FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

味楽・上大岡
上大岡駅近く 味楽、2人掛けテーブル2卓、4人掛けテーブル1卓、カウンター6席の小さなお店。昼前だったが満席で外で少し待った。回転は早いが料理提供時間は少し長いように思う。次々にお客さんが入って来てさっと食べて出て行く人気店。
(2012-06-14)
場所: 神奈川県横浜市港南区上大岡西1-18-5 ミオカ 1F
定休日: 月曜

味楽店構え

サンマーメン(旧700円、750円)、大盛用の丼での提供で麺の量が多いように感じた。豚肉に存在感があり、薄切りナルトと厚めにカットされた椎茸が珍しい。スープは、醤油味の角を甘味で丸めたタイプの大好きなスープだ。スープばかり飲んでしまい具と麺がひょうたん島の様になってしまいあわてて具と麺を食した。こりゃ、又行くな。もう少し安いと良いのになあ。
(2012-06-14)

味楽サンマーメン

お気に入りのサンマーメン食べようと昼時過ぎて寄ってみましたがやはり混んでいます。少し待って案内されたカウンター席から壁のメニューを眺めるとサンマーメンが750円になっています。そしてサンマー焼きそば(750円)が目に留まりました。これは食べないわけにはいきません。ホール担当のおばちゃんはサンマ焼きとオーダーを通していて本当に魚が出てきそうです。平皿に近いよく焼きそばで使用される皿でサンマー焼きそばが登場ですが、なぜかスプーンが付いています。表面を焼いてあるメンにもやし、白菜、ニラ、人参、玉葱、豚肉に醤油ベースの餡が掛かっています。餡の味付けは濃い方ですが、辛子やお酢で味の変化は楽しむ事が出来ます。これはありだなと思いながらも、サンマーメンとサンマー焼きそばならどちらを食べるかと聞かれればやはりサンマーメンです。
(2014-06-17)

味楽サンマー焼きそば

ラーメン(600円+税、648円)、トッピングはメンマ、青菜、ノリ、厚切りチャーシュー、半熟煮卵半分で小口切りの長葱を散らしてあります。スープが少しオイリーかなとは思いますが、厚切りチャーシューと半熟煮卵半分を考えれば価格的には相応かな。味的には普通に美味しいラーメンで、巧くまとめている印象です。
(2019-09-20)

味楽ラーメン

焼売(500円+税、540円)、一皿2個入りで260円+税もありましたが4個入りにしてみました。1個135円のシューマイはどんなだろうかといろいろ想像してみました。150円以上なら大きさはビッグな肉シューマイだと思うのですが、135円は微妙な価格です。大きさがスモールなら中身勝負かな。出て来た焼売は結構大きいです。ただ肉が詰まってる程では無く程々で玉葱等を粗みじん刻みにしてあり、つなぎでごまかしていないのは好感が持てます。安くはないけれど価格を納得させるだけの大きさや肉の量が有り、満足感もあります。実に巧いお店です。狭いお店だという事もあるのでしょうが行列が出来るのが良く分かります。もう一点、ホールの女性の気遣いのある接客も客を呼ぶ一因になっていると思います。
(2019-09-20)

味楽焼売


大きな地図で見る

港南区 | 17:51:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
新京・六角橋
最寄り駅は東横線白楽駅と思いますが神大近くの六角橋 新京 、移転してきたそうでまだまだ新しいカフェ風のお店で、1階はカウンター5席、2人掛けテーブル4卓、4人掛けテーブル1卓、2階もあるようです。場所柄、学生さんが多いようです。
(2014-01-23)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-5-1
定休日: 水曜

新京店構え

サンマーメン(700円)、もやし、キャベツ、玉葱、人参、木耳で構成されており、肉は入っていません。醤油ベースの餡が掛かっており少し塩分が強い若い人向けの味付けです。肉なしで700円はちょっと高いです。
(2014-01-23)

新京サンマーメン

ラーメン(580円)、建物は新しいですがお店としては古くからあるお店ですので、興味を惹かれるようなメニューがあるかもしれないと思い寄ってみましたが期待外れでした。ならばとオーソドックスにラーメンをオーダーしてみました。丼を見ると寂しい見栄えにガッカリの丼姿です。チャーシューは薄切りコンテストに出品するのかと思うほど見事な薄切りでスープは油分が多すぎ、しかもその油が美味しくありません。
(2014-06-24)

新京ラーメン

餃子(440円)、具材の量は多くはありませんが、刻み系の具材でにんにく強めです。なかなか良い焼き加減で美味しかったですが、1個88円を考えると高いですね。
(2014-06-24)

新京餃子

タンメン(760円)、丼姿はなかなか良さげです。麺もお約束の平打ち太麺です。後はスープがタンメンスープなのか塩スープなのかの判定だなとプラの蓮華で一口行ってみました。ありゃー、味覚を麻痺させるほどの胡椒攻撃です。なんでこんなに胡椒入れるんだろうか。胡椒抜きのスープを味わってみたかったです。
(2019-09-17)

新京タンメン


大きな地図で見る

神奈川区・東急方面 | 18:12:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華料理 飯屋(閉店)・大船
大船駅近辺 中華料理 飯屋(はんや)、カウンターのみ12席位のエル字型のオープンキッチンのお店。自販機で食券を購入、お水はセルフでどうぞ。街角中華では珍しく若い店主が切り盛りしている。
(2012-06-27)
場所: 神奈川県横浜市栄区笠間1-5-5 今内ビル1F
定休日: 火曜

中華料理 飯屋店構え

サンマーメン(750円)、もやしがメインではない野菜餡かけ系統のサンマーメンで、丼を見た時は若い店主なので濃い味なのかなと思ったが、意外にも優しい感じでスープも甘いとは言わないがうまく角を丸めている。豚肉に存在感があったが、もう少し安くても良いように思える。
(2012-06-27)

中華料理 飯屋サンマーメン

ラーメン(600円)、ラーメン600円はちょっと高いなあと思いながら券売機のボタンを押しました。トッピングは、ノリ、メンマ、青菜、半熟ゆで卵半分、チャーシューで小口切りの長葱をさらに刻んで隅にまとめて配置してあります。スープは何が出しゃばるでもなくすごくバランスの良いスープで、昔懐かしい中華屋さんのラーメンスープより明らかに一時代後のラーメンスープを感じさせてくれました。お店を出る頃には600円は高くないと思える一杯でした。
(2017-03-27)

中華料理 飯屋ラーメン

タンメン(750円)、ちょっと高いなと思いながら券売機のボタンを押しました。相変わらずの汚い厨房で、オープン厨房ならもう少し気を使ってもいいのにと思ってるうちに濛々と湯気を立てながら丼が登場です。野菜たっぷりというよりは野菜テンコ盛りなのですが、タンメンとしては奇天烈な感じです。麺もお約束の平打ち太麺ではなく中太麺でも細い部類です。スープもタンメンのスープというよりは塩ラーメンの方がぴったりくる感じです。不思議なタンメンを食べました。
(2018-05-23)

中華料理 飯屋タンメン

餃子(400円)、中型の刻み系具材の餃子で、美味しい餃子と思いますがCPが高いとは言い切れない感じです。
(2018-05-23)

中華料理 飯屋餃子

たこ焼き屋さんになっていました。
(2019-09-04)


大きな地図で見る

栄区 | 17:22:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
チェックメイト・本牧
本牧 チェックメイト、縦長のお店で元は喫茶店ではないかと思う造りです。右側縦にカウンター6席位、通常であれば厨房があってカウンターがあるはずですが、厨房があるべきところにはサービススペースしかなく、厨房は右側奥にありますが見る事は出来ませんがすごく狭そうな感じです。左側は4人掛けテーブル4卓の中華料理屋さんです。造りは喫茶店なのに赤く丸い提灯が飾られていたりで何かちぐはぐな雰囲気ですが料理写真はべたべた貼られてはいません。
(2014-05-09)
場所: 神奈川県横浜市中区本牧三之谷16-10
定休日: 月曜

チェックメイト店構え

サンマーメン(700円)、サンマーメン・サンマーご飯・サンマー焼きそばがメニュー(全て700円)にあり、サンマー焼きそばというメニューは初めて見ました。サンマーメンですが、もやしと細切り豚肉、キャベツの代わりに青菜が使われており、人参、木耳で構成されている独自タイプのサンマーメンです。麺は中細麺のストレートタイプで醤油ベースの餡が掛かっています。スープは昨今の濃い味付けとは対照的な薄味で、飲む事が出来たのは好印象です。
(2014-05-09)

チェックメイトサンマーメン

シューマイ(300円)、中型の肉シューマイです。肉が詰まっており美味しいです。でも1個100円を考えると価格相応かな、いや微妙ですね。
(2014-05-09)

チェックメイトシューマイ

サンマー焼きそば(700円)、調べてみると横浜でメニューにサンマー焼きそばがあるお店は数軒の様です。最もカタヤキの餡かけでしたら内容的には同様の物は多いとは思うのですが、サンマー焼きそばと名乗る限りは特徴的な何かを期待してしまいます。登場したサンマー焼きそばは、もやし、青菜、人参、木耳、細切り豚肉と具材はサンマーメンと同様です。餡は醤油ベースでにんにくを強く感じるのはサンマーメンと違う所です。外見では麺が見えないので、これがお楽しみでしょうか。掘り起こすと細いタイプの麺を揚げたカタヤキです。何か想像通りで苦笑してしまいました。
(2014-06-11)

チェックメイトサンマー焼きそば

サンマー丼(700円)、メニューはサンマー飯となっています。サンマーメン、サンマー焼きそば、サンマー丼と揃うお店は初めてですが、具材を含めた餡部分は共通なのがいかにも中華料理屋さんです。サンマーメン、サンマー焼きそばと比べてこのサンマー飯は飽きます。途中でラー油を入れたり酢を足してみたりでなんとか完食しました。サンマー焼きそばはもやし焼きそばでいいし、サンマー丼なら中華丼の方がいいと何をいまさらと言われそうですが、サンマーメンは麺でこそ存在価値があるのを再確認した次第です。
中華スープが付いてきました。
(2015-05-19)

チェックメイトサンマー飯

ランチ(850円)、このお店はランチにあまり力が入っておらず、定番ばかりで面白くないと思っていましたが、「トリ焼きそばとシューマイ」が目に留まりました。トリ焼きそばはどんな料理だろうかと興味を惹かれ入ってみました。想像では上海焼きそば風かなと思っていたのですが、麺は柔らかい麺でも良くある中華料理店で言う所の柔らかい麺で、鶏肉、青菜、白菜に塩ベースの餡を掛けたものでした。人参などの彩りが入っていないせいもあるのでしょうが、地味なルックスで、食べてみても至って普通に美味しい焼きそばでした。シューマイは以前食べたものと同じで、2個付いていました。
(2016-08-24)

チェックメイトトリ焼きそばとシューマイランチ

チェックメイトトリ焼きそばとシューマイランチのシューマイ

建て替えのため休業ですが、まだ工事にも入っていませんので休業期間は長くなりそうです。
(2016-10-11)

チェックメイト休業

チェックメイト休業貼り紙

2017-08-05から新築店舗で営業を始めたそうです。外看板は引き続き使用しているようです。入ると左側縦にオープン厨房、右側に壁側がベンチシートになっている2人掛けテーブル7卓の小さなお店で、カウンター席はありません。厨房と客席の間に高い仕切りがありますので厨房を見ることはできません。この高い仕切りはかなり圧迫感があり、小さいお店をより小さく見せています。どうしてこんなつくりにしたのでしょうか?ちょっと不可解です。壁はコンクリートの打ちっぱなしかと思ってよく見ると、コンクリートの打ちっぱなしの壁紙でした。
(2017-08-25)

チェックメイト新店構え

ネギラーメン(750円)、細い斜め切りのネギが乗っていて細切りチャーシューに辛み付けがされているイメージのネギラーメンですが、とにかくネギがいっぱいでチャーシューは探せば有る程度の量が入っています。ほとんど辛みはなくオイリーでもありません。スープも優しい感じのスープで、普通に美味しいネギラーメンです。
(2017-08-25)

チェックメイトネギラーメン

パイコーメン(850円)、このお店なら牛バラかパイコーが良いよなと前の記事を見たらどちらも上げていない事に気づきました。なら牛バラメン行っちゃおうと意気込んでいったら「牛バラありません」ガーン、ならパイコー飯と行きたいところだけれど気分は麺モードなのでパイコーメンにしちゃいました。青菜と骨付きパイコー2個、骨なしパイコー2個で小口切りの長葱を散らしてあります。醤油味控えめな薄口スープにストレイト麺、少し小振りかなとは思うが、カレー風味のパリっと揚がったパイコーがなかなか美味しいです。ただ、麺では無くて飯にした方が良かったかもしれない。
(2019-05-09)

チェックメイトパイコーメン

牛バラ飯(850円)、メニューを見たら塩サンマーメンなるものを作っていました。迷ったのですが前回食べる事が出来なかった牛バラ飯と決めて行ったのでここは初志貫徹と致しました。中華スープ付きで、作り慣れた感じのする牛バラ飯です。久しぶりに食べてみて牛バラの柔らかさは従来通りですが、牛バラの量が少ないような感じです。
(2019-08-30)

チェックメイト牛バラ飯



中区・本牧周辺 | 17:23:27 | トラックバック(0) | コメント(4)
翠香園・反町駅
東急反町駅近辺 翠香園、同じ神奈川区の青木町から移転して、2013年10月オープンだそうです。縦長のお店で奥が厨房で手前の客席スペースは2人掛けテーブル4卓、4人掛けテーブル2卓で8人から10人用の丸テーブルがあります。丸テーブル部分は移動式の仕切り壁で仕切られていた為良くわかりませんが、宴会に使えそうです。料理写真が貼られていますが無造作にべたべた貼られておらず好感が持てます。
青木町のお店外観
(2014-02-06)
場所: 神奈川県横浜市神奈川区松本町2-19-3
定休日: 月曜

サンマーメン
シューマイ
バンメン
ラーメン
餃子
広東麺
五目そば
ユーリンチー
アサリチャーハンとワンタン
麻婆豆腐

翠香園店構え

サンマーメン(750円)、もやし、青菜、人参、木耳、玉葱、細切り豚肉で構成されており、餡が掛かっています。麺は中細麺の中では細麺タイプで、スープは昔中華街周辺の中華屋さんで良く出会った味です。うま煮そばや広東麺の甘味の付いたこってりとした分厚い感じのスープを軽くした感じのスープで懐かしい味です。普通なら細切り豚肉は残念なのですが、このスープならむしろ細切り豚肉の方が合っています。また行こうおっと!
(2014-02-06)

翠香園サンマーメン

シューマイ(450円)、小振りなシューマイで蒸篭に入ってくるのが見た目にも良いです。つなぎをあまり使っていないからでしょうか、口の中で肉がばらけ、変わった食感を引き出しています。
(2014-02-06)

翠香園シューマイ

バンメン(850円)、メニューはカタカナでバンメンとなっています。底の浅い丼で提供され、具材は海老、イカ、木耳、筍、焼豚、白菜、青菜、人参、長葱で構成されており、焼豚は具材と一緒になっています。練り物や豚肉は入っていませんが、海老と焼豚に存在感があり満足感があります。ほんのり甘味があるスープも好感です。
(2014-07-04)

翠香園バンメン

ラーメン(650円)、店舗は新しいですが老舗のラーメンはどんなだろうかと注文してみました。トッピングはなるとと厚切りチャーシュー各一枚とメンマに小口切り長葱少々です。丼も小さくスープも妙に濃く、何か期待外れです。老舗と言っても中華屋さんよりも中華料理屋さん寄りなので、期待する方が間違っていたかもしれません。CPも悪く、このお店ではバンメン一択ですかね。今度は、ご飯物にもトライしてみたいと思います。
(2016-07-26)

翠香園ラーメン

餃子(450円)、皮が厚めの刻み系統の中型の餃子です。1個90円と考えるとちょっと高いかな。ラー油がメーカー品ではなく、独自のラー油の様でこれがなかなか良かったです。
(2016-07-26)

翠香園餃子

広東麺(850円)、バンメンとの違いを見てみようという事で広東麺を注文しました。普通のラーメン丼で提供されましたが、バンメンが底の浅い丼なので、比べると具材がスープに埋没してしまっており地味な感じです。具材は海老、イカ、木耳、筍、焼豚、白菜、青菜、人参までは同じですが、長葱ではなく豚肉、ヤングコーンとマッシュルームが入っており、焼豚が具材と一緒になっています。ほんのり甘味があるスープもバンメンと同じです。最も違う点は広東麺には豚肉が入っている事ですが、バンメンを食べてから時間が経っていますので今はバンメンにも入っているのかもしれません。全体的にはバンメンのつゆだくバージョンですが、私的にはバンメンがお勧めです。本当に数少ないバンメン提供店ですので頑張って欲しいです。
(2017-06-30)

翠香園広東麺

五目そば(850円)、バンメン、広東麺との違いを見てみようと五目そばを注文しました。具材は海老、イカ、木耳、筍、焼豚、白菜、青菜、人参、豚肉、ヤングコーンで餡は掛かっていません。基本的に具材は同様ですが餡の有る無しの違いです。最も違うのはスープで、五目そばは所謂塩で、バンメン、広東麺は醤油となっています。所謂塩と表現したのは塩よりの薄い醤油スープで、このスープなかなか美味しいです。タンメンにも使っているスープなのかな?また行かなければいけません。
(2017-07-21)

翠香園五目そば

ユーリンチーランチ(750円)、ランチは3種類あり単品料理ランチが2種類(どちらも750円)、麺ランチが1種類で800円となっています。ランチを食べてみようと思っていましたので入ってみました。ライス、スープ、お新香、揚げ物1個、デザート付でライス、スープはお替り自由となっています。薄切りザーサイ、醤油ベースの玉子スープ、クリーミータイプのデザート感のあるクコの実が乗った杏仁豆腐とランチボードでは揚げ物1個となっていましたが和え物が付いていました。多分ユーリンチーに揚げ物ではと和え物にしたのかなと勝手に推測、もしかしたら揚げ物が無くなってしまったのかもしれません。この和え物は見た感じ細切り人参とキャベツのマヨネーズ和えかと思いましたが、食べてみるとキャベツではなく水餃子の皮かな?へ~面白いなと思った。ユーリンチーは千切りキャベツかレタスの上に平型の鶏唐揚げが載っているパターンを良く見るのですが、このユーリンチーは小型の青梗菜の元部分をカットして並べた上に丸型の鶏唐揚げを載せてあり、トマトを付け合わせ的に配しています。これも面白い盛り付けだなと思いながら唐揚げを一口、あれ、ユーリンチーソースの酸味にレモンの様な爽快感のある酸味がプラスされています。ホ~、これなかなか美味しいです。中華料理屋さんで随分ランチは食べているのですが、へ~とかホ~とか思うことはあまりなく、それだけに非常に印象に残ったランチでした。こんな感じのランチが出ているなら行かない手はありません。一度だけでは分かりませんのでまた行きます。
(2018-06-27)

翠香園ユーリンチーランチ

翠香園ユーリンチー

アサリチャーハンとワンタンランチ(800円)、街角中華でチャーハン程勝負メニューは無く、大体が負けのパターンなので避けてる料理です。ランチのボードを見てどうしようかと迷いましたが、この店の店主なら負けは無さそうだと頼んでみました。そのチャーハンですが、しっとり系のアサリ入りチャーハンで思った通りうまくまとまっています。量的には少ない訳ではないのですが、スッと入ってしまいましたので、やや勝ち位の感じです。ワンタンは、ラーメン丼に5個ほどのワンタンが泳いでいます。ワンタンはこうじゃないといけません。狭い器に押し込めて合体してるのなんて最悪です。まあ欲を言えば、中華スープに一工夫あれば大絶賛です。付け合わせは、クコの実入りのクリーミータイプの杏仁豆腐、以前食べた多分水餃子の皮と細切り人参のマヨネーズ和え、筍のピリ辛和え?又は漬け?です。この筍美味しかったです。
(2019-03-06)

翠香園アサリチャーハンとワンタンランチ

麻婆豆腐ランチ(750円)、ライス、ザーサイ、とろみ付玉子スープ、クコの実入りクリーミー系杏仁豆腐付です。ザーサイの質が良いのとトロミの中に玉子が入っているような単純なスープで無いのは良いです。さて、麻婆豆腐ですが見た目が赤黒くないです。ややあ、これは唐辛子エキスなら辛いぞと注意して一口行ってみましたが、全然辛くなく拍子抜けです。四川でも味わいでもない独自タイプです。料理名を聞いてその姿が思い浮かぶ料理に関しては基本線は外してほしくないと思います。
(2019-08-28)

翠香園麻婆豆腐ランチ

翠香園麻婆豆腐


大きな地図で見る

神奈川区・東急方面 | 17:11:43 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ