に4人掛けテーブル4卓、左側は6人掛けテーブル1卓、4人掛けテーブル2卓、8人用丸テーブル1卓の中華料理屋さんです。
(2016-03-22)
場所: 神奈川県横浜市旭区二俣川1-45-70
定休日: 無休

台湾酒家店構え

ニラレバランチ(600円)、ランチは8種類で内2種類が麺ランチとなっており、価格はまちまちですが、一番安い「ニラレバ」を選択しました。ランチは、ライス、スープ、漬物、点心、デザート付です。スープはとろみ付の卵スープ、漬物はピリ辛ザーサイ、点心は中型の焼売1個、デザートは出来合いの杏仁豆腐です。ニラレバは、見た目の感じがちょっと違います。見慣れたものは白、緑、茶の極めてシンプルなものなのですが、人参が入っていたりもやしに餡が掛かっていたりするので違和感があるのかもしれません。レバ入り野菜炒めの方が近いように思えます。価格相応とは思いますが焼売がいけません。小さいものを大きく見せるためにつなぎの量が多くネチネチした感じです。これなら点心止めて杏仁豆腐にもう少し力を入れた方がいいのに。
(2016-03-22)

台湾酒家ニラレバランチ

台湾酒家ニラレバ

魚香肉絲(ユーシャンロースー)ランチ(800円)、ランチに魚香肉絲とあるが、どんな料理かさっぱりわからない。しばし立ち止まって考えてみるに、肉絲は青椒肉絲(チンジャオロースー)が頭に浮かび細切り豚肉の炒め物だろうと想像がつくが、魚香が分からない。魚の香りがする細切り豚肉の炒め物?なんじゃそれ!
分からない場合はトライです。という事で店員のお姉さんに聞いてみましたが、豚肉でちょっと辛いだそうです。なんか増々分かりませんが、ここまでをまとめると「魚の香りがするちょっと辛い細切り豚肉の炒め物」ということでしょうか。ちょっとワクワクで料理を待ちます。
出てきた料理は、見た所細切り豚肉と野菜のピリ辛炒めですね。具材は、もやし、ピーマン、人参、木耳、細切り豚肉で、ラー油と唐辛子で炒めて薄く餡が掛かっているようですが魚がありません。また店員のお姉さんに聞いてみようかと思ったのですが料理の説明を考えれば無駄だなと悟りました。食べてみると辛さよりも甘さの方が強く、食べ終わりの頃には辛いのか甘いのかはっきりしてよ状態です。
ネットで調べると魚香肉絲(ユーシャンロースー)という料理の様で、魚香とは四川独特の味付けの1つとか豚肉を魚肉に見立てた料理等の説もあるようですが、いずれにしても魚は使われていません。
ランチにはライス、シュウマイ1個、薄切りピリ辛ザーサイ、杏仁豆腐、スープが付いていましたが、スープが面白いスープで具材はワカメと豆腐でとろみが付いているのですが、味噌味ですのでとろみ付の味噌汁みたいです。前回残念だったシューマイは今回は美味しかったです。なんか異国で食べた料理みたいな感じで、たまにはこんなランチもいいかもしれません。
(2018-02-07)

台湾酒家魚香肉絲ランチ

台湾酒家魚香肉絲

黒酢酢豚ランチ(800円)、ライス、大辛薄切りザーサイ、コーン風味の玉子スープ、フルーツ・香料入りの寒天感系杏仁豆腐、出来合いの春巻き1本付です。この出来合いの春巻き1本は要らないな。黒酢酢豚は、黒酢の香りは強いのだけれど食べてみるとそんなに利いていない感じで、むしろ甘みを強く感じる。豚肉はカリッとではなくガリっと揚がっており歯ごたえ十分です。今はほとんど遭遇することも無くなった甘い中華料理ですが、昔は甘い中華料理って結構あったよなと思い出した。
(2019-07-16)

台湾酒家黒酢酢豚ランチ

台湾酒家黒酢酢豚



旭区・相鉄線方面 | 17:36:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ