■アクセスカウンター

■プロフィール

街角中華

Author:街角中華
街角中華ブログへようこそ!
(2011-07-13)(2012-07-21)

ツイッターアカウント
(ブログの更新お知らせをしています)
https://twitter.com/matikadochuka

説明
中華屋さん
おじさんおばさんがやっているカウンター席とテーブル数席の小さなお店で、ラーメン、炒飯、焼き餃子は定番

中華料理屋さん
ホールも厨房も中国語が飛び交う、テーブル席のみの派手な外見が特徴のお店で、日本の料理であるサンマーメンは、メニューに無いお店も多い。焼き餃子より水餃子や焼売が定番

■最新コメント
■最新記事
■全記事(数)表示

全タイトルを表示

■カテゴリ
■サンマーメン・もやしそば価格
■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

つけ麺 みなみ・金沢文庫駅
京急金沢文庫東口すずらん通り つけ麺 みなみ 、縦長のお店で右側縦にオープン厨房、厨房前の円弧型のカウンター7席位、左側に4人掛けテーブル2卓、2人掛けテーブル1卓、6人掛けテーブル1卓で通りを向いたカウンターが4席ある中華屋さんです。つけ麺専門店ではなく所謂中華屋さんです。
(2016-03-25)
場所: 神奈川県横浜市金沢区谷津町371-2
定休日: 日曜

つけ麺みなみ店構え

サンマーメン(780円)、具材はもやし、キャベツ、人参、木耳、ニラで塩ベースの餡が掛かっています。スープは塩気の優っている醤油味のスープで麺が太麺です。やはりサンマーメンに太麺は違和感ありありです。そうは言っても中華料理屋さんのサンマーメンよりは数段好みです。
(2016-03-25)

つけ麺みなみサンマーメン

のり醤油ラーメン(780円)、すずらん通りをうろうろしていたら、ふと「のり醤油ラーメン」が頭に浮かんだ。ならばゴーと食べてきました。山盛りに刻みのりがトッピングされていますので、写真だけではよくわかりませんが、その下に青菜、ワカメ、メンマ、少し厚切りのほろほろ崩れるタイプのチャーシュー、こがしネギが隠れています。麺は太麺でスープは表面の油層が分かるほどオイリーです。こんなにオイリーだったかな?まあ年齢的なこともあるのかもしれません。
(2017-10-20)

つけ麺 みなみのり醤油ラーメン



金沢区 | 17:07:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
天龍 本館・川崎駅
川崎駅近辺 天龍 本館、4~5階位フロアーがあるお店で今日は2階に通された。2階は30席位はありそうなので全体では大きなお店。銀座街店はおやじの溜まり場みたいで女性は敬遠しがちだけれど、こちらは女性でもゆっくりと食事ができそう。
(2012-07-03)
場所: 神奈川県川崎市川崎区東田町6-17
定休日: 日曜

天龍 本館店構え

もやしそば(557円)、もやしそばは餡が掛かっており、もやし餡かけ系統のサンマーメンに近い。スープは普通の醤油ベースのスープだがこくも感じる事が出来、このもやしそばが557円とは驚き、100円高くても納得してしまう。
(2012-07-03)

天龍 本館もやしそば

黒酢スブタランチ(800円)、川崎の天龍は麺飯のイメージなのですが、本館ならゆっくり食べる事が出来るのでランチを食べてみようと寄ってみました。ちょっと高いなと思いながらも初志貫徹です。出てきたトレーを見たとたん後悔の念がふつふつと湧き上がってこれは久しぶりにやってしまったかもしれないと思いながらも、食べたら満足かと良い方に考えたのですが、結果はやはりやってしまいました。黒酢スブタは、長さ4センチ位の直方体の半分脂身の豚肉が4本程入っており、きゅうり、人参少々で後は大降りカットの玉葱だらけです。付け合わせはピーマンを輪切りにして残ったへたの部分を芯をくりぬき炒めてあります。一見マカロニ風のものは食べてみるとマカロニではなく正体がわかりません。価格を考えると悲しくなってしまいました。川崎の天龍はやはり麺飯です。
(2017-10-18)

天龍本館黒酢スブタランチ

天龍本館黒酢スブタ


大きな地図で見る

川崎区 | 17:33:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
中華堂・保土ヶ谷駅
保土ヶ谷駅近辺 中華堂、店主は中華屋さんの店主としては若い方です。店構えからもラーメン屋嗜好が強いようですが、炒飯、餃子やニラレバ定食のような中華の定食もあります。支那そばの評価が高いようです。黒いシートの部分が厨房で、横にコの字のカウンター9席のお店です。お水はセルフでどうぞ。
(2012-10-02)
場所: 神奈川県横浜市保土ケ谷区岩井町48
定休日: 日曜

中華堂店構え

サンマーメン(680円)、ビジュアル的にも一般的なサンマーメンとは掛け離れており、私的にはサンマーメンではないと思います。しかし、サンマーメンとして見なければ結構美味しいラーメンで、支那そばの評価が高いのも頷けます。
(2012-10-02)

中華堂サンマーメン

支那そば(550円)、トッピングはメンマ、ナルト、チャーシュー、ノリで小口切りの長葱を散らしてあります。特に麺の盛り付けに気を使っているのが分かります。トッピングは質を含めて至って普通です。価格を考えればこんなものかなと思いながらスープを一口行ってみたらこれが美味しいです。動物系の中のほのかに魚介系を感じる薄口のスープで蓮華が止まりません。いい加減止めないと思いながら飲み干してしまいました。麺も一般的な中華屋さんの麺とは一線を画すもので、CP高いです。
(2017-10-17)

中華堂支那そば


大きな地図で見る

保土ヶ谷区 | 17:28:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad