FC2ブログ
 
■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

新生楼(閉店)・蒔田駅
京急井土ヶ谷駅と市営地下鉄蒔田駅の中間位 新生楼、縦長のお店で奥が厨房ですが、料理の出し口とドア部分が開いているだけで良く見えません。手前の客席スペースにカウンター席はなく、4人掛けテーブル4卓、2人掛けテーブル2卓が比較的ゆったりと配置されています。年季の入ったお店で、床が5㎝角位のタイル敷きが珍しいです。家族経営のようで、中華料理屋さんかなと思ったのですが、中華屋さんのようです。
(2013-11-27)
場所: 神奈川県横浜市南区井土ケ谷中町7
定休日: 月曜

新生楼店構え

サンマーメン(旧600円、620円)、もやし、白菜、豚肉、ピーマン、椎茸、筍、人参、木耳で構成されており、塩ベースの餡が掛かっています。麺は中細のストレート麺で、スープは醤油味が強く、餡と混ぜると塩辛いわけではありませんが、少し塩気が勝つかなという感じです。この内容で600円は安いです。道理でガテン系のお兄さんがいっぱいの訳です。豚肉に存在感があり、個人的にはうれしい白菜を使用に、満足の一杯でした。
(2013-11-27)

新生楼サンマーメン

肉そば(780円)、五目そばは塩味で餡はかかっていないとの事でしたので、醤油味の餡かけと言う事で肉そばにしてみました。肉そばに抱いているイメージと違いあっさりしたルックスですが、具材は白菜、ピーマン、人参、木耳、キャベツ、豚肉で塩ベースの餡が掛かっています。麺は中細のストレイト麺で、スープは何が突出するわけではなくバランスの良さが印象に残るものです。ただこれならサンマーメンの方が好みです。
(2014-12-16)

新生楼肉そば

ラーメン(520円)、トッピングはメンマ、チャーシュー、ナルトで小口切りの長葱を散らしてあります。麺が通常の中華屋さんの中細縮れ麺ではなくストレート麺で盛り付けにも気を配っているようです。なぜナルトがチャーシューの上に鎮座しているのかは不明です。このラーメン多分美味しいだろうと思いながらスープを一口、しみじみ系でもなく昔ながらでもないのですが、すごくバランスのいい動物系のスープです。ポット出に出来るスープではありません。止めよう止めようと思いながらスープ飲み干してしまいました。
(2017-10-27)

新生楼ラーメン

タンメン(620円)、キャベツ、白菜、ニラ、人参、もやし、木耳、椎茸と具材が豊富で、豚肉もそこそこ量が入っているのが珍しい。麺はお約束の平打ち太麺で、スープにニンニクは入っておらず、シンプルでストレイトな感じのタンメンスープです。いやあ、このタンメン美味しいです。思いがけず美味しい料理に当たると一日良い事ありそうな気がします。
(2019-01-11)

新生楼タンメン

えっえっ、テナント募集ですって。
うそー、タンメンではなく湯麺と表示出来る湯麺を提供する数少ないお店の内の一店が閉店していました。
しょっくです。
(2019-09-20)

新生楼閉店


大きな地図で見る

南区 | 17:41:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
銘菜館・関内駅
みなとみらい線馬車道駅と日本大通り駅の中間位ですが関内駅からも歩けます 銘菜館、縦長のお店で奥が厨房ですが中華料理屋さんらしくほとんど見えません。手前の客席スペースに4人掛けテーブルで10卓位のお店です。本日は降雪のため店構えの写真が撮れませんでしたので、1ヶ月位前に撮った写真をアップします。
(2014-02-04)
場所: 神奈川県横浜市中区弁天通2丁目29番地 森藤ビル1F
定休日: 日曜

サンマーメン
白モツと豆腐の味噌煮
豚ガツと野菜のピリ辛炒め
牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯
ニラレバ
肉団子の甘酢かけ
若鶏薄切りとレタスの炒め

銘菜館店構え

サンマーメン(600円)、もやし、キャベツ、人参、ニラ、玉葱、細切り豚肉で構成されており、塩ベースの餡が掛かっています。こちらのサンマーメンのスープは塩味ですが、塩が立っている事もなく飲むことが出来ます。この丼で600円なら安いからでしょうか、サンマーメンのオーダーも多いようです。
(2014-02-04)

銘菜館サンマーメン

杏仁豆腐がサービスで出てきました。
(2014-02-04)

銘菜館サービスの杏仁豆腐

白モツと豆腐の味噌煮ランチ(600円)、昼時にひと際サラリーマンでにぎわっているこのお店の魅力が今一つ分かりませんでした。ランチメニューは8種類で半分は麺ランチなのですが価格もすごく安い訳でもなく、料理ランチは麻婆豆腐や生姜焼きでなんか魅力的なメニューがありません。なんでだろうと思っていたのですが20食限定の日替わりランチのボードが出されており、「白モツと豆腐の味噌煮」と書かれています。これなら食べてみたいと入ってみました。ライス、スープ、お新香、デザート付でライスはお替り自由です。スープはとろみ付の卵スープでお新香はザーサイです。デザートは杏仁豆腐ですがこれは出来合いの様です。白モツと豆腐の味噌煮はモツ、薄切り豚肉、豆腐、ニラ、唐辛子、厚めの斜め切りの長葱を味噌だれで煮てあります。これ美味しいです。味噌だれがライスに合いますし、モツ、薄切り豚肉、豆腐、長葱のそれぞれの食感を楽しめます。決して高級ではありませんが、街角中華としては十分満足のいく料理です。このお店の600円の日替わりランチは要チェックです。
(2016-03-04)

銘菜館白モツと豆腐の味噌煮ランチ

銘菜館白モツと豆腐の味噌煮

豚ガツと野菜のピリ辛炒めランチ(650円)、昼時を少し外してしまったが、限定20食の日替わりランチの黒板がまだ出ています。中華料理屋さんの限定なんて誰も信じてないよと注文したら売り切れだそうで、本当に限定なんだと知ったのですが、売り切れても黒板を下げない商魂のたくましさにちょっとなと思う。日替わりが無いのならと席を立つ人は少ないのではないでしょうか。斯く言う私も日替わりが売り切れならと「豚ガツと野菜のピリ辛炒めランチ」にしてしまいました。多分12時過ぎには日替わりは売り切れになっていると思われます。さて、豚ガツと野菜のピリ辛炒めランチですが、豚ガツは滑らかで思ったよりも柔らかくホルモンは本来苦手な私もいけるなと思ったのですがライスがいけません。足りなくなって急遽炊いたような感じで美味しくありません。こんなライスを出すお店にガッカリです。
(2016-04-28)

銘菜館豚ガツと野菜のピリ辛炒めランチ

銘菜館豚ガツと野菜のピリ辛炒め

牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯ランチ(600円)、12時前に入れましたので、20食限定の日替わりランチがまだありました。「牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯」に丼物の日替わりはあまりお勧めではないよなと分かっていながら日替わりにしました。相変わらず昼前からほぼ満席でオーダーは日替わりだけでなく他のランチのオーダーも多いので認識を新たにした次第です。スープ、デザート付でお新香が付いていません。スープはとろみ付の玉子スープで、デザートは出来合いの杏仁豆腐です。牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯のご飯の量も多くボリュームがあるのですが、牛肉が牛丼の肉と同品質でちょっとガッカリです。やはり、丼物の日替わりは避けた方がよさそうです。
(2017-04-11)

銘菜館牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯ランチ

銘菜館牛肉薄切りと玉葱のあんかけご飯

ニラレバランチ(650円)、注目の日替わりは○○ご飯、所謂丼物なので避けて「ニラレバ」ランチにしてみました。ライス、スープ、漬物、デザート付です。スープはとろみ付の玉子スープ、漬物は薄切りザーサイ、デザートは杏仁豆腐です。ニラレバのレバは厚切りではないですが柔らかく仕上げられており、鍋から皿にザット移した感のある料理です。特徴としてラー油を使っておりピリ辛に仕上げられています。レバの量も多くボリューム感もあります。この価格で中華を食べたなと思わせるものがあり、この辺がお客を呼んでいるのかもしれません。
(2017-07-03)

銘菜館ニラレバランチ

銘菜館ニラレバ

肉団子の甘酢かけランチ(650円)、ライス、とろみ付玉子スープ、、薄切りピリ辛ザーサイ、フルーツ入り杏仁豆腐でライスのおかわりは自由となっています。肉団子の甘酢かけは、肉団子、大振りカットの玉葱、乱切りの胡瓜を少し粘度の高い甘酢餡に絡めてあります。特徴として肉団子の外側がカリカリに硬くはない点です。レトルトのミートボールとまでは言いませんが、カリカリではない硬さです。この肉団子に少し粘度の高い甘酢餡をたっぷり絡ませて食べます。これ美味しいです。このお店混むのが分かります。ただ、たまたまかもしれませんがライスにハズレが多い印象です。ランチのライスはそれなりと認識はしているのですが、そんな中でもハズレと感じる事が多いように思います。
(2018-05-10)

銘菜館肉団子の甘酢かけランチ

銘菜館肉団子の甘酢かけ

若鶏薄切りとレタスの炒めランチ(600円)、時間も早かったので限定20食のランチを狙ってみました。ただ今回気が付いたのですが600円のランチは週替わりの麻婆豆腐と焼きそばもあり、状況が少し変わっているようです。ランチはライス、ピリ辛薄切りザーサイ、トロミ付き玉子スープ、寒天感系フルーツ入り杏仁豆腐付です。若鶏薄切りとレタスの炒めは、レタス、薄切り鶏肉、筍、木耳を塩炒めにしたものです。塩加減、炒め方、鶏肉の量とも満足のいく料理でCPは高いと思います。街角中華ではあまり見かけないランチメニューを提供するのもお店の工夫だと思うので、こんな点でも昼時の込み具合が分かるお店です。ただ昼前の早い時間で空きテーブルが有るのに、お店の奥から相席で客を詰め込むのは勘弁してほしい。
(2019-09-13)

銘菜館若鶏薄切りとレタスの炒めランチ

銘菜館若鶏薄切りとレタスの炒め


大きな地図で見る

中区・関内 | 17:49:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
味喜・大船駅
大船駅近く 味喜、4人掛け4卓、カウンター3席の小さなお店。
(2012-05-08)
場所: 神奈川県鎌倉市大船1-15-15
定休日: 水曜・木曜

味喜店構え

サンマーメン(630円)、非常にバランスの良いサンマーメンだと思う。醤油ベースのスープはとんがることも無く、化調の使い方もうまい。絹さやが入っているのは珍しいが、野菜の量も多く、又食べたいなと思わせるサンマーメン。
(2012-05-08)

味喜サンマーメン

ラーメン(560円)、トッピングはメンマ、青菜、ナルト、小型ながら肉厚のチャーシュー2枚に小口切りの長葱を散らしてあります。この価格帯のラーメンではチャーシューを省いているお店もあり、丼を見た瞬間、あ~頑張ってるなあと思った。スープは多分サンマーメンと同じと思いますが、何がでしゃばるでもなくバランスがいいスープで口に運ぶ蓮華が止まりませんでした。チャーシューが歯ごたえのあるタイプで、好みが分かれるところですが、この価格帯のラーメンとしては非常に印象に残る一杯です。
(2016-11-01)

味喜ラーメン

タンメン(630円)、野菜たっぷりの濁ったスープのタンメンですが、ニンニクガッツリ系ではなく野菜の旨味を感じる事が出来るタンメンです。スープにもう少しコクが欲しいようにも思えますが薄味なわけではありません。CPは高いのですが麺がお約束の平打ち太麺ではなく黄色い中細麺だったのはちょっと残念です。
(2018-06-05)

味喜タンメン

餃子(350円)、中型の餃子ですが具材が詰まって膨れています。焼売の様に肉が詰まっている肉餃子で、1個70円はCP高いです。肉餃子が好きな人には是非試してみて欲しい餃子です。
(2018-06-05)

味喜餃子

休業のお知らせが出ていました。
(2019-09-04)

味喜休業お知らせ


大きな地図で見る

大船 | 19:00:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
万華・瀬谷駅
相鉄線瀬谷駅近く 万華(バンカ)、暗い感じで営業してるのかなと思っていたが、「営業してます」と情報をいただき寄ってみました。いかにも古い建物の1階部分のお店です。入ると横長のお店で正面奥がかなり広い厨房で、厨房前から右側が客席スペースとなっており、厨房を向いてカウンター5席、4人掛けテーブル3卓が余裕を持って置かれています。右奥にはこあがりというよりは小さな座敷があります。
(2013-04-10)
場所: 神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷4-5-18
定休日: 日曜、祝日

万華店構え1

古い建物です。2階はアパートだったのでしょうか?黄色い軒の部分より手前が厨房ですので、広い厨房です。
(2013-04-10)

万華店構え2

サンマーメン(630円)、もやし・キャベツ・豚肉と役者は揃っています。スープは醤油味の塩気がちょっと強いですが、餡に甘い味とまでは言いませんが甘い傾向の味付けがされており、混ぜるとスープの変化も楽しめてなかなか良いサンマーメンです。もやしそばが別メニューとして存在していますが価格が同じなのは、どうしてだろうか?ちょっと興味があります。もしかして、メニューは違うけれど出てくるものは同じだったりして。
(2013-04-10)

万華サンマーメン

餃子(470円)、1個80円弱なので安くは無いのですが、サンマーメンが美味しかったので調子に乗って餃子を追加してしまいました。
醤油皿にラー油、醤油を入れてスタンバイOKです。まずは何もつけずに一口行こうとしたらラグビーボールのような餡が醤油皿に落下、その反動でラー油入り醤油が飛び散りました。何が起こったのか分からずしばし呆然です。
結局1個目は皮と醤油漬け餡を別々に食べる羽目になってしまった。
2個目は流石に学習していますので、餃子皿の上でひっくり返してみましたが、2点でしか止まっていません。
つつくと皮が見事に御開帳です。これは、ご開帳餃子とでも名付けましょうか(笑)
まあ今日だけと思いますが、サンマーメンで止めておけば良かったです。
(2013-04-10)

万華餃子

もやしそば(630円)、サンマーメンとの違いの確認をしてきました。サンマーメンに入っていたキャベツが入っておらず餡が掛かっていません。その分もやしを増量しているようです。スープは同様と思いますので、どちらかを食べるのならサンマーメンの方がよさそうです。
(2017-11-21)

万華もやしそば

ラーメン(470円)、チェーン店でもない個人営業のお店でラーメン470円は破格だなと思いながら注文しました。トッピングはメンマ、青菜、チャーシューで小口切りの長葱を散らしてあります。チャーシューは、煮豚で小型ですが厚みが有ります。麺の量も少ないという事もありませんが、スープは塩分が前に出て来る感じです。普通に美味しいラーメンでCPは高いです。
(2019-08-21)

万華ラーメン


大きな地図で見る

瀬谷区 | 17:52:27 | トラックバック(0) | コメント(2)
萬里・野毛
桜木町野毛 萬里、入ると左に2階への階段、その先、縦にかなり年季の入ったオープン厨房、厨房の前にカウンター10席位のお店。メニューには1円単位で価格が書かれているが、会計時には10円単位に切捨てになる不思議なお店。
(2011-09-30)
場所: 神奈川県横浜市中区野毛町2-71
定休日: 無休だったが当分の間月曜

萬里店構え

サンマーメン(651円)、青菜の濃い緑が所々、白菜の先の方の黄緑と地味な彩。スープは薄味で餡は丁度良い位、白菜の量は多い。白菜が入っているのがいいが、薄味のスープに軟い麺、飲んだ後にはいいけれど昼食には物足りないと思う。
(2012-11-27)

萬里サンマーメン

餃子(336円)、焼き餃子という名前で最初に焼き餃子を販売した店といわれているので、食べてみました。餃子(やさいぎょうざ)とメニューに書かれていたのだけれど、やすいぎょうざと読み間違え、6個336円なら安いなと妙に納得。小振りな餃子で餡の野菜のカットも大きめでにんにくがきいている。コンビニで牛乳を2回も飲んでしまった。
(2012-11-27)

萬里餃子

ひっそりとテントを新調していました。
(2013-01-18)

萬里店構え1

うま煮ソバ(874円)、通常のメニューではなく短冊状に貼り出されたメニューにうま煮ソバがありましたのでオーダーしてみました。具材は海老、イカ、木耳、筍、豚肉、白菜、絹さや、でホルモンが入っており醤油ベースの餡が掛かっています。地味なルックスで海老とイカの素材が今一つです。お店の法則も健在で会計時は870円でした。
(2014-08-19)

萬里うま煮ソバ

タンメン(700円)、ラーメンでも食べて行こうかと入りましたが、何とメニューにラーメンがありません。無い状況を考えていなかったので結構慌ててしまい、後先を考えずにエイッヤでタンメンを注文してしまいました。650円プラス税なので702円なのですが、このお店の法則は健在で700円でした。具材は白菜、もやし、ニラ、豚肉でスープと言うよりは具材にニンニクを利かせてあります。麺はお約束の平打ち太麺です。ニンニクが利いたタンメンは美味しいのですが、昼は後が大変です。
(2016-08-05)

萬里タンメン

特別中国ランチ(970円)、メニューにラーメンが無い事を確認に行きましたが、確認した後に何を食べるか決めていませんでした。ふと見た貼り紙の特別中国ランチが目に留まりました。特別で970円もします。どんな料理か聞いて見ましたが良く分かりません。どうやらワンプレートランチの様です。と言う事で注文してしまいました。まず大きなお皿でスープが出てきました。やはり特別だよなと思ってスープを一口、何の変哲もない卵スープです。なんか嫌な予感がしましたが運ばれてきたワンプレートは、白菜と豚肉を炒めて餡かけにした炒め物とあなごと思われる天ぷら、千切りキャベツを土台にしたチャーシュー4枚にライスです。あちゃー、久しぶりにやってしまいました。
(2016-10-13)

萬里特別中国ランチスープ

萬里特別中国ランチ

中華丼(890円+税、960円)薄切りザーサイとワカメと玉子のスープが付いていました。中華丼は、白菜、さやえんどう、木耳、イカ、小海老、豚肉、ホルモンで醤油ベースの醤油味の強い餡かけになっています。昔ながらの中華丼なのでしょうが、価格を考えるとすごく高い印象です。
(2019-02-08)

萬里中華丼

炒麺(やわらかい焼きそば)760円+税、820円)、具材は豚肉、白菜、青梗菜、もやしとなっており短めの太麺は野毛チャーメンかなと思わせるルックスです。ただ食べてみると薄味でニンニクもほとんど感じる事はありません。唇に絡みつく様な油分も無く、麺も太麺でも平打ちの太麺ではありません。野毛チャーメンとしてはあっさり系でジャンクフード感は弱いです。お決まりの器でワカメと玉子のスープが付いており、炒麺の量は多いと思いますがCPは低いです。
(2019-08-07)

萬里炒麺


大きな地図で見る

中区・野毛 | 17:05:55 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ