■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウントあります。
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

知味亭・本牧
本牧 知味亭、長白山閉店後に居抜で入った華宴楼が閉店した後にオープンしたお店で、椅子は長白山の物を使用しています。テーブル配置が若干変わっていて4人掛けテーブル5卓、2人掛けテーブル3卓と6人掛けテーブルをやめて4×2に分割しており1人用を2人掛けに変更してあります。お店の名刺を頂きましたが、ビルの名称は呉ビルなのですね。
(2016-08-26)
場所: 神奈川県横浜市中区麦田町2-59-2呉ビル
定休日: 月曜
香味ユウリンジ
ニラレバ
鶏肉の四川風炒め
鶏肉のカレー風炒め
麻婆豆腐

知味亭店構え

ランチ(680円)、ランチは週替わりで4種類あり単品料理ランチは3種類でライス、スープ、ザーサイ、豆乳プリン付で価格は600円、680円、780円となっています。1種類の麺+半チャーハンランチは780円です。ライスはお替りが出来ます。通常なら一番安いランチを頼むのですが、麻婆豆腐でしたので、680円の「香味ユウリンジ」ランチにしてみました。スープは卵スープでしたが、ワンテンポ遅れて出てきましたので集合写真にはありません。ザーサイの角切りは珍しいなと思いながら、千切りキャベツとレタスのサラダにドレッシングが掛かっています。ユーリンチのソースとドレッシングは当然のように混ざってしまうのでこれってどうなのよと思う。正体がよく分かりませんでしたが、パラパラと掛かっている香味は複雑な味で細かく刻んだ複数の素材を紹興酒に漬け込んだような感じです。豆乳プリンには黒蜜が掛かっており街角中華ランチのデザートとしては珍しいです。ランチの全体的な印象としては、悪くないのですが惹かれるほどでもない印象です。また行ってみます。
(2016-08-26)

知味亭香味ユウリンジランチ

知味亭香味ユウリンジ

知味亭豆乳プリン

ニラレバランチ(750円)、週替わりランチの価格が変更になっていました。ランチは週替わりで5種類あり単品料理ランチは4種類でライス、スープ、ザーサイ、デザート付で価格は680円、700円、750円、750円となっています。1種類の麺+半チャーハンランチは780円です。ライスはお替りが出来ますが、少し値上げしたようです。ニラレバランチですが、漬物がザーサイではなく胡瓜のピリ辛漬けで、具沢山の卵スープに前回同様の黒蜜が掛かった豆乳プリンが付いていました。ニラレバはプリッとした歯ごたえのレバの量も多く、絶妙な火加減で仕上げられています。ニラレバランチとしては高めですが、満足感の有る美味しいランチで、少なくとも街角中華としては印象に残るものがあります。
(2016-09-21)

知味亭ニラレバランチ

知味亭ニラレバ

ランチ(750円)、ライス、スープ、ザーサイ、デザート付でライスはお替りが出来ます。「鶏肉の四川風炒め」を選択しました。スープは具沢山の卵スープで漬物は角切りザーサイです。ザーサイの角切りは珍しいです。歯ごたえは細切りよりはありますが、やはり私は薄切り派です。デザートは集合写真にはありませんが、いつもの同じ器でマンゴープリンでした。鶏肉の四川風炒めは、鶏肉、ナス、玉葱、しめじ、しし唐を刻んだ唐辛子とラー油の利いたソースで炒めてあります。特筆すべきはその辛さで、口に入れたとたん水水の辛さではなく、体の芯にしみ込んでくるような辛さです。街角中華ではあまり出会わない辛さです。このお店は四川料理なのかな。
(2016-11-25)

知味亭鶏肉の四川風炒めランチ

知味亭鶏肉の四川風炒め

ランチ(750円)、「鶏肉のカレー風炒め」がランチに出ていたので寄ってみました。卵スープと角切りザーサイと柚子ゼリー付です。鶏肉のカレー風炒めは、カレーパウダーを絡めたものかと想像しましたが、ほぼルーが少ないチキンカレーの様相です。ジャガイモと鶏肉が大部分でピーマンが少量入っています。食べてるうちにカレー粉の苦みと単調な味に飽きてしまいました。柚子ゼリーも表面だけの柚子味で、これは失敗でした。
(2016-12-21)

知味亭鶏肉のカレー風炒めランチ

知味亭鶏肉のカレー風炒め

知味亭柚子ゼリー

ランチ(750円)、週替わりランチの価格が変更になっていました。ランチは週替わりで5種類あり単品料理ランチは4種類でライス、スープ、ザーサイ、デザート付で価格は750円、780円、780円、800円となっています。1種類の麺+半チャーハンランチは850円です。1000円の特別ランチセットが1種類プラスされていました。ライスはお替りが出来ますが、またまた値上げしたようです。とはいってもそれほど高い訳でもないので元が安すぎたのかもしれません。このお店では、四川系の料理には調理師の腕の冴えを感じる事があるのですが、それ以外は至って普通なので、四川料理のお店ではないのかと思っていました。ならば麻婆豆腐を食べてみようと注文しました。スープは具沢山の卵スープで漬物は角切りザーサイです。デザートは集合写真にはありませんが、いつもの同じ器でレモンゼリーでした。麻婆豆腐は、ただ辛いだけではなく複雑な辛味が交じり合い、やはり日本人が作る麻婆豆腐とは違います。辛いのは苦手なのに好きな私は、額の汗をハンカチで拭きながら完食しました。これなかなか美味しいです。食後に店主が厨房から出てきましたのでチャンスとばかりに聞いてみましたが、ホテルや中華街の四川系のお店で料理長をしていた経験があるそうで、なるほどという感じです。
(2017-03-24)

知味亭麻婆豆腐ランチ

知味亭麻婆豆腐




中区・本牧周辺 | 21:19:12 | トラックバック(0) | コメント(4)
タイガー・鶴見駅
京急鶴見駅前 タイガー、自動ドアを入ると昭和の雰囲気の大衆食堂、店の中は広く4人掛けテーブル8卓、2人掛けテーブル4卓でほぼクローズされた厨房は奥にあります。地元では有名店なのでしょう、昼時は相席当たり前となります。ホール担当の女性の三角巾が昭和を誘います。
(2011-11-18)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-23-8
定休日: 日曜

タイガー店構え

サンマーメン(550円)、小振りな丼に野菜が山盛りです。もやしと大振りカットの玉葱が多量、人参、豚肉とナルトが入り、薄く餡が掛かっている様な、いない様な良く分かりません。スープは醤油味よりは塩を感じさせる物で、タンメンがベースになっている様です。麺も多いので少食な人、玉葱が嫌いな人には向いていないと思います。ルックスからしてサンマーメンと言うよりはもやしそばですが、550円は安いです。メニューにサンマーメンとは別にもやしそば(500円)が存在しますので、もやしそばはどんなルックスでしょうか?
(2014-02-04)

タイガーサンマーメン

餃子(380円)、良く太った中型の肉餃子です。餡はペースト状ではなくおから状より歯ごたえのあるもので少し塩分が強いかなとは思いますが、ハイCPなのは間違いないと思います。にんにくは強めですが個人的にはすごく好きな餃子です。
(2014-02-04)

タイガー餃子

タンメン(550円)、自動ドアが開くと相変わらずの昭和の雰囲気の店内です。タンメンもそうなのですが、このお店のもやしを使った麺料理は、もやし工場が隣にあるのではないかと思わせる程もやしが大量投入されて山盛りになっています。そんな訳で注文する前に食べられるか?と自分に聞いてみてから注文するようにしています。やってきました山盛りタンメン、具材はキャベツ、もやし、人参、ニラ、豚肉です。このタンメンは、兎に角食べる事で精一杯で味わって食べたことがありません。ニンニクは入っていないようですが、麺がお約束の平打ち太麺ではなく普通の中細麺なので、さっさと食べる事が必要なのです。今日も食べる事で精一杯でした。
(2017-03-23)

タイガータンメン


大きな地図で見る

鶴見区 | 17:43:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
天盛楼(閉店)・鶴見駅
京急鶴見駅近く 天盛楼、縦長のお店の店内は、中華格子や赤色の椅子カバー等一昔前の中華料理屋さんの風情があり落ち着く雰囲気です。2階もあるようですが一階は2人掛けテーブル5卓、4人掛けテーブル3卓の中華料理屋さんです。
(2016-07-12)
場所: 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-31-16 良友ビル
定休日: 日曜・祝日

天盛楼店構え

ランチ(700円)、3種類のランチから「鶏肉と長ねぎのピリ辛炒め」を選択しました。ライス、スープ、漬物、杏仁豆腐付です。このメニューなら勝負どころは長葱のはずで、この老舗の風情のあるお店がどのように出してくるのかが楽しみです。スープはとろみの付いた豆腐入りの玉子スープで漬物は大根の漬物と杏仁豆腐です。さて、楽しみにしていた鶏肉と長ねぎのピリ辛炒めですが、ちょっとガッカリです。なんといっても勝負どころと見た長葱の質が普通です。お店の雰囲気は好きなので再トライしてみましょう。
(2016-07-12)

天盛楼鶏肉と長ねぎのピリ辛炒めランチ

天盛楼鶏肉と長ねぎのピリ辛炒め

営業していない状態が続いていたら外壁工事が始まり、休業なのかと理解していたら「中華料理 福源」の看板があがっていました。
(2017-03-23)

天盛楼閉店




鶴見区 | 17:35:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad